« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

コンピの森/11月29日(月)

OTTAVA con brio 「コンピレーションの森」11月のテーマ
 
1.ほっこり・・・・
2.木枯しに向かって!年末に向かって!
3.待ち遠しい想い
4.紅葉と聴きたいクラシック
5.ほろ酔いクラシック
6.世界の国からコンブリワ!
7.マイ・ベスト・アリア
8.本とクラシック
9.夢みるマエストロ
10.学校で聴いた、または学校で聴かされたクラシック
 
 
11月29日(月)のコンピレーションの森

 
【木枯しに向かって!年末に向かって!】
 ●交響曲 第3番~第4楽章/グラス
 ●ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 Op.47~第3楽章/シベリウス
 
【ほろ酔いクラシック】
 ●ヴァイオリンソナタ 第1番 ト長調「雨の歌」Op.78~第2楽章/ブラームス
 ●アラベスク2/ドビュッシー
 
【紅葉と聴きたいクラシック】
 ●14の歌 Op.34~第14番 ヴォカリーズ(管弦楽編)/ラフマニノフ
 ●15の即興曲~第7番 ハ長調/プーランク
 
【待ち遠しい想い】
 ●ミュージカル「ウェスト・サイド物語」第1幕~アメリカ/バーンスタイン
 ●四季 Op.37b~12月:クリスマス/チャイコフスキー
  
 
  今夜のツボ(3:09)「あやかれな~い!このハイ・テンショ~ン!」

  今夜のしたっけ「明日は会議です」
  
 
 
本当に1年が経つのは早いもの。1年前のモーリー代読によるバンクーバーのおたふくママさんからご主人への誕生日メッセージは、未だに忘れられないメールのうちのひとつです。それをもう一度、しかも今度は斎藤さんの代読で聞けるなんて、長生きはするものです(違う)。
 
しゃべりのプロであるモーリーはさすがにお見事で、あの声も相まってうっとりと聞かせてもらいましたが、当時の斎藤さんは恥ずかしさが先に立ってちょっと無理だったような気がします。1年でずいぶんブリメンから鍛えられましたね。そこを見越したかのように、1年間待ってメールしてくださったおたふくママさんに拍手を送りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コンピの森/11月25日(木)

【木枯しに向かって!年末に向かって!】
 ●ピアノ協奏曲 第1版 ニ短調 Op.15~第3楽章/ブラームス
 ●ピアノ協奏曲第2番 Sz 95~第3楽章/バルトーク
 
【ほろ酔いクラシック】…番外編「あの作曲家のヌーヴォー」
 ●バレエ音楽「パナンビ」Op.1~永遠の愛のパントマイム/ヒナステラ
 ●ピアノ協奏曲第2番 変ロ長調 Op.19~第3楽章/ベートーヴェン
 ●ピアノ協奏曲第4番 ト長調 K.41~第2楽章/モーツァルト
 
【夢みるマエストロ】
 ●バレエ音楽「ロメオとジュリエット」第1幕~マドリガル/プロコフィエフ
 ●ピアノ協奏曲 ト長調~第1楽章/ラヴェル
  
 
  今夜のツボ(2:49)「スタートレックを真似てみました」

  今夜のしたっけ「しゅーへい!算数、数学は見直しだ!」
  
   
 
今夜の横浜は、8時前にバッハが流れたのと時を同じくして雨になりました。そしてそのあとのドビュッシー、ヒナステラ、プロコフィエフ、ヴィヴァルディなどなど、最後のマーラーまで、食後のお茶を手にしながらずっと窓から降る雨を眺めていました。
 
私は自他共に認める筋金入りの雨女で、何かしらイベントがあると雨が降るのですが、雨の神様は時々こんなふうに、家にいて楽しむ雨を贈ってくれることがあります。晴れの日はもちろん大好きですが、雨が嫌いでないのもこんな理由があるからなのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コンピの森/11月24日(水)

【紅葉と聴きたいクラシック】
 ●ゴルトベルク変奏曲 ト長調 BWV.988~アリア/J.S.バッハ
 ●ゆるやかなワルツ(管弦楽編)/O.メリカント(ヨルマ・パヌーラ編)
 ●3つのロマンス Op.94~第2番/シューマン
  
【世界の国からコンブリワ!(107)】…スペイン・バルセロナ
 ●歌と踊り 第4番/モンポウ
 
【学校で聴いた、または学校で聴かされたクラシック】
 ●「アルルの女」第2組曲~ファランドール/ビゼー
 ●スケーターズ・ワルツOp.183/ワルトトイフェル
 
【マイ・ベスト・アリア】
 ●歌劇「ランメルモールのルチア」第3幕 第1場~あの方のやさしいお声が
  聞こえる/ドニゼッティ
 ●歌劇「ホフマン物語」プロローグ~むかしむかしアイゼナッハの宮殿に/オッフェ
  ンバック
 ●歌劇「ラクメ」~花の二重唱/ドリーブ
  
 
  今夜のツボ(1:13)「♪ため・いき・が・で・ちゃう」

  今夜のしたっけ(番外編)「あきらめるな!しゅーへい!したっけ、またあした」
  
   
 
マイ・ベスト・アリアは絶好調のようですね。放送でサラっと読まれた「著名人による“曲を楽しむならこのオペラ”」のランキングを探してきたのでコピペします。
 
数字は得票ポイント数。選者は以下の通り(敬称略、五十音順)/池田理代子(声楽家・劇画家)▽石戸谷結子(音楽ジャーナリスト)▽大木正純(音楽評論家)▽岡本稔(同)▽小畑恒夫(同)▽岸純信(オペラ研究家)▽國土潤一(声楽家・音楽評論家)▽関根礼子(音楽評論家)▽中野京子(ドイツ文学者)▽畑中良輔(東京芸大名誉教授)▽堀内修(音楽評論家)▽吉村溪(同)
 
  1 カルメン/ビゼー(912p)
  2 椿姫(ラ・トラヴィアータ)/ヴェルディ(809p)
  3 トゥーランドット/プッチーニ(734p)
  4 蝶々夫人/プッチーニ(693p)
  5 フィガロの結婚/モーツァルト(511p)
  6 魔笛/モーツァルト(470p)
  7 セビリアの理髪師/ロッシーニ(425p)
  8 ドン・ジョヴァンニ/モーツァルト(402p)
  9 ラ・ボエーム/プッチーニ(396p)
  10 トスカ/プッチーニ(334p)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コンピの森/11月23日(火)

【ほっこり・・・・】
 ●ピアノ協奏曲 第1番 ハ長調 Op.15~第2楽章/ベートーヴェン
 ●ハープとヴィオラのための幻想ソナタ~アレグロ・モデラート/バックス
 
【木枯しに向かって!年末に向かって!】
 ●交響曲 第5番 ニ短調 Op.47~第4楽章/ショスタコーヴィチ
 ●交響曲第25番 ト短調 K.183~第1楽章/モーツァルト
 
【世界の国からコンブリワ!(106)】
 ●イタリア奇想曲 Op.45/チャイコフスキー…スペイン・セビリア
 
【紅葉と聴きたいクラシック】
 ●8つの練習曲 ~ロ短調 Op.35,No.22/ソル
 ●組曲 イ長調(アメリカ組曲)B.190 Op.98b~第4曲/ドヴォルザーク
 
【マイ・ベスト・アリア】
 ●歌劇「真珠採り」(第1幕)~聖なる神殿の奥深く/ビゼー
 ●歌劇「魔笛」第2幕~パ、パ、パ、…/モーツァルト
 
 

Today's word from master of “Cafe de OTSUKARE”
 
≪マスターからの国際電話≫
ボジョレー解禁はみんなで盛り上がったそうで
ボクですか?今ひとりでクリスマス・マーケットに
買い付けなんですよ  ベルギー
ビールの買い付け だって好きなんでしょ
何種類か見繕っているところで…はい
ひっく…酔って ひっく…酔ってないですよ!ひっく…
今日も頑張って働いてまーす!ひっく…

(by チェチーリア!さん)
 
あれ、祝日なのにまた来てるんだ
祝日のときぐらい自分の時間にしないと
人生は豊かに行かなきゃ後悔するよ
え 行くところがないの
じゃ せっかくだからいいところを教えてあげるよ
赤坂砂場シアター
新進気鋭の役者が頑張ってるから仲間に入ったら?
ボク?座長のマスターだよ

(by ヌブーさん)
 
≪バイトのしげちゃんのひとこと≫
ちょっと旅に出てきます
マスターがいなくなってから 一人でがんばったもんな オレ
今日ぐらいいいよね オレいなくても
紅葉でも見てくるわ

(by yajimayaさん)

 
 
  今夜のツボ(2:13)「ばあちゃんにおそわってるでしょ」

  今夜のしたっけ「北風だよ」
  
   
 
恒例となった祝日カフェ(勝手に命名)。今夜の「オツカレカフェ」採用のうちのお二人からひとことを送っていただきました。前回11月3日のマスターのひとことは4人だったのに今回は3人。ごめんなさい。用事ですっかり忘れていました。次回はクリスマス・イブイブの23日ですね。カレンダーに印つけとかなくちゃ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

コンピの森/11月22日(月)

OTTAVA con brio 「コンピレーションの森」11月のテーマ
 
1.ほっこり・・・・
2.木枯しに向かって!年末に向かって!
3.待ち遠しい想い
4.紅葉と聴きたいクラシック
5.ほろ酔いクラシック
6.世界の国からコンブリワ!
7.マイ・ベスト・アリア
8.本とクラシック
9.夢みるマエストロ
10.学校で聴いた、または学校で聴かされたクラシック
 
 
11月22日(月)のコンピレーションの森

 
【ほっこり・・・・】
 ●詩人の恋 Op.48~美しい5月に/シューマン
 ●クラリネット協奏曲/コープランド
 
【本とクラシック】
 ●歌劇「魔笛」~序曲/モーツァルト…村上春樹「ダンス・ダンス・ダンス」
 ●交響曲第4番 ニ短調 Op.120~第3楽章 スケルツォ/シューマン
  …講談社・月刊誌「本」
 
【待ち遠しい想い】
 ●森に夢みる/バリオス
 ●バレエ音楽「くるみ割り人形」Op.71~ロシアの踊り/チャイコフスキー
 ●聖セシリアのために Op.30~友たちの中で聖人は微笑んで/フィンジ
 ●聖セシリアのために Op.30~それゆえに我々は聖セシリアの喜ばしい主張に
  /フィンジ
 
  今夜のツボ(3:24)「カタカナでグレで、漢字で月って書いてあるの」

  今夜のしたっけ「なでしこ」
  
 
 
先週に続いて今度はデジャヴーです。今夜のオンデマンドから始めようは、まるで木曜に書いた文章がそのまま読まれているのかと思いました。私と同じ体験をした方がもうひとりいらっしゃったんですね。もちろんシャンパンの歌をリクエストしたナランチャさんです。
 
con brioでは本当に信じられないことがしばしば起こり、そのたびにどんどんハマっていって抜けられなくなるのです。その通りとおっしゃる方、大勢いらっしゃいますよね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

コンピの森/11月18日(木)

【木枯しに向かって!年末に向かって!】
 ●ピアノソナタ第8番 ハ短調 Op.13「悲愴」~第3楽章/ベートーヴェン
 ●タンゴの歴史~ボーデル 1900/ピアソラ
 
【ほっこり・・・・】
 ●バレエ音楽「プルチネッラ」~アレグロ・モデラート:2つの変奏曲を伴うガヴォット
  /ストラヴィンスキー
 ●2つの小品~前奏曲 ヘ長調 Op.2-1/ラフマニノフ
 
【ほろ酔いクラシック】
 ●歌劇「椿姫」第1幕~乾杯の歌「陽気に楽しく杯をくみ交わそう」/ヴェルディ
 ●スペイン組曲 第1集 Op.47~アラゴン/アルベニス
 ●メランコリー/プーランク
 ●歌劇「ドン・ジョヴァンニ」第2幕 第3場~さあ、窓辺においで(ドンのセレナーデ)
  /モーツァルト
 ●歌劇「ドン・ジョヴァンニ」第1幕 第15場~シャンパンのアリア: 酔いつぶれる
  まで/モーツァルト
 ●カルミナ・ブラーナ~今こそ楽しい季節/オルフ
 ●ベートーヴェンの主題によるロンディーノ/クライスラー
 ●交響三章~第2楽章/芥川 也寸志
 ●パガニーニの主題による狂詩曲Op.43~第18変奏/ラフマニノフ
 ●喜歌劇「こうもり」 第2幕~終曲:ぶどう酒の燃える流れに/J.シュトラウスⅡ世
 ●ワルツ 第8番 変イ長調 Op.64-3/ショパン
 ●エンターテイナー:ラグタイム・トゥー・ステップ/ジョプリン
 ●歌劇「ホフマン物語」第3幕~舟歌/オッフェンバック
 ●歌劇「ナブッコ」~ヘブライの捕虜たちの合唱“行け我が思いよ、金色の翼に
  のって”/ヴェルディ
 
  今夜のツボ(3:12)「さあ、続々と酔っぱらいどもの…アワワワ」

  今夜のしたっけ「ぼじょれ~」
  
   
 
そもそも、この素晴らしいワンダフル乾杯企画の発案者は誰だったのか、ずっと気になっていたのです。なんとマイクロトマトさんだったんですね。それをしげりすのように掘り出して再提案したチェチーリア!さんもナイスプレイでした。そして遅ればせながら、お誕生日おめでとうございます。
 
おかげさまで本当に楽しい夜で、飲めない私も紅茶ですっかり雰囲気酔いしてしまいましたが、忘れられないことがもうひとつ。パソコンの前で、放送を聴きながら舞台裏を垣間見るという信じられない経験をしました。ドン・ジョヴァンニの放送事故です。
 
シャンパンの歌が数秒流れてプツッと切れたとき、聞こえるはずのない「違う違う!そっちじゃないほう!」という斎藤さんの声が聞こえた気がしました。おかげで次に私のリクエストがかかることがわかってしまったのです。
 
乾杯の夜だからシャンパンのアリアでもいいかなと、どちらにしようか迷ったのですが、月がきれいだったのでセレナーデのほうを選びました。スタッフの方が間違えるのも仕方ないのですが、まさか両方かかるとは思ってもみませんでした。2曲ともいい曲でしょう。私はもう投票済みで権利がないので、どなたかマイ・ベスト・アリアにノミネートしてくださらないでしょうか。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

コンピの森/11月17日(水)

【木枯しに向かって!年末に向かって!】
 ●12の練習曲 Op.25~第12番 ハ短調/ショパン
 ●歌劇「はかない人生」~スペイン舞曲 第1番(第2幕 第1場)/ファリャ
 
【ほっこり・・・・】
 ●クラリネットソナタ 変ホ長調 Op.120-2~第3楽章/ブラームス
 ●小組曲~星の下の子守唄/イベール
 
【世界の国からコンブリワ!(105)】…台湾・台南市
 ●チェロとオーケストラのためのギャラント風協奏曲~第3楽章/ロドリーゴ
 
【ほろ酔いクラシック】
 ●白つぐみ Op.161/ダマレ
 ●シランダス~第2曲 伯爵夫人/ヴィラ=ロボス
 ●夜想曲 第8番 変ニ長調 Op.27-2/ショパン
 
【マイ・ベスト・アリア】
 ●歌劇「ウェルテル」第3幕:シャルロットとウェルテル~オシアンの歌「春風よ、
  なぜ私を目覚めさせるのか」/マスネ
 ●歌劇「ドン・ジョヴァンニ」K.527 第1幕 第5場~カタログの歌:奥さん、これが
  旦那の女のカタログ/モーツァルト
 
  今夜のツボ(1:54)「サミー・ヘイガーという人がいましたが…」

  今夜のしたっけ「あしたは乾杯をします」
  
   
 
斎藤さんのブログの「ティーザー」とはなんぞや。ググってみました。

  ティーザーとは商品を直接紹介するのではなく断片的な情報のみを公開し、
  消費者の興味を引くことを意図したプロモーション手法のこと。一般に「じらし
  広告」として使われています。

じらされた結果が何とyajimayaさん!彼女はこちらでもたびたび話題にさせていただいていてますが、その実力はブリメンの中でも群を抜くトップではないかと常日頃思っていました。斎藤さんによる「カリスマ認定」は私の考えが間違っていなかったことの証明ですね。うれしい!

願わくばラジオネーム「yajimayaさんのファン」さんが、yajimayaさんのブログを読んでもっともっと彼女の世界を味わってくださればいいのにと思います。メールで読まれた木のこともちゃんと書いてあるはずですから。
 
 

そして今夜のしたっけにもあるように、ぴえ~るママ&チェチーリア!さん企画をここへ追記。本日(18日)放送中に、昨年のクリスマスで好評だった「みんなで乾杯」を行います。

  第1回:20時30分、第2回:21時 (場合によっては21時30分もあり)

ワイングラス、コーヒーカップ、紙コップ、水筒、なんでもありです。椿姫の乾杯の歌に合わせてみんなで乾杯しましょう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

コンピの森/11月16日(火)

【待ち遠しい想い】
 ●ユビラーテ・デオ/ブリテン
 ●交響曲第8番 ヘ長調 Op.93~第1楽章/ベートーヴェン
 
【本とクラシック】
 ●シンフォニエッタ~第1楽章/ヤナーチェク…村上春樹「1Q84」
 ●管弦楽のための協奏曲~中断された間奏曲/バルトーク…ハリー・E・ディクスン
  「ドルチェで行きましょう/わが愛するボストン交響楽団の30年」
 
【紅葉と聴きたいクラシック】
 ●13の前奏曲Op.32~第11番 ロ長調/ラフマニノフ
 ●エア(フルート独奏のための)/武満 徹
 
【マイ・ベスト・アリア】
 ●歌劇「清教徒」~優しい声が私を呼んでいた/ベルリーニ
 ●歌劇「ワリー」~さようなら、ふるさとの家よ/カタラーニ
 
  今夜のツボ(3:44)「芳醇な2秒間」

  今夜のしたっけ「ファゴットはイタリア語、バスーンが英語」
  
   
 
大河ドラマファンの間では「利家とまつ」は「としまつ」と呼ばれます。全然関係ないですが「新選組!」は「組!」で通じます。
 
みなとみらいで私が聴いたスロヴァキア放送交響楽団のアンコールはドヴォルザークでした。「未完成」「運命」「新世界」という名曲アルバムのようなプログラムにもかかわらず空席が目立っていたのは、あいにくの台風襲来と、まだ10月末だというのに既に始まっていたAPECの警備のせいだと今でも私は信じています。
 
演奏は「未完成」の冒頭、コントラバスとチェロの第1音からもう背筋がゾクゾクっとしました。どういう理由からのアンコールだったのでしょう。是非ともあのオケで聴きたかった「としまつ」のテーマ(泣)。かく言う私は筋金入りの大河ドラマおたくです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コンピの森/11月15日(月)

OTTAVA con brio 「コンピレーションの森」11月のテーマ
 
1.ほっこり・・・・
2.木枯しに向かって!年末に向かって!
3.待ち遠しい想い
4.紅葉と聴きたいクラシック
5.ほろ酔いクラシック
6.世界の国からコンブリワ!
7.マイ・ベスト・アリア
8.本とクラシック
9.夢みるマエストロ
10.学校で聴いた、または学校で聴かされたクラシック
 
 
11月15日(月)のコンピレーションの森

 
【木枯しに向かって!年末に向かって!】
 ●交響的印象「教会のステンドグラス」~大天使ミカエル/レスピーギ
 ●ハンガリー舞曲集~第1番 ト短調(ブラームス編)/ブラームス
 
【ほっこり・・・・】
 ●ヴァイオリン協奏曲第3番 ロ短調 Op.61~第2楽章/サン=サーンス
 
【世界の国からコンブリワ!(104)】…チェコ
 ●交響曲第9番 ホ短調 Op.95,B.178「新世界より」~第3楽章/ドヴォルザーク
 
【学校で聴いた、または学校で聴かされたクラシック】
 ●カロ・ミオ・ベン(愛しい私の恋人)/ジョルダーニ
 ●無言歌 第34番 ハ長調 Op.67-4「紡ぎ歌」/メンデルスゾーン
 ●魔王 D.328 Op.1/シューベルト
 ●蚤の歌/ムソルグスキー
 
 
  今夜のツボ(3:07)「ノミだぜ!あはははは!」

  今夜のしたっけ「寒いよ」
  
 
 
杉並フィルの演奏会は会場入口からもう驚愕の連続でした。チケットを取り置きしてもらうのに、恥ずかしくてラジオネームを口に出来ない私は本名を申告したのにもかかわらず、受付のカウンターの上に堂々と置かれた「ピアソラまんじゅう様」の封筒を発見したときの気持ちがおわかりになるでしょうか。ええ、もう臆病者でもいくじなしでも、何とでもお呼びください。
 
ナターシャ・マイクロトマト様、ぴえ~るママ様、ピアソラまんじゅう様、荒川コナン様の超豪華封筒勢揃い写真はピアソラまんじゅう様のブログへどうぞ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

コンピの森/11月11日(木)

【木枯しに向かって!年末に向かって!】
 ●組曲~さすらい/ラター
 ●組曲「惑星」Op.32~火星-戦争の神/ホルスト
 
【ほっこり・・・・】
 ●グレゴリオ聖歌の主題による4つのモテットOp.10~いつくしみと愛のある
  ところ、すべて美し、あなたはペテロである、タントゥム・エルゴ/デュリュフレ
 
【世界の国からコンブリワ!(103)】…アメリカ・ロサンゼルス
 ●室内交響曲~Ⅱ.スロウ、シンキング、ルバ-ト/モラヴェック
 
【ほろ酔いクラシック】
 ●小組曲~陽気なブドウ栽培者/イベール
 ●ブラジル風バッハ 第4番~前奏曲(序奏)/ヴィラ=ロボス
 ●ギター協奏曲 Op.325~第2楽章/ホヴァネス
 
  今夜のツボ(2:33)「こっから先は日本語でいいですか」

  今夜のしたっけ「乾燥注意」
  
   
 
あなうれしや、ご老公さまのお帰りでございます。元祖ジェレズニッチェのドヴォルザークさまは、確かドボチャンなるアカウントをお持ちと記憶しておりましたので、ビッグローブ閉鎖にも心配無用でしたが、ご老公さまの行方がつとに気になっていたのです。先日のハロウィンにもお銀さんしか来てくださらなかったし…。
 
ミツエモンなるアカウントを取得とのことでうれしい限りですね。この先は月に一度ぐらいのご登場を期待いたします。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

コンピの森/11月10日(水)

【ほっこり・・・・】
 ●2つの小品 Op.15~第1番 夕べの歌/エルガー
 ●大地の美のために/ラター
 
【世界の国からコンブリワ!(102)】…ニュージーランド・ダニーデン
 ●平均律クラヴィーア曲集 第1巻(24の前奏曲とフーガ)~第1番 ハ長調BWV.
  846/J.S.バッハ
 
【本とクラシック】…ロザムンド・ピルチャー「九月に(September)」
 ●ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調 Op.18~第2楽章/ラフマニノフ
 
【マイ・ベスト・アリア】
 ●歌劇「セビリャの理髪師」~今の歌声は心にひびく/ロッシーニ
 ●歌劇「カルメン」~この乾杯のお返しをさせてください(闘牛士の歌)/ビゼー
 
  今夜のツボ(1:14)「うろうろしてるとお米をもらえるとか」

  今夜のしたっけ「おやすみなさい」
  
   
 
ダウランドを初めて聴いたのは、放送からでもスティングのCDでもなく、声楽を勉強していた友人の小さな発表会でした。ピアノの伴奏だったのかアコースティック・ギターだったのか、はたまた無伴奏だったのかも定かではなく、それほど歌が強く印象に残っているコンサートでした。
 
今から思うと、女声によって英語で歌われるダウランドは、古楽というより、強いて言えば森山良子の歌うフォークソングのように聴こえてきた気がします。その新鮮な感激を彼女に伝えると「ダウランドの良さをわかってくれてうれしいわ」とはにかむように言いました。もうずいぶん彼女には会っていません。OTTAVAでダウランドが流れるたびに、もう一度彼女の声を聴きたくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コンピの森/11月9日(火)

【待ち遠しい想い】
 ●歌劇「タンホイザー」~巡礼の合唱「ふるさとよ、また見る野山」/ワーグナー
 ●組曲「動物の謝肉祭」~第14曲 終曲/サン=サーンス
 
【紅葉と聴きたいクラシック】
 ●11月のある日/ブローウェル
 ●ピアノ協奏曲 イ短調 Op.16~第2楽章/グリーグ
 ●チェコ組曲 ニ長調 Op.39~ポルカ/ドヴォルザーク
 
【ほろ酔いクラシック】…番外編「あの作曲家のヌーヴォー」
 ●アベッグ変奏曲 Op.1/シューマン
 
【マイ・ベスト・アリア】
 ●歌劇「ファウスト」第5幕~早く、早く、さもないと破滅ですよ/グノー
 ●歌劇「トスカ」第1幕~妙なる調和/プッチーニ
 ●歌劇「トスカ」第2幕~歌に生き、恋に生き/プッチーニ
 
  今夜のツボ(3:53)「魚心あれば水心ぢゃ」

  今夜のしたっけ「首をあったかくして」
  
   
 
  不定期連載・OTTAVA用語辞典【コンブリオ化】メールを読む時間が長くなる
  こと。他の番組へ波及すること多し。【アモローソ化】早口で噛まずに音楽へ
  の思いを熱く語ること。他番組への波及はかなり困難と見られる。
 
 
数が増えたら左のカテゴリーに「OTTAVA用語辞典」を増やしてみたいですね。【フレスコ化】、【ブリフラ化】などいろいろ続きそうですが、今日はモーツァルトが1曲(しかも2分)しかかからなかったので元気が出ません(笑)。あ、まず最初に【ジェレズニッチェ】と【したっけ】を載せなきゃ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

コンピの森/11月8日(月)

OTTAVA con brio 「コンピレーションの森」11月のテーマ
 
1.ほっこり・・・・
2.木枯しに向かって!年末に向かって!
3.待ち遠しい想い
4.紅葉と聴きたいクラシック
5.ほろ酔いクラシック
6.世界の国からコンブリワ!
7.マイ・ベスト・アリア
8.本とクラシック
9.夢みるマエストロ
10.学校で聴いた、または学校で聴かされたクラシック
 
 
11月8日(月)のコンピレーションの森

 
【木枯しに向かって!年末に向かって!】
 ●主は言われた RV.595~主は言われた/ヴィヴァルディ
 ●バレエ「白鳥の湖」Op.20 第2幕~白鳥たちの踊り Ⅶコーダ/チャイコフスキー
 
【ほっこり・・・・】
 ●ピアノ協奏曲第15番 変ロ長調 K.450~第2楽章/モーツァルト
 ●歌劇「蝶々夫人」第2幕~ハミング・コーラス/プッチーニ
 
【世界の国からコンブリワ!(101)】…台湾
 ●サクソフォーンとオーケストラのためのタンゴ組曲~アディオス・ノニーノ/
  ピアソラ(T.ケルケゾス編)
 
【ほろ酔いクラシック】
 ●レントよりも遅く/ドビュッシー
 ●組曲 Op.16(作曲者編による管弦楽伴奏版)~ロマンス/サン=サーンス
 
【学校で聴いた、または学校で聴かされたクラシック】
 ●歌劇「魔弾の射手」J.277~序曲/ウェーバー
 
 
  今夜のツボ(3:06)「秋の夜半」

  今夜のしたっけ「再見」(つぁいきん=台湾語)
  
 
 
ゲゲゲのご本人、向井理さんを「むかいさとし」さんと堂々とおっしゃるのを聞いて、やはり話題の人物の名前の読み方はきちんとリサーチされているのだなぁと最初は感心しておりました。
 
私には「理」と書いて「おさむ」と読む知り合いがおります。「今まで生きて来てきちんと読んでくれたのは、高校の国語の教師ひとりだけだった」となぜか自慢気に言っていたのが、とても印象的で今でも忘れられません。
 
斎藤さんにはさとしさんという知人がいて、ゲゲゲさんはおさむさんで、きっとまだほかにも違う読み方があるのでしょう。私の母はよく口癖のように「人の名前と地名は読めなくても恥ではない」と言っていましたが、放送となるとそうもいかないのがお気の毒です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第3回ブリメン総会のご案内

Glass

12月4日(土)、場所は新橋、昼12時開始です。

詳細は幹事のこんぶり音符さんのブログをどうぞ。
あちらのブログで参加表明のコメントをつけてくださいね。
 
 
11月16日追記
参加申し込みの締め切りが迫って来ました。
 
11月24日(水)です。
 
お店の予約の都合があるのでなるべく早くお願いしますね。
上のリンクからどうぞ。
 
 
11月27日追記
こんぶり音符幹事長よりコメントいただきましたので転記致します。
皆さん、体調を整えてくれぐれも風邪など召しませぬよう!

総会の宣伝ありがとうございました。
おかげさまで30名以上の参加者を募ることができました。

楽しい忘年会にしましょう!

| | コメント (19) | トラックバック (0)

コンピの森/11月4日(木)

【木枯しに向かって!年末に向かって!】
 ●組曲第5番:「ナポリの風景」~踊り/マスネ
 ●組曲「惑星」Op.32~火星―戦争の神/ホルスト
 
【ほっこり・・・・】
 ●合奏協奏曲 第8番 ト短調「クリスマス協奏曲」~第6楽章/コレルリ
 ●11月のある日/ブローウェル
 
【世界の国からコンブリワ!(100)】…オーストラリア・パース
 ●レクイエム Op.9~主イエス・キリストよ/デュリュフレ
 
【ほろ酔いクラシック】
 ●四季 Op.37b~6月:舟歌/チャイコフスキー
 ●8つのユモレスク Op.101(B.187)~第7番 変ト長調/ドヴォルザーク
 
【マイ・ベスト・アリア】
 ●歌劇「魔笛」第2幕~おお、イシスとオシリスの神よ/モーツァルト
 ●歌劇「魔笛」第2幕~一人のかわいい娘が/モーツァルト
 ●歌劇「椿姫」第1幕~ああ、多分あの方だわ・・・花より花へ/ヴェルディ
 
  今夜のツボ(2:56)「イカったアブ…じゃない」

  今夜のしたっけ「また来週」
  
   
 
今週の初めにオルガン曲の「打率」を調べるというユニークなメールが取り上げられていて、とても興味をそそられました。con brioの曲目リストはコピペのために毎日目を通すのですが、モーツァルトが流れたかどうかがとても気になるのです。
 
たいていは1曲、多いときは3曲の日もあります。週に1回ぐらいはいわゆる「タコ」のこともあって、そういう日はブログの更新の手が心なしか遅くなる気がしないでもありません。
 
モーツァルトはタコでも、かわりにバッハがかかればいいかな、となるべく打率を下げない工夫をしています。リストに好きな作曲家の名前が多いとテンションがアップするので、オンデマンドを聴くときはチェックは欠かせません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コンピの森/11月3日(水)

【ほっこり・・・・】
 ●ゴルトベルク変奏曲 BWV.988~終曲のアリア/J.S.バッハ
 ●スンマ/ペルト
 ●ウィントン組曲~歌/カース
 
【世界の国からコンブリワ!(99)】…スイス・アヌシー
 ●オーヴェルニュの歌 第1集~野原の羊飼のおとめ、3つのブレー~泉の水/
  カントルーブ
 
【待ち遠しい想い】
 ●2つのオルガン小品~7拍子のトッカータ/ラター
 ●ピアノソナタ ホ長調 K.380,L.23/D.スカルラッティ
 ●オラトリオ「四季」第3部 秋~第31番:ばんざい、葡萄酒だ/ハイドン
 
【夢みるマエストロ】
 ●ピアノ協奏曲第1番 変ロ短調 Op.23~第1楽章/チャイコフスキー

Today's word from master of “Cafe de TASOGARE”
 
いらっしゃい 久しぶりだね
え どこ行ってたのかって?
まあ 東へ西へ いろいろとね
うん これでも結構忙しいんだよ
明日はもう 南のほうへ行かなきゃいけないんだ
え 次? 次はねぇ・・・勤労感謝の日かな?

(by Hamadeus)
 
≪マスターからのお手紙≫
時間に縛られずに気ままに暮らしています
世界中を旅したり いろんなジェレズニッツェに乗ったり
実は最近ちょっと帰って来ていました
昨日は野球の行列に並んでいました
明日は一番列車の切符の争奪
また行列に並びます
行列に並ぶとまたたそがれてしまいました
そうだ クリスマス・マーケット行ってみようかな
忘年会の予約も入りそうだし・・・

(by チェチーリア!さん)
 
≪たそがれカフェ・バイトのしげちゃんとお客さんの会話≫
「いらっしゃい お客さん 見てくださいよ これ」
「なに? 絵葉書? きれいな夕焼けだねえ」
「表側も見てください」
「どれどれ」

<さみしい・・・・・・ たそがれマスターより>

「あーあ 意地張ってないで帰ってくればいいのにねえ」
「そうっすねえ」

(by yajimayaさん)

おお!久しぶり!よくここがわかったね
え たそがれを追っかけたらここに着いた?
どういうことかなぁ・・・ま そういうことか

(by ヌブーさん)
 
 

  今夜のツボ(2:57)「燃える男、林田直樹」

  今夜のしたっけ「あったかくして」
 
 
 
帰って来たマスターのひとこと4連発は、帰還を祝ってのコンブリ色です。登場順なので拙作が最初になってしまったことをご容赦ください(yajimayaさんと私のものはオリジナルです)。
 
久々の書き起こしは常連さんばかりで懐かしく、なんだかカフェで昔の仲間が集まって同窓会をしているみたいでした。マスター、さみしがっていないで早く帰ってきて!(泣)

| | コメント (9) | トラックバック (0)

コンピの森/11月2日(火)

【待ち遠しい想い】
 ●ヒット・ソング~魅惑のリズム/ガーシュウィン
 ●舞踏への勧誘Op.65,J.260/ウェーバー(ベルリオーズ編)
 ●キャロルの祭典 Op.28~行列聖歌/ブリテン
 ●キャロルの祭典 Op.28~喜び迎えん/ブリテン
 
【本とクラシック】…作品社刊「日本の名随筆」
 ●イギリス組曲 第1番 イ長調 BWV.806~アルマンド/J.S.バッハ
 
【ほろ酔いクラシック】
 ●「ああ、ママに言うわ」による12の変奏曲 ハ長調 K.265(きらきら星
  変奏曲)/モーツァルト
 ●カルミナ・ブラーナ~俺達が酒場にいるときには/オルフ

【マイ・ベスト・アリア】
 ●喜歌劇「こうもり」 第2幕~侯爵様、あなたのようなお方は/J.シュトラウス
  Ⅱ世
 ●ルサルカ」~白銀の月よ/ドヴォルザーク
 ●歌劇「椿姫」第1幕~乾杯の歌「陽気に楽しく杯をくみ交わそう」/ヴェルディ
 
  今夜のツボ(0:18)「アとイの間なんですが」

  今夜のしたっけ「今夜は万霊節です」
  
   
 
今日は残業カフェの後半ぐらいでライブに合流できて、マイ・ベスト・アリアで「ハマデウスさんが狂喜乱舞しているでしょう」と言われたとき、今日のツボはこれで決まりじゃ!とまさに狂喜乱舞したのですが、番組前半をオンデマンドしたら出てくるわ出てくるわ…。
 
「狂喜乱舞」に加えて「読ませないで、こういうことを」や「向こうへ行っても元気でね」を押しのけてしまったのが、アとイの間のヘロッズでございました。どうしても英語の発音にはやられてしまうようです。“What a beautiful day,isn't it?”は着ボイスにしたいくらいです。
 
 
さて、12月4日(土)のブリメン忘年会(正式名称:第3回ブリメン総会)の詳細が決まっています。会場は新橋に決定。詳しくお知りになりたい方は、幹事のこんぶり音符さんのブログへどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コンピの森/11月1日(月)

OTTAVA con brio 「コンピレーションの森」11月のテーマ
 
1.ほっこり・・・・
2.木枯しに向かって!年末に向かって!
3.待ち遠しい想い
4.紅葉と聴きたいクラシック
5.ほろ酔いクラシック
6.世界の国からコンブリワ!
7.マイ・ベスト・アリア
8.本とクラシック
9.夢みるマエストロ
10.学校で聴いた、または学校で聴かされたクラシック
 
 
11月1日(月)のコンピレーションの森

 
【ほっこり・・・・】
 ●ブランデンブルク協奏曲 第5番 ニ長調 BWV.1050~第3楽章/J.S.
  バッハ
 ●小組曲「子供の戯れ」~二重奏「小さい旦那様、小さい奥様」/ビゼー
 
【木枯しに向かって!年末に向かって!】
 ●交響曲第10番 ホ短調 Op.93~第2楽章/ショスタコーヴィチ
 ●ピアノソナタ第2番 Op.54~第2楽章 スケルツォ/カプースチン
 
【世界の国からコンブリワ!】…タイ・ナコンパトム
 ●ハンガリー狂詩曲 第2番(4手版)/リスト
 
【紅葉と聴きたいクラシック】
 ●アランフェス協奏曲~第2楽章/ロドリーゴ
 
【夢みるマエストロ】
 ●ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 Op.35~第2楽章/チャイコフスキー
 
【マイ・ベスト・アリア】
 ●歌劇「トゥーランドット」~お聴きください、王子様/プッチーニ
 ●歌劇「トゥーランドット」~氷のような姫君の心も/プッチーニ
 
  今夜のツボ(3:08)「ところがギッチョンチョン」

  今夜のしたっけ「サワディーカ…これタイです」
  
 
 
企画会議は短縮版の中でチェチーリア!さんの案が実に簡潔かつ的を得ていてお見事でした。賛同の意見が多かったんでしょう。今月はエントリーしやすい楽しいテーマが揃ったように思います。そんな中、久々のアランフェスで秋の夜長に浸っていたら、突然のピエール・ママスカヤの名前に目が覚めました。次はこのときのピョートル・サイコロステーキさんの指揮で悲愴が聴いてみたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »