« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

今夜のcon brio/3月28日(木)

【本日のフレーバー・リクエスト】   お誕生日  ファンファーレ

●アルトうさぎさん…弦楽四重奏曲第12番 ヘ長調 Op.96「アメリカ」~第1楽章/ドヴォルザーク
つんさんからお父さまへ(28日)…ピアノ協奏曲 ト長調~第1楽章/ラヴェル
秋田オリオンさん、カールさん…弦楽五重奏曲 第2番 変ロ長調 Op.87~
第4楽章/メンデルスゾーン
●もももさん、夏みかんの父さん…ソレダッド(孤独)/ピアソラ(アキレス・リアルマコプーロス編)
●ごぼうさんの息子さん、タクマニノフさん…アンダンテ・フェスティヴォ/シベリウス

今夜のツボ(登場順)

 ①「ただリクエストしたいだけFAINAL!!」(0:26)
  ※最多オンエアに挑戦だそうです
 ②「ただリクが楽しみだったのね。ほかはどうでもよかったんだ」(1:57)
  ※「ただリクがなくなって何を楽しみに生きていけば」というメールに
 ③「よかった。歌って」(3:20)
  ※「威風堂々で仙台行きを決めた」というメールに
 ④「一緒に市長と伝説を作りたいです」(3:23)
  ※復興コンサートへ現れた仙台市長がにわかに人気に!?
 ⑤「ぼくも激しく噛んでますけどその噛みもそのまま楽しんでいただこうと」
   (3:30)  ※復興コンサートはほとんどノーカットで放送されるらしい

今夜のエンディング「心をフォルテに。頑張ります!」



あまりの大規模リニューアルに動転したのか、今夜の番組では「斎藤さんも今日で終わりなんですか」といったメールが複数読まれていましたが、con brioは無事続行です。しかしエンジェル山田が卒業とは…

あの笑い声が聞こえなくなるのは何とも寂しい限りですが、今後はカフェの担当をされるとのこと。カフェのブログにはツイッターのリンクもあることですから、お声が聞けなくなるかわりにちょこっとつぶやいてくださったりなんかすると、おばさんだけでなくもっと若いブリメン女子も大喜びですので、どうか前向きに考えてくださいますように。

そして、取り残された斎藤さんはたったひとりでcon brioを頑張るそうです。何年か前にモーリーが放送中にぽつりと「ひとりでやっている」と言ったのを聞いて仰天した覚えがあるのですが、確か林田さんもおひとりのはずなので、それは大変には違いないかもしれませんが、斎藤さんだってやってできないことではないのでしょう。

クイックレスポンスは読まれにくくなるかもしれませんが、長い曲がかかりやすくなる気がします。ブリメンにできるのは放送前になるべく早くリクエストメールを送ることでしょうか。BGMだけの長~い間なんて気にしませんから自由に放送してくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のcon brio/3月27日(水)

【本日のフレーバー・リクエスト】

●梶原さん…①良き仲間との気晴らし/ヘンリー8世 ②歌劇「連隊の娘」第1幕
~第1幕のフィナーレ「ああ友よ、今日は楽しい日」/ドニゼッティ
●かゆみこさん(ピッカリングさんリクエスト)…マタイ受難曲 BWV.244 第2部
①見よ、その時、神殿の幕が ②夕べ涼しくなりし時 ③我が心よ、自らを清めよ/J.S.バッハ
●ひよりさん、ミナポコさん、切り餅投げ太郎さん…休暇の日々から 第1集~
城と公園7:ロマンティックなワルツ/セヴラック

今夜のツボ(登場順)

 ①「ええ、あきらめてますとも」(0:03)
  ※今夜は絶好の満月なのにお天気が…
 ②「今日は最高の日だ!高いほうの出るぞ!」(1:09)
  ※ハイC連発の「連隊の娘」
 ③「なぜやめるんだ!…明日言います」(2:27)
  ※ただリク終了に非難轟々
 ④「売れてないラップグループみたい…すいません。できません」(2:31)
  ※昨日の動物の謝肉祭に新たなるリクエスト
 ⑤「実はですね…まだできてません」(3:40)
  ※下記参照
 ⑥「ぼくに言ってくれれば欲しいものいっぱいあるけど」(3:49)
  ※「男の人へのプレゼントは難しい」というメールに

今夜のざぶとん「いわゆる“シゲルミクス”第2弾ですね」 by 眠りの森のしげる
  さん④(3:05)

今夜のエンディング「心をフォルテに。おやすみなさい」



復興コンサートの特別番組が31日に決定しました。ただいま編集作業の真っ最中で残業続きの斎藤さんですが、「コンサートの本編を疑似体験していただけるような作り」になっているそうです。あちこちでお知らせしてください、ということなので微力ながらご協力申し上げます。

3月31日(日)19:00放送。オンデマンドももちろんあります。いちばん楽しみなのはやっぱり威風堂々でしょうか。本編ということなので前座のオンエアはないと思われます…ほっとしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今夜のcon brio/3月26日(火)

【本日のフレーバー・リクエスト】   ファンファーレ

●戦国鍋さん…ヴァイオリン、ヴィオラとピアノのための「おとぎ話」Op.132~
第3楽章/シューマン
いそっちさんから息子さんのビーカーさんへ…スケルツォ 変イ長調/ボロディン
シバレウスの息子さん…組曲「カレリア」Op.11~行進曲風に/シベリウス
●昔はヴァイオリン弾きさん、やよいさん、京都のてっちゃんさん…弦楽四重奏曲 
第16番 ヘ長調 Op.135~第3楽章/ベートーヴェン

今夜のツボ(登場順)

 ①「ヤですねぇ。家庭にワルキューレがいたら」(0:49)
  ※「シチリアで大胆演出のワルキューレを鑑賞」というメールに
 ②「ぼくもよく迷います」(1:24)
  ※ユンケルかチョコラBBか。理由は特にないらしい
 ③「リバイバル?違うか」(1:51)
  ※花粉症がリバイバルの斎藤さん
 ④「どんな仕事だって司会がいちばん大変なんですよ!」(2:22)
  ※「発表会で立ちっぱ」という小学生からのメールに

今夜のエンディング「それでは続きは明日午後6時。心をフォルテに」



キッズからのリクエストにはとにかく甘い斎藤さん。「歌って」のおねだりにもホイホイ応じてくださいます。威風堂々でかなり自信をつけたのでしょうか、本日の楽曲は動物の謝肉祭でございます。

オリジナルの日本語歌詞をつけた子供用の合唱曲があるそうで「ぼくのその場で作る替え歌とはだいぶ違う」とゴキゲンでした。お勧めという「化石」が非常に面白かったので書き起こしてみました。

  目を覚ませ 生き返れ 百万年たつ化石
  踊りだす 歌いだす 昔の動物化石
  伸びをして 骨ほぐせ 百万年たつ化石
  ころぶなよ こわれちゃう 昔の動物化石

  大きなキバはナウマン象
  いかつい顔のカブトガニ
  くるくる巻貝アンモナイト
  かわいい三葉虫…

斎藤さんは途中までしか歌ってくださらなかったので、キッズのどなたかにフルバージョンのリクエストをお願いしたいところです。発声練習はもちろん威風堂々で。(2:21~)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今夜のcon brio/3月25日(月)

【本日のフレーバー・リクエスト】   お誕生日

●かたかごさん…交響曲 第1番 ト短調~第2楽章/カリンニコフ
ホワイトラインタンゴさん(25日)…①「不思議なマンダリン」(中国の不思議な
役人)Sz73(Op.19)~序奏-若い娘と三人のならず者/バルトーク ②バレエ音楽
「プルチネッラ」~セレナード:「羊が草を食む間に」/ストラヴィンスキー

今夜のツボ(登場順)

  ①「遠慮なさらず。大丈夫ですよ」(1:21)
   ※「お先に夕食を失礼」というメールに。すぐあとに「遠慮して欲しい」と否定(笑)
  ②「ソレデハタダリクエストシタイダケニイッテミタイトオモイマス」(1:30)
   ※ツバメの気持ちになって鳴き声に挑戦
  ③「ブラーヴォ…」(2:22)
   ※ヤヴォルカイさんたちのバルトークが終わって
  ④「威風堂々歌ったりするのかなぁ」(2:44)
   ※クオーターグッド・オフィス主催の“こうもり”に出演?!

今夜のエンディング「心をフォルテに。おやすみなさい」



以前にも書いたのですが、ラジオリスナーにとって3月と9月は要注意であります。昨年は比較的穏やかだった番組改編が、今年の春は気候同様、嵐が吹き荒れている様子なのです。

AMでは愛聴している番組が終了になったり、番組は残っても話し手が変更になったりしています。そして悲しいことにそれはOTTAVAでも例外ではなかったのです。
frescoとmoderatoが終了するというショッキングな発表がありました。

出会いは別れの始まりといいますが、物事には必ず終わりがあって、どんなに辛くても私たちはそれを受け入れなければなりません。その辛さを私たち以上に感じているのが当のOTTAVAの方々で、今夜のただリクで流れた本田さんのジュ・トゥ・ヴーに対して、ひとこともコメントなさらなかった斎藤さんにそれが表れていると思うのです。

ブリメンの中ではおそらくダントツのfrescoファンであるピアソラまんじゅうさんが、また素晴らしい作品を描いてくださいました。ハンカチの用意をしてからご覧ください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

仙台ツアーのアルバム

アズキ色さんのブログで受け付けています。原則として参加者のみということですが、行ってない方も応相談だそうです。(写真は試運転中の石巻線。偶然すれ違いました)

    Ishinomakiline

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のcon brio/3月21日(木)

【本日のフレーバー・リクエスト】

● うたえもんさん…シンデレラ組曲第2番 Op.108~舞踏会を夢みるシンデレラ/プロコフィエフ
●たくさん…自由の鐘/スーザ
●なつみんのママさん、プッチンプリンさん…パストラーレ ヘ長調 BWV.590
/J.S.バッハ

今夜のツボ(登場順)

  ①「ピッ!しごと・つらい…ほわわわ~」(0:59)
   ※「スマホで『仕事辛い』と検索してしまう」というメールに
  ②「何してたんでしょう、ぼく。ぼーっとしてたんですね」(2:43)
   ※花粉症がひどくてホームの電車を逃がす斎藤さん
  ③「わりと近いですね」(2:48)
   ※産まれてから2万日が近づく斉藤さん
  ④「へ~~~!ドンドンドン(←机を叩く音)…そういう番組もうやってないか」
   (3:16) ※「SPレコードが何枚も重なって写真アルバムのようだからという
   のがLPアルバムの語源」というメールに
  ⑤「あればやってるよ」(3:21)
   ※昨日の4番目のツボに答えて来た我妻さんに

今夜のエンディング「おっと時間です。心をフォルテに。また来週」



今夜の反省会メールのコーナーでは、A Song for Japanの出演者やシフリンさんの苦労話がまとめて披露されました。

私はかかわった人間なのでよくわかるのですが、むう一族代表のむうさんのメールは、あれでもだいぶ遠慮して書かれています。とにかく時間がなくてものすごく大変でした。それはS.S.M.Oの皆さんも同じで、「そのうち皆さんにも聞いていただきたいと思います」なんてサラッと言っちゃう斎藤さんには、恨み言のひとつも言わせていただきたいですね(笑)。

本番では私ひとりで間違えてしまったので、本当はオンエアなんてとんでもないというのが正直なところなのですが、それでは斎藤さん絶賛のししまる電気さんに申し訳ないので我慢します(偉そう)。プロなら許諾しないという選択もあるのになぁ。いつかOTTAVAのスタジオで斎藤さんに録音してもらうのが夢です!と言うぐらいは許していただけますよね。(3:30~)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のcon brio/3月20日(水)

【本日のフレーバー・リクエスト】

●なおべえさん…3つのロマンス Op.94~第2番/シューマン
●札幌人Aさん、アルメーさん…シンプル・シンフォニー Op.4~陽気なピッツィカート/ブリテン

今夜のツボ(登場順)

  ①「晴れの門出になんて話をしとるんだ」(0:54)
   ※ファンファーレなのにヘンデルの名プロデューサーぶりを熱く語る
  ②「じゃまたお彼岸に」(2:57)
   ※歴史的名演のミニ特集が好評です
  ③「あとで“チョコちゃん”ください」(3:15)
   ※ビュート試聴会に登場のチェロ弾きゆうこさん。持っていたのは飴ではなく
    チョコレート
  ④「どうでしょう。これを機会にロン毛にしては」(3:26)
   ※忙しくて髪のお手入れが出来ない仙台フィルの我妻さんに

今夜のエンディング「明日もよろしく。心をフォルテに」



今日は祭日ということで久しぶりのミニ特集。ヒストリカル・レコーディング(歴史的名演)が3曲流れて、比較的年齢層の高い(?)ブリメンさんに大好評でした(2:15~)。もちろんその中には私も含まれますので、クイック・レスポンスもしたかったのですが出遅れました。

モーツァルトのレクイエムは未完として有名ですが、弟子によって完成された全曲版のちょうど半分あたりが、絶筆となったラクリモーサになるのです。演奏時間はだいたい60分弱。真ん中でひっくり返すには最適な長さで、数あるLPレコードのほとんどがラクリモーサで裏返す仕様になっていたはずです。音楽の流れからいってもその先を聞く気にさせない見事な終止で、私の周りには「B面はモーツァルトじゃないから聞かない」と豪語する男性もいました。

ステレオの前にで~んと腰掛けて、20分ぐらいしたらレコードを裏返しに立ち上がる…リモコンが溢れる現代では考えられないことですが、健康のために逆に推奨されるかもしれません。面倒がらないでちまちま動く「レコード裏返しダイエット」。ごめんなさい。もう言いません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今夜のcon brio/3月19日(火)

【本日のフレーバー・リクエスト】

●OTTAVAに出会えて幸せさん…アダージョ ハ長調/タネーエフ
●うさぎさん…イタリア協奏曲 ヘ長調 BWV.971~第1楽章/J.S.バッハ
●パルランドさん…海の底の春 Op.34/デュレ
●おこじょママさん…ソナチネ ト長調 Op.100(B.183)~第2楽章/ドヴォルザーク
●森パパさん、ぴえ~るママ…6つのスペイン風ダンス Op.37~第1番 
ニ長調/アルベニス

今夜のツボ(登場順)

  ①「どうしてキミ、そこまで近寄ってくるわけ?」(0:21)
   ※人に慣れた鳩に向かって
  ②「♪た~らららららららららひ~」(0:47)
   ※サン=サーンスの白鳥
  ③「大丈夫!ぼくもです!」(2:13)
   ※「休日の明日も仕事」とうメールに
  ④「2万日目が近づいて来てる感じがしますね、ぼくは」(2:52)
   ※産まれてから1万日は27歳と3ヶ月半ぐらいだそうです

今夜のざぶとん「こういう面白い名前、どんどんメールしてファングラッペリ?」
            by 斎藤MD④(1:59)

今夜のエンディング「心をフォルテに。またあした」



昨日はすさまじい春の嵐で、たった1日外出を控えている間に桜が咲いてしまいました。今朝はもう一分咲きでしたから、今日の夏日でかなり開いたことでしょう。

桜の開花を調べていて、新聞の見出しに「春一気」という言葉を見つけて、これだ!と膝を叩きました。北海道出身の斎藤さんは折にふれ「北海道の春は一気に来る」とおっしゃいますが、関東でそんな体験をしたのは初めてのような気がします。

今夜のパルランドさんの春のフレーバー・リクエスト(2:27)に斎藤さんはコクトーの詩で答えていました。「海の底の春」をどうぞ。


  海底にも四季があり
  地上同様最高に美しいのは やはり春
  珊瑚は蕾をほころばせ
  肺いっぱい海綿は真っ青な水を吸いこむ

  赤鹿の住む森が
  海の空 高いあたりに鳴っている
  プロペラを聞きつける

  時として 海のその空から落ちる飛行船
  ゆうゆうと落ちて来て砂にころがる
  花たちは立ったまま眠り
  おおぜいが別れの挨拶を交わしている

  手棒の魚は無い腕を敷いて眠り
  口いっぱい 接吻を海としている
  光線と背景のせいか
  写真館にいるような気持ちに時々なる

  片すみに泡の噴射がもくもくと出ているが
  海水の入れ替え作業の栓の由

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のcon brio/3月18日(月)

【本日のフレーバー・リクエスト】

●奈良んちゃさん…組曲「仮面舞踏会」~ガロップ/ハチャトゥリアン
●ウドン・クレーメルさん…管弦楽組曲 第1番 ハ長調 BWV.1066~序曲/
J.S.バッハ
●おたろうさん…歌劇「オテロ」~火の合唱“喜びの炎よ”/ヴェルディ

今夜のツボ(登場順)

  ①「まあ、謝りに行ったりもしますけれども」(0:52)
   ※斎藤さんがめったに着ないスーツを着るとき
  ②「かっこいい~!言ってみた~い!」(1:14)
   ※「スーツをパリッと着こなしてバッハと共に出かける」というメールに
  ③「こう書けばOKだと思ってませんか。そうなんですよ、OKなんですよね」
   (2:03) ※「花粉症に効く曲だそうです」というただリクに
  ④「2度づけせえへんかったで」(2:25)
   ※串揚げがっつり、焼きそば、ラ-メン…大阪を堪能しました
  ⑤「どうせ額に通天閣の光が反映してますよ」(2:27)
   ※で、リクエストが「水の反映」です
  ⑥「おお、光ってる光ってる」(2:29)
   ※通天閣のおでこ反映のこと
  ⑦「ヴェルディの歌劇オタロ…ウソです」(3:08)
   ※おたろうさんからのリクエスト
  ⑧「疲れてるときのがしつこいのかな」(3:54)
   ※下記参照

今夜のエンディング「続きは明日午後6時です。心をフォルテに」



今夜の放送履歴をご覧になって「今日はバッハの無伴奏チェロ初演の日か?」とお思いになった方、惜しい!(笑)

「会社の送別会の余興でバッハの無伴奏チェロ組曲を弾いてもらえることになったので、幹事の自分に気の利いた曲紹介を教えて欲しい」というリクエストが読まれたのが1回目(1:27)。90分ほどして集まったコメントが3つ紹介されました(3:05)。

なかなかユニークな案で、斎藤さんも面白がっていましたが、今夜は他にもツボが散見しまして、月曜からトバしております我らがミュージック・ディレクター。放送終了間際に、ねりま姫から「今日は元気でしつこいね」とのツッコミメールに苦笑しながら答えたのが、ずらっと並んだ最後のツボになりました。大阪でよっぽどいいことがあったのかしらん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今夜のcon brio/3月14日(木)

【本日のフレーバー・リクエスト】

●板橋のNobさん…9つのマズルカ Op.25 ①第2番 ハ長調 ②第6番 
嬰ヘ長調/スクリャービン
●ママガリッチさんから息子さんのシュウ・メガクルクルさんへ…映像~春の
ロンド/ドビュッシー
●つんさん、ムンクのつぶやきさん…オペレッタ「メリー・ウィドウ」~ヴィリアの歌
/レハール
●つばささんから姪っこさんへ…交響三章~第3楽章/芥川也寸志

今夜のツボ(登場順)

  ①「340回目ぐらいの…ダジャレと言っていいと思います」(1:15)
   ※言わずと知れた「コンクラーベは根比べ」
  ②「林田さんたじたじ」(2:03)
   ※サライのスポット。編集者の方の流暢なこと
  ③「林田さんがね。羽ばたいていてすごく面白いので」(2:09)
   ※サライのスポット、番外編がすごいらしい
  ④「芸がなくだってゴディバならいいじゃないですか!ねぇ」(2:56)
   ※「ホワイトデーにゴディバ来た」というメールに

今夜のざぶとん「ではいつやるか……今でしょ!」 by 眠りの森のしげるさん③
  (1:19)

今夜のエンディング「それでは心をフォルテに。おやすみなさい」



眠りの森のしげるさん、「コンクラーベは根比~べ」はでしたが、そのあとの追伸はなかなかでした。もともとダジャレに差し上げるつもりのざぶとんなのですが、これは来年になると通じなくなる流行語だと思ったので、ぜひ記録しておきたくなりました。斎藤さんのモノマネも良かったので合わせ技の1枚です。

そして復興コンサートのWEB記事が集まって来ましたのでご紹介します。メールでお教えくださったブリメンさん、ありがとうございます。他にもあるよという方がおいでになりましたらコメントくださいね。

 ◎河北新報

 ◎KDDI復興支援室から

 ◎スポニチ・アネックス~クラシック・コンシェルジェ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今夜のcon brio/3月13日(水)

【本日のフレーバー・リクエスト】   お誕生日

●ピーチクパーチクさん…オーヴェルニュの歌~牧歌/カントルーブ
●ビアさん…版画~グラナダの夕べ/ドビュッシー
ショスタコーウニッチさんから奥様へ(13日)…ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 
Op.64~第2楽章/メンデルスゾーン
アイラブプルシェンコさん(13日)…イタリア風セレナード/ヴォルフ
●おたろうさん…戴冠式行進曲「王冠」/ウォルトン

今夜のツボ(登場順)

  ①「人使い荒いなぁ」(0:27)
   ※「来年の復興コンサートに向かって走り続けてくださいね」というメールに
  ②「休んでいい?コンブリオ。ホントに」(2:06)
   ※もしもアバド指揮・仙台フィル公演が実現したら
  ③「そこはですね!練習しましたからね!」(2:49)
   ※威風堂々の歌唱を仙台フィルの方からほめられました
  ④「2年もブランクがあったらぼくもこんなに流暢にしゃべれないと思います」
   (3:09)  ※「2年ぶりに元の職場へ復帰します」というメールに

今夜のエンディング「心をフォルテに。冬ですよ!」



このところ風の強い日が多いですが、仙台での2日間は両日とも強風で、特に2日目の女川は晴れてはいたものの、風のせいでものすごく寒かったのです。

仮設市場のお買い物タイムでは「茎わかめの詰め放題」というのを発見。前日の夜会で、仙台フィルのフルートの宮嵜(みやざき)さんから「わかめが旬で美味しい」と聞いていたので、これを逃す手はないと、人生初詰め放題に挑戦してきました。

そのあとは、焼きたてのカキに列を作るブリメンさんを横目に(実はカキが苦手…)、早めに暖かいバスへ戻って、窓から市場を眺めていると、何やらビニール袋を提げた斎藤さんが目に入りました。戻ってきたら何を買ったのか聞いてみようと思っていたのに、いざ乗り込んできたときには手ぶらだったのです。静電気女さん、あれはイチゴだったんですね。

そして斎藤さんのブログの「こぐマカロン」。台本が背景になっていると聞けば拡大してみたくなるじゃないですか。あれはまぎれもなく開演前のA Song for Japanを紹介するセリフで、私たちは舞台袖で心臓をバクバクさせながら、それ読む斎藤さんの声を聞いていました。

イチゴもマカロンも私のところには回ってきませんでしたが、そのかわり、遠方のブリメンさんが大勢お土産を抱えてきてくださって、ちょっとした袋がいっぱいになってしまうほどなので、文句を言えた義理ではありません。でも今度nahemaさんと会うときには、こぐマカロンを買ってきてもらいます。やっぱり食べてみたいもん。(2:21~静電気女さんのメール)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今夜のcon brio/3月12日(火)

【本日のフレーバー・リクエスト】

●ホットケーキちゃん…歌劇「チャールダーシュ侯爵夫人」~第2幕 二重唱:
僕は踊りたい/カールマン
●田辺さん…7つの即興曲 Op.150~第5番/サン=サーンス
●あおさん…カンタータ第209番「悲しみを知らぬ者」BWV.209~シンフォニア
/J.S.バッハ
●ローズマリア姫(花咲かおばさんリクエスト)…バレエ組曲「くるみ割り人形」
Op.71a~花のワルツ(2台ピアノ編)チャイコフスキー(エシポフ編)

今夜のツボ(登場順)

  ①「『それでは皆さん、内省』なんかヤな感じですね」(0:38)
   ※中学時代「内省」の時間があったというメールに
  ②「たぶんボロボロに泣いてたんでしょ」(2:45)
   ※ドタバタの末、息子さんの卒業式にギリギリ間に合った田辺さんに
  ③「週末まで炭水化物控えめにしよ」(2:52)
   ※ビュート試聴会@大阪で名物を堪能するために
  ④「偉そうに言いますが“Plan,do,see”大事ですよね」(3:14)
   ※「計画」「実行」そして「検証」すなわち反省会です
  ⑤「ホントにやまねこさん?ウチの上司じゃないの?」(3:27)
   ※反省会メールで鋭い指摘連発のやまねこさん

今夜のエンディング「おーっともう時間が来ました。それでは続きはあした。
               心をフォルテに」



復興コンサート反省会メールが披露され始めました。中心になるのは9時過ぎのいつもの時間ですが、番組を通して、リクエストの合間にもチラホラ読まれていますので聞き逃せません。ああ、これは何かに似ていると思いついたのがジグソーパズルです。

毎日少しずつ読まれる反省会メールという名のピースが全部はまると、出来上がるのはどんな情景でしょう。私は何日か聞いたあとに、埋まっていないピースの部分を書いて送ろうと思います。ここを見てくださった皆さんも記憶に残る素敵なパズルが出来上がるよう、どうぞご協力くださいね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ただいま!

3月9日午後3時、バッハのエアーで始まったコンサートが威風堂々で終了したときには5時半を過ぎていました。

仙台フィルの山本純さんからは、「オーケストラのメンバーは普通2時間以上の体力は準備していないものなのですが、みんなよく頑張りました。これはもちろん聞いてくださった皆さんあってのことです。舞台の上と客席にぼくらと皆さんがいるというだけのことで、全員で一緒に作ったコンサートなんです。本当にありがとうございました。来年も必ず続けましょう」というお言葉をいただきました。

実は大好評で2台になってしまったバスツアーの1台に純さんが乗ってくださって、前日の怒涛のような演奏&オフ会の翌日だというのに、1日私たちに付き合ってくださったのです。

「復興コンサートは終わっても番組で反省会やるからね。参加したリスナーは必ず反省メールを送ること」これが引率の斎藤先生の締めのお言葉です。まだメールを出したことがないといったリスナーさんもたくさんいらっしゃいましたから、これから“初めてメール”が続々と読まれることでしょう。

とりあえず盛りだくさんのツアーは大盛況で、無事に帰ってまいりました。いろいろなエピソードはまたこちらでご報告させていただきます。ご声援くださった皆さま、本当にありがとうございました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

今夜のcon brio/3月7日(木)

【本日のフレーバー・リクエスト】   お誕生日

●やすぱっちゃんさん…行進曲「海を越えた握手」/スーザ
りんさんから息子さんへ。カフカさん(7日)…祝典序曲「1812年」Op.49/
チャイコフスキー
●ジオンジーさん…ライジング・サン/ブルーベック

今夜のツボ(登場順)

  ①「リクエスト番組は便りが頼り。また言っちゃった」(0:03)
   ※オープニングの呼び込み
  ②「ぼく、この“季節限定”に弱いもんでね」(1:02)
   ※仙台の帰りに買った駅弁のこと
  ③「よかったねぇ、ホントに…笑われてナンボだよ」(1:27)
   ※「威風堂々に爆笑」というメールに
  ④「ファイナルファンタジーと一緒にしちゃいけない」(1:55)
   ※“SF”を“FF”と噛む
  ⑤「偉い人も遅刻するんですね」(2:00)
   ※高僧が修二会に遅刻したのが東大寺のお水取りの始まりだそうです

今夜のざぶとん「ぬぶ卯一族…」 by ぬぶ卯さん③(2:28)

今夜のエンディング「それでは心をフォルテに。行ってきます!」



Sallyさんから写真を送っていただきました。おとといの放送(6日 2:35)で読まれたミモザの花です。

Mimosa


「斎藤さんが疲れていると雨が降らない」というSallyさんの説からすれば、雨女の私も疲れているほうがいいのかもしれませんが、Song for Japanがあるのでちょっと気合いを入れなくてはなりません。逆に、自他共に認める晴れ女のSallyさんがお疲れだと仙台が雨になってしまうので、どうかよろしくお願いしますね。

何もかも初めてづくしでちょっと不安だった去年に比べて、今年は盛りだくさんのプログラムでゆっくり楽しめると思っていたのに、もう今から緊張気味で血圧が上がりそうです。

斎藤さんは3時とおっしゃっていましたが、むう一族の出番はその20分ぐらい前の予定です。皆さまどうかその時間にもパワーをお送りください。それでは行って参ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のcon brio/3月6日(水)

【本日のフレーバー・リクエスト】

●おさんぽぽさん…交響曲第5番 変ホ長調 Op.82~第3楽章/シベリウス
●小鹿クロさん…もう森へなんか行かない~第3曲 春は待ってくれない/アイア
ランド
●峠の旅人さん…トランペット協奏曲 変ホ長調 Hob.ⅩⅦe:1~第3楽章/
ハイドン

今夜のツボ(登場順)

  ①「あと3分で鴻巣に着きますね」(2:02)
   ※「20時5分鴻巣着。パン買った」という誤送信メールが!
  ②「ぼくが元気なときはたいがい雨ですからね」(2:35)
   ※「昨日の仙台がお天気だったのは雨男の斎藤さんが疲れていたから?」
     というメールに
  ③「せめて“ジョロンカプ”にしていただきたい」(2:52)
   ※序奏とロンドカプリチオーソ、略してロンカプにクレーム
  ④「見てどうなるもんでもありませんけど…」(2:59)
   ※ビュート試聴会@大阪へ斎藤茂を見に行こう!

今夜のエンディング「明日の東京は18度!なに着てこう。心をフォルテに」



昨日はちょっとお休みをいただいて、仙台行の準備やSong for Japanの自主トレに勤しんでおりました。失礼いたしました。

昨日21時過ぎの仙台フィルのコーナーは録音で、今年3度目の登場になるTBCの菊地舞美アナと斎藤さんとのやりとりを聞くことができます。なんと!この週末の女川で「かにまつり」があるとか!!カニ祭ですよ!!!カニ!どうしよう… (興奮状態)

しかし、モーリーの日は曲がかかりますね。Music Historyがなかなか壮観です。漏れ聞いたところによれば、というより、サイトトップのお知らせに明記してあるのですが、来週11日(月)もモーリーのピンチヒッターだとか。斎藤さん、ひょっとして仙台に3泊?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のcon brio/3月4日(月)

【本日のフレーバー・リクエスト】   お誕生日

●肉食人種夫人…行進曲「威風堂々」Op.39~第2番 イ短調/エルガー
●愛知のあっちゃんさん…スラヴ舞曲第1集 Op.46,B.83~第8番 ト短調
/ドヴォルザーク
ローズマリア姫(1日)…スラヴ舞曲第1集 Op.46,B.83~第8番 ト短調
/ドヴォルザーク

今夜のツボ(登場順)

  ①「どっちかにすればいいじゃないかと思うんですけどね」(0:22)
   ※本日の1曲目「花傘、またはやさしいナネット」の題名にご不満
  ②「いいですねぇ。そんな時間あるといいなぁ」(2:38)
   ※「仙台で美味しいと評判の飲み屋さんに行きましょう」というメールに
  ③「早く消えて欲しいです。オンデマンド。あと2日」(2:53)
   ※言わずと知れた「威風堂々」

今夜のエンディング「では、あさってです。心をフォルテに」



ウィーン国立歌劇場のコレペティトゥーアのポストが決まって、オーストリアへと旅立って行ったしのだめさんから、久しぶりのメールが届きました。(3:11)

シュターツオパー・バレエで彼女が弾いた“A Million Kisses to my Skin”は、David Dawsonによる振り付け。タイトルで検索をかけると結構な数がヒットするので、コンテンポラリー・バレエの中ではかなりポピュラーな作品なのでしょう。

白鳥の湖やくるみ割り人形の舞台を見ていると感じるのですが、このときの音楽はあくまで踊りの伴奏なので、いつもCDで聞き慣れている演奏とはテンポも表現もまったく違うのに驚くことがあります。

オーケストラピットの中での演奏は、舞台の上とはぜんぜん違う別のご苦労があるのは当然で、終わってから楽屋での号泣も、さもありなんとうなずけます。ご成功おめでとうございます。いつの日かシュターツオパーでしのだめさんの演奏が聞けることを願って…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のcon brio/2月28日(木)

【本日のフレーバー・リクエスト】   お誕生日

●どんちゃん…歌劇「ワリー」~さようなら、ふるさとの家よ/カタラーニ
ひかりちゃんのお母さま(27日)…マドリッド/ポリーヌ・ガルシア=ヴィアルド
まあちゃんさん(29日)…プラナルティナの集い/ペレイラ
Mさん(3月2日)…ハンガリー舞曲~第8番/ブラームス(ブレイナー編)

今夜のツボ(登場順)

  ①「オタ~ク!」(0:57)
   ※ジャン・ジャック・ベネックス監督の近作のタイトル
  ②「そんなに若く言わなくてもいいよ。38」(2:30)
   ※小学生に35(歳)ぐらい?と言われて
  ③「すぐに出てきますよ。『俺の尻をなめろ』」(2:47)
   ※モーツァルトのK231のタイトル。真作です
  ④「マンマミーア…」(2:54)
   ※下記参照

今夜のエンディング「あした、東京、午後から雨ですよ。心をフォルテに」



もう今週はこれで行きます。世界中を席巻している「威風堂々」by 斎藤茂。
国内はもちろん、世界のあちこちから反応が届いていて、中でもイタリアからのメールが最高です。テンションの低い「マンマミーア…」の意味が「なんだこりゃ…」というのも初耳でした。(2:54~)

お子様にウケがいいようなので、当日会場に小さいお友達がいたら踊りだしてしまうかもしれません。なんたって行進曲ですし、ノリがいい。斎藤さんが「当日ぼくも歌います」ってひとこと言うだけで、それを聞きたさにチケットの売り上げが上がると思うんですけど、司会だけして歌わないつもりなのかしら…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »