« 今夜のcon brio/6月24日(火) | トップページ | 今夜のcon brio/6月26日(木) »

今夜のcon brio/6月25日(水)

本日のコンピレーションの森

【恋の季節よ!】
●15の即興曲~第15番 ハ短調「エディット・ピアフ讃」/プーランク…雨水さん
●ピアノ協奏曲 ト長調~第2楽章/ラヴェル…りりぃさん

【con brioアーカイヴス改め、コンブリ学園卒業アルバム】
●アダージョ ト短調/アルビノーニ(ジャゾット編)…ミセス・マープル
●交響曲第5番 変ロ長調 D.485~第4楽章/シューベルト…やすぱっちゃんさん

本日のフレーバー・リクエスト  [ お誕生日]

●ななさん(杏さんリクエスト)…チェロ協奏曲 第1番 ト長調~第2楽章/C.シュターミッツ
●とあるお店の庶務係さん…田園組曲~牧歌/シャブリエ
●カッパーナシッキーナさん(みおの母さんリクエスト)…交響曲第3番 変ホ長調「ライン」Op.97~第1楽章/シューマン
クッタブラさん(22日)、如月さん…行け、私の歌 Op.57/エルガー
ぼっちゃさんからNYのゆりちゃんへ(22日)…組曲「動物の謝肉祭」~第14曲 終曲/サン=サーンス

今夜のツボ(登場順・6月まで大盤振る舞い)

①「眠たいですねぇ…そしてカラダが重いです」(0:04)
 ※サッカー開始は今朝の5時でした。ザックJAPAN無念
②「テレビで声ガラガラにしてどうする」(0:43)
 ※早朝のサッカー応援でのどが不調
③「某だらけだな」(0:51)
 ※某FM局の某バーを舞台にした某番組の…というメールに
④「言えないですよ、怖くて」(1:19)
 ※川田知子さん(vn)がいかに男前かを主張する四分一さんに
⑤「はっはっはっはっはっ!パン!(←テーブルを叩く音)」(2:28)
 ※四分一さんに「斎藤さんも司会業頑張って」と言われて
⑥「勝手に名付け親?BGM選手権?なるほど…ライバルゥ?」(2:49)
 ※某国営放送FM番組のコーナー名。完全にパクられてます
⑦「聞こえますか。トントン」(2:51)
 ※メールの束の音をうれしそうに聞かせる斎藤さん
⑧「もとい、巻き戻します。きゅるきゅるきゅるきゅる(中略)これNHK-FMでもやらな
いかな」(2:56)  ※久しぶりの巻き戻し。NHKには出来ないだろうと“どや顔”風
⑨「実は2枚目…読んでなかったんです」(3:18)
 ※恋の結末が2枚目に。下読みは大切です
⑩「これからもご指摘よろしくお願いします」(3:36)
 ※ミセス・マープル、OK出ましたよ


今夜のエンディング「続きは明日午後6時です。すいません。心をフォルテに。
 すいません。もうやめますね。お休みなさい」



モーツァルトにチェロの名曲がないことを嘆く人は多いですが、ヴィオラにはそれがありません。縁の下の力持ちと言われることの多いヴィオリストにとって、ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲がいかに大事なレパートリーであるかを、先日14日のチャリティー・コンサートで思い知りました。

私の席はステージの上手で、ヴィオラの鈴木康浩さんが近かったせいでもあると思うのですが、楽譜が置いてあるにもかかわらず、ほとんど暗譜状態で酔いしれるように弾くヴィオラの音色の、なんと芳しいことよ。私はお隣りの漆原啓子さんの表情から「まあ、ここはヴィオラに花を持たせてあげましょう。でも私も負けないことよ」みたいなメッセージを受け取ったんですが怒られてしまうでしょうか(笑)。

有名な第2楽章では、さすがの私も「次に大勢のブリメンさんとこうしてコンサートを楽しめるのはいつになるんだろう」と感傷的になってしまいました。今聞いたらまったく印象が違ってくるんでしょう。一生忘れられないコンサートがまたひとつ増えました。(1:10~)

|

« 今夜のcon brio/6月24日(火) | トップページ | 今夜のcon brio/6月26日(木) »

OTTAVA con brio」カテゴリの記事

コメント

>モーツァルトにチェロの名曲がないことを嘆く人は多いですが、ヴィオラにはそれがありません。

→「表に出て目立つ曲はそれほどありません」と訂正させていただきまーす。

自分でもヴァイオリンではなくヴィオラを好んで弾いたというモーツァルト、役割はよくわかっていたはず。アイネクライネもディヴェルティメントも、フィガロの結婚だって、ヴィオラパートのなんと味わい深いことよ。

それが珍しくソロ楽器として、きれいなメロディを弾かせてもらっているのがこの協奏交響曲。第2楽章はまるで可愛い妹ヴァイオリンと会話している控えめなお姉さんのようですよね。

投稿: ふふっ | 2014年6月26日 (木) 17時14分

ああっ、書き方が悪くてごめんなさい!
チェロのソロ曲はないけどヴィオラにはあるって言いたかったのです。

最近の演奏会は
ヴィオラがいちばん右に来ていることが多くてとても気になります。
おかげで、ときどき現れる素敵なフレーズにハッとさせられますね。

投稿: ハマデウス | 2014年6月26日 (木) 22時53分

い、いえ、こちらこそ失礼いたしました!

日頃、びおらジョークに毒されているもので
目が勝手に自虐ネタに。
ほめられることに慣れていないだけですけど
重症かも。

大汗。

投稿: 自滅 | 2014年6月27日 (金) 16時04分

モーツァルト好きのチェリストやフルーティストは気の毒なのです(モーツァルトはフルート嫌いを公言している)。

その点、ヴィオラやクラリネットは「私たちにはこれがある!」って、とてもうれしそうな表情でそれぞれの曲を演奏してくれます。

「なに言われてもいいのよ、K364があるもん」って
堂々とふれ回ってください(うらやましいぞ)。

投稿: ハマデウス | 2014年6月28日 (土) 19時14分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今夜のcon brio/6月25日(水):

« 今夜のcon brio/6月24日(火) | トップページ | 今夜のcon brio/6月26日(木) »