« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

今夜のcon brio/7月28日(木)

【本日のフレーバー・リクエスト】

 ●ハッチーさん…森の静けさ B.182(チェロと管弦楽編)/ドヴォルザーク
 ●もみのすけさん…即興的奇想曲 Op.9/ピエルネ
  
  今夜のツボ(1:31)「ちなみにスイカ好きの人のことをスイカーというらしい
   です。ウソで~す」
       次点(1:51)「ぼく勉強するよ(泣)」

  今夜のエンディング「よい週末を。心をフォルテに。おやすみなさい」
  
 
 
今週のミュージック・ディレクターのオープニング・セレクションをどうぞ。
 
 ●版画~グラナダの夕べ/ドビュッシー
 ●サルヴェ・レジナ RV.617~第1曲/ヴィヴァルディ
 ●3つの悲しき小品 Op.106~第3番 アンダンテ・レリジオーゾ/シンディング
 ●コントラバスのための「涙」(オーケストラ伴奏)/ロッシーニ(タマシュ・ベネデク編)
 ●「入り江のワルツ」Op.411/J.シュトラウスⅡ世
 ●ピアノソナタ 変ホ長調 K.474,L.203/D.スカルラッティ
 ●こおろぎはよい歌い手/ジョスカン・デ・プレ
 ●セルダーニャ組曲‐5つの絵画的練習曲~二輪馬車にて(セルダーニャへの
  到着)/セヴラック
 ●ブランデンブルク協奏曲 第4番 ト長調 BWV.1049~第3楽章/J.S.
  バッハ
 ●12の練習曲 第2巻~装飾音のための/ドビュッシー
 ●ロカイユ組曲 Op.84~動いて/フローラン・シュミット
 ●交響曲 第85番 変ロ長調「王妃」Hob.Ⅰ‐85~第2楽章/ハイドン
 
 
こんばんは。スイカーのハマデウスです(笑)。昨年の今ごろはまさに「Kokomo祭り」でありました。1年前に張ったYouTubeがまだ聴けますので、オリジナルのビーチボーイズをお聴きになりたい方はこちらからどうぞ。このころは残業カフェのマスターの全盛期で、いろいろいじっていただいたのも懐かしい思い出ですね。今年の斉藤さんのKokomo熱唱(3:13)、昨年の記事に歌詞を載せたのでこちらもペロッとコピペです。
  
 ♪Aruba, Jamaica ooh I wanna take ya. Bermuda, Bahama come on pretty
  mama. Key Largo, Montego baby why don't we go. Ooh I wanna take you
  down to Kokomo.
 
来週は男性リスナー狂喜の藤田みささんの登場ですね。フレーバー・リクエストがなかったら私も夏休みをいただくつもりですのでどうぞよろしく。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

今夜のcon brio/7月27日(水)

【本日のフレーバー・リクエスト】

 ●ねりま姫…バレエ組曲「火の鳥」~王女たちのロンド/ストラヴィンスキー
 ●マイクロトマトさん…①「ロメオとジュリエット」ピアノのための10の小品 作品75
  ~情景/プロコフィエフ ②タンゴ/ストラヴィンスキー
  
  今夜のツボ(0:52)「ひと回り大きくなったね・・・内面の充実です」
      次点①(1:34)「今でもできないです。ムリムリムリ」
      次点②(0:35)「おいしいですねぇ。スイカのカクテルって」

  今夜のエンディング「心をフォルテに」
  
 
 
「京都で先の戦争というと応仁の乱のこと」という話を最初に読んだのは、確か戸板康二の「ちょっといい話」ではなかったかと思います。そのころはまだ歴女ではなかったので戊辰戦争のことは頭になく、昨日の奈良んちゃさんのメールが読まれるまでジョークだとはこれっぽっちも思っていませんでした。

調べてみると、戊辰戦争も開戦地は鳥羽伏見なので厳密に言うと京都ではない、と断定しているブログもあったりして、先日のライトスタッフのチャイコンのように本気で信じている人もいるようです。京都で育ったさんさんすーさんとおやかまっさんが一緒に大笑いしたというんですからジョーク以外の何物でもないことがよくわかりました。京都に知り合いがいなくてよかった。大恥をかくところでした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

今夜のcon brio/7月26日(火)

【本日のフレーバー・リクエスト】   お誕生日

 ●ミセス・マープル…ホルン三重奏曲 変ホ長調 Op.40~第1楽章/ブラームス
 ●おやかまっさん…映像~イベリア-Ⅲ 祭りの日の朝/ドビュッシー
 ●珊瑚さん…①「シンデレラ」組曲第1番 Op.107~シンデレラのワルツ/
  プロコフィエフ ②バレエ音楽「エスタンシア」Op.8~第3場:黄昏の牧歌/
  ヒナステラ
  ①歩きっこさんからころすけさんへ ②キューブリオンさんの息子さんへ…
  ①詩篇交響曲~第38篇 第13-14節/ストラヴィンスキー ②組曲「展覧会の
  絵」~キエフの大門/ムソルグスキー(ラヴェル編)
 ●風車のやっちゃんさん…①主よ、人の望みのよろこびよ BWV.147/J.S.
  バッハ ②FURUSATO/岡野貞一
  
  今夜のツボ(3:23)「純と茂の『飲むぞ朝まで』」

  今夜のエンディング「心をフォルテに。またあした」
  
 
 
「今夜のツボ」は、斉藤さんがメールに対して述べたことにツボッたときと決めているのですが、今日は違います。yajimayaさんはやっぱり凄い。鳩の鳴きまね(0:51)をさせたミセス・マープルや、さんざんピョンピョンいわせた(3:20)テンコさんを押しのけて、本日の単独1位にさせていただきます。いやぁ、こんなに笑えるフレーズは久しぶり。ラジオ日本の深夜番組のタイトルのようです。いいなぁ、深夜のアルコール入りクラシック番組・・・。TBSには期待できなさそうなのでラジオ日本でやってくれないかしら。

奇しくもお誕生日とのことで、キューブリオンさんのメールを聞きながら昨年のことを思い出しました。yajimayaさんを男性と勘違いしていたキューブリオンさん、「息子がyajimayaさんのようなステキな男の人になってくれますように」という彼女に対して「同じ誕生日でお喜びなのはいいんですがyajimayaさんは女の方ですね」とクールに言い放った斉藤さんの言葉は忘れられません。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

今夜のcon brio/7月25日(月)

【本日のフレーバー・リクエスト】

 ●そるしれっとさん…交響三章~第2楽章/芥川 也寸志
 ●豆葉さん…楽興の時 D.780,Op.94~第2番 変イ長調/シューベルト
 ●りえこっちさん…田園組曲~木陰で/シャブリエ
 ●くりまこ太郎さん…ヴァイオリン・ソロと小管弦楽のための入祭文 ヘ長調 
  Op.6/フィンジ
  
  今夜のツボ(1:40)「Hey baby・・・」(← Wolfman Jack?)
      次点①(3:28)「おかげでこんな声になっちゃいましたよ」
      次点②(1:25)「知らない食べ物もあるけど読んじゃいました」

  今夜のエンディング「心をフォルテに。おやすみなさい」
  
 
 
仙台フィル、5ヶ月ぶりの定期公演の記事が土曜日の新聞に載っていました。WEB版をどうぞ。写真もあります。指揮の山下さんは(当然)後姿、チェロの山本さんもギリギリで写っていないのがちょっと残念。ブリメンさんからの公演報告はオンデマンドで3:19ごろから。そして会場に飾られていた色紙をピアソラまんじゅうさんが撮ってきてくださいました。色紙の拡大版はこちらです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

歌の翼に

 
Lotus
 
Sallyさんから蓮の花の写真を送っていただきました。「親しいきょうだいを待ってます」というフレーズにぴったりでちょっとびっくり。それではハイネの詩をどうぞ。著作権切れを探していたら旧仮名遣いの訳にヒットしました。味わい深くてなかなかです。(オンデマンドは19日の1:20を参照)


 歌のつばさにかきのせて
 いとしい人よ、わたしはあなたをはこびませう
 かなたガンゲス*の野のはうへ
 かしこにわたしは美しいところを知つてます

 そこには靜かな月かげを浴びて
 紅い花の咲きにほふ園がある
 さうして蓮の花たちは
 そのしたしい姉妹(きやうだい)を待つてます

 菫はきやつきやつとうち興じ
 なかよく星を見上げてゐる
 薔薇は匂やかな物語を
 互の耳にはなしあふ

 おとなしやかな賢さうな羚羊(かもしか)は
 をどつてやつて來る、耳をすます
 そして遠くでは神聖な
 大河の波の音がする

 かしこで二人は地にをりて
 棕梠の木かげに座をしめて
 戀といこひをのみほして
 たのしい夢に入りませう

 ※ガンゲス・・・ガンジス川


 生田春月訳:ハイネ詩集より(昭和8年刊)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今夜のcon brio/7月21日(木)

【本日のフレーバー・リクエスト】

 ●きょうこさん…3つの前奏曲~第2番 嬰ハ短調/ガーシュウィン
 ●たぬ吉さん…弦楽のためのセレナード ト長調 Op.11~スケルツォ、トリオ/
  ウィレン
  
  今夜のツボ(1:19)「♪にょ~ろにょんにょろろろにょん」(注:レントより遅く)
      次点①(2:37)「つるんつるん
      次点②(1:11)「ハイドンの・・・元気になっちゃいましたね」

  今夜のエンディング「心をフォルテに。ウッ!!・・・フフッ」
  
 
 
今週のミュージック・ディレクターのオープニング・セレクションです。
 
 ●アラベスク 第1番 ホ長調/ドビュッシー
 ●Escualo(鮫)/アストル・ピアソラ
 ●歌劇「つばめ」~何と美しい夢/プッチーニ
 ●そして、それが風であることを知った(フルート、ヴィオラとハープのための)/
  武満徹
 ●メアリ女王の崩御によせる音楽~われらの心の秘密を知りたもう主よ (Z58C)
  /パーセル
 ●ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 Op.77~第2楽章/ブラームス
 ●ベルリン・ミサ(合唱と弦楽オーケストラのための)(1992改訂)~グロリア/
  ペルト
 ●ペール・ギュント 第4幕~アニトラの踊り/グリーグ
 ●ピアノソナタ 第15番 ニ長調 Op.28「田園」~第1楽章/ベートーヴェン
 ●リコーダーのためのコンチェルティーノ Op.41a (F.レーン編) ~ Ⅲ.ロンド/
  アーノルド(F.レーン編)
 ●弦楽四重奏曲 第3番 ニ長調 Op.44 No.1~第4楽章/メンデルスゾーン
 ●歌劇「椿姫」第2幕~プロヴァンスの海と陸/ヴェルディ
 
 
大宮でブリメンさんとお会いしたときに「斉藤さんはくだらないことにウケすぎる」という話が出ました。「ダジャレのメールなんか本当にうれしそうだよね」ということで意見は一致したんですが、やはりリスナーあってのミュージック・ディレクターでございます。今日の「う祭り」は何なんでしょうか(笑)。

ブログでわざわざ「我ながら実にくだらない」と言い訳しつつ、読み上げるメールの楽しそうなことといったらありません。しかし当方もリスナーのはしくれ。投げられたボールは打ち返さなくてはなりません(と、こちらも言い訳になりますがこういうテーマは非常に燃えるのです)。ウィリアム・ウォルトンを思いついたときは狂喜乱舞でございました。チェチーリア!さん、大丈夫。必ず勝ちます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今夜のcon brio/7月20日(水)

【本日のフレーバー・リクエスト】

 ●キューブリオンさん…舟歌~第2番 ト長調Op.41/フォーレ
 ●マミーナさん…南国のバラ Op.388 J.シュトラウス2世(シェーンベルク編)
 ●まりぃさん…そして私は新しい天国を見た/ベイントン
 ●犬はうちさん…世の終わりのための四重奏曲~イエズスの永遠性への頌歌/
  メシアン
  
  今夜のツボ(3:59)「自分でわかってるんだからくよくよしないの!」
      次点①(1:44)「超絶技巧バラライキスト」
      次点②(2:17)「こんなにゴキゲンだったら足引っ張ってやろうかな」

  今夜のエンディング「最高気温24度?!心をフォルテに」
  
 
 
yajimayaさんリクエストによるドイツ・レクイエムの第5曲。出典はもちろん聖書ですが、詳しい箇所を記しておきたいと思います。最後のシラ書というのはプロテスタントの聖書には入っていないので、私にとってはドイツ・レクイエムを聴いて初めて目にした聖句です。ブラームスはプロテスタントの信者だったそうですが、ずいぶん深く聖書を研究したのでしょう。(新改訳聖書より。シラ書のみ新共同訳)

 ●ヨハネによる福音書/16章22節
 あなたがたにも、今は悲しみがあるが、わたしはもう一度あなたがたに会います。
 そうすれば、あなたがたの心は喜びに満たされます。そして、その喜びをあなた
 がたから奪い去る者はありません。

 ●イザヤ書/66章13節
 母に慰められる者のように、わたしはあなたがたを慰め、(エルサレムであなた
 がたは慰められる) ※カッコ内は歌われない

 ●シラ書/51章27節
 目を開いて見よ。わずかな努力で、わたしが多くの安らぎを見いだしたことを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のcon brio/7月19日(火)


【本日のフレーバー・リクエスト】

 ●パンコさん…メランコリー/プーランク
 ●肉食人種夫人…前奏曲とブルース/ナンカロウ
 ●はちくじおじさん…夜想曲「ジョシュア・レッドマン」/ブルーベック
  
  今夜のツボ(1:31)「(小声)言えた・・・!」
      次点①(3:53)「ぜんぜん知らないなぁ、そんな曲」
      次点②(0:25)「最後の1行いらなかったですね」
      次点③(0:55)「古墳のクオリティってなんだ?」

  今夜のエンディング「それではまたあした。心をフォルテに」
  
 
 
今日の「心をフォルテに」コーナーでメッセージの紹介があったウィーン・フィルのコンマス、ライナー・キュッヒルさん。来日中とかであちこちでお名前を聞くのですが、ピンと来ませんでした。ところが先月、NHKのインタビューを偶然見て・・・ああ、あの人だ!

ニューイヤー・コンサートで最初にその姿を拝見したのは1980年代だったでしょうか。そのときは第一ヴァイオリンの真ん中あたりで、それから年を追うごとに席順が上がり、1990年の半ばごろにトップに座っているのを確認。いい感じに年を重ねたロマンスグレーになっていらっしゃいました。奥様は日本人で、話せないけれど聞くのはわかるとか。「妻が子供に日本語で話しかけるので自然と覚えた。」さすが音楽家は耳がいい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今夜のcon brio/7月18日(月)

【本日のフレーバー・リクエスト】

 ●なぼちゃさん…交響曲 第5番 変ホ長調 Op.82~第3楽章/シベリウス
 ●岩太郎さん…アルハンブラの思い出/タルレガ
 ●ゆみみやさん…ピアノソナタ 第4番 ハ長調(モンセラート修道院写本)~
  アダージョ/ブラスコ・デ・ネブラ
  
  今夜のツボ(1:18)「のどがガラガラでヘタですね」
      次点①(3:01)「アイス食べていい?」
      次点②(1:22)「今までごめんね」


  今夜のエンディング「台風にご注意ください。心をフォルテに。おやすみなさい」
  
 
 
なでしこやった!「水曜日の斉藤さんのブラームスはなんだかすごく力入ってたと思いませんか。準決勝と決勝の2試合分だったに違いない」といった内容のメールをあるブリメンさんからいただきました。私はちょっとネガティブで「一度も勝ったことのない相手に勝てるわけがない。決勝に進んだだけで十分」みたいな気持ちだったのを反省しました。ごめんなさい。ちなみに今までの必勝ブラームスは以下の通りです。

昨年6月14日、ワールドカップ、グループ予選カメルーン戦で○。19日のオランダ戦は土曜日だったのでブラームス祈願はなし。結果は×、6月24日デンマーク戦が○でグループリーグを2位で突破。明けて今年の1月25日、アジア大会決勝の対韓国戦では、モーツァルトの戴冠ミサからグローリアをかけていただき見事優勝。私はもちろん一試合も見ていません。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

夏に負けないクラシック

久々の月間まとめになります。期間は6/6~7/11。総数は52曲でした。

 ●スラヴ舞曲第1集 Op.46,B.83~第1番 ハ長調/ドヴォルザーク
 ●ピアノソナタ 第28番 イ長調 Op.101~第2楽章/ベートーヴェン
 ●カルミナ・ブラーナ~踊り/オルフ
 ●組曲~アイロンをかけまくる/ラター
 ●ワルツを踊る猫/ルロイ・アンダーソン
 ●体操訓練のための音楽Ⅰ‐Ⅴ/ヤナーチェク
 ●ホルン協奏曲第4番 変ホ長調 K.495~第3楽章/モーツァルト
 ●ピアノソナタ第7番 変ロ長調 Op.83「戦争ソナタ」~第3楽章/プロコフィエフ
 ●ヘリオトロープ・ブーケ:スロー・ドラッグ・トゥー・ステップ/ジョプリン
 ●組曲「ピアノのために」~第1曲 前奏曲/ドビュッシー
 ●ブラジル風バッハ 第7番~ジーグ(カイピラのカドリール)/ヴィラ=ロボス
 ●バレエ音楽「プルチネッラ」~アレグロ・モデラート:2つの変奏曲を伴うガヴォット
  /ストラヴィンスキー
 ●ピアノ五重奏曲 ト短調 Op.57~第3楽章/ショスタコーヴィチ
 ●交響曲第4番イ長調「イタリア」Op.90~第1楽章/メンデルスゾーン
 ●トランペット吹きの子守歌/ルロイ・アンダーソン
 ●オーボエ四重奏曲 へ長調 K.370~第1楽章/モーツァルト
 ●ジャズ・スタイルによる24の前奏曲 Op.53~第12番 嬰ト短調/カプースチン
 ●組曲「コーカサスの風景」第1番Op.10~第4曲「サルダールの行列」/イッ
  ポリトフ=イヴァノフ
 ●組曲「ホルベアの時代より」Op.40~前奏曲/グリーグ
 ●ハンガリー舞曲集WoO.1~第5番 嬰ヘ短調/ブラームス
 ●イベリア(3つのギターのための編曲) 第2集~ロンデーニャ/アルベニス
  (クリストフ・デジュール編)
 ●旧友/タイケ
 ●パリのアメリカ人/ガーシュウィン
 ●バレエ「ロデオ」4つのエピソード~ホー・ダウン/コープランド
 ●あの頃の音/シネシ
 ●ピアノソナタ第48番 ハ長調 Hob.ⅩⅤⅠ:48~第2楽章 ロンド/ハイドン
 ●オーヴェルニュの歌 第1集~バイレロ-高地オーヴェルニュの羊飼の歌/
  カントルーブ
 ●クライスレリアーナ Op.16~第1曲 激しく動いて/シューマン
 ●ウェーバーの主題による交響的変容~行進曲/ヒンデミット
 ●ホラ・スタッカート/ディニーク(ハイフェッツ編)
 ●ピアノ三重奏曲第1番 ヘ長調 Op.18~第3楽章 スケルツォ/サン=
  サーンス
 ●歌劇「トロヴァトーレ」第2幕:ジプシー 第1場~朝の光がさしてきた(アンヴィル・
  コーラス)/ヴェルディ
 ●ヴァイオリン協奏曲 ニ長調Op.35~第3楽章/コルンゴルト
 ●セント・ポール組曲 Op.29-2~ジーグ/ホルスト
 ●バレエ「春の祭典」 第2部 いけにえの祭~神聖な踊り、えらばれた処女/
  ストラヴィンスキー
 ●イギリスの海の歌による幻想曲~ジャックス・ザ・ラッド/ウッド
 ●ブルー・タンゴ(声楽編)/ルロイ・アンダーソン
 ●映像 第1集~運動/ドビュッシー
 ●行進曲「威風堂々」Op.39~第5番 ハ長調/エルガー
 ●シンプル・シンフォニー Op.4~陽気なピッツィカート/ブリテン
 ●交響曲第4番 ヘ短調 Op.36~第4楽章/チャイコフスキー
 ●ポルカ「狩り」Op.373/J.シュトラウスⅡ世
 ●飛行機のサンバ/ジョビン
 ●(2台のピアノのための)組曲「惑星」Op.32~木星、快楽をもたらす者/
  ホルスト
 ●サンドペーパー・バレエ/ルロイ・アンダーソン
 ●交響曲 第9番 変ホ長調 Op.70~第1楽章/ショスタコーヴィチ
 ●交響三章~第1楽章/芥川也寸志
 ●パイナップル・ラグ/ジョプリン
 ●舞踏への勧誘Op.65,J.260/ウェーバー(ベルリオーズ編)
 ●管弦楽組曲第2番 ロ短調 BWV.1067~バディヌリー/J.S.バッハ
 ●リコーダーソナタ ヘ長調 Op.1-11 HWV.369~第3楽章~第4楽章/
  ヘンデル
 ●セント・ポール組曲 Op.29-2~終曲(ダーガソン)/ホルスト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のcon brio/7月14日(木)

【本日のフレーバー・リクエスト】   お誕生日

 ●オールド・プルトニーさん…弦楽四重奏曲第13番 イ短調 D.804「ロザムン
  デ」~第2楽章/シューベルト
 ●テオさん…2つのスウェーデン民謡 Op.27~第1番 星月夜の下で/
  スヴェンセン
 ●ルロイ・アンダーソンさん…マルセイエーズによる行進曲と「サ・イラ」/バル
  バトル
  K村姉やんさん…マルセイエーズによる行進曲と「サ・イラ」/バルバトル
  
  今夜のツボ(2:24)「ぼくはちょっと着れないな。かわゆすぎて」
      次点①(3:02)「オルガン写ってないよ」
      次点②(2:06)「あ、いけね。バラしちゃった」


  今夜のエンディング「よい週末を。心をフォルテに」
  
 
 
今週のミュージック・ディレクターのオープニング・セレクションです。
 
 ●大ワルツ/タルレガ
 ●スペイン狂詩曲~夜への前奏曲/ラヴェル
 ●ピアノ五重奏曲 第1番 ニ短調 Op.89~第3楽章/フォーレ
 ●夏の夕べ/アイアランド
 ●オーボエ協奏曲ハ長調~第1楽章/チマローザ
 ●ディヴェルティメント Sz.113~第3楽章/バルトーク
 ●2本のクラリネットのためのソナタ~第2楽章/プーランク
 ●カルミナ・ブラーナ~天秤棒に心をかけて/オルフ
 ●鏡~洋上の小舟/ラヴェル
 ●アルマンド/ダウランド
 ●ブラジル風バッハ 第5番~アリア(カンティレーナ)/ヴィラ=ロボス
 ●5つのバガテル Op.23a~第4番/フィンジ(ローレンス・アシュモア編)
 

「天は二物をを与えず」ということわざは、音楽家に限っては当てはまりません。演奏の腕が超一流なのにもかかわらず、物書きとしても立派にやっていけそうという見事な文章を書く方がたくさんいらっしゃいます。

今日の仙台フィルのコーナーでは我らがブリメン、チェロの山本純さんからのメールが読まれて、彼もまたエッセイストばりの文章家だということがわかりました。山本さんが入団当時の音楽監督だった芥川也寸志さんのエピソードには思わず涙が出ました。身近に接した楽団員の方でなければ書けない貴重なお話です。3:35頃です。お聞き逃しなく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のcon brio/7月13日(水)

【本日のフレーバー・リクエスト】

 ●となりのワカメさん…交響詩「ローマの噴水」~たそがれのメディチ荘の噴水/
  レスピーギ
 ●マチルダさん…マヤ族の夜~どんちゃん騒ぎの夜/レブエルタス(リマントール編)
 ●ろみさん…舞踏への小序曲/サティ
  
  今夜のツボ(3:36)「(ダミ声で)♪ト"ゥ"ナ"~イ"、ト"ゥ"ナ"~イ"」
       次点(2:02)「タンホイザー発射!♪タ~ンタ~ン」

  今夜のエンディング「心をフォルテに。おやすみなさい」
  
 
 
すみません。暑さのせいか、はたまた斉藤さんが飛ばしすぎのせいか、ツボが絞れません。短くてインパクトがあるのを2つだけ挙げましたが、今日はほかにも盛りだくさんなんです。

「うちにはもうウチワいっぱい(0:35)」「お知らせまめ…お知らせまで(0:50)」「そういうあなたたちのために番外編がご用意されています(2:04)」「つまんなかったら言ってください。だまされた、って(3:22)」「ほかで浮かせばいいじゃないですか。無駄遣いしてるでしょ(3:25)」

しか~し、あえてはずした陰のツボは、もちろん銭形警部とクラリス嬢の名シーン。1:24でお聴きになれます。あ、忘れてました。久々のハンガリー舞曲もどうぞ。3:47です。なでしこ頑張れ!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

今夜のcon brio/7月12日(火)

【本日のフレーバー・リクエスト】   お誕生日

 ●ラゴシャンさん…クラヴサンと管弦楽のための「田園のコンセール」~第3楽章/
  プーランク
 ●くりさん…「ロメオとジュリエット」~組曲第3番-2「朝の踊り」/プロコフィエフ
  ひぽこさん…我は知る、わが救い主のいますことをBWV.160~アリア「我は
  知る、わが救い主のいますことを」/テレマン
  
  今夜のツボ(1:58)「こわいこわいこわいですねぇ」
      次点①(3:10)「♪ドンガドンガドンガドンガドゥア~」
      次点②(2:12)「I'm coming」
      次点③(2:52)「1曲目クラシック、イチクラ」

  今夜のエンディング「心をフォルテに。おやすみなさい」
  
 
 
狙ったわけではないのに結果的に面白くなってしまう人のことを天然と呼ぶのなら、Sallyさんは間違いなく天然ですね。ライトスタッフとチャイコンで検索をかけたら、出てくる出てくる。書かれているブログの内容はだいたい3つに分けられます。

①「ビル・コンティのオリジナルなので間違えないように」 ②「変にアレンジしないでそのまま流せばいいのに(やっぱりチャイコンだと思っている)」 ③「チャイコンが使われています(完璧に信じ込んでいる)」

世間には結構多いらしい、この信じ込んでいる人だったSallyさんに何て言ったらいいのか、斉藤さんが頭を悩ませているところへ奈良んちゃさんのメールが舞い込んでくる…。だからこの仕事はやめられないんだよなぁ、と斉藤さんがつぶやいたかどうかはわかりませんが、これは妄想ではなくかなり当たっているのではないかと思います。

Sallyさん、またネタにしちゃってごめんなさい。Sallyさんの名誉のために申し上げますが、彼女は背が高くて落ち着いていて写真も撮ればヴィオラも弾いちゃう知的な美人です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今夜のcon brio/7月11日(月)

【夏に負けないクラシック】

 ●リコーダーソナタ ヘ長調 Op.1-11 HWV.369~第3楽章~第4楽章/
  ヘンデル
 ●セント・ポール組曲 Op.29-2~終曲(ダーガソン)/ホルスト

【本日のフレーバー・リクエスト】   お誕生日

 ●うたえもんさん…ヴァイオリン協奏曲 Op.14~第1楽章/バーバー
 ●メロディさん…組曲「キージェ中尉」Op.60~トロイカ/プロコフィエフ
 ●とうさくさん…「スピットファイア」前奏曲とフーガ/ウォルトン
  エフゲ兄さん…歌劇「エフゲニー・オネーギン」~恋は年齢を問わぬもの/
  チャイコフスキー
  
  今夜のツボ(2:56)「シャッシャッシャッシャッシャッ」
      次点①(3:41)「眠りの人形の白鳥じゃなくて…」
      次点②(1:58)「何かの間違いじゃないですか」

  今夜のエンディング「心をフォルテに。おやすみなさい」
  
 
 
シフリンさんのラジオネームは映画音楽の作曲家ラロ・シフリンから来ているそうですが、もしも私が改名するならハーマンでしょうか。10年以上前、バーナード・ハーマンについての秀逸なドキュメンタリーを見て以来、彼が気になって仕方がありません。さまざまなエピソードを書き連ねようと思ったのですが、全部ウィキペディアに載っていたのでやめます(笑)。ウィキの筆者もあのドキュメンタリーを見ていたに違いない。ちなみに燕尾服を着た立派な指揮姿が「知りすぎていた男」でごらんになれます(これもウィキに載ってるが)。

そして番組後半でアナウンスがあったそうすけくんのバルトークをどうぞ。そうすけくんのデビューが決まったあかつきには、斉藤さんが記念すべきデビューCDのプロデューサーを務め、それを最後に業界から引退なさるそうです。リサイタルは大宮ソニックシティで決まりですね。きっとブリメンで満員になることでしょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今夜のcon brio/7月7日(木)

【夏に負けないクラシック】

 ●パイナップル・ラグ/ジョプリン
 ●舞踏への勧誘Op.65,J.260/ウェーバー(ベルリオーズ編)
 ●管弦楽組曲第2番 ロ短調 BWV.1067~バディヌリー/J.S.バッハ

【本日のフレーバー・リクエスト】   お誕生日

 ●アンヨンさん…交響的断章「聖セバスティアンの殉教」から「ユリの庭」/
  ドビュッシー
  おりおりさん…エストレリータ(小さな星)/ポンセ(ハイフェッツ編)
  
  今夜のツボ(3:00)「まぜて」
      次点①(1:45)「♪ダッダバ、ダッダバ、ダッダバダー」
      次点②(0:39)「あれ食べてると止まらなくなっちゃいますからね」
      次点③(2:21)「OTTAVA con brio 深夜便みたいになってきましたが」

  今夜のエンディング「心をフォルテに」
  
 
 
今週のミュージック・ディレクターのオープニング・セレクションをどうぞ。
 
 ●夜想曲「少女の名前はオリィ」/ブルーベック
 ●交響曲 第2番~第1楽章/アイヴズ
 ●「キャンディード」からの4つの楽章(ヴァイオリン・ピアノ版)~きらびやかに
  華やかに/バーンスタイン(E.スターン編)
 ●アルマンド ト長調/ダウランド
 ●「イルメリン」前奏曲/ディーリアス
 ●弦楽四重奏曲 第76番 ニ短調 Op.76-2「五度」~第1楽章/ハイドン
 ●ラルゴ/シュルツ
 ●8つの小品 Op.83~第8曲/ブルッフ
 ●スティリー風タランテッラ(管弦楽編)/ドビュッシー(M.ラヴェル編)
 ●「ヘンリー五世」~間奏曲:やさしき唇にふれて別れなん(オルガン独奏)/
  ウォルトン(イアン・ファーリントン編)
 ●組曲「惑星」Op.32~水星―翼のある使いの神/ホルスト
 ●聖母のための夕べの祈り~天よ我が言葉を聞き賜え/モンテヴェルディ
 
 
笹の葉さらさら短冊リクエスト。見事な短歌や俳句がたくさん紹介されましたが、オンデマンドが終了すると消えてしまうのはあまりにも惜しい。印象的なものを書き起こしてみました。nahemaさん、yajimayaさん、お許しいただけなかったらカットしますのでコメントくださいね。それにしても短く書くというのはなんて難しいでしょうか。

  nahemaさん「その端にどうぞあなたがいますように 小指にからまる細い赤糸」

  ミセス・マープル推薦、橋本多佳子作「七夕や髪ぬれしまま人に逢ふ」

  yajimayaさん「短冊を書くときふっと海匂う すべての人に深い眠りを」

| | コメント (8) | トラックバック (0)

今夜のcon brio/7月6日(水)

【夏に負けないクラシック】

 ●サンドペーパー・バレエ/ルロイ・アンダーソン
 ●交響曲 第9番 変ホ長調 Op.70~第1楽章/ショスタコーヴィチ
 ●交響三章~第1楽章/芥川也寸志

【本日のフレーバー・リクエスト】   お誕生日

 ●シーボルト小川さん…ピアノソナタ イ長調 K.208/L.238/P.315/
  D.スカルラッティ
 ●245さん…夜想曲 第8番 変ニ長調 Op.27-2/ショパン
  かずとさんからくんくんさんへ…創作主題による変奏曲「エニグマ」Op.36~
  第9変奏(Nimrod)/エルガー
 
  
  今夜のツボ(3:05)「♪サル、ゴリラ、チンパンジー」
      次点①(3:55)「なんでしょう、この上から目線リクエスト。でも意外にこう
      いうのに弱かったりして」
      次点②(1:22)「いいでしょう。どうやったって宣伝だ」

  今夜のエンディング「おやすみなさい。心をフォルテに」
  
 
 
今日は初めてピアノが日本に来た日でピアノの日。モデラートの清水さんのブログに詳しいことが載っています。番組内では盛んにピアノを持ち込んだシーボルトの名前が連呼されているので、昔のことを思い出しました。いえ、幕末ほど前じゃありません(笑)。

高校生のころ宣教師の方に英語を習っていました。お名前をシーバート先生とおっしゃいます。アメリカの方ですが何かの折に「シーボルトとご関係がありますか」とお聞きしたところ、流暢な日本語で答えてくださいました。「ぜんぜん関係ありません。日本へ来るまでシーボルトのことはよく知らなかったのですが、よく尋ねられるので調べてみたのです」

30年以上前のことなのでもうお名前しか覚えていません。おぼろげな記憶の中では指揮者のサヴァリッシュに似ていたように思います。怒ることのない優しい先生だったので私の英語は上達しませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のcon brio/7月5日(火)

【夏に負けないクラシック】

 ●ディヴェルティメント(ザルツブルク・シンフォニー)第1番 ニ長調 K.136~
  第1楽章/モーツァルト
 ●舞踏会の美女/ルロイ・アンダーソン
 ●甘いマテ茶/ ナタリ

【本日のフレーバー・リクエスト】

 ●うね@ベトナムさん…歌劇「魔笛」第2幕~間もなく夜明けを告げる太陽が/
  モーツァルト
 ●夫人さん…組曲「コーカサスの風景」第1番Op.10~第4曲「サルダールの
  行列」/イッポリトフ=イヴァノフ
 ●チャロさん…弦楽四重奏曲第77番 ハ長調 Op.76-3「皇帝」~第2楽章/
  ハイドン
 
  
  今夜のツボ(1:24)「イオンのどこの店だろう。近くだったらどうしよう」
      次点①(3:24)「知らないよ。たくさん電話行っちゃっても」
      次点②(1:21)「ぐしゅん」
      次点③(0:50)「オキガサ is here」

  今夜のエンディング「それでは皆さんまたあした。心をフォルテに」
  
 
 
とうとう来ました!本日の仙台フィルの自己紹介はインスペクターの我妻さん。大宮でのコンサート終了後にお目にかかったのですが、裏方さんにしておくにはもったいないほどのイイ男でありました。斉藤さんのご忠告もなんのその、思わず電話をしようかとかたわらの携帯に目をやった私でございます(次点①参照)。熱の入ったお話を聞かせてくださいましたが、あれぐらい流暢にしゃべれないとインスペクターというお仕事は務まらないのかもしれません。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

今夜のcon brio/7月4日(月)

【夏に負けないクラシック】

 ●ポルカ「狩り」Op.373/J.シュトラウスⅡ世
 ●飛行機のサンバ/ジョビン
 ●(2台のピアノのための)組曲「惑星」Op.32~木星、快楽をもたらす者/
  ホルスト

【本日のフレーバー・リクエスト】   お誕生日

 ●ソルしれっとさん…組曲「ラングドックにて」~馬に乗って平原を/セヴラック
 ●りんごちゃん…古風な組曲~第3曲/レイン
 ●陽気な静電気女さん…千々の悲しみ/ジョスカン・デ・プレ
 ●きょうこさん…パリのアメリカ人/ガーシュウィン
  シフリンさん…弦楽四重奏曲 第3番~第4楽章/アンタイル
 
  
  今夜のツボ(1:28)「もう1ヶ月前からやっとるわい」
      次点①(1:59)「♪ぴっちぴっちちゃっぷちゃっぷらんらんらん」
      次点②(2:52)「ラロのスペイン交響曲の、難しいんだぞこの曲は、第1
                楽章です」

  今夜のエンディング「心をフォルテに。おやすみなさい」
  
 
 
歴女を自負している私としては天正遣欧少年使節は避けて通れません。4人の名前がいえなかった斉藤さんにクイック・レスポンスを送ろうとしたのですが、トゥーリオとアニマルの衝撃(3:06頃参照)に笑い転げている間に出せずじまいになってしまいました。オンデマンドを聴きながら曲目リストを確認しに行ったら、少年たちが演奏したというジョスカン・デ・プレの曲名が「千々の悲しみ」。斉藤さん、この曲かけといて千々石ミゲルの名前が出てこないのはおかしい。忘れたんじゃなくて最初から覚えてなかったに違いありません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

銀座四丁目

 
Sallyginza
 
Sallyさんにおねだりをして掲載許可をいただきました。斉藤さんの豪華解説付きでお楽しみください(イヤミだなぁ)。オンデマンドは、6月28日(火)3:20ごろです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今夜のcon brio/6月30日(木)

【夏に負けないクラシック】

 ●シンプル・シンフォニー Op.4~陽気なピッツィカート/ブリテン
 ●交響曲第4番 ヘ短調 Op.36~第4楽章/チャイコフスキー

【本日のフレーバー・リクエスト】

 ●たぬさん…6つの小さなワルツ Op.25 ①第4番 アレグレット ②第2番 
  メランコリック/アルベニス
 ●ペリドットさん…オーボエ・ダモーレ協奏曲 ト長調 TWV G3~第4楽章/
  テレマン
 ●うねさん…ワルツ・アン・スカイ/ディアンス
 ●レオラさん、ローリーさん…組曲~さすらい/ラター
  
  今夜のツボ(1:51)「ペリドット…どういう意味だろう」
      次点①(2:04)「夏休み、普通の人より多いんでしょ」
      次点②(3:02)「ときどき止まります。このシャワーは」
      次点③(0:46)「かむのよねえ、いいとこで」

  今夜のエンディング「素敵な夜を。心をフォルテに」
  
 
 
今週のミュージック・ディレクターのオープニング・セレクションをどうぞ。
 
 ●3つの幻想曲、またはカプリスOp.16~第3番/メンデルスゾーン
 ●ラクリモーサ(ソプラノ、合唱と管弦楽のための)/ルトスワフスキ
 ●ハバネラ/シャブリエ
 ●無伴奏ヴァイオリンソナタ第3番 ハ長調 BWV.1005~第3楽章/J.S.
  バッハ
 ●複弦楽四重奏曲 第2番 変ホ長調 Op.77~第2楽章/シュポア
 ●ワルツ・レント(断章)/ヴィラ=ロボス
 ●10の小品 Op.12~前奏曲/プロコフィエフ
 ●マンドリン協奏曲 第2番 Op.144~第2楽章/カラーチェ
 ●交響詩「ローマの噴水」~たそがれのメディチ荘の噴水/レスピーギ
 ●魂の牧者/ヒルデガルト・フォン・ビンゲン
 ●ヴァイオリンソナタ~第2楽章/ヤナーチェク
 ●交響曲 第3番 ヘ長調 Op.90~第2楽章/ブラームス
 
 
本日のわたくし的1等賞は、初登場の中学の音楽の先生ペリドットさん。久々にグッとくる斉藤さんのひとことを引き出してくださいました。クラブ顧問の苦労についてもなぜか熱く語っていますが、よほど先生に迷惑をかけたのでしょうか(笑)。知人の中学の先生(歴史担当)はバブル華やかなりしころ、夏休みのたびにザルツブルク音楽祭に出かけるのが恒例になっていて、非常にうらやましかったのを覚えています。クラブ活動はあまり熱心ではなかったようです。

最後に男性リスナーの皆さまへ。ペリドットは宝石の名前です。明るい緑のコンブリ色をしています。ペリドットさん、ラジオネームのセンスも抜群です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »