スパム防止認証のお願い

申し訳ありません。スパム・コメントが増えてきたので画像認証を導入させていただきます。コメント送信時に「以下の文字を入力してください」の画面が出ます。お手数をおかけいたしますが、ご協力よろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/7月17日(火)

music プレゼンター:斎藤茂GM


cherryblossom コンピレーションの森

【避暑地にて】
●ドルチェでいきましょうさん…弦楽セレナード 変ホ長調 Op.6~第1楽章/スーク
●夏みかんの父さん…6つの前奏曲とフーガ Op.61~第1番 ト長調「森の中の小さい草原の夏の朝」/カバレフスキー
●斎藤さん選曲…ヴォラーレ 「青く塗られた青の中で」/モドゥーニョ(トロンボーン:ジョセフ・アレッシ)
●チェロ弾きゆうこさん…来たれ深い眠り/ダウランド
●豆葉さん…フランス組曲 第4番 変ホ長調 BWV.815 ①アルマンド ②エール/J.S.バッハ
●ラジオネームは考え中さん…弦楽四重奏曲 第2番 ニ長調~I.アレグロ・モデラート/ボロディン
●山でコーヒーさん…ボレロ/ラヴェル
●ゆりもぐさん…組曲「カレリア」Op.11~行進曲風に/シベリウス


cute 本日のフレーバー・リクエスト

●ケチャツプさん、タカセンチメンタルさん…①幻想曲 ハ長調 BWV.570/J.S.バッハ ②ピアノソナタ 第16番 変ロ長調 K.570~第1楽章/モーツァルト



aquarius 今夜のツボ(登場順)

①「ぼくって…結構…何センチぐらいに思います?」(1:18)
 ※「意外に大きいんですね」とよく言われるそうです
②「ずいぶんベラベラしゃべってどこが早速という感じ…」(1:21)
 ※コンピの森に入る前に猛暑についてひとこと
③「シュワちゃんですねぇ」(2:13)
 ※食事のお供はシュワシュワしたアレを
④「♪おさかなになったわ・た・し…失礼しました」(2:43)
 ※バスタブのCMでしたね
⑤「もう何年やってるんだろう、ホントにごめんなさい」(2:52)
 ※マイクの音声を下げ忘れる
⑥「カップルとかかき分けかき分け『すいませんすいません!』って走って」(4:06)
 ※スタジオ移転で番組終了後終電に乗り遅れそうになる




(準備中)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/7月10日(火)

music プレゼンター:斎藤茂GM


cherryblossom コンピレーションの森
(お見舞いクラシックにつきお休み)


cute 本日のフレーバー・リクエスト

●カリフラワーさん…①ソナチネ 嬰へ長調~第2楽章 メヌエット ②マダガスカル先住民の歌~ナアンドーヴ/ラヴェル
●Sallyさん…交響曲 第3番「田園交響曲」~第1楽章/ヴォーン=ウィリアムズ



aquarius 今夜のツボ(登場順)

①「確か女性ですよね、マサルさん」(1:15)
 ※ザギトワ選手に贈られた秋田犬のこと
②「君は中学生だったのかね!」(1:48)
 ※直筆の手紙を写メにして送ってくるみまきくん。小学生だと思っていたら!
③「皆さんが大変気にされていたあのくぼみもですね、変わっています」(2:16)
 ※スタジオの壁の穴が直っている?!
④「じゃねぇ…じゃねぇとか言っちゃいけない。じゃないですよ」(2:19)
 ※ちょっと興奮気味?
⑤「ひとつ思いついたのは(中略)ヨーヨー釣りとかどうかな」(2:24)
 ※天王洲全面移転記念ライブ。何か催しがあるようです
⑥「アンプロンプチュ、アンプロンプチュ、何言ってるんだろう、アンプロンプチュ」(4:46)
 ※語感が気に入ったようです




緊急特集「お見舞いクラシック」。フィンジのエクローグやバーバーのアダージョあたりを予想して、私は単純にモーツァルトの静かな第2楽章をリクエストしたのですが、さすがOTTAVAのリスナーはわかってらっしゃる。結果的にフィンジもバーバーもかかりませんでした。

残業タイムに入る前には、斎藤さんからのお見舞い曲として、バーンスタインの“Build My House”が流れました。しかも訳詞の朗読付きです。「英語の堪能なリスナーさんにお願いして訳してもらいました」ということですが、これはテキストにして残しておかなければ!ということで、久々に書き起こしてみました。ウェンディ役のソプラノのための曲で、歌詞はバーンスタイン自身。本当に素敵な訳です。


  私に家を建ててくれない?
  心から私のだと思える家を
  図面はもうできているの
  簡単なつくりなの 私の夢の家は

  その家は木で建てるの
  その家は石で建てるの
  れんがと漆喰(しっくい)で建てるの

  天井は丈夫に作ってね
  あらしがきてもいいように
  冬の寒さから守ってくれるように

  でも愛情を必ず入れてね
  壁は信頼のペンキで塗るの
  あなたのあたたかい心が暖炉の代わり

  床には誠実を敷きつめて
  壁は真実で囲うの
  屋根は平和でおおってね

  そんな愛の家を私に建ててくれない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/7月3日(火)

music プレゼンター:斎藤茂GM


cherryblossom コンピレーションの森

【短冊に一曲添えて・・・】
●パン子さん「OTTAVAが順調に調子良く運営されますように」…クラヴィーア組曲 第1巻 第5番 ホ長調 HWV.430 ~エアと変奏(調子の良い鍛冶屋)/ヘンデル
●番頭さん「日本代表4年後は優勝できますように…カタールへ行きたいかー!」…ミシシッピ組曲(音の旅) ~Ⅱ.ハックルベリー・フィン/グローフェ
●夏みかんさん「12月のピアノの発表会でうまく弾けますように」…3つの演奏会用練習曲 S.144/R5「溜め息」変ニ長調/リスト
●北陸のカニ男さん…「家族全員が元気で過ごせますように」交響曲 第7番 ホ短調「夜の歌」~第4楽章 夜の歌/マーラー
●豆葉さん「良いご縁が続きますように」…タンゴ/アルベニス
●ラジオネームは考え中さん「世界が穏やかで平和になりますように」…モテット「まことの安らぎはこの世にはなく」RV.630~まことの安らぎはこの世にはなく/ヴィヴァルディ
●ピンポンさん「きれいなフォームで泳げるようになりますように」…序奏とアレグロ/ダマーズ(山田磨依:ピアノ)
(以下残業タイム)
●ミケさん「七夕の日が晴れますように」…オー・ソレ・ミオ/ディ・カプア
●引っ越し王子さん「目が覚めたら引っ越しが終わっていますように」…歌劇「ウィリアム・テル」序曲/ロッシーニ
●ピッカリングさん(ロミオとジュリエットの小芝居つき)…バレエ音楽「ロメオとジュリエット」第1幕~愛の踊り/プロコフィエフ
●evergreenさん「(問い合わせ中)」…歌劇「ラ・ボエーム」第4幕~古い外套よ、聞いておくれ/プッチーニ
●とむひでさん「あなた(某足の病気)とはもう永遠の別れです。来年の再会がありませんように」…アヴェ・マリス・ステラ(めでたし、海の星よ)EG 150/グリーグ


cute 本日のフレーバー・リクエスト

●匿名希望さん…①忘れないと誓ったぼくがいた/三枝伸太郎 Orquesta de la Esperanza ②マニフィカート ニ長調 BWV.243~主はあわれみをお忘れにならず/J.S.バッハ
●とむひでさん…ミュージカル「ピーターパン」~Build my House/バーンスタイン
●更紗眼鏡さん…①「フレセンの花々」より4つの小品~夏の歌 ②フルースエーの花々~「夏の歌」「フルースエーの教会で」(2台ギター編曲版)/W・ペッタション=ベリエル
●Sallyさん…交響曲 第3番「田園交響曲」~第1楽章/ヴォーン=ウィリアムズ



aquarius 今夜のツボ(登場順)

①「パンは最後に袋に入れましょう」(0:28)
 ※底に入れると潰れます(笑)
②「(数秒の沈黙の後)ちょっと慣れないスタジオで…週に一回やってるだろ!って突っ込まれそうですが」(1:20)
 ※移転中につき天王洲から生放送
③「今日でさよなら明日からこんにちは」(3:18)
 ※というわけにはいかない放送局のお引越し
④「チャイレント…」(3:26)
 ※サイレントを噛む
⑤「お酒とか飲みますか」(3:28)
 ※憤懣やるかたないフレーバーリクエストにヤケ酒をすすめるGM
⑥「きれいな夜景を見ながらたったひとりで放送中」(4:05)
 ※移転中につき天王洲から生放送




私は極めて鈍感で、ひらめくとか予感とかいったものからいちばん遠いところにいる人間なのですが、先週斎藤さんが「土曜日に報告がある」とおっしゃったときには、一瞬「悪いことではないな」と感じました。これはひらめいたわけではなくて、単にOTTAVAとの付き合いが長いせいだと思うのです。

ふたを開けたらやっぱりいいお話ではないですか。天王洲への全面移転と聞いて、真っ先に思い浮かんだのは「小室さんがスタジオのあの狭い隙間から解放される!」ということだったのですが、そうは問屋が卸してくれないということが判明。

saloneを放送しているあのスタジオは、いわゆる防音ルームで、要するに防音されたコンテナみたいなものなのでしょう。それごとお引越ししてくるらしいのです。「リスナーの皆さんからいただいた大事なお金で買ったものだから置いていくわけにはいかない」という斎藤さんの言葉を聞いて、頭の中にバッハのクリスマス・オラトリオが流れました。

公式サイトのいちばん下のほうにまだしっかり残っている「OTTAVA Sponsorship」のバナー。ここをクリックすると「皆様からいただいたご支援のおかげで、OTTAVA一番町スタジオの工事・移転と、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンでの公開録音が実現しました」というメッセージが、今でもちゃんと読めるようになっています。このスポンサーシップのテーマがクリスマス・オラトリオでした。

というわけで、小室さんは変わらずあの狭い隙間で放送しなければならないのでしょうか。今夜のゲストを迎えての録音はサテライト・スタジオだったのですから、ゲストが来られるときはサテライトに移動して、メイン・スタジオ(でいいのか?)はもう少し広く使えればいいのにと心から思うものであります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/6月26日(火)

music プレゼンター:斎藤茂GM


cherryblossom コンピレーションの森
(先週に続いて企画盛り沢山につきお休み)


cute 本日のフレーバー・リクエスト   birthday お誕生日

●かじやんさん…リコーダーソナタ/ヘンデル
●アイラブプルシェンコさん…月の沙漠/作詞:加藤まさを、作曲:佐々木すぐる(常味裕司:ウード、大城みほ:ソプラノ)
birthday つかささん、とむひでさん、ジャーニーさん、ろみさんからゆっぴさんへ…①月に寄す D.193/シューベルト ②四季 Op.37b~5月:白夜/チャイコフスキー



aquarius 今夜のツボ(登場順)

①「歌えますね、ぼく。さすがにちょっと6時台からどうかな」(0:13)
 ※冒頭から「歌ってください」のリクエスト。残業時間に熱唱
②「とりあえずジャマ者はひとつ…」(0:23)
 ※裏番組のワールドカップ放送が23時以降になって
③「まったくもう、困ったちゃんですよねえ」(4:08)
 ※GM曰く「梅雨のズル休み」暑くてたまりません
④「謎のロシア人『コバラスキー』」(4:11)
 ※4時間生放送していると現れるらしい
⑤「♪海で彼女をつかまえて~行ってみたいな…ダメダメそういう替え歌はいけない」(4:31)
 ※「中学生じゃないんだから」だそうです(笑)
⑥「everything's alright.カッ!」(5:12)
 ※ルー大柴風に




震災の年に亡くなった父は釣りとサッカーが趣味でした。70歳を過ぎるまで高校のOB会でピッチに立っていましたが、寄る年波でボールが蹴れなくなってからは、もっぱらtotoにご執心で、これは晩年まで続きました。

ネット投票を代わりにやってあげていたので、結果は私のパソコンで確認するのですが、収支はトントン。ほんのちょっと赤字かなという感じで、なかなかやり手の予想屋だったと思います。ワールドカップでにぎわっている各局のスポーツニュースで、元Jリーガーの勝敗予想を見ていると、父の意見を聞きたくなります。コロンビア戦の結果や今期から導入のビデオ判定などなんて言うでしょう。

そんなわけで、サッカーは私にとってあまり面白くないものになってしまいました。夜更かしはせず、OTTAVAを聴きながら静かに過ごす2018年の初夏です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/6月19日(火)

music プレゼンター:斎藤茂GM


cherryblossom コンピレーションの森
(企画盛り沢山につきお休み)


cute 本日のフレーバー・リクエスト

●お名前のない方…無伴奏チェロソナタ Op.8~第1楽章/コダーイ



aquarius 今夜のツボ(登場順)

①「負けへんで!っていうリクエスト、すごくいっぱい届いてるんですね」(0:23)
 ※「負けへんで」のイントネーションがさすがです!
②「何とかプライムとかンールーとか」(0:46)
 ※1970年の作品「ベニスの愛」探して観てください
③「またー。先週カミカミだったけどな」(2:57)
 ※ロシアのリスナーさんにしゃべりを褒められる
④「いつからぼくはサイドンになったんだ」(3:48)
 ※「パパ・サイドン、こんばんは」というメールに
⑤「しげるん、うれしい」(4:05)
 ※今夜は裏のサッカー見てる人ばっかりと思ったら残業時間はいつもと同じぐらいの人数でした




小学校に入学したばかりのころ、親しくなったお友達から誕生日のプレゼントに陶製のお人形を頂きました。ピンクのドレスを着た15㎝ぐらいのお姫さまです。高校生のころまで大事にしていたのですが、何かの拍子に棚から落として割ってしまいました。

ネットオークションが盛んになってきたときに、いちばんで探したのが似たようなお姫さまです。たぶんダメだろうなぁと思いながら、気が向いたときに検索しているような状態だったのですが、ある日「小鳥と神父」と題した像を見つけました。これはまごうことなき「小鳥に説教をするアッシジの聖フランチェスコ」ではありませんか。

出品した方はこのエピソードをご存じなかったのでしょう。彼は自分の名前も知らない持ち主から私のところへ来たがっていると思いました。競争相手がいるはずもなくすんなり落札。プリンセスが神父になって帰ってきたような気がして、それからオークションは見ていません。

これはOTTAVAでリストの曲を聴いていなければ起こらなかった出来事です。リストが好きか嫌いかなんて言うまでもありません。いつか、吉川隆弘さんの弾くこの曲を神父様に聴かせてあげる日を楽しみに待つことにしましょう。


Francesco_7

| | コメント (5) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/6月12日(火)

music プレゼンター:斎藤茂GM


cherryblossom コンピレーションの森

【愛しのあのコの誕生日に一曲】
●かぎしっぽのきいさん…シンコペーテッド・クロック/アンダーソン
●ほーぼーけんの大冒険さん…交響曲 第82番 ハ長調「熊」Hob.Ⅰ-82~第4楽章/ハイドン
●ドルチェで行きましょうさん…バレエ音楽「三角帽子」~序奏/ファリャ
●斎藤GM…白と黒で~ゆるやかに。沈痛に(管弦楽版)/ドビュッシー(R.ホロウェイ編)
●evergreenさん…休暇の日々から 第1集~城と公園5:公園でのロンド/セヴラック
●タンタンさん…主よ人の望みの喜びよ BWV.147/J.S.バッハ(名倉誠人:マリンバ)
●シャンシャンさん…3つの小音詩~冬の夜(そりすべり)/ディーリアス
●なにわるつさん、ピッカリングさん…そりすべり/アンダーソン
●シャルウィダンスさん…歌劇「ばらの騎士」~第2幕のワルツ/R.シュトラウス
●Hamadeus…白と黒で~無我夢中で/ドビュッシー



cute 本日のフレーバー・リクエスト   birthday お誕生日  wine 記念日

●ホワイトラインタンゴさん、三姉妹の母さん…①La Cumparsita/Gerardo Matos Rodriguez ②Azabache/Enrique Francini‐Hector Stamponi(編曲:早川純/演奏:HAYAKAWA TERUGGI TRIO)
birthday カラベルさん、ムーミン谷のまるさん、ぴえーるママ(ふたご座の方々)…ジェミニ・コンチェルト~Ⅰ前奏曲、Ⅱダブリン/ウィリアム・ペリー
wine ろくまるさん(結婚記念日:1日)…明日 Op.27,No.4/R.シュトラウス


karaoke 本日の昭和歌謡(歌唱:斎藤茂)

●「こまっちゃうナ」(昭和41年/作詞作曲:遠藤実)


aquarius 今夜のツボ(登場順)

①「上野動物園は2000人並んだそうですがこっちはまだスカスカです」(0:30)
 シャンシャンのお誕生日に1曲選んでください
②「言えない、プレスティッティシーモ、合ってるかな」(0:53)
 ※prestissimo=非常にプレストに
③「もしかしたらですね。届かないかなぁ」(1:10)
 ※シャンシャンのお誕生日に1曲送ることにしましたが
④「ニガテな人が多いと思う!お互いがんばろう」(1:19)
 ※「かわいい」曲の集まりが悪いようです
⑤「ずいぶん転がってないなぁ。当たり前か」(1:52)
 ※シャンシャンはよく転がります
⑥「るるぶを超えてる感じですけれども」(3:16)
 ※ものすごい数の「山口の美味しいもの」メールが来ました





かのウィキペディアに放送履歴が本家より詳しいと書かれているOTTAbotさん。残念ながら、第2の開局が始まる前で更新はストップしているのですが、トップページには懐かしいリンクが当時のまま残っていて、今でもたどることができます。

カフェ・プログラムと呼ばれていたcaffe celesteとcaffe bleuの2つの30分番組は、iTunesでダウンロード出来、私の周りには愛聴していた方もずいぶんいました。かつての選曲担当のスタッフさんは「カフェ担=カフェたん」と呼ばれ、うら若きバイトの女の子だと想像していたリスナーもいるとかいないとか(笑)。そのカフェ・プログラムがまた聴けるんですって?!

そうです。オンデマンドシステムのためのクラウドファンディング達成のあかつきには、200本あるカフェ・プログラムを開放すると、斎藤さんは確かにおっしゃいました(3:17)。カフェたんファンの方、今こそ立ち上がる時です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/6月5日(火)

music プレゼンター:斎藤茂GM


cherryblossom コンピレーションの森

【森に夢みる、森で夢みる】
●ラジオネームは考え中さん…四季 Op.37b~6月:舟歌/チャイコフスキー
●奈良んちゃさん…交響曲 第9番 ホ短調 Op.95,B.178「新世界より」~第1楽章/ドヴォルザーク
●どれ子さん…弦楽四重奏曲 第4番 ハ短調 Op.18~第1楽章/ベートーヴェン
●ラジオネームはありませんさん…歌劇「ローエングリン」~第1幕への前奏曲/ワーグナー
●けたまさん…ピアノ協奏曲 第1番 ホ短調 Op.11~第2楽章/ショパン
●evergreenさん…シェナンドー~ウォーター・イズ・ワイド/スコットランド民謡(編曲/演奏:ゴシキヒワ)


cute 本日のフレーバー・リクエスト   birthday お誕生日

birthday さすらいの匿名さんからアンダンテで散歩っぽさんへ(5月30日)…交響曲 第40番 ト短調 K.550~第2楽章/モーツァルト
●ぴえーるママ…ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 Op.35~第2楽章/コルンゴルト
●いずもんさん…プラナルティナの集い/ペレイラ


aquarius 今夜のツボ(登場順)

①「とりあえず火曜日から入っておくと楽ですよ」(0:02)
 ※初めての方、初メールはぜひ火曜日に
②「こんな話をする…もういいね、酔っぱらってるからね」(0:53)
 ※美味しい日本酒に合うフレーバーリクエスト。曲の解説は不要?
③「まだ使ったことないよね、きっとね」(1:28)
 ※ドヴォルザークでは通じません。いつか言ってみたい「ヴォジャック」と
④「違うけど詳しいと思って(中略)それはバッハじゃないけど」(2:21)
 ※GMが聞いた高校生の会話「バッハって何の曲があったっけ」「水上の音楽じゃね?」
⑤「ときめかせちゃうよ~」(2:50)
 ※6月9日聖徳大学で講義をなさるGM
⑥「絶賛メール探し中…ちょっと待ってくださいね」(3:18)
 ※そういうときはBGM大きくしてください(懇願)




むう一族の前に私が歌っていた合唱団は、宗教曲が中心でしたので、バッハはずいぶん歌ってきました。今夜番組で話題になった「歌えるバッハ」なら、「はい、歌えます!」と即座に挙手するところですが、さて「誰もが知ってるバッハを歌って聴かせる」となると、挙げかけた手が途中で止まってしまいます。

即座に思い浮かぶのが、ある年齢以上の日本人にはかなりの確率で流布していて、健全なるOTTAVAリスナーのほとんどはご存じないと思われる「ちゃららーん鼻から牛乳」でしょうか。ところがあとが続きません。斎藤さんがおっしゃるように「G線上のアリア」はテンポが悪すぎる。「主よ人の望みの喜びよ」は伴奏とコーラスが複雑に絡み合って、どちらか一方ではなかなか伝えるのが難しい。

仮にこれがモーツァルトなら、アイネクライネの冒頭でつかみはバッチリなのに、ことほど左様にバッハの音楽は、簡単に見えて実は一筋縄ではいかない代物なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/5月29日(火)

music プレゼンター:斎藤茂GM


cherryblossom コンピレーションの森

【森に夢みる、森で夢みる】
●雨水さん…ピアノのための6つの小品~夜想曲/レスピーギ
●そありさん…9つの管楽器のための小交響曲~第2楽章/グノー
●つむりんさん…管弦楽のための音詩「寒帯林」~第1楽章「うすれ日射す林」/伊福部昭
●ミケさん…フラトレス(マリンバとヴィブラフォンのための)/ペルト(編曲/演奏:加藤訓子)
●さんさんすーさん…歌劇「ノルマ」第1幕~清らかな女神よ/ベッリーニ


cute 本日のフレーバー・リクエスト

●よっしーさん…主が汝を祝し守り給わんことを(The Lord bless you and keep you)/ラター
●MISAO IN THE KITCHENさん…フランスの歌~ ①目覚めよ ②心地良い山頂/カントルーブ


aquarius 今夜のツボ(登場順)

①「そんなのないでしょうけどシゲルワグネリアンとかね」(0:43)
 ※日本ダービーを制したワグネリアンの子孫の名を予想する
②「ただ読んでるだけですねぇ」(0:51)
 ※ハーブを使ったブーケガルニのレシピが送られてきたがGMにはちんぷんかんぷんの様子
③「なんでそう思うのかな。見た目ですか」(2:44)
 ※「梅雨に弱くないですか、おからだ大丈夫ですか」というメールが来ました
④「おもしろすぎるぞ」(3:41)
 ※ラジオネーム「老眼フリーマン」さんに




今宵は満月。当地はあいにく雲の多い空で決して良いお月見ではなかったのですが、それでも満月クラシックでは定番と言われている曲は、すべてかけてくださったのではないでしょうか。

こんなにも芸術家の創作意欲を刺激する満月に対して太陽は…と、ふと思いついて、OTTAVAsongsのツイログで「太陽」を検索してみたところ、結構出てくるのにちょっとびっくり。

私が即座に思い付いたのは、オー・ソレ・ミオ(私の太陽)とグリエールのウラディミール公の太陽宮殿ぐらいですが、昨年の6月半ば、本田さんの番組では太陽のつく曲が立て続けに5曲もオンエアされていました。おそらく梅雨の真っ最中で長雨が続いていたのかもしれません。本田さんらしいユニークなミニ特集だったのでしょう。なかなか便利なOTTAVAsongsのツイログを、皆さまもどうぞご利用ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/5月22日(火)

music プレゼンター:斎藤茂GM


cherryblossom コンピレーションの森

【森に夢みる、森で夢みる】
●けたまさん…交響曲 第4番 ト長調~第1楽章/マーラー
●アルペンザルツさん…歌劇「真珠採り」(第1幕)~聖なる神殿の奥深く/ビゼー
●アンジーさん…交響曲 第1番 ト短調 Op.13「冬の日の幻想」~第1楽章/チャイコフスキー
●マコさん…ピアノのための18の小品Op.72~第13曲「田舎のエコー」/チャイコフスキー
●さんさんすーさん…歌劇「サムソンとデリラ」Op.47~バッカナール/サン=サーンス
●とむひでさん…鳥の歌/クレマン・ジャヌカン
●バケツプリンさん…牧神の午後への前奏曲/ドビュッシー
●かぎしっぽのきいさん…主イエス・キリストわれ汝を呼ぶ BWV639/J.S.バッハ


cute 本日のフレーバー・リクエスト

●かずとさん…夏の夜、水の上で歌える/ディーリアス
●平成の見返り美人さん…交響三章~①第2楽章 ②第3楽章/芥川也寸志


aquarius 今夜のツボ(登場順)

①「やっぱり高いものは今でも高いんだなぁと思いました」(0:55)
 ※あの「見返り美人切手」は今でも高額だそうです
②「確かにうれしそうだったかもしれません」(1:53)
 ※先週の土曜は3人の美女に囲まれての生放送でした
③「やる気のない牧神が出てくるわけですよ」(2:08)
 ※牧神の午後への前奏曲の解説(笑)
④「これ読めないよ、読めません(中略)きったない字だな」(2:16)
 ※お好みや~きくんこと広島のみまきくん(小学生)の手書きメールについて
⑤「飛んでも8分、歩いて10分でございました」(3:40)
 ※ただリクは曲の繋ぎが大変とグチりながら(笑)
⑥「とりあえずキュルキュル星人はキュル78星雲に帰ったということで」(4:13)
 ※新しいエンコーダーによる放送は取りあえず成功した模様です
⑦「断捨離ということができる方とできない私」(5:07)
 ※昔集めた切手を処分できないGM




切手のコレクションが爆発的なブームになったのは、私が小学生のころですから、昭和40年代でしょうか。クラスの男子が夢中になっているのを、私たち女子はちょっと上から目線で眺めていたように思います。

集め始めるととことん凝るというのは世の男性の常のようで、モーツァルトと切手を心から愛する知人の男性(故人)は、2つを一緒にした「切手で巡るモーツァルト」といったカタログ本を音楽之友社から出版してしまいました。彼から届く年賀状は、裏の文面より表に貼ってある切手を見るのが楽しみだった思い出があります。

コレクターの抑えられない情熱によるものか、ウィキペディアには(おそらく男性の手による)「切手収集」という項目までありました。冒頭の「この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です」という無情な警告がちょっと悲哀を感じさせます。行く春や郵趣は遠くなりにけり(丸パクリ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/5月15日(火)

music プレゼンター:斎藤茂GM


cherryblossom コンピレーションの森

【森に夢みる、森で夢みる】
●パン子さん…森のスケッチ Op.51~Ⅰ.野ばらに寄す/マクダウェル
●パッサカリアさん…森のスケッチ Op.51~Ⅲ.昔ひそかに会った場所で/マクダウェル
●森のこびとさん…ピアノソナタ 第2番 ヘ長調 K.280(189e)~第1楽章/モーツァルト
●ウマガスキーさん…交響曲 第4番 変ホ長調「ロマンティック」WAB.104(ハース版)~第1楽章/ブルックナー
●シフリンさん…夕暮れ(イングリッシュ・ホルンのための協奏曲)/フックス
●バードさん…歌劇「オルフェオとエウリディーチェ」第2幕 第2場から抜粋/グルック
●北陸のカニ男さん…4つの伝説曲~交響詩「トゥオネラの白鳥」Op.22‐2/シベリウス
●横浜のじゅんこさん…子供の領分~第1番 グラドゥス・アド・パルナッスム博士/ドビュッシー
●奈良んちゃさん…森の静けさ B.182(チェロと管弦楽編)/ドヴォルザーク


cute 本日のフレーバー・リクエスト

●プリスカさん…セレナード ニ短調 Op.44 B.77~①第2楽章 ②第4楽章/ドヴォルザーク
●ピンキーリングさん…ピアノ協奏曲 ヘ調~第2楽章/ガーシュウィン
●おやつがかりのむうさん、スーザンさん…ミサ「おお何と栄光に満ちている」~クレド/ビクトリア
●ママンさん…調理場のレヴュー H161~①ドラマの踊り ②タンゴ(愛のダンス)/マルティヌー


aquarius 今夜のツボ(登場順)

①「メントリ1、メントリ2って言わなきゃいけない」(1:08)
 ※2番の立場も尊重してあげたいそうです
②「半分ぐらい…半分ぐらい聴こうじゃありませんか」(1:33)
 ※いつも全曲流してもらえないブルックナー
③「今度ツアーやりましょうね」(1:57)
 ※サテスタの設備が整ったら見学ツアーを
④「ドを言わないのがコツだって…」(2:32)
 ※ドヴォルザークの英語読みはヴォジャックが通じやすいらしい




オンデマンドシステムのためのクラウド・ファンディングが始まっています。めでたく始動となった場合、ニコ動のほうはどうなるのか、何週か前の残業時間で様々なコメントが飛び交ったのですが、ちょっとびっくりしたことがひとつ。「ツイッターやってない」という方が少なからずいらしたことです。

ニコ動の最大の魅力がリアルタイムのコメント機能だということは言うまでもありません。でもニコ動導入前は同じ役割をツイッターが担っていたのです。またそのころに戻るだけなのに…と思うのは私だけなのかもしれません。

実は数日前に(正確には5月15日)モーリーの退院メッセージの動画がツイッターにアップされました。うれしいのはOTTAVAリスナーに負けず劣らずFM富士のリスナーが多いこと。こういう反応がわかるのもツイッターのいいところではないでしょうか。モーリーのビデオレターは定期的に配信されるとのこと。いいね♡の数がひとつでも多く増えますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«今夜のOTTAVA Salone/5月8日(火)