« 今夜のcon brio/1月20日(月) | トップページ | 今夜のcon brio/1月22日(水) »

今夜のcon brio/1月21日(火)

本日のコンピレーションの森

【マイ・ベスト序曲/前奏曲】
●歌劇「絹のはしご」序曲/ロッシーニ…ミセス・マープル

【妄想スピーチ】
●創作主題による変奏曲「エニグマ」Op.36 ①第3変奏「R.B.T.」 ②第4変奏
「W.M.B.」/エルガー…ドミートリー・ウマガスキーさん

【あったか~い。こたつでぬくぬくらしっく】
●ロマンス第2番 ヘ長調 Op.50/ベートーヴェン…ナニワルツさん

本日のフレーバー・リクエスト  [ お誕生日]

●Kのパソコンさん…思い出 Op.28(1951?52)ためらいのタンゴ:コン・モート
/バーバー
おやかまっさん、さんさんスーさんからお孫さんへ。フラーノさんから仙台
フィル・我妻さん、葦澤さん(Fl)へ(21日)…カカドゥ変奏曲 ト長調 Op.121a
/ベートーヴェン
今日は匿名さん(21日)…バレエ音楽「ライモンダ」~大ワルツ‐ピッツィカート
‐ワルツの再会/グラズノフ

今夜のツボ(登場順)

①「ものすごい曲ばっかりかかりそうですけどね」(1:01)
 ※「今度は“誰も知らない曲”特集を」というメールに
②「コンスタンチとノープルの間に点を打って(テストで)バツになったことあります」
(0:21)   ※クアラルン・プール、サンフ・ランシスコなどいろいろあります(笑)
③「ハリセンボンみたいだな」(2:09)
 ※「エリゼンブネン(オランダ)はエリゼンボンと言うと通じる」というメールに
④「どんどん脱いじゃってください」(2:14)
 ※母校のために一肌脱ぎますというメールに

今夜のエンディング
  「またあしたもお付き合いください。心をフォルテに。おやすみなさい」



1989年にカラヤンが亡くなったときは、一般のニュースでもずいぶん時間を割いて取り上げられました。NHKではベルリンの市民に取材した「後任は誰がいい?」というインタビューが流れ、中年のご婦人が「クライバーがいいけどまず無理でしょうね」と答えていたのが忘れられません。

アバドの名前は早くから取り沙汰されていて、順当な就任と言われましたが、ベルリン・フィルとではモーツァルトの印象的な録音が少なく、私がよく聞いたのはベルリン・フィル退任後、若手によるモーツァルト管弦楽団を結成してからのことです。

ただそのころは、癌の手術後のせいかかなり痩せてしまい、ベルリン・フィルの堂々たる指揮者だったころの面影はなく、いぶし銀の渋い音楽を聞かせるおじさまというイメージになりました。

訃報を聞いて出してきたのは、グルダとのモーツァルトの25番のコンチェルトです。フィガロと同じころに書かれたにもかかわらず、極端に録音の少ないこの名曲を2人が残してくれたことは、神様からの最高のプレゼントのうちのひとつに違いありません。ご冥福をお祈りいたします。(2:31~)

|

« 今夜のcon brio/1月20日(月) | トップページ | 今夜のcon brio/1月22日(水) »

OTTAVA con brio」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今夜のcon brio/1月21日(火):

« 今夜のcon brio/1月20日(月) | トップページ | 今夜のcon brio/1月22日(水) »