« 夜のcon brio/9月11日(火) | トップページ | 今夜のcon brio/9月13日(木) »

今夜のcon brio/9月12日(水)

【本日のフレーバー・リクエスト】   お誕生日

●さまよえる台湾人さん…そして私は新しい天国を見た/ベイントン
HamadeusからSallyさんへ(12日)…組曲「ホルベアの時代より」OP.40~
ガヴォット/グリーグ
バケツプリンさんから姪っ子さんへ、シフリンさんからSallyさんへ(12日)…
24の前奏曲とフーガ Op.87 ~前奏曲 第5番 ニ長調/ショスタコーヴィチ
●きみよさん(ふよこさんリクエスト)…セルダーニャ組曲‐5つの絵画的練習曲~
二輪馬車にて(セルダーニャへの到着)/セヴラック
●ましろこさん、いちほさん…前奏曲 VL184/チュルリョーニス

今夜のツボ(1:31)「そろそろミンミンさん終わったでしょ」
     次点①(0:03)「秋!秋!早く来い、お前」
     次点②(2:32)「クララちゃんに…ちゃん付けちゃいけない」
     次点③(3:08)「ハンドル取って部屋だけあげる訳にはいかないですね」

今夜のエンディング「それでは続きは明日午後6時。心をフォルテに」

       

中学時代の吹奏楽部の親友はクラリネットを吹いていて、手の空いているときはたとえ誰かと雑談中でも必ずリードを削っていたので、リード楽器におけるリードの重要性についてはある程度知っているつもりでしたが、オーボエのそれはクラリネットの比ではないと知ったのは、かなり後になってからのことです。クラリネットやサックスのリードは既製品がほとんどで、もちろんオーボエ用リードの既製品もあるそうですが、プロの方々はたいてい手作りだというのです。

もうだいぶ前に、テレビでN響の舞台裏みたいなのをやっていて(そのときはセカンドの若い女性の奏者でしたが)専用の機械で葦の木片からコツコツと削りだしていくのを見たときには、ここまでやるのか!と本当にびっくりしました。 ちなみに、ユーチューブにはおびただしい数のオーボエリード製作ビデオがアップされています。興味のある方は「oboe reed」で検索を。

もうひとつ、ウィキペディアのオーボエの項には「世界で一番難しい木管楽器、誰にも上手に演奏できない気難しい木管楽器、としてギネスブックに載っている」とありました。「木管」の部分は削ってもいいんじゃないでしょうか。あ、金管にはホルンがあった…。(2;14~島村楽器からのお知らせより)

|

« 夜のcon brio/9月11日(火) | トップページ | 今夜のcon brio/9月13日(木) »

OTTAVA con brio」カテゴリの記事

コメント

ハマデウスさん、私の誕生日にグリーグのホルベーア組曲をありがとうございました。この曲は全部大好きです。難しそうなんですが、いつか一度は合奏できるようになりたいな…。

ショスタコーヴィチのほうは、バケツプリンさん(罪なお名前だ!)の姪御さんの赤ちゃんに便乗してしまいました。ショスタコねえ。やっぱり難しそうなんだけど・・・クララとロベルトのほかに、JFKとジャクリーンの結婚記念日でもあるんです。そっちが良いなあ(ダメ?)

投稿: Sally | 2012年9月14日 (金) 12時14分

クララとロベルト、JFKとジャッキー、素晴らしい!
どちらでもお好きなほうをどうぞ。

というより、Sallyさんも結婚記念日はこの日でキマリですね。
実はこっそり決めているでしょう?(笑)

投稿: ハマデウス | 2012年9月14日 (金) 12時31分

そんな条件つけたら、ますます難しく(苦笑)…私の友人で、高校卒業の翌日にお付き合いを始めて、数年後の同じ日に結婚した(挙式&届け出)という人たちがいます。感心しましたね… :)

投稿: Sally | 2012年9月14日 (金) 22時30分

まず相手がいて、
それから「いつにする?」ってなるわけだから
大抵の男性は「キミの好きな日でいいよ」って
言ってくれると思うのだけれど(笑)。

挙式と入籍を一緒にするのは大変かもしれないけれど
入籍なら希望の日にできます。
難しいことなんてない!

投稿: ハマデウス | 2012年9月15日 (土) 16時04分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今夜のcon brio/9月12日(水):

« 夜のcon brio/9月11日(火) | トップページ | 今夜のcon brio/9月13日(木) »