スパム防止認証のお願い

申し訳ありません。スパム・コメントが増えてきたので画像認証を導入させていただきます。コメント送信時に「以下の文字を入力してください」の画面が出ます。お手数をおかけいたしますが、ご協力よろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/8月8日(火)

music プレゼンター:斎藤茂GM


cherryblossom コンピレーションの森

【妄想ヴァカンス】

●横浜のビアさん…弦楽五重奏曲 第3番 ハ長調 K.515~第1楽章/モーツァルト【ランスにてシャンパンを飲みながら】
●ゆるりさん…プア・リリエファ/ケオラ・ビーマー(ギター)【ハワイで満天の星空を見ながら】
●ビバノンさん…安里屋ゆんた~とぅばらーま~竹富渡し/萬木忍(歌、三線)【宮古島へ行きたい】
●仙台ねこ吉さん…弦楽五重奏曲 第1番 Op.88~第3楽章/ブラームス【夏のオリエント急行】
●ピッカリングさん…「スピットファイア」前奏曲とフーガ/ウォルトン【航空機プラモデル製作者強化合宿(注:妄想)にて】


cute 本日のフレーバー・リクエスト  birthday お誕生日

●小骨@おでぶっ子クラブさん…オーボエ・ダモーレ協奏曲 ニ長調 BWV1053~第3楽章/J.S.バッハ
●コニストンの娘3号さん(コテツのママさんリクエスト)…カノン『ばらの奇跡』/パッヘルベル(チルコット編曲)
birthday おやかまっさん(1日:さんさんすーさんリクエスト)…歌をください/中田喜直 三縄みどり(ソプラノ)松下倫士(ピアノ)
birthday わだぎじさんの息子さん(8日)ボレロ/ラヴェル
birthday しりとり3兄弟の次男さん(8日)…「アルルの女」第2組曲~ファランドール/ビゼー
birthday おてろーさんのお嬢さん…ワルツ「天体の音楽」Op.235/ヨーゼフ・シュトラウス


aquarius 今夜のツボ(登場順)

①「お酒も入れたい感じですねぇ」(0:21)
 ※自家製ラッシーのレシピのメールに
②「世界音陸上!キター!!!」(0:28)
 ※残業時間限定企画。ニコ動入会してね
③「ガタンゴトンガタンゴトン…ホントにチープだな。山手線じゃないんだからね」(1:54)
 ※オリエント急行のリクエストに
④「ときどき聞かなくてもいいからね」(2:16)
 ※6歳の男の子に「お父さんの言うこと聞いてね」と言いながら
⑤「うわぁ、危ねえ、危ねぇ。危ないなぁ」(3:01)
 ※ヴァイオリンの弓の試奏で35万の弓を買いそうになるというメールに
⑥「よく堂々と僕の番組に毛の話を送ってくるわなぁ」(3:02)
 ※ノーコメント(笑)
⑦「大丈夫かー!みんな!大丈夫か!」(3:05)
 ※テンション高めのメールが続く




OTTAVAリスナー8人からなる女声合唱団「むう一族」は、おかげさまで結成6年目になりました。もともとはラターの「大地の美のために」が歌いたいと集まったメンバーです。練習場もOTTAVAの番組内で知った東京椎名町のバッハはうすをお借りして、月に1回を目標に(なかなかそうはいかないんですが)練習しています。

グループ名の「むう一族」はリーダーのおやつがかりのむうさんから、というのは明白ですが、その昔大ヒットしたテレビドラマ「ムー一族」にひっかけてもいることはあまり知られていません。というより、その番組を知っている人が少なくなってきたんですね、年代的に(笑)。

結成当初ですから6年前のことです。何かの折に斎藤さんに報告しました。年齢的には充分ご存知のはずだと思いました。「合唱団に名前をつけたんですよ。むうさんがリーダーだからむう一族っていうんです」 予想外の答えが返ってきました。「なんだか怖い感じだね」 伝説のオカルト雑誌「ムー」を連想なさったものと思われます。そっちかよ!と突っ込みたくなりました(笑)。(3:06~)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/8月1日(火)

music プレゼンター:斎藤茂GM


cherryblossom コンピレーションの森

【妄想ヴァカンス】

●うさぎのマーチさん…アルプス交響曲 Op.64~小川のほとりの旅―アルプスの牧場/R・シュトラウス【グリンデルワルトにて】
●ごぼうさん…ベルガマスク組曲~月の光/ドビュッシー【涼しい高原で】
●まきうさぎさん…①ベルリン・ミサ(合唱と弦楽オーケストラのための)(1992改訂)~キリエ/ペ ルト ②内蒙組曲-モンゴルの内なる組曲~2.思郷曲/馬思聡(1937)【モンゴルの草原にて】
●ちゅりっぴーのさん…「マノン=レスコー」~なんとすばらしい美人/プッチーニ【NYでMETを鑑賞 しながら】
●ほーぼーけんの大冒険さん…①ピアノ協奏曲 ホ長調 Op.59~第1楽章/モシュコフスキ ②夏の空 /ルロイ・アンダーソン【モルジブにて】


cute 本日のフレーバー・リクエスト

●かずとさん…私は風の声/ガブリエル・ジャクソン
●つばみさん…セレナード 第10番 変ロ長調 K.361「グラン・パルティータ」/モーツァルト
●ミケさん(広島のみまきくんリクエスト)…水上の音楽~序曲/ヘンデル
●ゆきさん…弦楽四重奏曲 第13番 イ短調 D.804「ロザムンデ」~第4楽章/シューベルト
●オリビアさん…8つのパートソング Op.119-第3番「青い鳥」/スタンフォード(マッグリン編 )


aquarius 今夜のツボ(登場順)

①「翳りが見えたか」(0:24)
 ※今日はメールが少ないそうです
②「皆さんお忙しいんですか。もうボクじゃだめですか」(0:25)
 ※メールが少なくて弱気のGM
③「それがそうでもないんですよ、先生」(1:11)
 ※「たくさんのリクエストでボツだと思いますが」のメールに
④「もう何年もしてないっていう感じがしますけど」(1:27)
 ※本を読もうか寝ちゃおうか…の間で悩む贅沢
⑤「妄想バンザ~イ!」(1:43)
 ※「妄想にはお金がかかりませんし罪もありませんから」と続く
⑥「今いないよ、でも。ほとんど皆メールだから」(1:45)
 ※TELオペレーターの彼女とモルジブでバカンスという妄想メールに
⑦「古い言葉ですがバタンキューですね」(3:26)
 ※21世紀にはなくなってしまう言葉と言いながら
⑧「いいですね、刈り上げるだけいろいろあって」(4:10)
 ※バリカンの話題
⑨「ムッフォッフォッフォッフォ」(4:12)
 ※バリカンで刈り上げたキワをナデナデしながら言うのがいいらしい
⑩「は~い、夜更けの音楽ファンこんばんは」(4:22)
 ※昔のDJを気取って(笑)




マイナーチェンジと言うのでしょうか。OTTAVAの公式サイトが少しずつ変わっています。ネットショ ップがとても見やすくなったのは大歓迎なのですが、最近まで密かにクリックしていたソフトジムニクのおすすめ動画がなくなってしまったのが非常に残念。いつでも見られると油断していたそこのアナタ!リンクを探して来ましたのでこちらから心おきなくどうぞ。

そして、いつもの年よりちょっと早い感じがしますね。「みんなでつくる復興コンサート2018」も始動にな って、少し下のほう(笑)にバナーが登場しました。これから週ごとに増えていく仙台フィルの話題のトップを切ったのが、ベガルタ仙台とのコラボイベントです。「ドキュメンタリー編」と称して撮影の様子が3分弱にまとめられていて、動画コメントによれば9曲収録とあるので、これから徐々に公開されるものと思われます。

さらに、気になるのがベガルタのマスコット「ベガッ太くん」。スポーツチームのマスコットだけあって、指揮姿に妙なキレがあり、ちょっとじっくり観察してみたい存在ではあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/7月25日(火)

music プレゼンター:斎藤茂GM


cherryblossom コンピレーションの森

【酷暑を乗り切るクラシック~貴方は”そうめん”派?タンタン麺”派?】

♪そうめん
●二子玉川さん…ピアノソナタ 第13番 変ロ長調~第1楽章/モーツァルト
●水戸伊奈郎さん…交響組曲「寄港地」~ローマ‐パレルモ/イベール
●房総旧式さん…水の戯れ/ラヴェル
●Hamadeus…ピアノ五重奏曲 イ長調 「ます」~第2楽章/シューベルト

♪タンタン麺
●ねりま姫…バレエ組曲「火の鳥」~カスチェイ王の魔の踊り/ストラヴィンスキー
●ティラさん…弦楽四重奏曲 第14番 ニ短調「死と乙女」(弦楽五重奏曲 編曲版)/シューベルト
●パン子さん…組曲「展覧会の絵」~ビドロ/ムソルグスキー(ラヴェル編)
●kaoさん…SF交響ファンタジー 第1番~前半/伊福部昭


cute 本日のフレーバー・リクエスト  birthday お誕生日

●山でコーヒーさん…オラトリオ「四季」第2部 夏 ①第16番:さあ、木陰に来ました ②第17番:ああ、なんという心地よさ/ハイドン
●こてつのママさん…歌劇「コシ・ファン・トゥテ」K.588 第2幕~やさしい風よ手を貸しておくれ/モーツァルト
birthday ミロンさんからお孫さんへ(22日)…ピアノ三重奏曲 第27番 Hob.ⅩⅤ‐27~第3楽章/ハイドン


aquarius 今夜のツボ(登場順)

①「♪つるつるつ~るっつ~」(1:28)
 ※モーツァルトのピアノソナタ(K333)の冒頭がこう聴こえます
②「ホントに暑苦しい音楽ね、これ」(1:57)
 ※展覧会の絵のビドロのこと
③「何が貴族だ、くだらなすぎるよ」(1:59)
 ※恒例になったほーぼーけんさんのメールに(笑)
④「3分の曲かけるのに5分以上喋ってる」(2:40)
 ※モーツァルトのコシ・ファン・トゥッテを熱く語り過ぎるGM
⑤「都内…都内って言わないか。江戸の町ね」(3:22)
 ※土用の丑の日のエピソードの中で
⑥「終わったかな…はい」(3:39)
 ※エンディングがしつこい(笑)サティの「ナマコの胎児」
⑦「そんな身分じゃございません」(4:45)
 ※お昼に鰻を食べましたか?のメールに




前回に続いてサマー・コンサートのお話。以前、紀尾井町ホールのサロン・コンサートで二人旅の演奏を聴いて、そのおしゃべりが面白くて今回も楽しみにしていたのですが、最後に登場したNAOTOさんに全部持って行かれてしまった感が否めません(二人旅さん、ごめんなさい)。

特にコンサートの感想メールで読まれたにゃんごろーさんの「チャリンチャリンのお話」が秀逸でした。昨今うるさく言われる権利関係について、ご当人にしてみれば、やはりそれで入ってくるチャリンチャリンがかなり重要なわけですね。そんな中で「唯一出演していたテレビドラマがお蔵入りになってしまってえらい迷惑している」とNAOTOさんがお嘆きになっていたのが疑問でした。

私の後ろに座っていた方はNAOTOさんのファンらしく「あぁ、あれね」と至極納得。帰宅してググってから私も即座に納得しました。NAOTOさん出演作「のだめカンタービレ」に出ていた俳優さんの最近の不祥事が原因だったのです。NAOTOさんは面白おかしくジョークにされていましたが、迷惑千万なことには違いありません。不祥事についてご興味がある方は「のだめ お蔵入り」で検索を。見れなくなってしまった名作が多すぎますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/7月18日(火)

music プレゼンター:斎藤茂GM


cherryblossom コンピレーションの森

【動物園】
●ピッカリングさん…海の交響曲(交響曲第1番)~波(スケルツォ)/ヴォーン=ウィリアムズ【イルカ】
●アルチュールさん…①歌劇「魔笛」K.620~第1幕フィナーレ/モーツァルト【ハシビロコウ】 ②交響曲 第9番 変ホ長調 Op.70~第1楽章/ショスタコーヴィチ【サーバルキャット】
●陽気な静電気女さん…ヴァイオリン・ソナタ ト長調~第2楽章:ブルース/ラヴェル【カワイイ白猫ちゃんにふられてしょんぼりしているトラ猫】
●愛知のあっちゃん…組曲「グランド・キャニオン」(大峡谷)Ⅲ.山道を行く/グローフェ【ロバ】
●北陸のカニ男さん…朱鷺によせる哀歌 Op.12/吉松隆


cute 本日のフレーバー・リクエスト  birthday お誕生日

●りんごコロロさん…ワルツ「水彩画」Op.258/ヨーゼフ・シュトラウス
●ミロンさん…ボヘミアン・ダンス Op.28/オッフェンバック
birthday ちゅりっぴーのさん(18日)…前奏曲 ①アンダンテ ②Op.7-2 ③Op.12-1/チュルリョーニス


aquarius 今夜のツボ(登場順)

①「あ、ふたつある…」(0:21)
 ※一度持ってきた冷水入り紙コップがデスクに戻ると既にある…暑さのせいだそうです
②「産まれたから来たわよっ!」(1:03)
※サマーコンサート当日が出産予定日の方からのメールに
③「じゃ、別に申告しなくてもいいのにな」(3:25)
 ※白猫ちゃんにふられても気にしないというほーぼーけんさんのメールに厳しいGM
④「フランスからそういうメール送らないの」(3:28)
 ※イタリアの教会(塔)は急で高くてスカートの中が…というメールに
⑤「ぬぁにい~!…ウソですよ」(3:31)
 ※初めてメールは斎藤さんより先に飯田さんへ送りましたというメールに




石けんをかかえて豊洲まで行って参りました。GMみずから売り場に立ってくださったおかげで無事に完売。お買い上げくださった方の中には、斎藤さんのイラストのことなどついぞご存じないNAOTOさんのファンの方までいらっしゃいました。皆さま、本当にどうもありがとうございました。

そういうこともあって当ててくださったという話は、まったく耳にしていないので、厳選なる抽選の結果だと思います。「ラジオネームでお取り置き」企画、コムタンこと小室敬幸さんご推薦の本が当選してしまいました。

小室さんからは公開の許可をいただいていますので発表させていただきます。タイトルは「予告された殺人の記録」、作者はコロンビア出身のノーベル文学賞受賞のガルシア・マルケス。うれしくて帰りの電車の中からもう読み始めてしまったのですが、開始30頁で登場人物25人という怒涛のような目まぐるしさで、ページを行きつ戻りつしているうちに3分の1ぐらいまで来ました。ゆっくり楽しみながら読み進めていきたいと思います。

「ラジオネームでお取り置き」に当選されたリスナーさんは、一番町子分のおふたりが担当する受付でそれぞれの品物を手にされました。私もLFJでゲットした長井さんのサインに続いて、小室さんのサインも頂戴できました。カワイイ!と評判だった小室さんのサインと本です。

010a_3

001b_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/7月11日(火)

music プレゼンター:斎藤茂GM


cherryblossom コンピレーションの森

【動物園】
●おやかまっさん…交響曲 第4番 イ長調「イタリア」Op.90~第1楽章/メンデルスゾーン【犬】
●シートベルト小川さん…無伴奏パルティータ 第3番 ホ長調 BWV.1006~前奏曲/J.S.バッハ【サル】
●かぎしっぽのきいさん…カプリース Op.1~第13番 変ロ長調/パガニーニ【ワライカワセミ】
●ピッカリングさん…バレエ音楽「プルチネッラ」~ヴィーヴォ/ストラヴィンスキー【二日酔いのゾウ】
●ピッカリングさん…交響曲 第4番 ヘ短調 Op.36~第2楽章/チャイコフスキー【宝物を穴に隠しているところを飼い主に見られたワンちゃんが背中を丸めて振り返った様子】
●なにわるつさん…ブラジル風バッハ 第2番~トッカータ/ヴィラ=ロボス【ゾウ】
●はるの父親さん…詩曲「焔に向かって」Op.72/スクリャービン【クラゲ】


cute 本日のフレーバー・リクエスト

●アルペンザルツさん…①夏の前と後 Op.16(ハーディの詩による)①川の見晴らし ②心の目の中に/フィンジ
●まあまあよさん…無伴奏チェロ組曲~ⅠPreludio-Fantasia タマーシュ・ヴァルガ(チェロ)/カサド
●シフリンさん…アルプス交響曲  Op.64~危ない瞬間 - 頂上 - 見えるもの -/R.シュトラウス


aquarius 今夜のツボ(登場順)

①(オープニングを土曜の曲と間違える)(0:01)
 ※その後何事もなかったかのようにしゃべり続けるGM
②「明日は3箇所あるんですね、外回り」(0:29)
※熱中症にくれぐれも気をつけてください
③「寒い解説聞きたいか。そんなものアルルか」(0:53)
 ※暑いので涼しげな曲に寒い解説を、というメールに
④「確かに『ウッキッキ』というイメージはあります」(1:20)
 ※バッハの無伴奏パルティータはそんな感じ(お猿さん)だそうです
⑤「うちわでも乾いちゃうな、ぼくなんか」(4:20)
 ※扇風機の「強」で髪を乾かすというメールに




今夜は、犬派の私としては素通りできない話題に一等賞を差し上げたいと思います。ウィーン室内管弦楽団の演奏を聴きに来たワンちゃんでございます。斎藤さんが「1分ぐらいだから見に行ったらすぐ帰って来てね」とリクエスト曲そっちのけで推奨するので即座に検索。「クラシック 犬 乱入」で出てくるわ出てくるわ、すごい数です。

事件があったトルコのエフェソスは新約聖書にも出てくる古代の都市で、画面から推測すると、遺跡の前に石畳を敷き詰めて、舞台も客席も段差のないフラットなところで演奏しているものと思われます。コンマスの真横という最高の席で鑑賞するワンちゃん。会場の雰囲気はもちろん、ブロガーの方々もみな大らかで、殺伐としたニュースが多い中、久しぶりにほっこりとさせてくれるエピソードには違いありません。ブログ記事やyou tubeもたくさんヒットするのですが、日本語解説が秀逸だったものをリンクとして上げておきます。(1:05~)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/7月4日(火)

music プレゼンター:斎藤茂GM


cherryblossom コンピレーションの森

【動物園】
●かぎしっぽのきいさん…サンドペーパー・バレエ/アンダーソン【プレーリードッグ】
●マローネさん…劇音楽「アテネの廃墟」Op.113~トルコ行進曲/ベートーヴェン【フラミンゴ】
●evergreenさん…ヴァイオリン・ソナタ 第2番 ニ長調 Op.94b~第3楽章/プロコフィエフ【蚕】
●横浜のコアラさん…無伴奏チェロ組曲 第5番 ハ短調 BWV.1011~第4曲 サラバンド/J.S.バッハ【ワニの昼寝】
●そありさん…葦(第13組曲-2)/クープラン【ヤマアラシ】
●ななよさん…小人たちの行進曲/ファリャ【子供のペンギン】


cute 本日のフレーバー・リクエスト  birthday お誕生日

●りんごコロロさん…交響曲 第6番 ニ長調「朝」~第3楽章/ハイドン
●うみしまさん…フォスター・ギャラリー(1939)①金髪のジェニー ②おお、スザンナ(終曲)/M.グールド
birthday 機織りをする羊さん…弦楽五重奏曲 ハ長調 D.956, Op.163~第2楽章/シューベルト


aquarius 今夜のツボ(登場順)

①「どんな動物園だ」(1:17)
 ※フラミンゴに蚕、いろいろ取り揃えております(笑)
②「いきている…じゃない、はえている、ね」(1:34)
 ※「生」の読みを噛む
③「すごいですね~こわいですね~うまいですね~」(4:21)
 ※往年の日曜洋画劇場のテーマ作曲家を淀川長治先生のマネで紹介
④「第2第3の広告がですね…むふ…」(4:41)
 ※プチギフトとのコラボに大喜び




リスナーさんの話題が続いて恐縮ですが、今日の金メダルは「今日いちばんの笑い」(by 斎藤さん)を取った陽気な静電気女さんでキマリでしょう。

それまで、比較的淡々とヴァイオリンについて語っていたゲストの喜多直毅さん。斎藤さんが「この演奏のあとでこういうラジオネームは…」と言うか言わないかのうちに、「うっはっはっは!!!」(←ホントにこう言った)と大ウケ。そのあと2度も「なんていうお名前でしたっけ?」と確認し、そのたびに大爆笑で、これはリスナー冥利に尽きるのではないかと思うのです。

そんなに遠くないいつの日か、OTTAVA主催できっと喜多さんのサロン・コンサートがあることでしょう。そのときCDのサイン会あたりで「こんばんは。陽気な静電気女です」「ああ!あのときの!わっはっはっは!」みたいな場面に遭遇することを、密かに妄想しているワタクシなのであります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/6月27日(火)

music プレゼンター:斎藤茂GM


cherryblossom コンピレーションの森

【動物園】
●アルトゥールさん…ゴルトベルク変奏曲 BWV.988~第30変奏/J.S.バッハ【パンダ】
●ミセス・マープル…チェロソナタ ト短調 Op.65~第3楽章/ショパン【孔雀】
●愛知のFOXさん…交響曲 第9番 ニ短調 WAB.109(ノヴァーク版)~第2楽章/ブルックナー【ダチョウ】
●naemaさん…バレエ音楽「ドン・キホーテ」~アムール/ミンクス【蝶】
●こてつのママさん…バレエ音楽「ジゼル」第1幕~葡萄収穫人の再来とワルツ/アダン【猫】
●ドミートリー・ウマガスキーさん…白と黒で~スケルツァンド/ドビュッシー【パンダ】、バレエ組曲「火の鳥」~カスチェイ王の魔の踊り/ストラヴィンスキー【ゾウ】


cute 本日のフレーバー・リクエスト  birthday お誕生日

●なにわるつさん、ほーぼーけんの大冒険さん…神々の黄昏~ジークフリートのラインへの旅/ワーグナー
birthday 機織りをする羊さん…弦楽五重奏曲 ハ長調 D.956, Op.163~第2楽章/シューベルト


aquarius 今夜のツボ(登場順)

①「なれなれしいしゃべり方をすると単なる田舎のオジサンみたいになっちゃうんでやめますが」(0:24)
 ※「ゾウっぽくね?」「タヌキっぽくね?」といいながら
②「ないよっ!スタジオに桂馬なんてっ!」(0:29)
 ※カツラを飛ばす棋士の話題で
③「上野の子パンダは女の子だった判明記念!…なんなんだこれ」(1:05)
 ※コンピの森の動物園をやりたさに無理矢理こじつける
④「子パンダ元気記念…なんだそりゃ」(1:43)
 ※よほどこじつけたいらしい(笑)
⑤「2番行く?」(4:16)
 ※絶好調で三善英史の「雨」(S47)をうなった後で
⑥「ね、小室さん!聞いてないか」(4:17)
 ※「雨」のメロディの素晴らしさを小室さんに確認
⑦「離れていても一緒だよ…なぁんて」(5:09)
 ※エンディングの前にひとこと。非常にうれしそう




更新が遅れている最中ですが、きっちり記録しておきたい出来事がありました。2年前の疑問が解消されたのです。メールの主は雨水さん。「2年前の6月11日、ごごぱんさんからのオノマトペ・リクエストの曲がわかりました」という内容で、日付までしっかり書いてくださっているので、このブログをすぐに遡ってみました。記事にした記憶があったのです。

ごごぱんさんがキーボード音源まで作って知りたかったその曲は、アルベニスの旅の思い出から「朝の歌」でした。2年前の第一印象で私は「ケイト・ブッシュの嵐が丘に聴こえる」と書いていますが、改めてアルベニスを聴いてみると、似てますよね。似てませんか?

推理小説の謎解きなどではよく「伏線の回収」という言い方をします。読み進めているうちに起きるいくつかの疑問を、最後に全部解消してスッキリさせてくれるのが名作の条件というわけですが、今回2年ぶりにこのスッキリ感を味わいました、雨水さん、どうもありがとうございました。

オンデマンドはもう聴けないので、「朝の歌」のユーチューブのリンクをあげておきます。よろしければ「嵐が丘」もどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/6月20日(火)

music プレゼンター:斎藤茂GM


cherryblossom コンピレーションの森

【涼ふたたび】
●ゲーリーさん…森の情景 Op.82 ①孤独な花 ②予言の鳥/シューマン
●みやさん…4つの即興曲 D.899,Op.90~第4番 変イ長調/シューベルト
●御殿場のたくさん…交響曲 第5番 ホ短調 Op.64~第1楽章/チャイコフスキー
●ピンキーリングさん…5つの小品(樹木の組曲)Op.75~白樺の木/シベリウス
●ナッキーポッキーさん…舞踏への勧誘 Op.65(J.260)/ウェーバー


cute 本日のフレーバー・リクエスト  birthday お誕生日

●ビバのんさん…①ティンパニ行進曲/A.フィリドール & J.フィリドール ②6つのティンパニーと 管弦楽のための協奏曲~第1楽章/ドルシェツキー
birthday ろみさんからゆっぴさんへ(21日)…四季 Op.37b~5月:白夜/チャイコフスキー


aquarius 今夜のツボ(登場順)

①「よく似てるなと思ったら同じ曲でした」(0:15)
 ※フォーレの夜想曲第8番と8つの小品第8番は同じ曲です(笑)
②「どんどん緩くなっていきますからね。あなたのために」(0:51)
 ※この時期の6月病にも対応する番組です
③「アマゾンの鳥じゃないんだから」(1:07)
 ※消防署にて2人同時にキーキー訴えるというメールに
④「シマウマっぽいな(中略)モモンガっぽいな」(2:44)
 ※そういう曲を選ぶのは至難の業です
⑤「♪ボクの大好きなア~イパッド!」(4:04)
 ※「クラリネットをこわしちゃった」のメロディで。愛用のiPadが壊れたそうです




2週間滞ってしまいました。6月27日の番組冒頭で、斎藤さんが夏風邪のお話をしていらっしゃいましたが、ご多分に漏れず私もダウンしておりました。ご心配のメールも何件か頂戴しております。ありがとうございます。オンデマンドももう切れてしまって今更の更新ではありますが、記録として残したいと思っております。もうすっかりよくなりました。残っているものも今週中にまとめてアップできると思います。よろしくお願い致します。

さて、コンピの森のあとの「ふつおたコーナー」で読まれた「マタイ受難曲の演奏会は(長くて)お尻が痛くなる」という問題です。「マタイでモウマンタイ(無問題-問題なしの意-)」とかいう斎藤さんのダジャレはこの際放っておきます。メールの送り主、横浜のコアラさんについて、残念ながら私はまだお目にかかったことはないのですが、おそらく男の方でしょう。しかも、かなり痩せていらっしゃると思うのです。これは女性でもいわゆるガリガリといわれる方には該当するかもしれません。

要するに、長時間座っているとお尻が痛くなるというのは、お尻に肉がついていないからではないでしょうか。その昔、3本立ての映画館で、ガタガタの椅子に6時間近く座り続けて腰が痛くなったという経験ならあるのですが、昨今のクラシック・ホールの座り心地のいい椅子でお尻が痛くなるとは「どんだけ痩せてるんだ!」と、お肉たっぷりのおばさんからのつっこみをどうかお許しください。コアラさん、太ればいいんです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/6月13日(火)

music プレゼンター:斎藤茂GM


cherryblossom コンピレーションの森

【もしも○○が弾けたなら】
●奈良んちゃさん…ピアノ協奏曲 第17番 ト長調 K.453~第1楽章/モーツァルト
●チェチーリア!さん…歌劇「カルメン」第1幕 ①鐘が鳴ったぜ! ②交代の部隊と一緒に/ビゼー
●パン子さん…バレエ「白鳥の湖」Op.20~黒鳥のパ・ド・ドゥ(4)/チャイコフスキー
●ドミートリー・ウマガスキーさん…交響曲 第8番 ト長調 Op.88,B.163~第1楽章/ドヴォルザーク
●OTTAVAを愛する元乙女さん…交響曲 第8番 変ホ長調「千人の交響曲」/マーラー
●ゆりもぐさん…:パリのアメリカ人/ガーシュウィン
●まきうさぎさん…「ロメオとジュリエット」~マンドリンを手にした踊り、朝のセレナード(2台のヴィオラ、ピアノ版)/プロコフィエフ(ボリソフスキー編曲)
●横浜のびあさん…ヴァイオリン協奏曲 第5番 イ長調 K.219「トルコ風」~第3楽章/モーツァルト


cute 本日のフレーバー・リクエスト  birthday お誕生日

●ピアソラまんじゅうさん…ヴァイオリン協奏曲 ニ長調~第1楽章/ストラヴィンスキー
●ベトナムに旅行中の方(おそらく「ろくまるさん」)…ディヴェルティメント Sz.113~第3楽章/バルトーク
●ケッヘルハッスルくん…組曲「パンの笛」Op.15~パンと鳥たち/ムーケ
birthday ぴえ~るママ、サティおじさん、ムーミン谷のまるさん、カウベルさん、シニアマリオさん(以上6月生まれの皆さん)…イズント・イット・ア・ピティ/ガーシュウィン


aquarius 今夜のツボ(登場順)

①「ホントにこの人、日本語変換できないのかしら」(0:56)
 ※お久しぶりローマ字メールが来ました(必聴)
②「きれいなカラダにしなくちゃいけないかな」(2:07)
 ※踊れるものなら踊ってみたいボレロだそうです
③「『ダ』がなくてごめんなさいね。『ダ』」(2:35)
 ※パンダの赤ちゃんおめでとうリクエストに「パンの笛」を流す
④「斎藤さんていろんなこと知っててかっこいいなって思われてみたいですね」(3:04)
 ※「たっちゅう(塔頭)」を「たっとう」と読んでシテキされる
⑤「どうしたんだろう。OTTAVA最近来てるかな」(3:09)
 ※思わぬところでリスナー同士の邂逅が・・・
⑥「新潟でしょ、山形でしょ」(4:19)
 ※残業時間でリスナーの血液型を調査。1位はO型でした




ガーシュウィンというとラプソディ・イン・ブルーという方が多いのでしょうけれど、私はパリのアメリカ人なのです。映画「巴里のアメリカ人」が私にとっての最初のガーシュウィンでした(もちろんTV放映)。

圧巻と言われるフィナーレのダンスシーンは、書き割りの前でジーン・ケリーがひたすら踊るだけという印象だったのですが、昨年、衛星放送で再見してびっくり!群舞のすばらしさを何と言ったらいいのでしょう。ジーン・ケリーというと、あまりにも「雨に唄えば」のあのシーンが有名なので、記憶が上書きされてしまったのかもしれません。

曲の冒頭、雑踏に響くクラクションは、何の根拠もなく、ずっとトランペットの音だと信じていたのですが、昨年OTTAVAの新世界クラシックで初めて生演奏を聴いて、というより見てしまいました。本当に車のクラクションが並んでいるのです。自動車の黎明期のころ、ヴィンテージといわれたクラシックカーについているアレですね。

今回いろいろ検索していたら、打楽器のレンタル専門店がヒットしました。「ラ」「シ」「ド」「レ」と4音のものが1日5000円だそうです。「パリのアメリカ人の演奏にどうぞ」というコピーがついていましたが、ほかに使用曲があるのでしょうか。(2:06~)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/6月6日(火)

music プレゼンター:斎藤茂GM


cherryblossom コンピレーションの森

【もしも○○が弾けたなら】
●トム・ローランさん…ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調 Op.18~第1楽章/ラフマニノフ
●山で珈琲さん…歌劇「魔笛」第2幕~地獄の復讐がわが心に煮えかかる(夜の女王のアリア)/モーツァルト
●ビバノンさん…「くるみ割り人形」より“花のワルツ”/チャイコフスキー
●evergreenさん…交響詩「ローマの松」~アッピア街道の松/レスピーギ
●レイラニさん…40声のモテット/タリス
●ミケさん…フラトレス/ペルト
●ゲーリーさん…ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 Op.35~第3楽章/チャイコフスキー


cute 本日のフレーバー・リクエスト  birthday お誕生日

●おやかまっさん…牧歌(1944)/馬思聡
birthday ゴン太さん(5月30日?)…交響曲 第2番 ホ短調 Op.27~第3楽章/ラフマニノフ
●ちゅーぶらりっぴーのさん…ユモレスク VL162/チュルリョーニス
●ねりま姫…弦楽四重奏曲 第11番 へ短調 Op.95「セリオーソ」~第4楽章/ベートーヴェン


aquarius 今夜のツボ(登場順)

①「こわくないですよ。大丈夫です」(0:01)
 ※6月6日午前6時に産まれたのがオーメンのダミアン
②「妄想…もうそう…なのかって感じですよ」(1:18)
 ※「もしも○○が弾けたなら」妄想族から続々と
③「女子じゃないんですね、あなたは。そもそも」(1:35)
 ※夜の女王のアリアが歌いたい男性からメール
④「妄想バンザーイ!」(1:49)
 ※妄想族の選曲にゴキゲンのGM
⑤「んふんふんふっの人じゃないですからね。ゴン太さん」(3:56)
 ※RNゴン太さん。「できるかな」ではありません(笑)
⑥「いい夢見ろよ。だらだらりん」(4:31・5:07)
 ※何週か前のおたよりにあったフレーズ。お気に入りだそうです




昨年のみんなでつくる復興コンサート(2016)でのことです。開演前のロビーでお久しぶりのリスナーさんたちとの歓談があり、いざ自分の席に着いて、また周辺の顔見知りのリスナーさんとしばしのご挨拶などあるのですが、この年の会場内は例年と違っていました。ずっとBGMが流れているのです。

おしゃべりをしながら、頭の隅で「ああ、これは今日のプログラムの中の曲だなぁ」と思いつつ、舞台を見て気がつきました。生演奏だったのです。曲はくるみ割り人形の「花のワルツ」。まだ誰もいない舞台の左奥でひとり、ハープ奏者の方が一心不乱にソロの部分を練習しているのです。

みるみるうちに埋まっていく客席などものともせず、本当に開演ギリギリまで、一心不乱という四字熟語にふさわしい姿を目の当たりにして、超有名曲が演奏者に与えるプレッシャーというものをまざまざと感じました。今夜斎藤さんがかけてくださったのは偶然にも仙台フィルによる演奏でしたが、ひょっとするとハープはあのときの方かもしれません。もう一度聴いてこよう。(1:35~)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«今夜のOTTAVA Salone/5月30日(火)