« 2月のコンピの森(月間総合) | トップページ | コンピの森/3月8日(火) »

コンピの森/3月7日(月)

OTTAVA con brio 「コンピレーションの森」今週のテーマ
 
◎今週のおすすめ!
 「春待ちクラシック」
◎冬のおすすめ!
 「卒業!旅立ちのクラシック」
 「いつか行きたい!南極で聴きたいクラシック」
 「花粉症に効くか?クールなクラシック、アロマなクラシック」
 「佑ちゃんのテーマ曲」
 「お風呂の中で~私のバスルーム・ディーヴァ、バスルーム・ディーヴォ」
 「世界の国からコンブリハ!」
 「マイ・ベスト・アリア」
◎コンピの森アーカイヴズ
◎What's New?
 
 
3月7日(月)のコンピレーションの森

 
【春待ちクラシック】
 ●リュートのための古い舞曲とアリア 第3組曲~「イタリアーナ」/レスピーギ
 ●春のささやき Op.32,No.3/シンディング
 ●交響曲第5番ハ短調「運命」Op.67~第2楽章/ベートーヴェン
 
【世界の国からコンブリハ!】…アイルランド・ダブリン(130)
 ●メサイア HWV.56 第1部~羊飼いたちがいた、いと高き所には神に栄光あれ
  /ヘンデル
 
【卒業!旅立ちのクラシック】
 ●戴冠式行進曲「王冠」/ウォルトン
 ●交響曲第7番 嬰ハ短調 Op.131~第3楽章/プロコフィエフ
 ●ジュピターの歌(原曲:ヘンデル「セメレ」~あなたがどこを歩くとも)/ルロイ・
  アンダーソン
 
 
【本日のフレーバー・リクエスト】  お誕生日
  キューブリオンさん…高雅で感傷的なワルツ<管弦楽版>~第7曲モアン・
  ヴィブ/ラヴェル
 ●加計呂麻島はいいところさん…レオカディア(ジャン・アヌイの劇への付随音楽)
  ~第3幕‐愛の小径/プーランク
  ヤッターバさん…8つのユモレスク Op.101(B.187)~第7番 変ト長調/
  ドヴォルザーク
  リンゴパイさん…森の静けさ B.182(チェロと管弦楽編)/ドヴォルザーク
 ●ろみさん…ノックスヴィル、1915年の夏 Op.24~後半/バーバー
 
 
  今夜のツボ(2:50)「ひっよこがねっ♪とか歌ってたのかもしれませんね」
       次点(3:41)「ダリダリダリダリ」

  今夜のエンディング「温かくして休んでください」
  
 
 
今日の3曲目でプーランクを歌っていたのがダニエル・ダリューだと聞いたとき、私は即座に「赤と黒」の美しい人妻の姿を思い出しました。今夜は他にもドヌーブやバーグマンの名前が出てきましたが、連想する映画や出演者が斎藤さんとは全然違うのでちょっとびっくり。

「白い恐怖」ならグレゴリー・ペック、「ロシュフォールの恋人たち」にはジョージ・チャキリスが出ていました。前出の赤と黒を見たのもジェラール・フィリップがお目当て。斎藤さんの女優好きはよーくわかりました。いい男好きなら私も負けません。

|

« 2月のコンピの森(月間総合) | トップページ | コンピの森/3月8日(火) »

OTTAVA con brio」カテゴリの記事

コメント

中学生の時好きだったラジオ番組は
映画評論家・淀川長治さんのもの。
あの熱い語りを堪能しておりました。
淀川さんのお得意はやはり戦前の映画。
ダニエル・ダリューの名前は懐かしいです。
当時の女優さんは本当にお美しいですよね。
でもね、映画はちゃんと見たこと無いの。
知ったかぶり~♪

ところで私も花粉症で満身創痍でございます。
サングラスとマスクで超怪しい毎日です。

投稿: チェチーリア! | 2011年3月 8日 (火) 21時33分

ラジオの淀川さんは相当熱かったですね。思う存分語れるからでしょうか。
ダニエル・ダリューを熱く語れるのは私の親世代(特に男性)です。
「僕らのアイドルだった」という話をよく聞きました。

サングラスとマスク着用のチェチーリア!さんを想像してみたところ、
忘年会の装いにマスクをプラスした姿が浮かんできました。
まるで探偵のようです。

投稿: ハマデウス | 2011年3月 9日 (水) 00時23分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンピの森/3月7日(月):

« 2月のコンピの森(月間総合) | トップページ | コンピの森/3月8日(火) »