« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

今夜のcon brio/6月28日(木)

【本日のフレーバー・リクエスト】   お誕生日

●エベコロッケさん…チェロとオーケストラのための「奇跡のヴェール」~セクション1
/タヴナー
さまよえる紅ひじきさんから奥様へ(28日)…劇音楽「すずめばち」(アリスト
ファネス組曲)~Ⅲ 台所用具の行進/ヴォーン=ウィリアムズ
MR学芸さんから奥様へ(28日)…フルート、ヴァイオリン、ピアノのための三重奏曲~第3楽章/マルティヌー
●ななくるたさんからお友だちへ…エピグラム/コダーイ

今夜のツボ(2:37)「簡単に言うと木槌ですね。ぼくの場合は」
     次点①(2:40)「博多でもお元気で。ごきげんよう」
     次点②(1:57)「まあ、何とはしたない。ごきげんよう」
     次点③(2:24)「髪があるうちは何でもやれの名言でおなじみの
                広上淳一さん」

今夜のエンディング「それではまた来週。心をフォルテに」
  
 
 
まずは、オンデマンダーの皆さまへ業務連絡を2点。

【その1】本日のエアコン体操はカルメンの第1組曲になっております。開始時間は仙台フィルのコーナーで3;24からですが、もちろんその数分前の斎藤さんの口上もお聞きのがしなく。私は指揮よりもシンバルが気になって仕方がありませんでした。

【その2】斎藤さんの思わせぶりなブログはどういうことかというと、なんと!小川有紀子さんがメンバーであるセレーノ・カルテットがアンコール曲を募集しているんだそうです!プログラムはコダーイとヴォルフで、そのあとのアンコールを何か、ということですが、モーツァルトしか聞かない私にはハードルが高すぎます。「ヘルプ願い」と題する小川さんのメールは3:29から。

そして、どなたがなりきっているのかは存じませんが「トート閣下」のメールが面白すぎです。もちろんスタッフさんにも大ウケでした。今夜はトート閣下とその前のチェチーリア!さんのおふたりに合わせ技で一等賞を差し上げたいと思います。ツボにもさせていただきましたが木槌はすごい…。(2:35から)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

今夜のcon brio/6月27日(水)

【本日のフレーバー・リクエスト】

●メロンパン大好きさん…弦楽四重奏曲 第2番 ニ長調~夜想曲/ボロディン
(プリムローズ編)
●新宿御苑さん…オーボエ・ソナタ ニ長調 Op.166~第2楽章/サン=
サーンス
●小骨@おでぶっこクラブさん…8つの演奏会用練習曲~第4番 思い出/
カプースチン

今夜のツボ(2:44)「OTTAVAのファンタジスタはよく足がもつれて転びます」
     次点①(3:01)「見た目はぜんっぜん違いますけどね」
     次点②(1:20)「おませちゃん!」
     次点③(3:47)「やっぱり読まなきゃ良かった(中略)でも最後まで読んじゃう」

今夜のエンディング「それでは心をフォルテに」
  
 
 
オーケストラの運営はどこも大変です。仙台フィルは言うに及ばず、私の地元の神奈川フィルでは、少し前に、支援のお願いというかなり大きな新聞広告を出しました。またミューザ川崎をフランチャイズにしていた東京交響楽団は、定期公演の会場を失って、みなとみらいホールにお引越しをしてきました。

補助金打ち切りで話題になっている大阪の橋下市長は、子沢山で知られているそうですが、ご自分のお子さんが文楽をやりたいとか、オーケストラに入りたいと言い出したらどうするのでしょう。言いたいことはたくさんありますが、一晩でまとめられる自信がないので赤川次郎先生に代弁していただくことにします。この4月に新聞の読者投稿欄に載った意見が忘れられず探してきましたので、どうそ。(橋下市長に関して3:17から)
 
 
「橋下氏、価値観押しつけるな」 作家 赤川次郎(東京都港区 64歳)

大阪の橋下徹市長は大阪府立和泉高校の管理職をなぜ処分しないのだろう?教師の口元チェックをしながら、姿勢正しく心を込めて「君が代」を歌えたはずがないのだから。

それにしても生徒のためのものであるはずの卒業式で、管理職が教師の口元を監視する。何と醜悪な光景だろう!橋下氏は独裁も必要と言っているそうだが、なるほど「密告の奨励」は独裁政治につきものである。

府知事時代、橋下氏は初めて文楽を見て、こんなもの二度と見ないと言い放ち、補助金を削減した。曰く「落語は補助金なしでやっている」。舞台に座布団一枚あればいい落語と、装置を組み、大勢の熟練の技を必要とする文楽を一緒くたにする非常識。客の数だけを比べるのはベートーヴェンとAKBを同列にするのと同じだ。

文楽は大阪が世界に誇る日本の文化である。理解力不足を棚に上げ、自分の価値観を押し付けるのは、「力強い指導力」などとは全く別物である。

過去に学ぶ謙虚さを持ち合わせない人間に未来を託するのは、地図もガイドもなく初めての山に登るのと同じ。一つ違うのは、遭難するとき、他のすべての人々を道連れにするということである。(2012年4月12日 朝日新聞「声」欄)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今夜のcon brio/6月26日(火)

【本日のフレーバー・リクエスト】   お誕生日

●ペパーミントパティさん、まりさん…ピアノ五重奏曲 第1番 ニ短調 Op.89~第1楽章/フォーレ
●三鷹の姫さん…24の前奏曲 Op.28~第7番 イ長調/ショパン
るあぶらんかさん(26日・さんさんスーさんリクエスト)…「ワルキューレ」第1幕 第3場 ①冬の嵐は過ぎ去り ②あなたこそ春なのです/ワーグナー
●肉食人種夫人、ろみさん、ろくまるさん、プラトニックPさん…コントラバスのための「涙」(オーケストラ伴奏)/ロッシーニ(タマシュ・ベネデク編)
●ファデットひかりさん…歌劇「プラテー」~水の精たちよ、さあおいで/ラモー

今夜のツボ(3:00)「初めての火曜日いかがですか盛り上がってないでしょ~
               地味ですよね~他の曜日とくらべて歌ったり踊ったり
               しませんもんね」
     次点①(1:19)「イ短調はいかんじょ~」
     次点②(3:35)「何失礼なこと言ってるんですか。ぼくは今全身汗びっしょり
               でエアコンダクターやってましたよ」
     次点③(2:38)「このぐらいなんの問題もなか」(博多弁)
     次点④(0:25)「ダジャレがあんまり面白かったからかな。違いますね」

今夜のエンディング「それでは続きはまたあした。心をフォルテに」
  
 
 
その昔、フジテレビの深夜番組で初心者向けのクラシック番組がありました。20年ぐらい前の話です。

その頃はモーツァルト以外興味がなかったので、毎回真剣に見ていたわけではなく、番組名も出演者も全部忘れてしまいましたが、覚えていることがたったひとつだけあり、それを今夜思い出しました。何を隠そう(隠さなくてもいいんだが)ブルックナーです。

いわく「ブルックナーを聞くのには体力がいる。ポイントは3つ。『長い』『しつこい』『大げさ』。これをおさえておくと何とかなる」といった内容でした。

con brioを聞くようになってから、ずいぶんいろいろな作曲家のエピソードを教えていただきましたが、ブルックナーはめったに流れないので斎藤さんの解説も少なく、私の印象は20年間ずっと『長い』『しつこい』『大げさ』のままです。ごめんなさい(でも斎藤さんも「長い」って何度かおっしゃいましたよね)。

今日のブログで「嘆きの火曜日にロマンティック」を読んだとき、かすかな「ひょっとして…」という予感が頭をよぎったのですが、まさか当たるとは思いませんでした。さすがに2週続けてブルックナーはないでしょう。来週はやっぱりマーラーかな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今夜のcon brio/6月25日(月)

【本日のフレーバー・リクエスト】   記念日

●こぐまやさん…セレナード ホ長調 Op.22,B.52~第2楽章/ドヴォルザーク
猫のメヌエットさん(結婚記念日・20周年)…弦楽四重奏曲 第20番 ニ長調 K.499 ”ホフマイスター”~第3楽章/モーツァルト
●パルランドさん(プッチンプリンさんリクエスト)…ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調 
Op.18~第1楽章/ラフマニノフ
●ちょろろんさん…ピアノソナタ 第17番 ニ短調「テンペスト」Op.31-2~第3
楽章/ベートーヴェン
●ねりま姫…映像 第2集~そして月は荒れ寺に落ちる/ドビュッシー

今夜のツボ(2:37)「照れるじゃねぇか」
     次点①(0:59)「ヒヨッコじゃないですよ。ヒヨッコはぼくですが」
     次点②(1:04)「むずかしかったたい」(博多弁)
     次点③(1:14)「たいしかいえないたい」(博多弁)

今夜のエンディング「続きは明日午後6時です。おやすみなさい。心をフォルテに」
  
 
 
「思いつきで歌うとロクなことにならない」(3:02)と言いつつ、なんと前代未聞の2コーラスもご披露くださいました「おなかのへるうた」でございます。

2コーラス目が始まったときにはどうなることかと思いましたが、キーが合ったのに加えて、声の調子も良かったのでしょう。本日の一等賞は食べるのを我慢できる曲をフレーバー・リクエストしてくださったパルランドさんにお贈りしたいと思います。

久々に堪能できる歌を斎藤さんに歌わせてくださってありがとうございました。ダイエットの成功を心よりお祈り申し上げます。頑張れ!!!(実は自分にも言い聞かせている。頑張れ私!)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

今夜のcon brio/6月21日(木)

【本日のフレーバー・リクエスト】   お誕生日

●ころころちゃんさん…ピアノ協奏曲 へ調~第3楽章/ガーシュウィン
キャロラインさん(21日)…弦楽のためのセレナード ト長調 Op.11~行進曲/ウィレン
●くりまこ太郎さん…交響曲第3番 Op.36「嘆きの歌の交響曲」~第2楽章/
グレツキ

今夜のツボ(1:49)「ヤですよ、汚れちゃうから」
     次点①(2:42)「は~い、続いては改造計画の報告で~す…似てないな。
               今日も」
     次点②(2:46)「茶のボストン似合いますよって言ってくれたので、実は物色
               始めてます。ムハッ」
     次点③(2:56)「グルジアの合唱団のCD買って来て…そんなこと頼めない」
     番外①(2:45)「こんなにカタカナ打ったのはひさしぶり」(ヤジマさんのメール)
     番外②(2:48)「惚れてまうやろ!」(チョピンさんのメール)

今夜のエンディング「それでは皆さんよい週末を…(以下F.O)」
  
 
 
4パターンが出揃った改造計画ですが、撮影の裏話や感想メールなど、2:42からお聞きになれます。ツボもほとんどここから出ました。皆さんのメールがあまりにも面白かったので番外も奮発です。ヤジマさんのメールはモデラートのスポットのパロディだったのに、読んでいる斎藤さんは分かってなかったみたいですね。

照れが半分、まんざらでもない感が半分といった感じの斎藤さんでしたが、なんといってもいちばん興奮していたのがブリメンさんでした。次回があるならモーリーとか
林田さんとか、言いたい放題のリクエストも耳にしているのですが、個人的にはスーツ姿以外拝見したことのない本田さんの改造をお願いしたいところです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

今夜のcon brio/6月20日(水)

【本日のフレーバー・リクエスト】

●かめちんさん、走るこぶたさん、「ひ」さん…クラヴサン曲集-組曲 ホ短調・
ホ長調(第2組曲~ジーグとロンドー ①Ⅰ ②Ⅱ/ラモー
●チョピンさん(アメアメマンさんリクエスト)…雨の樹(3人の打楽器奏者のための)/武満徹
●猫のベルさん…ピアノ練習曲集 第1巻(第1~6番)~第5番 虹/リゲティ
●ろみさん…ロカイユ組曲 Op.84~ゆっくりと/フローラン・シュミット

今夜のツボ(1:49)「今日も元気だタクトが軽い。指揮棒なければゲルギエフ」
     次点①(3:42)「トゥタトゥタトゥタジャジャンジャーン(中略)ヘタですね」
     次点②(1:26)「はち…8月って言いそうになっちゃった。まだ6月なのに」
     次点③(2:59)「真似させないでください」


今夜のエンディング「それではまたあした。心をフォルテに」
  
 
 
今夜のツボを選ぶ基準は、私にツボることはもちろんなのですが、このところ急浮上しているのが「スタッフさんにもウケる」ということです。皆さま、「エアコン体操」はお聞きくださったでしょうか。最初のほうは必死で吹き出すのをこらえているようだったのに、思わず出てしまった笑い声をマイクがちゃんと拾っていました。

斎藤さんがノリノリだったのは、彼を笑わせるためだったことは疑う余地がありません。自分のネタで大変恐縮なのですが、エアコン体操は1:45からになっております。よろしくお願い申し上げます。

もうひとつチェックしていただきたいのが「男のプッチンプリン」でございます。ピッカリングさん、マイクロトマトさんによる渾身の試食レポートが、2:56頃からお聞きになれます。面白いです。必聴です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のcon brio/6月19日(火)

【本日のフレーバー・リクエスト】   お誕生日

●神奈川のとしさん…セレナード第10番 変ロ長調 K.361「グラン・パルティータ」~第5楽章:ロマンス/モーツァルト
●ジョイフィールドさん…ミルテの花 Op.25~ハイランド地方の人々の子守歌/
シューマン
●やまねこさん…黒鳥の歌(ヴァイオリンとハープのための)/ヴィラ=ロボス
フラフラフラメンコさん(19日)…ヴァイオリン協奏曲第1番 ト短調 Op.26~
第3楽章/ブルッフ
フラーノさん(19日)…ピアノソナタ 第46番 変イ長調 Hob.ⅩⅥ:46~
第2楽章/ハイドン
●またのちほさん…オーボエソナタ~第2楽章/オルウィン

今夜のツボ(2:02)「エリザベス…ぼくはアメリカ風にベスって呼んでたけどね」
     次点①(1:26)「今日はもうないと思います。ありがとうございました」
     次点②(3:36)「♪タータタタタタ…」(第九、第3楽章ホルン・ソロ)
     次点③(3:49)「トート閣下なのに電車で帰ってるんですか」
     番 外(1:24)「ちゃんと指揮棒も買っちゃったからね。630円」
              (↑ほーぼーけんの大冒険さんのメール)


今夜のエンディング「ではまたあした。心をフォルテに」
  
 
 
今年もまもなく半分が過ぎようとしていますが、異常気象の何と多かったことでしょう。

まず、冬が寒くて長かった。毎年3月中旬には咲く桜の開花が4月に入ってからでした。その春も短くて荒れた日が多く、横浜で雹が降り積もったのはLFJの終わった次の日だったと思います。そして6月の台風上陸。当地は暴風で家が何度か揺れました。

皆さま、ご無事で朝を迎えられましたか。斎藤さんはご自分のことは何もおっしゃらないので心配なのですが、こういうときは無理に帰ったりしないのでしょうか。夜更かしには自信があるようですから、スタジオで朝を迎えて、モーニングマンの本田さんと入れ違いになったりして。「電車動いてたんだけどさ。結局ここで徹夜しちゃった」なんて言っているところを妄想してしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のcon brio/6月18日(月)

【本日のフレーバー・リクエスト】   お誕生日

●キャロラインさん…タンゴ/ストラヴィンスキー
まいにちえがおさん(14日)…①マズルカ 第31番 変イ長調 OP.50-2 
②16歳 (原曲:マズルカ第31番 変イ長調 Op.50 No.2)/ショパン
●プッチンプリンさん、ファデットひかりさん…ヴァイオリンソナタ 第9番 イ長調 
Op.5-9~第1楽章/コレルリ

今夜のツボ(2:22)「は~い」(清水さんの真似)
     次点①(2:41)「まだまだヒヨッコだね」
     次点②(1:51)「ふ・ふ・ふが抜けてますね」
     次点③(1:03)「秘めた情熱とクールな指先??なんだろう、なんだこれ」
     次点④(3:51)「一晩中送ってください。どうぞ」
     番 外(2:39)「女子力アップ、胸もアップ」(モデラートの干場さんの発言)


今夜のエンディング「それでは明日午後6時に。心をフォルテに。
               おやすみなさい」
  
 
 
申し訳ありませんが、本日は全面的に「今日のmoderato」で行かせていただきます(以下、表示時間はすべてmoderatoのものです)。

こちらにお越しくださる方は、当然斎藤さんのBeforeAfterをご覧になっていらっしゃると思いますが、オープニング早々(0:13)改造計画について2人で熱く語っていらっしゃいます。

やはり「マネキン」を前にした3人のトークが聞きたかったと思うのですが、それは贅沢というものでしょうね。斎藤さんはcon brioの準備をしながら「言われてるよ(^^;」と大汗だったのではないでしょうか。

2:30過ぎからは、おなじみのリスナーさんからの感想メールも何通か読まれていましたが、「脱がせてみるまで分からない」などという、con brioではまず聞かれないきわどいトークも出現しまして、その中のひとことを番外にさせていただきました。

順調にしゃべりまくるほっしーを目の前にした清水さんの、明るいうちから何言うとるんじゃ的な、そそくさと話をまとめようとする焦りっぷりが、とてもかわいらしいと思いました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

今夜のcon brio/6月14日(木)

【本日のフレーバー・リクエスト】   お誕生日

まるりんこさん(15日)…劇音楽「真夏の夜の夢」~序曲 Op.21/メンデルスゾーン
●ローズマリア姫…熟したさくらんぼ/ブリッジ
ムーミン谷のまるさん(16日?17日?)…6つの小品 Op.118~ロマンス ヘ長調/ブラームス
子りすさんから夕陽さんへ(13日)…喜歌劇「ヴェネツィアの一夜」第3幕~
「愛する人を眺めるのは」(入り江のワルツ)/J.シュトラウスⅡ世
●かなななさん…ピアノ三重奏曲 ト長調 Hob.XV:15~第1楽章/ハイドン

今夜のツボ(3:23)「だってぼくマネキンだもん」
     次点①(0:56)「髪の毛の重さとは無縁のぼくなんで」
     次点②(3:25)「斎藤茂みたいにしてくれって言ってもいいでしょう」
     次点③(0:21)「サラサラサーテ、そういうことかい」
     次点④(2:55)「お食事中の皆さんごめんなさいね」


今夜のエンディング「それではまた来週。心をフォルテに」
  
 
 
まずオンデマンダーの方にお知らせです。フレディ・ケンプさん出演の先週木曜日(7日)の放送はオンデマンドの延長が決まったそうです(OTTAVAトップページ右のNEWS欄から聞けます)。

もうひとつ、斎藤さん改造計画のメルマガはこれから登録しても前号が見られるとのこと。話題沸騰、ロイヤルブルーのジャケット姿を未見の方はお急ぎください。

そのケンプさんのNEWSページには、斎藤さんとのツーショット写真が載っています。表情がロイヤルブルー・ジャケットの笑顔とほとんど同じなのに印象がぜんぜん違います。着るものの威力はすごいですね。ほっしー恐るべし。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

今夜のcon brio/6月13日(水)

【本日のフレーバー・リクエスト】   お誕生日

●かめちんさん…交響三章~第2楽章/芥川也寸志
リーフレット・ミューズあや子さん(13日)…バレエ「ペトルーシュカ」~謝肉祭の日/ストラヴィンスキー
Shadow of the moonさん(13日)…ピアノソナタ 第1番 Op.22~第4楽章/ヒナステラ
旅は靴ずれさん(13日)…南のソナチネ~カンポ/ポンセ
 
今夜のツボ(0:51)「エロサバってなんだ。美味しいのか」
     次点①(1:52)「シテキってされるばかりだと疲弊するんですよね。たまには
               シテキしないと」
     次点②(3:56)「いただいたメールを屋上でエイッと投げて遠いほうから
               4人。厳選でしょ?」
     次点③(3:14)「フレディ・ケンプのご学友でもあらせられる小川有紀子さん
               ですね」


今夜のエンディング「では心をフォルテに。また明日」
  
 
 
いよいよ明らかになった改造計画ですが、感想メールがエンディングで1通だけ読まれました。メルマガ配信は来週もあるそうなので、この話題はまだまだ続くことでしょう。今登録すれば来週分を見ることができます。忘れていた方はBEYESのサイトへお急ぎください。

さて今日は、A Song For Japan記念日ということで山本まり子さんのメールが読まれました(2:03頃「心をフォルテに」コーナー)。1年前の今日、OTTAVAで初めて
A Song For Japanが紹介されたのです。このところは仙台フィルのオーケストラ・バージョンのオンエアが多かったのですが、久しぶりにトロンボーンによるオリジナル・バージョンをしみじみと聞かせていただきました。

去年貼り付けたYOU TUBEは遥か彼方へ流れていってしまったので、改めて貼り直すことにします。オリジナルは17万アクセスに迫ろうかという勢いですが、仙台フィル・バージョンがちょっと寂しい。皆さん、たくさんクリックしてくださいね。
 
 

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のcon brio/6月12日(火)

【本日のフレーバー・リクエスト】   お誕生日   記念日

●つばみさん…チェロソナタ 第2番 ヘ長調 Op.99~第2楽章/ブラームス
●どんぐりさん…真夜中のミサ曲 H.9~グローリア/シャルパンティエ
Happy Sad Kさん(12日)…3つのパステル画 ①パックの誕生日 ②ギリシア
の少年/アイアランド
ルースレス・ルナさん(12日)…聖歌四篇~第3曲 聖母への賛歌/ヴェルディ
とんぼくんの妻さん(結婚記念日・2度目)…ロマンスとバラード 第1集 Op.
67~野ばら/シューマン
●ぽろんぽろんさん(まぁちゃんさんリクエスト)…夜想曲 第2番 変ホ長調 
Op.9-2/ショパン
●いかめし太郎さん、ろみさん…5つの小品集~ロマンティコ/ピアソラ

今夜のツボ(1:22)「ダジャレの提案はやめといたほうがいいですね」
     次点①(2:58)「Sallyさん、ちゃんと意味を書いてください」
     次点②(3:53)「せっかくだからひとりでも多くの方に見ていただこうじゃ
               ないの」
     次点③(0:43)「白鳥の着ぐるみを着たお姉さんたちが引っ張ってくる
               というのもあります」(ローエングリン)


今夜のエンディング「明日は明日でまた体温大変そう。それでは続きは明日です。
             心をフォルテに」
  
 
 
月曜日のモデラートが話題になっているので思い出したことがあります。先月のLFJで特設スタジオからの放送を見たあとで、何人かのブリメンさんとお茶を飲みながら「プレゼンターの方々は2人でしゃべったほうが面白い」という話になりました。その中で「この人だけはひとりのほうがいい」と全員一致したのが本田さんです。

今日はフレスコのエンディング・テーマのリクエストがあってシャルパンティエが流れましたが、そのあとで「本田さんにメールしても大丈夫ですか」という質問に答えたのがツボになりました。

正確に記すと「ダジャレの提案はやめといたほうがいいですね。湧きいずるように出てきますから、あの人の場合。あまり刺激しないでください。いいですね」となります。あ、もちろんフレスコへのメールは大歓迎だそうですよ。fresco@ottava.jpまでどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のcon brio/6月11日(月)

【本日のフレーバー・リクエスト】

●風邪ひき中の名無しの方…交響曲 第1番 変ホ長調 Op.28~第3楽章/
ブルッフ
●さやこさん…高雅で感傷的なワルツ~ワルツ第1~第6/ラヴェル
●加計呂麻島はいいところさん…「スパルタクス」組曲第1番~ガディスの娘の踊りとスパルタクスの勝利/ハチャトゥリアン

今夜のツボ(1:31)「ぼくの恥ずかしい写真が2枚…洋服とか着てますよ、
               ちゃんと」
     次点①(3:08)「改造される人間が何を言っているというカンジですが」
     次点②(3:58)「喜んでいいのかな。喜んでいいんだな」
     次点③(1:10)「大丈夫デスカルミナブラーナ?…もうやめます」
     番 外(3:58)「before全身画像を見ました。改造に大賛成します。楽しみ
              です」(加計呂麻島はいいところさんのメールより)


今夜のエンディング「それでは続きはまた明日午後6時。心をフォルテに」
  
 
 
本日のツボの2番目は、番外に挙げた加計呂麻島はいいところさんのメールのあとに出たものです。

改造計画についてはafterの写真が出てから話しますといいながら、言わずにはいられないという印象です。もちろんメルマガ登録を増やしたいという狙いがあるにしても非常にうれしそう。よほど楽しかったのでしょう。

撮影秘話など、1:30頃と3:25頃に熱く語っていらっしゃいます。メルマガ登録は期限が今日いっぱいのようですのでまだの方はお早めに。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

「チャリティ・コンサートへ行こう」

        東日本大震災復興支援チャリティコンサート情報
 
少し前からピアソラまんじゅうさんのブログのトップ記事が固定されておりまして、彼女にしては珍しいことなのでなんぞやと思ったら、実に見やすい「チャリティ・コンサートへ行こう」へのリンクでございました。

私はちょっとフェイスブックまで手が回らないもので、いまだに登録していないんですが、以前にも書いたように、登録してないと「心をフォルテに」へたどり着くまでが大変で、たどり着いても慣れないせいかとても見にくいのです。

ということで、早速ブックマークさせていただいたんですが、せっかくですのでぴあまんちゃんに倣って、こちらでもリンクを貼らせていただくことにしました。しばらくの間トップに置いておきます。斎藤さんの告知は間際が多いですが、これはかなり先まで載っていますので予定が立てやすいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のcon brio/6月7日(木)

【本日のフレーバー・リクエスト】   お誕生日

●しのりんさん…バレエ「白鳥の湖」Op.20 第1幕~ワルツ/チャイコフスキー
ピアソラまんじゅうさんからお母さまの佐渡の笹だんごさんへ(9日)…ハープと弦楽のための舞曲集~世俗的舞曲/ドビュッシー
●まろさん…組曲 第4番 ニ短調~第3曲「サラバンド」/ヘンデル(セゴビア編)
●ノア子さん…交響曲 第1番 変イ長調「アフロ=アメリカン」第3楽章/スティル

今夜のツボ(2:13)「やりましたね。これだけでもう帰っていいかもしれません」
     次点①(3:54)「カシャーンカシャーンカシャーン、それは改造人間だっつーの!」
     次点②(0:43)「産みたて!」
     次点③(1:02)「ぜんぜん違うじゃないか、大きさが」


今夜のエンディング「それでは少し早いんですが皆さん良い週末を。
               心をフォルテに」
  
 
 
「フレディすっげー!日本語うっめー!」いまどきの女子高生(中学生?)が言うならこんな感じでしょうか。のっけから『コンブリワ』、そして『ぼくはムソルグスキーの展覧会の絵から、プロムナードと卵の殻をつけた雛の踊りを弾きます』ですよ!凄すぎ!

con brio始まって以来のイベントは、当然ながらMusic Historyには載りません。
生演奏の3曲をラジオネームと合わせて、さらに4曲目、新譜からのガーシュウィンも一緒に挙げておきたいと思います。もうひとつの放っておけない話題「改造計画」についてはまた来週!(Special thanks to OTTAbotサン)

●12の練習曲 Op.10~第3番 ホ長調「別れの曲」/ショパン 
2012/06/07 20:23:41~(スモールキャットさん、ママガリッチさん、はまよこさん、いなださんリクエスト)
●展覧会の絵 ①プロムナード ②卵の殻をつけた雛の踊り/ムソルグスキー 2012/06/07 20:28:54~(THさんリクエスト)
●ピアノソナタ第8番 ハ短調 Op.13「悲愴」~第2楽章/ベートーヴェン 2012/06/07 20:42:11~(アメリカのよしこさんリクエスト)
●「アイ・ゴット・リズム」による変奏曲/ガーシュウィン 2012/06/07 20:46:33~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のcon brio/6月6日(水)

【本日のフレーバー・リクエスト】

●いまながさん…交響曲 第3番 ロ短調 Op.42「イリヤ・ムロメッツ」~ウラディミール公の「美しき太陽」宮殿/グリエール
●まだらさん…ロマンス「揚げひばり」/ヴォーン=ウィリアムズ
●チェロ弾きゆうこさん…ロココ風の主題による変奏曲 イ長調 作品33(第6変奏、第7変奏、コーダ)/チャイコフスキー

今夜のツボ(0:37)「チャライ男とツンデレ男」
     次点①(2:32)「カシャーン、カシャーン、カシャーン、カシャーン」
     次点②(3:15)「だってOTTAVAでいいって山本さんが言ってたもん」
     番 外(2:43)「寝ないよ」(テンコさんのメール。斎藤さん大ウケ)


今夜のエンディング「あしたは全国的に良い天気です。心をフォルテに」
  
 
 
私が小学生の頃ですからもう40年以上前の話です。母のところに「誰かいい人がいないかしら」とお見合い写真が回ってきました。東京のちょっとした老舗のお嬢さんということでしたが、写真と一緒にいわゆる釣書というのがついていました。

顔も名前も年齢も忘れてしまいましたが、ひとつだけ覚えていることがあります。そこには「6歳の6月6日に日本舞踊を習い始めた」とあり、母が「ちゃんとしたところのお嬢さんはやはり違う」と、ちゃんとしてない娘に向かってつぶやいたのでした。

今日はお母さんに手を引かれながら、お稽古ごとの先生のお宅を訪ねた6歳児が多いことでしょう。ひょっとして、仙台フィルの団員の方の門を叩いたお子さんもいらっしゃったかもしれません。山本純さんにチェロの手ほどきをしてもらえるなんてうらやましい限りです。(3:10過ぎ、純さんのメールより)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のcon brio/6月5日(火)

【本日のフレーバー・リクエスト】   記念日

●おやかまっさん…①みつばち/フランソワ・シューベルト ②夢想とカプリッチョ 
Op.8(ヴァイオリンと管弦楽のためのロマンス)/ベルリオーズ
ねりま姫(5日・結婚記念日)…チェロとピアノのための3つの小品~歌/
ツェムリンスキー
●ユニバースさん(たけちさんリクエスト)…アベッグ変奏曲 Op.1/シューマン
●おとさん…五重奏曲~第3楽章/フランセ

今夜のツボ(3:29)「大丈夫デスカルラッティ?…すいません」
     次点①(0:26)「ワカメとかよけてます。きゅうりから行きますね」
     次点②(3:16)「ザッケローニも聞いてたりして」
     次点③(0:50)「引き取らせていただきます。安価で」


今夜のエンディング「それではまたあした。心をフォルテに」
  
 
 
トロンボーンによる“A Song For Japan”の初演は昨年4月で、それからOTTAVAで数え切れないくらいオンエアを聞いてきましたが、一度だけ、NHKのBS放送で演奏されるのを見たことがあります。昨年11月のNHK音楽祭で、アシュケナージ指揮によるシドニー交響楽団のプログラムのアンコールでした。

何回目かのカーテンコールに出てきたアシュケナージは、舞台後方に向かって手招きすると自分はスタスタと引っ込んでしまいました。替わりに出てきたのが4人のトロンボーン奏者です。私にとっては思いがけないサプライズで思わず涙ぐんでしまいましたが、おそらくあの広いNHKホールのお客様のほとんどが初めて耳にする曲だったのではないでしょうか。

演奏の前に、メンバーのひとりがメモを取り出して日本語でメッセージを読み上げました。いい機会なのでここへ記しておこうと思います。
 
  皆さま、こんばんは。

  私たちシドニー・シンフォニーは今回演奏旅行で日本に来られてうれしいです。
  ありがとうございます。
  オーストラリア人、そして私たちシドニー・シンフォニーのメンバーは、
  3月の震災に大変心を痛めています。
  日本人のマナーと勇気にとても感動しています。

  震災のあと、各国の首相の中で、オーストラリアの首相がいちばん最初に
  日本に来ました。

  これからシドニー・シンフォニーのトロンボーン・メンバーが、
  A Song For Japanを演奏します。
  作曲者の名前はスティーブン・フェルヘルストです。
  彼は4月に、日本の皆さんのためにA Song For Japanを書きました。
  この曲は世界中のトロンボーン奏者が日本のために演奏しています。

  ニッポン頑張ってください。ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のcon brio/6月4日(月)

【本日のフレーバー・リクエスト】   お誕生日

●ちょめさん…ナゼールの夜会~終曲/プーランク
夕陽さんから小リスさんへ(2日)…夜想曲/リリー・ブーランジェ
Sallyさんからお姉さまへ(4日)…夜想曲/リリー・ブーランジェ

今夜のツボ(2:20)「知らないよ、かっこ良くなっちゃったら。言っちゃうよ、
               チャオ!って」
     次点①(3:27)「どうせまんまるだよ、ホントに。ホントにもう…そんなに
               神々しいかよ」
     次点②(2:57)「『忍者です』会ったことあるよ、おれ」
     次点③(0:24)「何かの番組と間違えてますね。安斎さんいませんから、
               横に」


今夜のエンディング「続きは明日午後6時からです。心をフォルテに」
  
 
 
オンデマンダーの皆さま、スペシャルウィークはまだ続いております。何はさておき、まず2:15あたりをお聞きください。何やらすごいプロジェクトが始まる予告でございます。名付けて「斎藤ミュージック・ディレクター改造計画」。

と言っても、斎藤さんがロボコップになってしまうわけではないようです。仕掛け人は月曜モデラートのファッション・ディレクターほっしーさんで、モデラート&コンブリオのコラボとのこと。

ファッション・ディレクターがミュージック・ディレクターをどう改造しようというのか、ものすごい面白そうな企画であります(すでに野次馬状態)。モデラートのエンディング3分前ぐらいも合わせてお聞きください。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

今夜のcon brio/5月31日(木)

【本日のフレーバー・リクエスト】   お誕生日   記念日

●もりかみさん…リュートのための古い舞曲とアリア 第1組曲~「酔った歩みと
仮面舞踏会」/レスピーギ
●豆葉さん…ハドソン川組曲 ①リップ・ヴァン・ウィンクル ②ニューヨーク!/
グローフェ
いそっちさんから息子さんの円窓さんへ(31日/歌右衛門さんリクエスト)…
オラトリオ「ベルシャザルの饗宴」~黄金の神を讃えよ/ウォルトン
Mr.学芸さん(31日・結婚20周年)…ピアノソナタ 第20番 イ長調 D.959~第4楽章/シューベルト
●かなななさん…幻想曲風ソナティネ(1937)~第1楽章/ゴベール
ナナクルタさん(31日)…幻想曲風ソナティネ(1937)~第1楽章/ゴベール

今夜のツボ(3:58)「♪勝ってーくーるぞーと板橋区」
     次点①(2:24)「『往復びんたでいいですよ』ぱしぱし!!」
     次点②(3:48)「5分だけ現実逃避させてあげる」
     次点③(0:47)「ステキな景色を楽しむ…見飽きた…寝る…起きた…まだ
               動いてない」
     次点④(3:19)「ずいぶんはっきり書きますね。読んじゃいました」


今夜のエンディング「心をフォルテに。おやすみなさ~い」
  
 
 
映像を見るまでもなく、題名を聞いただけで反射的に音楽が浮かぶ映画というのはどなたにでもたくさんあると思います。3日(日)に仙台で行われる仙台フィルのコンサート「シネマ・ミーツ・シンフォニー」の曲目を聞いているだけで、頭の中にメドレーのように次々と曲が流れてきて困ってしまいました。(3:30過ぎから)

ローマの休日、ティファニーで朝食を、ゴッドファーザー、ゴースト、フォレスト・ガンプ、インディ・ジョーンズ、サタディ・ナイト・フィーバー、アンタッチャブル、ビバリーヒルズ・コップ、ミッション・インポッシブル、トップガンの11曲。ほら、あなたも困ったでしょう(笑)。

特に心震えるのはゴッドファーザーとインディ・ジョーンズですが、これを映像つきでナマで聞かされたりしたら号泣してしまうかもしれません。ほかにも、ゴーストのイントロはやっぱりハープだろうとか、ミッション・インポッシブルでは、♪ちゃりら~ちゃりら~というフルートの演奏シーンまで目に浮かんでしまいます。ああ、行きたい…!

そして気になるのが、サタディ・ナイト・フィーバー、ビバリーヒルズ・コップ、トップガンなどのロック系であります。斎藤さんは「どんなステイン・アライブになるのか」なんておっしゃってましたが、それを言うならトップガンの、♪でれっででーんでーんでーんをオーケストラでどうやるというのでしょう。ひょっとしたらサプライズでベルリンのバラード(愛は吐息のように)がくるかもしれない、などと妄想はふくらむばかりです。

やっぱり行きたいなぁ。我妻さん、関東圏内での企画を切にお願い申し上げる次第でございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »