« コンピの森/3月10日(水) | トップページ | COME AGAIN »

コンピの森/3月11日(木)

【春が香る!アロマなクラシック】
 ●バレエ「眠りの森の美女」Op.66第1幕:呪文~パ・ダクシオン(A)
  アダージョ(薔薇のアダージョ) /チャイコフスキー
 ●小管弦楽のための2つの小品~春、はじめてのカッコウを聞いて/ディーリアス
 
【年度末を乗り切ろう!颯爽痛快クラシック】
 ●ハンガリー舞曲集WoO.1~第5番 嬰ヘ短調/ブラームス
 ●組曲「カレリア」Op.11~行進曲風に/シベリウス
 ●SF交響ファンタジー 第1番~後半/伊福部昭…番外編「春のマーチ」
 ●歌劇「アイーダ」~凱旋の合唱“エジプトとイシスの神に栄光あれ”(凱旋行進曲)
  /ヴェルディ…番外編「春のマーチ」
 
【卒業!旅立ちのクラシック】
 ●ジュピターの歌(原曲:ヘンデル「セメレ」~あなたがどこを歩くとも)/ルロイ・
  アンダーソン
 ●歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」~間奏曲/マスカーニ
 
【我が街のテーマ曲「花便り編」】
 ●フルート、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、ハープのための五重奏曲~第2楽章
  /ヴィラ=ロボス…水戸「偕楽園」梅祭りに寄せて
 
 
 
3月に入ったcon brioでは、秋から冬にかけてよく流れていたブラームスに替わっ
て、チャイコフスキー、特にバレエ曲を耳にすることが多くなったような気がします。
(ブラームスはハンガリー舞曲だけが例外のようにかかっていますね)チャイコのバ
レエは春を連想させるのでしょうか。
 
そういえば、実際に踊るわけではなくても「踊る」という言葉を聞いただけで、もうウキ
ウキする気分を止められません。春がそこまで来ています。昨日、散歩に出かけたと
きに見かけた近所のさくらんぼのなる桜が満開でした。薄いピンクのチュチュを纏っ
たバレリーナのようでした。

|

« コンピの森/3月10日(水) | トップページ | COME AGAIN »

OTTAVA con brio」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンピの森/3月11日(木):

« コンピの森/3月10日(水) | トップページ | COME AGAIN »