« 今夜のcon brio/6月2日(月) | トップページ | 今夜のcon brio/6月4日(水) »

今夜のcon brio/6月3日(火)

本日のコンピレーションの森

【雨音クラシック vs. 爽やか除湿クラシック】
●ピアノソナタ 第15番 ハ長調 K.545~第1楽章/モーツァルト(雨音)
…アルチュールさん
●前奏曲集 第1集~アナカプリの丘/ドビュッシー(爽やか)…さきぽんさん

【未来予想図クラシック!20××年、わたしはこの曲を聴いている】
●リンデン・リー/ヴォーン=ウィリアムズ…アルペンザルツさん

【マイ・ベスト・アリア】
●歌劇「ドン・ジョヴァンニ」第2幕 第3場~さあ、窓辺においで(ドンのセレナーデ)/モーツァルト…ナナカマドさん
●歌劇「愛の妙薬」第2幕~人知れぬ涙が/ドニゼッティ…つちのこさん、
モヘンジョダロミさん、ちゅぱかぷらおさん
●歌劇「ホフマン物語」第3幕~舟歌/オッフェンバック…さまよえる紅ひじきさんの
奥さま

本日のフレーバー・リクエスト  [ お誕生日]

●くいなさん…弦楽のためのセレナーデ~第1楽章/エルガー
●小平市のじゅんさん…バレエ「白鳥の湖」Op.20 第2幕 ①白鳥たちの踊り Ⅳ アレグロ・モデラート(4羽の白鳥の踊り)②白鳥たちの踊り Ⅶ コーダ ③情景/チャイコフスキー
がらりさん(1日)…私のお父さん~《ジャンニ・スキッキ》/プッチーニ(M.レオナード編)
そらまめ大好きさん(3日)…無言歌集~第7番 変ホ長調 Op.30?1「瞑想」/メンデルスゾーン
マチルダさん、如月さんからお兄様へ(3日)…夜想曲第6番 変ニ長調 Op.63/フォーレ
●伊達メガネさん…交響曲 第64番 イ長調「時は変わる」~第2楽章/ハイドン

今夜のツボ(登場順・6月まで大盤振る舞い)

①「どんどんどんどんいろんなところに山が立っていくわけですが」(1:09)
 ※片づけが苦手な斎藤さん
②「『負けるもんか!』『アトム!これでも食らえ!』」(1:12)
 ※小さい頃に聞いていたソノシートのドラマ部分を再現
③「いい歌でしたよね」(1:26)
 ※「そして僕は途方に暮れる」by 大沢誉志幸(1984)
④「飲みすぎるとドラえもんになっちゃうのね、声がね。ちょっとわかるな」(1:29)
 ※ノーコメント(笑)
⑤「ブラシル大使館…違う違う、ブラジルのフランス大使館」(1:49)
 ※…にダリウス・ミヨーが勤務していました
⑥「64センチ!何回も言うな!」(3:52)
 ※「おろしたてのジーンズのラベルをはがし忘れる」というメールに
⑦「ハイドンの交響曲第64センチ…しつこい!」(3:58)
 ※上記ジーンズのラベルのウエストサイズを連呼

今夜のざぶとん「どうしてくれよう。ゲルーシャ!」 by 花屋の奥さん(1:34)

今夜のエンディング
  「それでは続きはまたあした。心をフォルテに。おやすみなさい」



毎日統計を取っているわけではありませんが、今夜はきわめて声楽の多い放送ではなかったでしょうか。後半集中して6曲も流れたのでそう聞こえたのかもしれません。私はクラシックを聞き始めたころは声楽が嫌いでした。積極的に聞こうとしなかった私の心を開いたのがオペラが大好きだったある方の言葉です。

「モーツァルトは人の声が大好きで、とにかくオペラを書くことが最大の喜びだったんだ。モーツァルトが好きでオペラを聞かないなんて、そんなものモーツァルト好きと言えるか」と一喝されて、慌ててCDを買いに走ったのです。初めて手にしたモーツァルトの声楽CDはヘルマン・プライのオペラ・アリア集でした。

くだんの方は「モーツァルトのオペラを啓蒙する」を豪語していて私は見事に影響されたわけですが、それでもかたくなに声楽を嫌う御仁はいて、その方はその方で「器楽好き」を吹聴して憚らず、お互いにお酒が入ると必ず口論になっていました。

ちなみに、ちょっとググってみようと思って「声楽」の次にスペースを入れて「きら」と打ったとたんに、予測変換で「声楽 嫌い」が出てきました。器楽が嫌いなクラシック・ファンはいないはずですので、声楽嫌いがことさら強調されるのかもしれません。ブリメンさんには、いないですよね。

|

« 今夜のcon brio/6月2日(月) | トップページ | 今夜のcon brio/6月4日(水) »

OTTAVA con brio」カテゴリの記事

コメント

実は私オペラ及び声楽嫌いでした。特に、ソプラノの高音域。(ただし、モーツアルトの夜の女王は別)しかし、オーケストラで市の音楽祭のためにオペラの抜粋をやることになり、カルメン、椿姫、などを演奏しなくてはいけなくなり、必然オペラを聞くことになって、変わりました。やはり、いいものは、人を感動させるのですね。このオッターヴァでも随分視野を拡げていただきました。感謝、です。

投稿: チェロ弾きゆうこ | 2014年6月 5日 (木) 00時50分

おっしゃるとおりです!
名曲といわれるものは、やはり理由があるんですよね。

高い声が苦手という方が多いようなので
まずはバリトンから聞いてみるのはいかがでしょう。

モーツァルトはバリトンの名曲が目白押しでおすすめです。(手前味噌

投稿: ハマデウス | 2014年6月 5日 (木) 11時57分

こんばんは。

以前よりかなりましになりましたが、声楽は、楽器に比べると、やはり、苦手ですね。

2年前、METのライヴビューイングで、「アンナ・ボレーナ」を観て、アンナ・ネトレプコに一目ぼれしてからは、少し、意識が変わりましたが。

店長も、かつては苦手だったとは、意外でしたね。でも、有名な作品で体験するとすれば、やはり、モーツァルトがいいかな、とは思っています。「フィガロの結婚」とか、コンブリオで聴いていて、楽しそうだな、と思っていますから。

投稿: フラーノ | 2014年6月 5日 (木) 22時46分

そうそう!「お気に入りの歌手を見つける」これ大事ですね。
私もご贔屓のソプラノを追いかけてモーツァルト以外もいろいろ聞きました。

シューベルト、R・シュトラウスなんて
彼女がいなかったら一生聞いてなかったかもしれません。

フィガロは長いので、最初に聞くなら魔笛をお勧めします。
理屈抜きに楽しめますし、なんてったって夜の女王が出てきますからね。

投稿: ハマデウス | 2014年6月 6日 (金) 12時22分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今夜のcon brio/6月3日(火):

« 今夜のcon brio/6月2日(月) | トップページ | 今夜のcon brio/6月4日(水) »