« コンピの森/3月1日(火) | トップページ | コンピの森/3月3日(木) »

コンピの森/3月2日(水)

【春待ちクラシック】
 ●ディヴェルティメント(ザルツブルク・シンフォニー)第3番 ヘ長調 K.138~
  第1楽章/モーツァルト
 ●フルート、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、ハープのための五重奏曲~第2楽章/
  ヴィラ=ロボス
 
【世界の国からコンブリハ!(128・129)】
 ●ヴィオラ協奏曲 ト長調~第4楽章/テレマン…イタリア・クールマイヨール
 ●ミシシッピ組曲(音の旅)~Ⅱ.ハックルベリー・フィン/グローフェ…アメリカ・
  ワシントンDC
 
【いつか行きたい!南極で聴きたいクラシック】
 ●アランフェス協奏曲~第2楽章/ロドリーゴ
 ●交響曲 第1番 ト短調~第2楽章/カリンニコフ
 ●鏡の中の鏡/ペルト
 ●冥王星-再生の神/コリン・マシューズ
 
 
【本日のフレーバー・リクエスト】  お誕生日
 ●SOHOBOX北浜さん…10の小品 Op.12~前奏曲/プロコフィエフ
 ●ジュディさん…ハンガリー舞曲第1番 ト短調/ブラームス(モーション・トリオ編)
 ●たまおとこさん…デウス・エクス・マキナ(機械仕掛けの神)~Ⅰ.早送り、
  メトロポリス・シンフォニー~Ⅴ.レッド・ケープ・タンゴ/ドアティ   
  ケレルさん…神のみにぞわが心を捧げん BWV.169~アリア:神のみにぞ
  わが心を捧げん/J.S.バッハ
 
 
  今夜のツボ(2:19)「♪ちゃんちゃんちゃん、ちゃ~らら~ららん」
       次点(1:54)「タケちゃんマンじゃないですよ」

  今夜のエンディング「また明日、おやすみなさい」
  
 
 
OTTAVAがお手本にしたというイギリスのclassic-fmでは、グレツキの嘆きの歌と、ペルトの鏡の中の鏡がヘビーローテーションでかかっており、この2人の作曲家の名前もそこで初めて耳にしました。エルガー、ホルスト、ヴォーン=ウィリアムズ、またハリー・ポッターのサントラなど、自国の作品を数多くオンエアしていて大英帝国の大いなる自負を感じたものです。

ところが数年前に突然「国外からのアクセスはできません」というメッセージと共に聴取不能となってしまいました。それからしばらくしてめぐり会ったのがOTTAVAです。私はペルトを聴くと反射的に大好きだったイギリスの放送局を思い出します。思い立って先ほど訪ねてみたのですが、やはり国外から聴くことはできませんでした。

|

« コンピの森/3月1日(火) | トップページ | コンピの森/3月3日(木) »

OTTAVA con brio」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンピの森/3月2日(水):

« コンピの森/3月1日(火) | トップページ | コンピの森/3月3日(木) »