« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

今夜のcon brio/12月29日(木)

【本日のフレーバー・リクエスト】

●おやかまっさん…タンゴの歴史 ~ボーデル 1900/ピアソラ
●こんちゃん…フランス組曲 第5番 ト長調 BWV.816~アルマンド/J.S.
バッハ
●ハロー注意報さん、レモンさん…交響曲 第3番 ロ短調 Op.42「イリヤ・ムロ
メッツ」~ウラディミール公の「美しき太陽」宮殿/グリエール
 
  
今夜のツボ(3:02)「ニムロッドにしなさい」
     次点①(3:10)「プチプチとかで遊んじゃダメですよ」
     次点②(2:35)「いいじゃないですか、お正月にやったって…怒らないで
     あなた!」

今夜のエンディング「それでは皆さん良いお年を。心をフォルテに」
  
 
 
今年の最多リクエスト、私もジュディさんと同じくニムロッドだと思っていたので、マーラーにはびっくりです。斎藤さんはうれしそうでしたね。Music Historyを見ていると最後の2時間の選曲はなかなかです。頑張ってくださいました。

そしてやっぱりラストの「復活」の朗読は欠かせません。アガーテさんの訳詞ですが、例によって無許可で書き起こしてしまいました。アガーテさんをご存知のリスナーさんがおいでになりましたらご連絡お待ちしております。よろしくお願いします。

それでは皆さま、今年も本当にお世話になりました。どうぞよいお年を。心をフォルテに!
 
 
●30日追記

おかげさまでピアソラまんじゅうさんの仲介でアガーテさんと連絡を取ることができました。斎藤さんへ送ったものと同じ原稿の掲載許可もいただきました。やはり放送では微妙に省略されているそうです(笑)。感嘆符満載の「完訳」をじっくりお楽しみください。ただしこの訳はこの場に限っての公開ですので、無断転載は固くお断りいたします。

アガーテさん、ピアソラまんじゅうさん、どうもありがとうございました。
 
 
 
  「復活」クロプシュトックの賛歌に基づく

  【ソプラノ独唱、合唱】
  蘇るだろう、そうだ、お前は蘇るだろう、
  わが塵よ、つかの間の休息ののちに!
  不死の命! 不死の命を
  お前を呼んだ方が与えてくれるだろう!

  お前は種をまかれ、ふたたび花を咲かせるだろう!
  お前は種をまかれ、ふたたび花を咲かせるだろう!
  収穫の主は、収穫の主は歩み寄り
  穀物の束を集めるのだ
  われわれという死せる者たちの束を!

  【アルト独唱】
  おお信じるのだ、わが心よ、おお信じるのだ、
  お前から失われたものは何もないのだと!
  お前が憧れたものはお前のもの、そうお前のものなのだ!
  お前が愛したもの、争ったものは、お前のものなのだ!

  【ソプラノ独唱】
  おお、信じるのだ。
  お前はただ徒(イタズラ)に生まれてきたのではない!
  お前は徒に生きてきたのでも、苦しんだのでもない!

  【合唱、アルト独唱】
  生きとし生けるものは、必ず滅び去る!
  滅びたものは、必ずや蘇らん!

  震え慄くのをやめよ! 震え慄くのをやめよ!
  生きる準備をせよ! 生きる準備をせよ!

  【ソプラノ独唱、アルト独唱】
  おお苦悩よ! あらゆるものを貫きとおす苦悩よ!
  私はお前を振りほどいた!
  おお死よ! あらゆるものを屈服させてしまう死よ!
  今やお前は征服されたのだ!征服されたのだ!
  私は自ら勝ち取った翼で、
  愛への熱い欲望に浸りながら
  目に飛び込んだこともない光に向かってゆくのだ!

  【合唱】
  私が自ら勝ち取った翼で、向かってゆくのだ
  生きるために、私は死のう!
  生きるために、私は死のう!

  蘇るだろう、そうだ、お前は蘇るのだ、
  わが心よ、一瞬のうちに!
  お前を打ち負したものが、
  今度はお前を神のもとへと運んでゆくだろう!

  ©Agathe(無断転用はご遠慮ください。)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

今夜のcon brio/12月28日(水)

【本日のフレーバー・リクエスト】

●だあれさん…組曲「ラングドックにて」~馬に乗って平原を/セヴラック
●まえちゃんさん、C-クレフさん… 歌劇「リゴレット」第1幕 第2場~愛こそいのち、
心の太陽だ/ヴェルディ
●りんさん、こんぶり音符さん…ウェーバーの主題による交響的変容~行進曲/
ヒンデミット
 
  
今夜のツボ(1:37)「もちろん言いません。ぼく本田さんじゃないから」
     次点①(2:06)「パイプオルガンとか持ってきちゃダメよ」
     次点②(3:01)「前説とかいらないですか。着ぐるみ着て行きますけど」

今夜のエンディング「それではまたあした。心をフォルテに」
  
 
 
第九の1日1楽章がすごくいいのです。例年は大掃除のBGMでCDを流しているのでながら聴きなのですが、今年は仙台フィルの演奏をじっくり聴けて格別です。

今まで年末の第九のリクエストは、第4楽章の抜粋しか流してもらえませんでしたが、それでも去年は確か第3楽章をフルでかけてくださって非常に感激したのを覚えています。こうして1日1楽章ずつで気分を高めていって、最終日に満を持した第4楽章というのはまさに歓喜。

第4楽章が長いのは最初からわかっているので、もう思い切ってスパッと分けちゃう。で、後半の合唱部分を金曜のモーリーにお願いする。さあこれで月~金で全楽章通してかけることができます。来年の年末はこれで行きましょう。斎藤さん、仙台フィルの許諾をどうぞよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のcon brio/12月27日(火)

【本日のフレーバー・リクエスト】   お誕生日

●リテラルさん…トリオソナタ ハ短調~第3楽章/ヘンデル
タビさん(27日)…ポルカ「クラップフェンの森で」Op.336/J.シュトラウスⅡ世
●うたえもんさん…バレエ「白鳥の湖」Op.20 第3幕~ロシア舞曲/チャイコフ
スキー
●りんごちゃん、ひさん…木枯らしの風ほえたけり/ホルスト
 
  
今夜のツボ(2:52)「顔がポーッと赤くなった自分を感じました」
     次点①(0:51)「これ以上は教えない」
     次点②(2:22)「いけねっ(中略)ごめんなさい。1行読んでいませんでした」

今夜のエンディング「それではまたあした。心をフォルテに」
  
 
 
ヨーロッパでの野菜の買い方を力説する斎藤さんを聞いていてひとこと突っ込みたかった。「斎藤さん、それを言うなら量り売り!」(1:05頃)

私がヨーロッパへ行ったのはもう10年以上前のことですが、欧米のものなら何でも輸入する日本人がスーパーでの野菜の量り売りを導入しないのは、何か良からぬ理由があるに違いないとずっと思っていました。

要するにお肉屋さんでやっているのと同じことで、スーパーの精肉売り場でも好きな量をはかってもらって、バーコードをペロッと貼ってレジで精算というところはたくさんありますよね。

ヨーロッパのスーパーの青果売り場はセルフサービスで、好きな果物を好きな数だけビニールに入れて秤に乗せて、たとえばオレンジならオレンジのボタンを押すと、バーコード・シールがみょ~っと出てくるので、それをビニール袋に貼ってカゴへ入れるわけです。

トレーなどのゴミは出ないしエコなはずなのに、日本で見かけないのはどうしてなんでしょう。同様にスーパーで初めて見て、そのかわいさに思わず写真を撮ってしまった幼児用の小さいカートは、数年後、すぐ入ってきたのに…。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

今夜のcon brio/12月26日(月)

【本日のフレーバー・リクエスト】

●ちょぴんさん…歌劇「ローエングリン」第2幕 第4場 婚礼の入場(エルザの
大聖堂への行列)/ワーグナー
●るあぶらんかさん…「仲良しのワルツ」Op.367/J.シュトラウスⅡ世
●かたかごさん…わが故郷より~第1番 イ長調/スメタナ
●ろくまるさん…組曲「ルネ王の炉辺」Op.205~マドリガル‐ノクターン/ミヨー
 
  
今夜のツボ(1:16)「うっ、これは…!とか言いながら飲んでたのかな」
     (言ったのは林田さん)
     次点①(2:22)「夜は湯たんぽさん…朝は?」
     次点②(1:14)「パッサカリア状態って自分では呼んでますが」

今夜のエンディング「それでは心をフォルテに。またあした」
  
 
 
仙台フィルのコーナー(3:20頃)で我妻さんからレポートがあった大船渡での第九コンサートの記事が、26日付の読売新聞(朝刊)に載っています。仙台フィルの記事を見つけるといちばんに探すのがチェロの山本純さん。いました。新聞の荒い写真でもはっきりわかります。

実は客席を向いてお客様と一緒に歌っている指揮の山下さんの腕が邪魔してお顔は見えないのですが、でも山本さんだとわかります。お隣にバッチリ写っているのが噂の原田さんでしょうか。う~ん、確かにイケメン!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のcon brio/12月22日(木)

【本日のフレーバー・リクエスト】

●ローズマリー&キャットさん…菊の花/プッチーニ
 
  
今夜のツボ(3:13)「来年の今頃本当に仙台にお嫁入りしているかも
               しれません」
     次点①(0:25)「ぼくは年末年始でかなり増えますね」
     次点②(3:26)「ヴェロを恨みたくなるほど難しい…ンッフッフ 読んじゃったよ」
     次点③(2:08)「上司の方が休みをくれない場合は私が頭を下げに
               参ります」

今夜のエンディング「それでは皆さん、素敵なクリスマス・ウィークエンドを
  お過ごしください。心をフォルテに。また来週」
 
 
 
これを言ってほしいとかあれを歌ってほしいとか、狙って出すメールはことごとく玉砕の私ですので、ヒルデガルドのハーブティーに反応してくださったのが非常にうれしくて、パソコンの前で思わずガッツポーズ! 「どちらかというとコーヒー党なんで」ということもわかってしまいました(1:52頃)。愛用の水筒にはいつもコーヒーを入れていらっしゃるのでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今夜のcon brio/12月21日(水)

【本日のフレーバー・リクエスト】   お誕生日   ファンファーレ

●サンチョ・パンサさん…組曲~アイロンをかけまくる/ラター
タビーさん&タビーの母さんからお父さんへ(21日)…交響曲第10番 ホ短調 
Op.93~第2楽章/ショスタコーヴィチ
●練馬姫…クリスマス・ツリー S186/R71~子守歌/リスト
ジュリさん…ファンファーレ・フォア・ジョイフル・オケイジョン/オルウィン
 
  
今夜のツボ(2:14)「したことないけど。お見合い」
     次点①(2:42)「こちらコンテンポラリー・クラシック・ステーションOTTAVAで
     ございます。サヨナラ」
     次点②(3:54)「はぁぁ、いつ書こう」

今夜のエンディング「それでは心をフォルテに。またあした」
  
 
 
「タレガ言ってるんですか by 本田聖嗣」は先週から数えて3度目の登場となりました。寒いと言いつつ心底気に入ってると思われます。4回目が出るのも時間の問題でしょう。勇気のあるブリメンさん、どなたかタレガのリクエスト出してみませんか。私にはできません。

今日は、このスペイン語の発音の話だけでツボが4つぐらい出てしまったので、ここはあえて外しました。1:22分頃から「アイロンをかけまくる」が始まるまで(できればフンパーディンクが終わったちょっとあとまで)どうぞお聞きのがしなく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のcon brio/12月20日(火)

【本日のフレーバー・リクエスト】   お誕生日

●気弱なコンコルドさん…搖籃曲-子守歌(1935)/馬思聡
●H2Oさん…オーヴェルニュの歌 第2集~アントゥエノ/カントルーブ
ニャオキスさんからお嬢さんへ(20日)…夜想曲 第10番 変イ長調 Op.32-2/ショパン
●ミロンさん…ピアノのために~第2楽章 サラバンド(M.ラヴェルによる管弦楽編)/ドビュッシー(M.ラヴェル編)
 
  
今夜のツボ(2:57)「お願いしますよ、課長…ってぼくが一緒に言ってあげます」
     次点①(3:19)「終わったらどこ飲み行く?」
     次点②(2:39)「ヘビメタは聞かないか」

今夜のエンディング「おっと、もう時間が来てしまいました。心をフォルテに。
   またあした」
  
 
 
実はお茶が好きです。家で飲むのはもっぱら紅茶ですが、風邪気味のときなどハーブティーを入れることもあります。今夜の番組終了直前(3:47頃)にあかねさんがおっしゃっていたヒルデガルド・フォン・ビンゲンのレシピによるハーブティーはスルーできません。調べてきました。

オーガニック食品を専門に扱っているオーストリアの「ゾネントア」というショップです。このお店のブランドがその名も「ヒルデガルド」で、お茶だけでなくクッキーやスパイスもありました。お店は何と赤坂!TBSの目と鼻の先です。最初に「行って来ました」の報告があるのは斎藤さんだったりして(笑)。

中世のレシピで作ったクッキーはシンプルで、なんだかダイエットに良さそうな気もしますね。すぐあとに流れたリストがまたよくて、オンデマンドを聞きながら紅茶を新しく入れなおしました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

今夜のcon brio/12月19日(月)

【本日のフレーバー・リクエスト】   お誕生日

●チェチーリア!さん…オラトリオ「四季」第4部 冬~第38番:回れよ、回れ、糸車/ハイドン
●豆葉さん…交響曲 第60番 ハ長調 「うすのろ」 Hob.Ⅰ-60 ①アンダンテ ②終曲/ハイドン
●くもさん…「魔笛」~愛の喜びは露と消え/モーツァルト
●みなポコさん…ブルック・グリーン組曲 H190~踊り/ホルスト
Sallyさんからお父さまへ(19日)…ピアノ三重奏曲 第2番 ヘ長調 Op.80~第2楽章 心を込めて/シューマン
 
  
今夜のツボ(3:22)「南海キャンディーズの山ちゃんみたいな人のほうがいい
     かもしれませんよ」
     次点①(1:25)「オイッス!ダメだこりゃ…ぜんぜん似てない」
     次点②(3:01)「承知しました…水曜の楽しみです」

今夜のエンディング「心をフォルテに。おやすみなさい」
  
 
 
もう長いこと忘れたままになっていて、OTTAVAを聞いていなければ死ぬまで忘れたままだったかもしれないことを、ブログを始めるようになってからしばしば思い出します。今日もそうでした。

10年以上前、ウィーンで野外オペラ(もちろんモーツァルト)を見たとき、ホテルのコンシェルジェで取ってもらったチケットが「手書き」だったのです。英語は喋れませんが、モーツァルトのオペラを見るためならそんなことに構ってはいられません。カウンターにいたのはベテランとおぼしき中年のホテルマン。恐る恐る近づきます。

「今夜の野外オペラのチケットがあるか?」「何枚だ?」「3枚(同行の友人の分を頼まれていました)」「しばし待て」

彼はどこかへ電話をかけ、それからメモ用紙になにやらていねいに書き始め、終わるとにっこり笑ってそれを私に差し出しました。中学1年の英語が頭に浮かびました。「Is this a ticket?」「Yes」彼は首を縦にゆっくり振って答えました。

その夜は最高の席で最高のオペラが満喫できました。さあ、これから仙台フィルのチケットを取りに行ってきます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のcon brio/12月15日(木)

【本日のフレーバー・リクエスト】   お誕生日

●アガーテさん…2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 BWV.1043~
第2楽章/J.S.バッハ
仙台フィル第2ヴァイオリン・小川有紀子さん(15日)…ブランデンブルク協奏曲 
第3番 ト長調 BWV.1048~第1楽章/J.S.バッハ
のうさぎみっぱさん(17日)…小さな空/作曲:武満徹(演奏:ショーロクラブ)
 
  
今夜のツボ(1:20)「タレガ言ったんですか」(by本田聖嗣)
     次点①(3:18)「私、チェロの原田さんの視線の届くところがいい」
     次点②(1:03)「なぞなぞでもいいです…ちょっとムリか」

今夜のエンディング「心をフォルテに…かんじゃった。おやすみなさい」
  
 
 
今夜は流星の続きとか、3月31日のチケット売り出しのこととか、いろいろあるんですが、やっぱり仙台フィルのモーツァルトの40番に触れないわけにはまいりません。

生演奏というのはだいたいそうなのかもしれませんが、始まってから右肩上がりに良くなっていくような気がします。仙台フィルのこの演奏は、全曲通して出来がいいのは間違いないですが、特に第4楽章が最高でした。特出すべきがテンポです。こんなに気持ちがいいテンポの演奏に出会えることはめったにありません。

クラシック歴30数年の奈良んちゃさんにしてベスト5に入ると言わしめた名演奏。しつこいようですが私のお勧めは第4楽章です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のcon brio/12月14日(水)

【本日のフレーバー・リクエスト】   ファンファーレ

そーすけくん…大地の歌~美について/マーラー
●あや姉さん…木枯らしの風ほえたけり/ホルスト
かりんの庭さん…2つのフルートのための協奏曲 ニ短調~第3楽章/F.ドップラー
   
今夜のツボ(2:44)「夜を越えて行くのさ、流星のサドルで…懐かしいですねぇ」
     次点①(1:21)「とんでもない。踊ってましたよ、シルヴィ・ギエムみたいに」

今夜のエンディング「それでは心をフォルテに。またあした」
  
 
 
ふたご座流星群と討ち入りの日は重なることが多いので、観測中は頭の中で大河ドラマのテーマが浮かんだりするのですが、今日はもう1曲。久保田利伸です(今夜のツボ参照)。

月を避けて場所を決め、しばらく暗さに慣れるまで10分ほど、頭の中では芥川也寸志のあの曲が流れていました。ところがかなり長いのがスーッと出た瞬間に曲がチェンジ!それから、15分間隔ぐらいで芥川と久保田が交互に出たり入ったりしました。その数は5回。今年の流れ星はゆっくりと長いのが多いような気がしました。

家に戻って熱いお茶を入れる前にまずラジオのスイッチをオンにすると、流れてきたのがまさに久保田利伸。流星群の夜だから「流星のサドル」がかかりやすいのはわかりますが、やっぱりこういう偶然にはちょっとびっくりしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のcon brio/12月13日(火)

【本日のフレーバー・リクエスト】   お誕生日   ファンファーレ

●秋田オリオンさん…バレエ組曲「火の鳥」~王女たちのロンド/ストラヴィンスキー
きみきみさんからご主人さまへ(13日)…ソナチネ 嬰へ長調~第2楽章 
メヌエット/ラヴェル
●かゆみ粉さん…組曲「ブエノスアイレスのマリア」~私はマリア/ピアソラ
りんごちゃん…子供たちのミサ曲~キリエ/ラター
 
今夜のツボ(1:19)「サインペンの音…ステープラー…マウス…
               そしてぼくも3年半付き合っている水筒(カ~ン)」
     次点①(2:25)「魚心あれば掌(たなごころ)…違いますね」
     次点②(0:48)「ンフッフッフ、バレちゃあしょうがねぇ」

今夜のエンディング「それではまたあした。心をフォルテに」
  
 
 
山本純さんは凄い!斉藤さんが泣きながら読んでくださったメールは、避難所での交流が目の前に浮かんでくるような見事なレポートでした(3:13頃)。続いて流れたモーツァルトの40番がまた凄かった。ヴェロさんの言う「オペラのように演奏しなさい」という表現そのままで、最近多い100m走のような演奏とは違ってテンポもベストでした。29番の交響曲といい、フィガロの序曲といい、仙台フィルのモーツァルトは私の期待のそのまた上をいってくれる実に素晴らしい演奏なのです。残る2日が楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今夜のcon brio/12月12日(月)

【本日のフレーバー・リクエスト】

●猫のベルさん…ロマンス 第2集 Op.91 ①水の精 ②狩人の幸せ/シュー
マン
●リテラルさん…聖母マリアの讃歌~薔薇の中の薔薇/アルフォンソ10世
 
 
今夜のツボ(1:29)「OTTAVAスタジオからお送りしていマスカーニ」

今夜のエンディング「それではまたあした。心をフォルテに。おやすみなさい」
  
 
 
皆さま、月食はいかがでしたでしょうか。私はオンデマンドを聞きながら観測していましたので、皆既になったときの曲はバッハのヴァイオリン・コンチェルトでした。

ということで、本日はルソーです。「眠れるジプシー女」をどうぞ。(0:46頃)

Rousseau

ルソーと聞いて思い浮かんだのは、万国旗がはためく船をバックに立っている自画像しかありません。眠れるジプシー女はウィキペディアにも載っている彼の代表作のようですが私は知りませんでした。アルフォンソ10世の曲はまことにお見事。ぴったりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のcon brio/12月8日(木)

【本日のフレーバー・リクエスト】

●岩太郎さん…4つのホルンのためのコンチェルトシュテュック ヘ長調 Op.86~第1楽章/シューマン
●うめさん…子供の領分~第4番 雪は踊る/ドビュッシー
 
今夜のツボ(2:37)「ラズモフスティ…あれ?」
     次点①(2:39)「ラズモフスティ…あれ?」
     次点②(1:20)「ないないない…ちょっと今日はありません」

今夜のエンディング「明日は森雄一さんです。心をフォルテに。おやすみなさい」
  
 
 
本日のツボはコピペミスではありませんので念のため。突如としてラズモフスキーが言えない症候群に見舞われたようです(笑)。

さて、本日はシベリウスの生誕日ということで、7時台にミニ特集がありました。その中で斎藤さんの「ぼく、あまりシベリウスのことよく知らないんで(1:41)」というお言葉に思い出したことがあります。

芥川也寸志が名曲を解説した「音楽を愛する人に」という本があります。シベリウスはもちろんフィンランディアが選ばれていて彼自身についてはこう書かれています。

『シベリウスは1957年に91歳で死んだフィンランドの作曲家。1929年、60歳を越したところでどういうわけか創作を捨て、一生の3分の1は、別荘にアンテナを建て、世界中の短波による自作品の演奏を聞いていた。人呼んで謎の空白という』

この本を初めて読んだのは20代だったと思いますが、私にとってのシベリウスの印象はこの短い文章で決定してしまいました。「変なおじさん」です。作曲家には意外と変な人が多いということを知ったのは、だいぶ経ってからのことでした。(モーツァルトも変だけど彼だけは別!)

もうひとつ、ベートーヴェンの皇帝について。『2楽章から3楽章に移る時のピアノの裏には、ホルンのみが持続音を吹く。これが長いので、ここをおそく弾くピアニストに出会うと、オーケストラのホルン奏者は死ぬ目に会う。ごまかすとすぐばれる』

曲だけでなく演奏に関する記述もあちこちに出てきます。仙台フィルはこういう人を指揮者に迎えていたのですね。凄すぎる…。「音楽を愛する人に」は残念ながら絶版のようです。古書か図書館でどうぞ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今夜のcon brio/12月7日(水)

【本日のフレーバー・リクエスト】

●おやかまっさん…バレエ・メカニック(1953年改訂版)/アンタイル
●リナシメントさんからSallyさんへ…歌劇「ばらの騎士」Op.59 第2幕~あたしなしでは、あたしなしでは毎日が心配づくめよ/R.シュトラウス
●練馬姫…抒情小品集 第10集 Op.71~思い出/グリーグ
 
今夜のツボ(3:24)「そこからだんだん畳んでいって、
               ひざの上にちょこんと乗るようにしますから」
     次点①(2:14)「2011年のうちに千人越えるといいな~なんて…
               ムフフフフ…思ったりします」
     次点②(0:33)「いざとなったら流しましょう、みんなでね。シングルベル」
     次点③(2:55)「あした頼んでみよう」

今夜のエンディング「コンブリオ、言ってくれない人もいるそうです。
              では心をフォルテに。またあした」
  
 
 
今日のHappy Mixの最後の曲はかずとさんリクエストによるサティのジュ・トゥ・ヴーでした。

今週になってから、番組でも少しずつ触れてくださっているブリメン音楽会(正式名称は「ぶりーめんの音楽会」)ですが、かずとさんはいろいろ書いてくださっているようなのに、斎藤さんは、参加できなかった遠方のブリメンさんをおもんぱかって読んでくださらなかったものと思われます。

ことの発端は…いつだったか忘れてしまいました(笑)。が、詳細はバッチリ覚えております。メールの主はnahemaさん。

「自転車に乗っていたら、あまりに気持ちがいいのでジュ・トゥ・ヴーを歌いたくなりました。でも、フランス語の歌詞がわからないので、勝手に作ってみました」

斎藤さんは例によってちょっとゴネます。「ええ、歌えって言うの?譜割りがないとなぁ…」と言いつつ、ひとふし。

『朝の光が窓辺に 淡い虹を映している ふたりで歩く小径は プラタナスの木の葉の陰 揺れている』

歌いやすく表記するとこんな感じです。

  あさのーひーかりーがーまーどーべにー
  あわいーにじをーうつしーてーいーるーぅ
  ふたりーでーあるーくーこーみーちはー
  プラタナスのこのはのかげぇゆれーていぃるー

これにがっつり食いついたのがチェチーリア!さんです。音楽会の参加が決まると「どうしてもみんなでこれを歌いたい!」と、nahemaさんに押しの一手のメール攻勢で、オリジナルの歌詞をフルバージョンで書き下ろしていただいてしまったのです!

そして12月4日、会場いっぱいの40人越えのブリメンさん全員で大合唱しました。携帯を繋いで、遥か九州にいるnahemaさんにも聴いていただきました。「ジュ・トゥ・ヴー/日本語バージョン」の世界初演は大成功のうちに無事終了したのでした。めでたしめでたし。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

今夜のcon brio/12月6日(火)

【本日のフレーバー・リクエスト】

●ハロー注意報さん…ピアノ三重奏曲 第1番 ニ短調 Op.32~第3楽章/
アレンスキー
●切り餅投げ太郎さん…①弦楽四重奏曲 第2番 ニ長調~終曲/ボロディン 
②フルート四重奏曲第1番 ニ長調 K.285~第3楽章/モーツァルト
●歩き・メデスさん…ロココ風の主題による変奏曲 イ長調 Op.33(主題~第2変奏)/チャイコフスキー
●ひでさん…オーボエ・ソナタ ニ長調 OP.166~第2楽章/サン=サーンス
●うーちんさん…スティリー風タランテッラ(管弦楽編)/ドビュッシー(M.ラヴェル編)
 
今夜のツボ(3:28)「ラジオだから面白きゃいいという発想は
               なしにしてもらいたい!ま、いいけど…」
     次点①(3:26)「どっかに落ちてないかなぁ。
               八重洲口かなんかにポロッと」
     次点②(2:32)「サンタさんは待ちくたびれると酔っ払ったりしますからね」
     次点③(1:19)「ハッハッハッハ!甘いぞ!投げ太郎」

今夜のエンディング「それではまたあした。心をフォルテに」
  
 
 
「♪ああ、ばあちゃんにはかなわない」は、CMのインパクトが強すぎてダメだったピアソラまんじゅうさんですが(11/29の彼女のブログ参照)、今日の話題はどうでしょう。長~い電球を持って町内をうろうろする斎藤さん(2:20)、もしくは丸餅を受ける斎藤さん(2:14)の2件でございます。

久々に想像してしまいました。――― 電球が切れた!買いに行かなきゃ。確か、あの通りのあそこに電気屋さんがあったぞ。ええと、切れた電球持っていかないとマズいな。それからおサイフ、と。歩いてすぐだからサンダル履きでいいや……ええっ!なに?閉店してるの?うわぁ…どうしよう ―――

いやぁ、妄想は実に楽しい。そして2日続けてピアソラまんじゅうさんをネタにさせていただいてしまいました。ごめんなさい。どうもありがとう。もう困ったときのピアまんちゃん状態になってるな。いかんぞ、いかんぞ。(と2回繰り返すのもピアまんちゃん流)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今夜のcon brio/12月5日(月)

【本日のフレーバー・リクエスト】   お誕生日

あかねさん(5日)…抒情小品集 第5集 Op.54~夜想曲/グリーグ
●モンキーさん…弦楽六重奏曲 ニ短調 Op.70「フィレンツェの想い出」[弦楽合奏版]~第4楽章/チャイコフスキー
Hamadeus(5日)…ピアノ三重奏曲 第4番 ホ長調 K.542~第1楽章/モーツァルト
 
今夜のツボ(1:09)「なぜ、その1本を持ってこない!」
     次点①(1:20)「ああ、読んじゃった。相変わらずだな、この人は」
     次点②(3:45)「間に合わないよ。2年ください」
     次点③(2:28)「もう8時半ですけどね。すみません」

今夜のエンディング「心をフォルテに。暖かくしておやすみください。またあした」
  
 
 
ピアソラまんじゅうさんの名言に「誕生日は産んでくれたお母さんに感謝する日」というのがあります。実は、私はあまりピンと来なかったのですが、ブリメンさんからの山のようなハッピー・バースディのメールにお返事しているうちに、この名言を思い出しました。

モーツァルトの命日に私を産んでくれた親に感謝しなくてどうする!しかも小学4年生だった私を一瞬でモーツァルトの虜にしたアイネ・クライネ・ナハトムジークを、初めて聴かせてくれたのは亡き父だったのです。

このブログを始めたのは2年前の誕生日です。今日から3年目に入りました。今まではどうってことない単なる「誕生日」だったのが、OTTAVAを聴くようになってから毎年どんどん思いがけない日に変わっていきます。思いがけない驚きが幸せに変化して年ごとに大きくなっていくのです。

「この1年良いことがありますように。幸せでありますように。」誕生日の常套句だと思っていた言葉が本当になるのです。こんなことが自分に起こるなんてブログを始めたときには思ってもいませんでした。

大好きだったキングがいなくなっても、そして父や愛犬を失ってもなお「この1年幸せでした」と私は自信を持って言うことができます。ここを訪れてくださる皆さまのおかげです。心より御礼申し上げます。ありがとうございました。

大成功に終わったブリメン音楽会のことにも触れたかったのですが、それはまたの機会を頂戴することにして、今日は皆さまへの感謝の言葉を述べさせていただくことにしました。

あえて言います。来年も、con brioが続いている限り私も頑張って続けていきます。どうぞよろしくお願い致します。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

今夜のcon brio/12月1日(木)

【本日のフレーバー・リクエスト】   お誕生日   記念日

●きみきみさん…①4つの歌 Op.39~第4曲 イスパハーンのばら/フォーレ
②レオカディア(ジャン・アヌイの劇への付随音楽)~第3幕‐愛の小径/プーランク
●カールさん…ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 Op.47~第3楽章/シベリウス
●るあぶらんかさん…そして私は新しい天国を見た/ベイントン
●FOXさん…子供のためのアルバム Op.39~楽しい夢/チャイコフスキー
ウドン・クレーメルさんから加藤嫁さんへ(2日)…スカラムーシュ‐アルト・サクソ
フォーンとオーケストラのための組曲~ブラジレイラ/ミヨー
わらさん(結婚記念日:1日)…「キャンディード」からの4つの楽章(ヴァイオリン・ピアノ版)~きらびやかに華やかに/バーンスタイン(E.スターン編)
  
今夜のツボ(0:49)「ぼくも歌うとスッキリしますもの、ホントに」
     次点①(3:02)「トーントーン拍子という言葉もいいですね」
     次点②(3:45)「サイモン・ラトルに来て欲しいとかね」
     次点③(0:53)「なんか本気になってるな、おれ」

今夜のエンディング「クリパ、クリケ…それでは皆さんまた来週。ココフォル?」
  
 
 
こんにちは。レオン・ブルーム・ハマデウスです(笑)。リナシメントさん、身に余る賛辞をありがとうございます。斎藤さんに大げさだと言われようがなんだろうが、うれしいものはうれしいのです!(3:03頃参照)

しかし、レオン・ブルームって誰?ウィキペディアにはそれらしいことは載っておらず「最初の妻はコルトーのいとこ」とだけ書いてあります。カザルス・トリオはコルトー、ティボー、カザルスというメンバーなので結成のきっかけはそういう関係からなのでしょう。

それよりチェロが気になります。リナシメントさんといい豆葉さんといい自己管理がなってない!私ですか?とりあえず風邪はひいてないので堂々と他人を批判させていただきます(笑)。あと3日、栄養と睡眠をたっぷりとって頑張るぞ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今夜のcon brio/11月30日(水)

【本日のフレーバー・リクエスト】   ファンファーレ

●横浜のみんさん、京都のとんちゃん…ランニング・セット/ヴォーン=ウィリアムズ
●トカゲ印のパーンさん…レントよりもおそく/ドビュッシー
●つるだまりさん、ひさん…5つのバガテル Op.23a~第2番/フィンジ(ローレンス・アシュモア編)
おぽんさん…ワルツ「わが人生は愛と喜び」Op.263/ヨーゼフ・シュトラウス
●オリビアさん…高雅で感傷的なワルツ<管弦楽版>~第7曲 モアン・ヴィフ/ラヴェル
  
今夜のツボ(3:16)「ファンファーレ、カモン!」
     次点①(1:35)「ブッブッブー!!!」(非常にうれしそう)
     次点②(2:18)「完全にまるめこまれてるかんじですね、ぼく」
     次点③(3:51)「マツタケなんかをさがす…ちょっと違うか」

今夜のエンディング「それではまたあした。心をフォルテに」
  
 
 
とうとう正式な告知が出ましたのでこちらでわざわざお知らせすることもないと思うのですが、斉藤さんの声でお聞きになりたいという方はMusic Historyでご確認ください。3:16、アンダーソンのウッドベリー・ファンファーレとともににぎにぎしく始まっております。本日の1番ツボもこちらにさせていただきました。さあ、とりあえずは3月31日に向けて貯金を始めましょう。どなたか仙台ツアーとか企画してくださる方がおいでにならないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »