« 今夜のcon brio/3月18日(月) | トップページ | 今夜のcon brio/3月20日(水) »

今夜のcon brio/3月19日(火)

【本日のフレーバー・リクエスト】

●OTTAVAに出会えて幸せさん…アダージョ ハ長調/タネーエフ
●うさぎさん…イタリア協奏曲 ヘ長調 BWV.971~第1楽章/J.S.バッハ
●パルランドさん…海の底の春 Op.34/デュレ
●おこじょママさん…ソナチネ ト長調 Op.100(B.183)~第2楽章/ドヴォルザーク
●森パパさん、ぴえ~るママ…6つのスペイン風ダンス Op.37~第1番 
ニ長調/アルベニス

今夜のツボ(登場順)

  ①「どうしてキミ、そこまで近寄ってくるわけ?」(0:21)
   ※人に慣れた鳩に向かって
  ②「♪た~らららららららららひ~」(0:47)
   ※サン=サーンスの白鳥
  ③「大丈夫!ぼくもです!」(2:13)
   ※「休日の明日も仕事」とうメールに
  ④「2万日目が近づいて来てる感じがしますね、ぼくは」(2:52)
   ※産まれてから1万日は27歳と3ヶ月半ぐらいだそうです

今夜のざぶとん「こういう面白い名前、どんどんメールしてファングラッペリ?」
            by 斎藤MD④(1:59)

今夜のエンディング「心をフォルテに。またあした」



昨日はすさまじい春の嵐で、たった1日外出を控えている間に桜が咲いてしまいました。今朝はもう一分咲きでしたから、今日の夏日でかなり開いたことでしょう。

桜の開花を調べていて、新聞の見出しに「春一気」という言葉を見つけて、これだ!と膝を叩きました。北海道出身の斎藤さんは折にふれ「北海道の春は一気に来る」とおっしゃいますが、関東でそんな体験をしたのは初めてのような気がします。

今夜のパルランドさんの春のフレーバー・リクエスト(2:27)に斎藤さんはコクトーの詩で答えていました。「海の底の春」をどうぞ。


  海底にも四季があり
  地上同様最高に美しいのは やはり春
  珊瑚は蕾をほころばせ
  肺いっぱい海綿は真っ青な水を吸いこむ

  赤鹿の住む森が
  海の空 高いあたりに鳴っている
  プロペラを聞きつける

  時として 海のその空から落ちる飛行船
  ゆうゆうと落ちて来て砂にころがる
  花たちは立ったまま眠り
  おおぜいが別れの挨拶を交わしている

  手棒の魚は無い腕を敷いて眠り
  口いっぱい 接吻を海としている
  光線と背景のせいか
  写真館にいるような気持ちに時々なる

  片すみに泡の噴射がもくもくと出ているが
  海水の入れ替え作業の栓の由

|

« 今夜のcon brio/3月18日(月) | トップページ | 今夜のcon brio/3月20日(水) »

OTTAVA con brio」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今夜のcon brio/3月19日(火):

« 今夜のcon brio/3月18日(月) | トップページ | 今夜のcon brio/3月20日(水) »