« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

今夜のOTTAVA Salone/11月27日(木)

プレゼンター:斎藤茂GM  【YouTube】(公開次第リンクします)

オンエア・リスト 【OTTAVA】  


本日のフレーバー・リクエスト [  お誕生日]

●マッツさん…夜想曲 第4番 変ホ長調 Op.36/フォーレ
●うみしまさん…ナバーラ Op.33/サラサーテ
コニストンさん(27日)…交響曲 アメリカの祭日「祭日交響曲」~第4楽章 感謝祭(編集:J.エルカス)/アイヴス
ひゅみさん(27日)…11月のある日/ブローウェル
ゆるりさんから双子のお嬢さんへ(22日)…歌劇「カストルとポルクス」第4幕~シャコンヌ/ラモー
●小町のあくびさん、パーンさん…オー・ホーリー・ナイト/アダン


本日のオープニング小芝居担当…ピッカリングさん


今夜のツボ(登場順)

①「ちょっと巻き戻しますね。きゅるきゅるきゅるきゅる…失礼しました」(0:59)
 ※BGMの準備に手間取る
②「ここ数年来なかったぐらいの脱力感だったかなぁ」(1:07)
 ※ガラ・コンサートが終わったあとの…
③「本田さん、錦鯉なんですってよ。あなた」(1:11)
 ※たとえて言えば福間さんは若鮎、榊原さんは水、そして本田さんは…というメールに
④「あのタンバリン玄関に飾ってるの・・・百均なんです、買ったの」(1:13)
 ※アマゾンの箱に入ってたのに!?
⑤「3つの首を…絞めないとか言いそうになっちゃった」(1:36)
 ※正しくは「3つの首を暖める」
⑥「おいしそうだなぁ…食べてないんだ、まだ。晩ごはん」(2:13)
 ※今日の夕食のメニューが記されたメールに
⑦「それがステキなのね!」(3:27)
 ※ガラ・コンサート会場をダンボール持って走り回ってたGMがステキというメールに
⑧「これ気になってました(中略)帰りにコンビニで買おうかな」(3:36)
 ※「メロンパンの皮焼いちゃいました」というお菓子があるそうです
⑨「サソリだったらびっくりだよね、外見が」(3:41)
 ※外見は怖くありませんというさそり座の女性から




週一の放送になってしまったためあきらめていたのですが、コンピの森の復活希望が多いそうです。そこでコンピの森ではなく、とりあえずテーマ・リクエストということで、来週は「ウェイクアップ・クラシック」のお題でリクエスト募集という告知がエンディング10分前に出ました。

毎朝どんな曲で目覚めたいですか?というわけで、来週は久しぶりにブログの更新も腕が鳴ります。でもまだ1週間あるからなぁ。前日あたりに突然緊急事態が発生して延期、という不安がなきにしもあらずです。三ツ橋敬子さんが突然ゲストで来たりして!(それはそれで非常にうれしい)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/11月25日(火)

プレゼンター:本田聖嗣さん  【YouTube音源】(公開次第リンクします)

オンエア・リスト 【OTTAVA】  


本田師匠:本日の作品(登場順・解説略)

①「あれが鳴ったらビストロ・サローネからさろーね」(1:25)
②「サンタクロースは(中略)さんざん苦労する」(2:44)




  行く春を近江の人と惜しみける  芭蕉

食べることや宇宙のお話を本田さんが口にするのはもはや当然という印象ですが、芭蕉の句をすらすらとそらんじられると、改めてその博学に驚嘆せざるを得ません。(3:46~)

今夜はさらにリスナー事情にまで精通しているという事実が発覚しました。長文メールでは定評のある奈良んちゃんさんが、「私が書くと長くなりますので」と遠慮されたのに対して、「長いメールというのは斎藤さんに怒られたことがおありなんでしょうね」と間髪入れずにお返しになるとは、いったい本田さんとはどういう方なのでしょう。(1:04~)

マイクの前でお話しし、メールをチェックし、ツイッターでつぶやき、選曲用のコンソールを操作するピアニスト!! 私たちには見えないだけで、本当は千手観音のように何本も手があるに違いありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/11月20日(木)

プレゼンター:斎藤茂GM  【YouTube】(公開次第リンクします)

オンエア・リスト 【OTTAVA】  


本日のフレーバー・リクエスト [  お誕生日]

●オンデマンダーもそ父さん…歌劇「カルメン」~何を恐れることがありましょう/ビゼー
●矢島さん…練習曲 Op25-1「エオリアンハープ」/ショパン(小舟さんリクエスト)
●神戸の合唱団広報担当さん…アドヴェント・アンセム~起きよ、光を放て/ラター
雨水さん、ピンカミノールさん(13日)…カレリア組曲~行進曲風に/シベリウス
相模湾さんからたかちゃんへ(14日)…平均律クラヴィーア曲集 第1巻~第3番 嬰ハ長調 BWV.848/J.S.バッハ
nahemaさん(14日)…夜想曲(クラリネットとピアノ編)/コープランド
熊本の田中さんからお嬢さんへ(14日)…ディヴェルティメント 第10番 ヘ長調 K.247~第4楽章 メヌエット/モーツァルト


本日のオープニング小芝居担当…リナシメントさん


今夜のツボ(登場順)

①「良い子のみんな、サイトーレッドも手ぐすね引いているらしいぞ」(0:46)
 ※サイトーレッド登場のリクエストに応えて
②「そんな取ってつけたように言わないの」(1:09)
 ※「福間さんかっこよかった。あ、もちろん斎藤さんも」というメールに
③「短いメールだけどいろんなものが後ろに見えるメールですね」(2:32)
 ※「(復興コンサートが)ベト7なら仙台に行くとカミさんが言ってます(汗)」というメールに
④「そんなにおもちゃにしないで」(2:34)
 ※仙台フィルをバックに踊ってくださいというメールに
⑤「雪かきの友OTTAVA」(3:25)
 ※雪かきをしながら聞いているというメールに
⑥「そうなったらなったでたのしいですよね」(3:26)
 ※お誕生日リクが1週間遅れているのでもう定番と言いながら
⑦「若い者には負けられん」(3:40)
 ※相模湾&江ノ島灯台ご夫妻のお子さんの壮大なお誕生日計画を達成するために




22時過ぎに突然始まった「長いメールコーナー」は、言わずと知れた奈良んちゃさんのためのコーナーであります(笑)。

うらやましいと言うなかれ。お気の毒に奈良んちゃさんは、以前ご夫妻で出かけた仙台旅行の報告メールが長すぎるため、後回しにされているうちに斎藤さんから「地層の下の方に埋まってしまった」と言い捨てられる仕打ちを受けているのです。斎藤さんは忘れているかもしれませんが、私は忘れておりません。

待賢門院璋子のお話、大変興味深く聞かせていただきました。ブラームスが流れる中、数年前の大河ドラマで璋子を演じた壇れい嬢の涼やかな横顔を思い出しておりました。白河院は伊東四朗、鳥羽院は三上博史、西行が藤木直人で、3本の松もありありと浮かんでまいります。ステキなメールをありがとうございました。

そして、1週間前の13日がお誕生日のnahemaさん、おめでとうございます。「君のために選んだよ」も恒例になりましたね。相変わらず投げやりでしたが4回も言ってくださったじゃありませんか!こちらはうらやましい限りです。来る日々が充実したものになりますように。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/11月18日(火)

プレゼンター:本田聖嗣さん  【YouTube音源】(公開次第リンクします)

オンエア・リスト 【OTTAVA】  


本田師匠:本日の作品(登場順・解説略)

①「モーパッサンならもうたくさんと言ったかどうかは知りません」(0:48)
②「隣りの奴はどんな奴だ。どいつだこいつだ。隣りに人はおらんだ」(1:53)
③「ドレの絵もこう…どれどれって見たくなる」(2:29)




金曜日のキッチン・モーリーに続いて、ビストロ・セイジも本格的になってきました。今夜はかなりの時間を割いてビーフ・シチューのレシピをお話ししてくださったので、ちょっとメモしてみました。


『ビーフ・シチューことブッフ・ブルギニヨン、牛のブルゴーニュ風』

牛肉は肩ロースあたりを1kgぐらい奮発。まず最初に豚の脂身(100g程度)を厚手の鍋で炒めます。

次に牛肉を加えて表面に焼き色をつけます。さらに大きめのせん切りにしたタマネギ(2個)を投入。(1個分がエシャロットならなお可)

しばらく炒めた後、赤ワインを500cc、水を1カップ加えて、塩、コショウに定番のブーケガルニ、さらにニンニク(つぶしてもスライスでも可)を投入。弱火でコトコト2時間煮込みます。コトコトが重要。圧力鍋で時間を短縮しようとすると失敗します。

このあとお好みの野菜、にんじん、ジャガイモ、マッシュルームなど、そして、ここでバターで炒めたタマネギを加えると、タマネギの産地でもあるブルゴーニュやリヨン風になります。

野菜を加えて20~30分煮込んで、仕上げの艶出しにバターと小麦粉(各大1)を混ぜ合わせたものを加えて、パセリを散らしたら出来上がり。

ポイントは、最初の豚の脂身を炒めるのと赤ワインをたっぷり。あとは、がまんがまんがまんがまんがまん(ホントに5回言った!)といったところだそうです。(1:27~)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

今夜のOTTAVA Salone/11月13日(木)

プレゼンター:斎藤茂GM  【YouTube音源】(公開次第リンクします)

オンエア・リスト 【OTTAVA】  


本日のフレーバー・リクエスト [  お誕生日]

●小町のあくびさん…オーボエ・ソナタ ニ長調 Op.166~第2楽章/サン=サーンス
●熊本の田中さん…シンプレス/ヴィラ=ロボス
●ヨハンさん…交響曲 第6番 ニ短調 Op.104~第1楽章/シベリウス
はやとママさんからはやとくんへ(3日)…おとぎの絵本 Op.113~第2曲/
シューマン
すくっとマミーさんから林太郎くんへ(7日)…パガニーニの主題による狂詩曲
Op.43~第18-24変奏/ラフマニノフ
なれしまさん(6日)…ボヘミアの森より Op.68~第5番 静かな森 B.173
(チェロ編)/ドヴォルザーク(ひろちんさんリクエスト)


本日のオープニング小芝居担当…セバスチャン小川さん


今夜のツボ(登場順)

①「音楽のファーザー…ちょっとルーさんになってしまいましたが」(0:08)
 ※今夜の小芝居はバッハばっはりで開始
②「ちょっとひと儲けさせてもらいましょうかね」(0:32)
 ※小芝居のCD化が提案されました
③「本当にちょっと胸キュンアルバムですね」(2:00)
 ※ヴィラ=ロボスのギターアルバムのこと
④「音楽を妄想していただきたいですけどね」(2:46)
 ※「アラブ風衣装で指揮する三ツ橋敬子さんを妄想」というメールに
⑤「じゃ、歌うか。代わりに」(3:13)
 ※お誕生日リクエストの曲がないので…
⑥「終わったから言えるんですけど…もう2度とやるかって思いながら」(3:42)
 ※ガラ・コンサートの準備は大変でした
⑦「誰か手伝って、今度は」(3:46)
 ※下記参照
⑧「3つの首を冷やさないって覚えてます?」(3:59)
 ※首、手首、足首を暖めるのが風邪をひかないコツです




ガラ・コンサートは本当に盛りだくさんで、時間の経つのが、早くかなり時間が押していることに気がついたのは、coco ← musikaの登場の頃だったでしょうか。休憩が終わった後半のトップだったのですが、そのとき既に8時半近かったと思います。

各プレゼンターのMCが特に長いという印象はなく、何故あんなに押したのか、これはやっぱり構成ミス以外の何ものでもないですよねぇ。それでも、短い準備期間の中であれだけのお客様が集まって、大成功には違いありません。

「2度とやるかと思った」と言いつつ、心は第2回へ向っているようなGMのお言葉に期待しましょう。もちろん、モギリでもグッズ販売でも何でもお手伝いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

今夜のOTTAVA Salone/11月11日(火)

プレゼンター:本田聖嗣さん  【YouTube音源】(公開次第リンクします)

オンエア・リスト 【OTTAVA】  


本田師匠:本日の作品(登場順・解説略)

①「明日は晴れるや(ハレルヤ)…というダジャレでした」(0:56)
②「4楽章が足らんてら(タランテラ)」(1:13)
③「くしゃみじゃないですね、はくちょん!(白鳥)」(2:54)




タブレットを見ながらのピアノ演奏という話を初めて聞いたのは、確かアシュケナージ親子によるデュオだったと思います。お父さんは昔ながらの楽譜で、息子さんがタブレットを使っていたというのです。

画面にタッチしながら譜めくりをしていたそうですが、福間さんはタッチさえしていませんでした。先行予約のおかげで、かなり前の舞台下手の席だった私からは、タブレットも、福間さんの指も、ペダルを踏む右足もとてもよく見えました。

一段一段、少しずつ上がっていくタブレット楽譜の操作は、左足でしていらしたのでしょうか。私の目では確認できなかったので、どういう仕掛けなのかものすごく不思議でした。どうやっているんだろう。もしかしてまばたきに反応するとか?などとバカなことを考えていたのですが、誰にも言わなくてよかった。

おかげで福間さんひとりに釘付け。本田さんの熱演はほとんど目に入りませんでした。本田さん、ごめんなさい。カットされてしまったロマンスを演奏してくださるときには、本田さん側の上手の席を取ります。(0:30~)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

10月のOTTAVA【第5週】

10月27日:林田さん  【YouTube音源】

オンエア・リスト 【OTTAVA】  【歩き☆メデスさんのブログ】

月曜日は音楽ジャーナリストの林田直樹が注目のアルバムからアーティストインタビューまでクラシック界の最新情報を発信しています。今回は、世界文化賞受賞を受賞した作曲家アルヴォ・ペルトの貴重なインタビューや、オーケストラの詳細をレポートする「オーケストラの中の人」のコーナーにはNHK交響楽団ホルン奏者の福川伸陽さんが登場します。その他、11/7(金)のOTTAVA第2の開局記念ガラ・コンサートに出演するNAOTOさん関連の情報など聴きどころ満載です。また、プレゼンターが毎回逸品を紹介するコーナーでは哀愁の美メロ満載、大人っぽい雰囲気のギターを求める向きにはぜひオススメ の「ロシアの回想」イリーナ・クリコヴァ(ギター)Naxosをご紹介。(YouTubeコメントより)



10月28日:本田さん  【YouTube音源】

オンエア・リスト 【OTTAVA】  【歩き☆メデスさんのブログ】

今回は11/7(金)に行われる、OTTAVA第2の開局記念ガラ・コンサートに出演が決定した劇団「四季」出身、現在もミュージカル・シーンなどで大活躍の村田恵理子さん&柳瀬大輔さんをお迎えしました。これまでのミュージカルのお話や、ガラ・コンサートで歌うミュージカル「ウェストサイド・ストーリー」の“サムシング・カミング~マリア““アイ・フィール・プリティ”“トゥナイト”などについてお話していただいています。本田聖嗣とお二人は同級生、ということもあり3人で進めているコンサートや企画などについても話題がふくらみます。プレゼンターが毎回逸品を紹介するコーナーでは、クラシック通もうならせる、エピソード満載の、極上のミステリー。見終わって気づくのは、主人公が、「音楽に込められた愛」だったということ…映画「レッドバイオリン」のDVDをご紹介しています。(YouTubeコメントより)



10月29日:ゲレンさん 【YouTube音源】

オンエア・リスト 【OTTAVA】  【歩き☆メデスさんのブログ】

今回は、プレゼンターのゲレン大嶋自身が選曲したOTTAVAオリジナルコンピレーションCD「午後のギター~Guitar Music in the Afternoon」を詳しくご紹介。また、自身がcoco←musikaとして出演もする11月7日のOTTAVA第2の開局記念ガラ・コンサートの最新情報などをお届けしています。プレゼンターが毎回逸品を紹介するコーナーでは、知られざる北陸の海の幸、「幻魚(げんげ)」をご紹介。「浜浦水産 げんげ丸干」その深い味わいは、酒肴としてはもちろん、ご飯のお供にも最高です!(YouTubeコメントより)



10月30日:斎藤さん 【YouTube音源】

オンエア・リスト 【OTTAVA】  【歩き☆メデスさんのブログ】

今回は“ヴァイオリンでポップスを表現するアーティスト”NAOTOさんをゲストにお迎えしています。榊原大(Piano)、越田太郎丸(Guitar)とトリオで出演するOTTAVA第2の開局記念ガラコンサートのお話や、なぜポップスを目指したのか、来年デビュー10周年を迎えるにあたって感じていることなどNAOTOさんの素顔にせまるお話をたくさんお聴きしています。番組からNAOTOさんへのちょっとしたサプライズもあります(詳しくは番組をお聴きください)。仙台フィルを応援するコーナーでは、2015年3月のみんなでつくる復興コンサートにゲスト出演が決まった田代万里生さんに歌ってもらいたいミュージカルナンバーを大募集中。 プレゼンターが毎回逸品をオススメするコーナーでは、“POP"はジャンルではなく、生き方を表現するコトバ!NAOTO/BEST album「BEST」をご紹介しています。(YouTubeコメントより)



10月31日:森さん 【YouTube音源】

オンエア・リスト 【OTTAVA】  【歩き☆メデスさんのブログ】

森雄一担当の金曜は「キッチン・モーリー」と名付けて気軽な洋食屋さんのような雰囲気でお送りしています。 11/7(金)に実施される第2の開局記念ガラコンサートの情報や、プレゼンターが逸品を紹介するコーナーではトイレ専用カレンダー「便蔵(べんぞう)さま」をご紹介しています。(YouTubeコメントより)



11月2日:林田さん&高野さん 【YouTube音源】

オンエア・リスト 【OTTAVA】  【歩き☆メデスさんのブログ】

この番組さえ聴けばクラシック音楽界の今がわかるプログラム「OTTAVA Domenica」世界の楽壇の最新情報やOTTAVAで今、最も流れているクラシックを、まとめてご紹介します。今回は「ゴシック」をテーマにさまざまな話題が展開されます。旬の話題は高野麻衣は「東京国際映画祭」。取材した模様などをお伝えしています。林田直樹の旬の話題は、オペラ「アイナダマール」の話題など。3時のモーツァルトはハ短調ミサ~第2曲グローリアをお届け。プレゼンターが毎回逸品をご紹介するコーナーでは“極私的「王妃マルゴ」のお菓子といえば?アンリ・シャルパンティエ「プティ・ガトー・アソルティ」”をご紹介しています。その他、第2の開局ガラコンサートの注目ポイントなどをお知らせしています。(YouTubeコメントより)


 ※都合により一部カットされた音源がありますことをご了承の上お聴きください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月のOTTAVA【第4週】

10月20日:林田さん  【YouTube音源】

オンエア・リスト 【OTTAVA】  【歩き☆メデスさんのブログ】

クラシック曲のリクエストなど、みなさんとコミュニケーションしながらすすめていく番組。月曜日は音楽ジャーナリストの林田直樹が担当。今回は、1982年録音の第1弾から足掛け30年を経て、待望のJ.S.バッハ/無伴奏チェロ組曲新録音が10月22日、ナクソス・ジャパンよりリリースがされるチェリストの藤原真理さんのインタビューを大々的にフィーチャー。プレゼンターがオススメの逸品を紹介するコーナーでは、まろやかなタッチで弾く、ドイツの巨匠ペーター・レーゼルのアルバム「ペーター・レーゼル モーツァルト:ピアノ協奏曲集 4 ピアノ協奏曲 第24番 & 第25番」(YouTubeコメントより)



10月21日:ゲレンさん(ピンチヒッター)  【YouTube音源】

オンエア・リスト 【OTTAVA】  【歩き☆メデスさんのブログ】

リクエストなどを通してみなさんとコミュニケーションをしながら進むプログラム「OTTAVA Salone」。この日は火曜担当のピアニスト本田聖嗣さんが演奏会のため番組をお休みのためゲレン大嶋が代演。本田さんが番組でかけそうな曲をリクエストで受け付ける「勝手に聖嗣リクエスト」など特別企画も。後半は、Salone木曜担当の音楽ジャーナリスト林田直樹さんが番組に乱入!2人の音楽談義が盛り上がります。さらには11/7のガラコンサートの情報などもお届けしています。(YouTubeコメントより)



10月22日:ゲレンさん 【YouTube音源】

オンエア・リスト 【OTTAVA】  【歩き☆メデスさんのブログ】

ゲレン大嶋が選曲したギター音楽の魅力がつまったコンピレーションCD「午後のギター~Guitar Music in the Afternoon」を詳しくご紹介。その他、11/7(金)に自身もcoco←musikaとして参加するOTTAVAのガラコンサートの話題など。プレゼンターが逸品を紹介するコーナーでは10/22が没後155年の命日の、ドイツの作曲家でヴァイオリニスト、ルイ・シュポアによる「シュポア:ヴァイオリンとハープ­のための作品全集 2(ラングドン/ウェッブ)」を取り上げています。(YouTubeコメントより)



10月23日:斎藤さん 【YouTube音源】

オンエア・リスト 【OTTAVA】  【歩き☆メデスさんのブログ】

クラシックだけではなく、オペラやポップスなど幅広いジャンルのアーティストが出演するOTTAVA第2の開局記念ガラ・コンサート「クラシック・モンダン・ナイト」の情報をお届け。仙台フィルを応援し、第4回目の復興コンサート「つながる心 つながる力 みんなでつくる復興コンサート supported by KDDI」の企画をつくるコーナーでは、メインゲストにテノールの田代万里生さんが決まったことを発表。現在、仙台フィルの共演で聴きたいミュージカルナンバーを募集中です。その他、プレゼンターが逸品を紹介するコーナーでは、装飾と文様で楽しむ「人類一万年の歴史」美しいパターンからは音楽が聴こえてきます。海野弘『ヨーロッパの装飾と文様』をご紹介しています。(YouTubeコメントより)



10月24日:森さん 【YouTube音源】

オンエア・リスト 【OTTAVA】  【歩き☆メデスさんのブログ】

金曜日はラジオDJの森雄一さんが担当。森さんの愛称は「洋食が美味しいレストラン キッチン・モーリー」のマスター。マスターがいろいろなオーダーに応えてくれるレストランのようにみなさんの楽曲リクエストに応えてくれます。プレゼンターが毎回逸品をオススメするコーナーでは“気になるにおいが消えてしまう、不思議な石けん。って、これ石けん?”な「ステンレスソープ」をご紹介しています。また、第2の開局ガラコンサートの詳細情報なども。(YouTubeコメントより)



10月26日:林田さん&高野さん 【YouTube音源】

オンエア・リスト 【OTTAVA】

この番組さえ聴けばクラシック音楽界の今がわかるプログラム「OTTAVA Domenica」。世界の楽壇の最新情報やOTTAVAで今、最も流れているクラシックを、まとめてご紹介します。今週の旬の話題は新国立劇場のオペラ公演「ドン・ジョヴァンニ」。高野麻衣は「舞台と衣装が“ほどよく淫靡でガーリッシュ”」と語ります。林田直樹はバレエの最新情報を語ります。15時(番組スタート2時間後)からお送りする「3時のモーツァルト」では楽曲「ロンドンのスケッチブック」などをお届け。その他、OTTAVAの第2の開局ガラコンサートの話題など、プレゼンターが毎回逸品を紹介するコーナーでは高野麻衣が師匠ルネ・マルタンとの6年間を抽出した、高野による福音書!?ルネ・マルタン 著/高野解説「フランス的クラシック生活」を紹介。(YouTubeコメントより)


 ※都合により一部カットされた音源がありますことをご了承の上お聴きください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »