« コンピの森/11月2日(火) | トップページ | コンピの森/11月4日(木) »

コンピの森/11月3日(水)

【ほっこり・・・・】
 ●ゴルトベルク変奏曲 BWV.988~終曲のアリア/J.S.バッハ
 ●スンマ/ペルト
 ●ウィントン組曲~歌/カース
 
【世界の国からコンブリワ!(99)】…スイス・アヌシー
 ●オーヴェルニュの歌 第1集~野原の羊飼のおとめ、3つのブレー~泉の水/
  カントルーブ
 
【待ち遠しい想い】
 ●2つのオルガン小品~7拍子のトッカータ/ラター
 ●ピアノソナタ ホ長調 K.380,L.23/D.スカルラッティ
 ●オラトリオ「四季」第3部 秋~第31番:ばんざい、葡萄酒だ/ハイドン
 
【夢みるマエストロ】
 ●ピアノ協奏曲第1番 変ロ短調 Op.23~第1楽章/チャイコフスキー

Today's word from master of “Cafe de TASOGARE”
 
いらっしゃい 久しぶりだね
え どこ行ってたのかって?
まあ 東へ西へ いろいろとね
うん これでも結構忙しいんだよ
明日はもう 南のほうへ行かなきゃいけないんだ
え 次? 次はねぇ・・・勤労感謝の日かな?

(by Hamadeus)
 
≪マスターからのお手紙≫
時間に縛られずに気ままに暮らしています
世界中を旅したり いろんなジェレズニッツェに乗ったり
実は最近ちょっと帰って来ていました
昨日は野球の行列に並んでいました
明日は一番列車の切符の争奪
また行列に並びます
行列に並ぶとまたたそがれてしまいました
そうだ クリスマス・マーケット行ってみようかな
忘年会の予約も入りそうだし・・・

(by チェチーリア!さん)
 
≪たそがれカフェ・バイトのしげちゃんとお客さんの会話≫
「いらっしゃい お客さん 見てくださいよ これ」
「なに? 絵葉書? きれいな夕焼けだねえ」
「表側も見てください」
「どれどれ」

<さみしい・・・・・・ たそがれマスターより>

「あーあ 意地張ってないで帰ってくればいいのにねえ」
「そうっすねえ」

(by yajimayaさん)

おお!久しぶり!よくここがわかったね
え たそがれを追っかけたらここに着いた?
どういうことかなぁ・・・ま そういうことか

(by ヌブーさん)
 
 

  今夜のツボ(2:57)「燃える男、林田直樹」

  今夜のしたっけ「あったかくして」
 
 
 
帰って来たマスターのひとこと4連発は、帰還を祝ってのコンブリ色です。登場順なので拙作が最初になってしまったことをご容赦ください(yajimayaさんと私のものはオリジナルです)。
 
久々の書き起こしは常連さんばかりで懐かしく、なんだかカフェで昔の仲間が集まって同窓会をしているみたいでした。マスター、さみしがっていないで早く帰ってきて!(泣)

|

« コンピの森/11月2日(火) | トップページ | コンピの森/11月4日(木) »

OTTAVA con brio」カテゴリの記事

コメント

私のものもオリジナルです。
というか、ブログの発表が放送直前。
ほとんど抜き打ちテストですよー。

投稿: チェチーリア! | 2010年11月 4日 (木) 08時06分

どうするか早めにブログでお知らせします、とか言ってましたよね、確か前日に。
抜き打ちテストとは言い得て妙です。
私も慌てて送ったので採用されるとは思いませんでした。
4人分だったので余裕がなかったんでしょうか(笑)。
皆さん、ほとんどいじられなかったみたいですね。

投稿: ハマデウス | 2010年11月 4日 (木) 10時19分

ふふふ。。
10列目くらいに いたでしょ。

次回の公演の時は
楽屋に よっておくれよ。。

ふふふ。。以下原文。

-----------------------
ラジオネーム
ほーぼーけん の 大冒険!

夢見るマエストロリクエスト

カタカタカタカタ、、、、
OTTAVAのミュージックディレクター さいとうしげるのFAXが珍しく音を立てている。

何やら「イベント 御招待」とある。。さいとう氏が 目を通す前に1人の男が血相を変えて飛び込んできた。。燃える男 林田氏である。

「さいとうさん!ロンシャン赤坂礼拝堂の こけら落としイベントのプログラム、ご覧になりましたか?」

林田は 息継ぎの間もおしむように続けた。。

「バレンボイムのブライチ!
小澤氏のベト7!
なんと 佐渡さんの マーラー!」

「これらの そうそうたる出演者を前座に ある巨匠が トリを飾るそうです。。私もまだ その正体がわかっていないのですが、先方から独占取材のオーケーをいただけたので、今から リハーサル中のマエストロを直撃しにいきます!」

ーーーーーーーー
ロンシャン赤坂礼拝堂の
イベントは 興奮のるつぼと化していた。

小澤氏の粋なはからいで プログラムになかった第九まで熱唱され、あとは 本日のオオトリ
マエストロを待つだけとなっていた。。

各国のジャーナリストは 既に ある異変に気づいていた。 この礼拝堂の音響は、演目によって天井の高さ、凹凸形状を微妙に変え、心地良い残響時間を保っている。また、その天井の動きにあわせて、自然採光による 光の十字架が 会場に落ち、絶妙な照明効果を引き出しているのだ。。

さあ、マエストロの登場に観衆が息を飲む。
ステージに大きなスタンウェイのピアノが置かれている。調律のAの音に合わせて、一段天井高が上がった。

ピアノコンチェルトをやるようだ。。

アナウンスが流れる。。
指揮 マエストロ
アトリエ ほーぼーけん主宰
ビッグ アドベンチャー ファン ホーボーケン

ピアノ Kマリエ サラ オット

??
2人とも無名???
いいや、彼等夫婦こそ、このロンシャン赤坂礼拝堂の設計者であり 第二のコルビジェの呼び声も高い世界的建築家かつ、音楽家なのであった。。

では指揮とピアノの実力は。。

ポカンとする観客を気にもとめず、「おいら」は ピアノのKさんに 愛情たっぷりの 合図を送り、一気に指揮棒を振り下ろした!

曲は チャイコフスキー
ピアノコンチェルト1

演奏後、会場は総立ち!!!
花束が宙をまった。。
ブラボー ホーボー!!
気付けば、若草色のスカーフが
場内 至る所で振られている。

おいらは 光の差し込む
天井を仰いだ。。。
ふうううううう
最高。。。

さいとうさん!
おいら 夢で終わらせないよ!
ふふふ。。それにしても。。
ちと やりすぎだね。。

生徒さんたち。。
真似しないでね。。

投稿: ほーぼーけん の 大冒険! | 2010年11月 5日 (金) 10時47分

あら、あたくしが座っていたのはもう少し前の7列目でしてよ。
楽屋にお邪魔するのはご迷惑かと思って、かわりにお花を届けさせましたの。
胡蝶蘭はつまらないので、時期のアナスタシアとバラのアレンジですのよ。
喜んでいただけたかしら・・・

はーはーはー もういっぱいいっぱいです。
大作をありがとうございました。

投稿: ハマデウス | 2010年11月 5日 (金) 22時40分

ふふふ。。
お花 きれいだね。。
ありがとうね。。

ユメマロサイコー。。

投稿: ほーぼーけん の 大冒険! | 2010年11月 6日 (土) 03時10分

この場を借りて・・
【マエストロホーボーケン様へ】
”先日は公共放送でお粗末なチャイコを失礼いたしました。ワタクシ・ピョートル・サイコロステーキさんの指揮で悲愴もあこがれておりますが、
お噂に名高いマエストロ様の初公演を聴き、もう
空に舞う日々で御座います。

ビッグ アドベンチャー ファン ホーボーケン様、
いつかマエストロの指揮で演奏させていただける事を夢見て、日々精進しようと心に刻んだワタクシです・・・・
あ、そ~です、Kマリエ サラ オット様にもくれぐれもよろしくお伝えください、

アタシは危ない女・・じゃないって・・・
うふふ・・・

ロンシャン赤坂礼拝堂

投稿: ピエール・ママスカヤ | 2010年11月 6日 (土) 08時29分

気合入れてチケット取りしたのに、私は28列目(笑)。
若草色のストール振っていたの私ですよ。

投稿: チェチーリア! | 2010年11月 6日 (土) 15時22分

ホーボーケンさん、力作ですね。

文字で読んで、
あらためて感心しましたよ。

この想像力は、尋常じゃない。
Kさんにも、聞かせてあげたいですよね。
何と言うでしょうか?

投稿: 岩太郎 | 2010年11月 6日 (土) 21時43分

ふふふ。。。
待っていたんだけど
恥ずかしがって隠れてしまったんだね。。。
みんなどうもありがとうね。。。

管理人の代筆だよ。。。
ニセモノは。。。が3つなんだよ。。。
ごめんよ。許しておくれよ。。。

投稿: ハマデウス | 2010年11月 9日 (火) 20時02分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンピの森/11月3日(水):

« コンピの森/11月2日(火) | トップページ | コンピの森/11月4日(木) »