« 試験放送第18回(9月26日) | トップページ | 試験放送最終回(9月30日) »

試験放送第19回(9月29日)

9月29日/本田さん:オンエア曲 【YouTube音源はこちらから】

●歌劇「ドン・ジョヴァンニ」K.527~序曲/モーツァルト
●ターフェルムジーク(食卓の音楽) 第1部-序曲/テレマン
●劇音楽「すずめばち」(アリストファネス組曲)~Ⅰ 序曲/ヴォーン=ウィリアムズ
●亡き王女のためのパヴァーヌ(管弦楽編)/ラヴェル
●キューバ序曲/ガーシュウィン
●歌劇「セビリャの理髪師」序曲/ロッシーニ
●私は恋人に言った Op.19b(ハーディの詩による)~私は行かなくてよい/フィンジ
●喜歌劇「メリー・ウィドウ」~序曲/レハール
●バビロン川のほとりに BWV.653/J.S.バッハ
●平均律クラヴィーア曲集 第1巻~第21番 変ロ長調 BWV.866~フーガ/J.S.バッハ
●組曲第2番~第3楽章 ロマンス/ラフマニノフ
●歌劇「ラ・ボエーム」第2幕~わたしが歩いている時は(ムゼッタのワルツ)/プッチーニ
●喜歌劇「パリの生活」序曲/オッフェンバック
●弦楽合奏のためのロマンス 変ホ長調 Op.11/フィンジ



11月7日のガラコンサートの内容はおそらくほとんど、というより、もうすべて決まっているのでしょう。だがしかし、発表と名の付くものはすべて10月1日以降ということなんですね。それでも、もう決まってるんだからちょっとぐらいいいじゃないというのが、リスナー思いのプレゼンター心というものです。

 『私、本田聖嗣は、司会だけのつもり・・が、某ピアニストと連弾して、
  ミュージカルの伴奏をして、オペラアリアの伴奏をして、最後に
  某ピアニストと2台ピアノを演奏予定です。ふー 』(ツイッターより)

やはり2時間では足りないと見えて、ツイッターでもしゃべるしゃべる(笑)。機械操作にはもう何の不安もないようです。

 『OTTAVA「第2の開局」まえの試験放送、残り2日となりました。
  今日は私、本田聖嗣が担当させていただきます。どうぞよろしく
  お願いします』

 『ドン・ジョバンニの出だしは、いきなりドン!序盤にでした。
  驚かせてすいません。あとはいつものモーツアルトが登場です』

 『コンピレーションCDは、とりあえず、3ヶ月連続、ということに
  なっておりますが、ご好評をいただいた暁には、もちろん、継続・・
  したいと思っておりますので、われらが茂さんも、選者として登場予定する
  はず・・・です』

最後のコンピレーションCDのお話は放送でも出ませんでしたね。さすが本田師匠。そして今夜のツボにしようと思っていたひとことも、しっかりご本人につぶやかれてしまいました。

 『最近、「ダブル・炙り・カルビ(by 某AM)」が言いにくくて困っている
  本田聖嗣です。軽騎兵序曲よく聴く客だ。も大変言いにくうございました』

言いにくいなんてうそばっかり!とツッコミたくなるほどの流暢さでございました。放送で聞いてみたいというかたは1:11頃をどうぞ。

|

« 試験放送第18回(9月26日) | トップページ | 試験放送最終回(9月30日) »

試験放送(2014年9月)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1337143/57528919

この記事へのトラックバック一覧です: 試験放送第19回(9月29日):

« 試験放送第18回(9月26日) | トップページ | 試験放送最終回(9月30日) »