« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

今夜のOTTAVA Salone/12月30日(火)

プレゼンター:本田聖嗣さん

本田師匠:本日の作品(登場順・解説略)

①「ハイハイ、ドンドンはかどる(大掃除)」(0:33)
②「チラ店…じゃなかった、チラ見せで、いよいよ『第九』クライマックス放送中です」
 (3:06~ニコ動より)
③「チラ店に問屋はおろしてくれないのです。『第九全楽章』」(3:08~ニコ動より)




今夜の放送では第九の全楽章がノーカットでオンエアされました。言うまでもなくOTTAVA史上初めてのことでしょう。7時台、8時台、9時台、10時台の頭に各楽章を流すという、本田さんならではのユニークな演出です。

特に最後の1時間はニコニコ動画の「チラ見せ」というサービスがあり、「皆さん、どうぞ高音質で第4楽章をお楽しみください」とPRにも余念がありません。放送中ではほとんど出なかったダジャレも、ニコ動のコメントで奮発してくださいました。

そして、なんと今日は本田さんの誕生日ということで、リスナーからのおめでとうメールもいくつか紹介してくださり、今年最後の放送にふさわしい明るい展望が見えてくるような放送でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/12月25日(木)

プレゼンター:斎藤茂GM


本日のフレーバー・リクエスト [  お誕生日]

●ろみさん(ざぼんさんリクエスト)…5つのクリスマスの歌 Op.1~第4曲「栄誉はいらない」/シベリウス
●威風ゴーゴーさん、こぐまやさん(アルペンザルツさんリクエスト)…オー・ホーリー・ナイト/アダン(J.E.ウェスト編)
番頭さんからうさベルさんへ(25日)…交響曲第9番 ニ短調 Op.125「合唱付き」~第4楽章/ベートーヴェン
ゆるりさん(21日)…2つのスペイン舞曲~第1曲 アレグロ・モデラート/ロドリーゴ
Sallyさんからお父さまへ(19日)…アリヌーシュカの癒しに基づく変奏曲/ペルト


本日のオープニング小芝居担当…①レアーナさん ②陽気な静電気女さん


今夜のツボ(登場順)

①「ブラームス、意外に声が高かったそうです」(0:03)
 ※シューマンとブラームスの声を器用に使い分けるGM
②「おかげさまでワンクール持ちましたがね」(0:11)
 ※オープニング小芝居、とりあえず最終回です
③「立つでしょう」(0:24)
 ※ベートーヴェンの研究発表に「運命と呼ばないで」が役に立つという小学生に
④「モノがいいです。五千円」(0:28)
 ※今年で3年目。毎年大活躍のスレイベル
⑤「クリスマスイブの夜にロマンティックな体験てあるかなぁ…だいたい仕事です
  からね、ここ20年ぐらいはね」(1:03)
 ※イブの夜はTBSの深夜放送聞いていましたというメールに
⑥「もろうてへん!」(1:07)
 ※クリスマス・プレゼントもろた?というメールに
⑦「来年もどんどんかけましょう。たまにね」(3:45)
 ※リクエストがかかるおかげで精神を保っているというメールに
⑧「♪♪♪シャンシャンシャンシャン(ベル音)」(3:52)
 ※曲中でスレイベル登場。重いので長続きしない模様(笑)
⑨「よいお年を。元日、生放送です!ヘイ!ホー!」(3:58)
 ※アンダーソンをバックにベルとともにエンディング




フェイスブックの斎藤サンタに釘付けのリスナーさん、その前の記事はお読みになりましたか。来年からのOTTAVAの動向を、エンディング15分前に詳しくアナウンスしてくださっています(そのあとの最後の曲も必聴) 。

オンデマンド終了やニコ動の件はHPのお知らせでご覧になれますが、来年からのスタジオ移転のことなどは、今のところここでしか聞けないと思いますので要チェックです。

そして、おやかまっさんからのメールで初めて知った「感電した猿を仲間が懸命救助」というニュース。公開後3日で既に55万ヒットです。70秒でものすごい感動です。(1:07~)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/12月23日(火)

プレゼンター:本田聖嗣さん

本田師匠:本日の作品(登場順・解説略)

①「今日のテーマは、もちろん、クリスマスですます」(0:07~twitterより)
②「このシーズン、欧米は「聖母信仰」で、日本はさしずめ、「歳暮振興」でしょうか」(0:20~twitterより)
③「酒沸きませりというのをやったんで(主は来ませり)」(1:51)
④「『マゼッパ危険』洗剤のボトルに書いてありそうな文句です」(2:59~ニコ動より)
⑤「キージェ中尉寿司屋に行く…違います。トロイカ」(3:23)




本田さん選曲の「パリのクリスマス」を買い損なった方、今夜の放送は永久保存版です。これでもかというくらいのクリスマス・ソングのオンパレード。そのせいかどうかはわかりませんが(笑)、ビストロ・セイジのレシピ紹介はお休みでした。さらにニコ動のPRでダジャレも全開であります。放送で喋ったあとにコメントでも呟いてくださいます。

「フランスではコンディションの悪いピアノを弾かされることがあって、ひどいときには押した鍵盤が上がって来ない。暇を見て持ち上げながら弾いた」という驚愕のお話も出ましたが、本田さんなら出来るだろうなぁとうなずくことしきりです。(2:50~)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/12月18日(木)

プレゼンター:斎藤茂GM


みのりさんのためのウェイクアップ・クラシック

●18のコラール集・他第1集から「おお愛する魂よ、汝を飾れ」BWV.654/J.S.バッハ…NEFさん
●無言歌集~第9番 ホ長調 Op.30-3「慰め」/メンデルスゾーン…ピッカリングさん
●チェロソナタ 第2番 ヘ長調 Op.99~第1楽章/ブラームス…フラーノさん
●歌劇「トゥーランドット」~誰も寝てはならぬ/プッチーニ…かぎしっぽのきいさん
●ピアノ協奏曲 第3番 ハ長調 Op.26~第1楽章/プロコフィエフ…ムンクのつぶやきさん


本日のフレーバー・リクエスト [  お誕生日]

●戦国鍋さん(東上線沿線のなるさんリクエスト)…①チャイナ・ドール ②ジャズ・ピチカート/ルロイ・アンダーソン
●レイラニさん…①マニフィカト(作者不詳)②ミサ・コンチェプティオ・トウーア~グローリア/ピエール・ド・ラ=リュー ③かくも麗しいばらはない(17世紀イギリス:作者不詳)
●イクジペティさん、小町のあくびさん…3つのジムノペディ~第1番/サティ
evergreenさん(15日)…交響組曲「シェエラザード」Op.35~海とシンドバットの船/リムスキー=コルサコフ


本日のオープニング小芝居担当…かゆみこさん


今夜のツボ(登場順)

①「勝手なこと言ってますね、ホントに。林田さんごめんなさい」(0:29)
 ※来週22日の冬至に「復活」をかけてもらおうと言いながら
②「魂が抜けてるって言われることがあって」(0:31)
 ※写真を撮られるのが苦手だそうです(ウソばっかり!)
③「結構いい腕してますよ。CMディレクターとしても」(0:45)
 ※大口スポンサーの方、お待ちしてますと自画自賛
④「岡田准一使ってくれとかそういうのはダメですよ」(0:45)
 ※同上(笑)
⑤「もうカンベンしてくださーい!起きまーす!みたいな感じですね」(2:06)
 ※ウェイクアップ・クラシックに「ビンチェロ」(笑)
⑥「特集になればおめでとうという感じですけれど」(2:11)
 ※ウェイクアップに続く特集を募集中ですが狭き門ですね
⑦「ゲスト優先になっちゃうんだけどね。でもいいでしょ」(3:29)
 ※JTB村田さんのリクエストとウェイクアップクラシックがかぶってしまいました




復興コンサートJTBツアーの第1回、第2回をお世話してくださった大迎さんが勇退(?)されて、来年私たちを引率してくださるのが、第2回に大迎さんのサポートとしてご一緒だった村田さんです。今夜はその村田さんが緊急ゲスト。OTTAVAの特設サイトで発表もされていますが、そこには書いてないこともいろいろ出ましたので、メモ代わりに記しておこうと思います。(2:35~)

東京発の新幹線がほぼ決定。東京9:24発、仙台11:14着、やまびこ131号。牛タンのお昼のあと石巻へ移動。「石ノ森萬画館」見学後、かたりべの方が乗車。日和山、門脇小学校で下車するそうです。

オプショナルは、松島コース…8時半ぐらいに出発。カキ小屋でカキのサービスあり。お昼は海の幸満載予定。山寺コース…到着後すぐフリータイムのあとで昼食。メニューは山形名物いも煮です。最低催行人数は各20名。

ホテルは今回も2件。(東京集合解散、コンサートチケット込みの場合)アパヴィラホテル(天然温泉完備)が¥34,800、ホテルメトロポリタン仙台が¥44,800。JTBロイヤルデスクさんの年内営業は12月29日(月)まで。年始は1月5日(月)からだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/12月16日(火)

プレゼンター:本田聖嗣さん

本田師匠:本日の作品(登場順・解説略)

①「日本は鶏が多いというので大いに…」(1:52)
②「映画を見て絵が…ひょっとしたら探していた絵かも」(1:41)
③「閉店間際で時間がタランテラ」(3:58)




今夜は、映画の小道具として使われた絵が90年間行方不明の前衛絵画で、その映画(スチュアート・リトル)を偶然見た学芸員が気がついたという、なかなか興味深いお話があったのですが(1:43~)、クリスマスも近いことですし、やはりビストロ・セイジのレシピを紹介しましょう。本日はちょっと贅沢なチキン料理です。まずは濃厚ソースから。

ローストして出た鶏(むね肉)の脂にバターとにんにく、そしてタマネギ(できればエシャロット)を炒め、それに砂肝とか心臓といったモツ的なものを少々入れます。よく炒まったら蒸留酒(アルマニャック、ポルトなど。なければ赤ワインで可)を加えます。少し煮詰めたあと、コンソメかフォン・ド・ヴォーでのばして、なじんだら塩コショウで味を整えます。最後にちょっと贅沢ですが、フォアグラのテリーヌをほんの少し入れて出来上がり。ほどよく火を通したむね肉かけます。

むね肉は火を通しすぎるとパサパサになるので注意すること。日本は美味しいブランド鶏がたくさんあるのでそういう鶏肉で挑戦してみてください。(0:57~)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/12月11日(木)

プレゼンター:斎藤茂GM


みのりさんのためのウェイクアップ・クラシック

●歌劇「コアンガ」~ラ・カリンダ/ディーリアス…矢島さん(先週放送分)
●13の前奏曲Op.32~第5番 ト長調/ラフマニノフ…Judyさん
●弦楽のための協奏曲 ト短調 RV.153~第1楽章/ヴィヴァルディ…トカゲ印の
パーンさん
●白つぐみ Op.161/ダマレ…えこたさん
●水の戯れ/ラヴェル…ひゅうがさん
●バレエ「春の祭典」 第1部 大地への信仰~春のきざしと若い男女の踊り/ストラヴィンスキー…小舟さん
●12の練習曲 Op.25 第1番 変イ長調「エオリアンハープ」/ショパン…そわりさん


本日のフレーバー・リクエスト [  お誕生日] [ 記念日]

ゆでたまごさん(11日)…弦楽のための交響曲 第11番 ヘ長調~①第2楽章 ②第3楽章/メンデルスゾーン
●こぐまやさん…ウクライナの鐘のキャロル/レオントヴィチ
あかねさん(5日)…オラトリオ「マカベウスのユダ」HWV63~第3部 見よ、勇者は帰る/ヘンデル
にゃんごろー4911さんからパルランドさんへ(13日・結婚式)…南十字星/プホール
夏みかんの父さん(12日)…行進曲「威風堂々」Op.39~第2番 イ短調/エルガー
横浜のビアさん(12日・会社設立30周年)…行進曲「威風堂々」Op.39~第2番 イ短調/エルガー


本日のオープニング小芝居担当…埼玉のごごぱんさん


今夜のツボ(登場順)

①「ぐるぐる巻き。もうモッコリ……なんて言うんだろう、いっぱい着込んで」(0:07)
 ※防寒対策の話です
②「すぐ食べものの話に興味がいくのがぼくの悪いクセですが」(0:32)
 ※お誕生日メールに「今日なに食べた?」の質問
③「なんかいい音で動きそうですよね」(0:51)
 ※ラジオネーム「イタリア製フォークリフトさん」に
④「わざと間違ったんだよ…うそです」(1:33)
 ※青池保子先生の読みを間違える。漫画家先生にはルビ必須です
⑤「帰って来てない。ちょっと軒先来たけどね。すぐ帰るけど」(1:43)
 ※「コンピの森お帰りなさい」のメールに
⑥「意外に起きれるじゃない、ぼく…みたいな感じでいたらですね」(2:19)
 ※早起きも1ヵ月後ぐらいに「あっ!」というヤマが来るそうです
⑦「鈴はね、たぶん捜せばあります」(3:18)
 ※クリスマスの夜担当のGM。鈴(スレイベル)で何やら画策中?




第2の開局準備中の7月、TBSラジオの夜の硬派番組「セッション22」に斎藤さんが出演したとき、以前職場が同じだった番組アシスタントの南部広美さんと盛り上がったのがかなり面白かったのですが、その後日談のようなメールが読まれたので久々に書き起こしてみました。

南部さんが出身地の岩手県で講演をしたときに、お話しする機会があったという盛岡の番頭さんからのメールです。(以下、番頭さん:番、南部さん:南)

 番「セッション22の斎藤さん出演の回を聞いたとき…」
 南「えっ、どうして斎藤さんを知っているんですか?」
 番「そりゃあ、OTTAVAリスナーですから」
 南「ああ、そうなんだ。でも斎藤さんにはかつて厳しく指導していただきました。
   とてもお世話になりました。斎藤さんて、断然今のほうが輝いていると
   思います」
 番「そうなんですか」
 南「以前は放送局の編成部長をしていた頃
  (GMツッコミ:編成部長してないです。ぼく制作部長やってました)
   自分がかけたい曲をなかなか流せないというプレッシャーがあったので
   今のほうがやりたいことをやっていて生き生きしていると思います。
   斎藤さんに会ったら伝えておきます」
 番「お願いします。番頭がよろしくと申しておりました」

かつての部下が生まれ故郷で講演会をするまでになったことを、とても感慨深そうに語る斎藤さん。放送では言えないようなこともいろいろあったようですね。聞いてみたい・・・(1:38~)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/12月9日(火)

プレゼンター:本田聖嗣さん

本田師匠:本日の作品(登場順・解説略)

①「鴨がネギ背負ってやってくるではなく鴨がオレンジ背負ってやってくる」(1:18)
②「“静かな海と楽しい航海”があるかもしれない」(3:44)
 ※「静かな海と楽しい航海」メンデルスゾーン作




今週のビストロ・セイジ、シェフのおすすめは「ムールフリット」。ムール貝のワイン煮とフレンチフライでございます。先週は分量書きが一切なかったことに苦情メールでもあったのでしょうか。「今夜は料理の本をチェックしてきました」とおっしゃってご紹介くださったのが以下でございます。


 ◎材料(6人分)
  ムール貝…40個
  エシャロット…6本(タマネギでも可)
  バター…50g
  白ワイン…100cc(ミュスカデがおすすめ)
  ローリエ…1枚
  生クリーム…50cc
  黒コショウ…小1/2
  フレッシュ・タイム…2本
  パセリ…みじん切り(大1)、飾り用(適量)
  ※付け合せにフライドポテト

 ・ムール貝をどちゃっと買って来てよく洗う。
 ・エシャロット(もしくはタマネギ)はみじん切りにする。
 ・煮込み用鍋はル・クルーゼでも行平でもOK。
 ・ムール貝、エシャロット、タイム(1本)、ローリエ、バター、白ワインを強火で煮る。
 ・貝の口が開いたら、生クリーム、コショウを投入。
  (生クリームを入れると若干重たい感じになるので、本田さんは入れないのが
   お好き)
 ・味を見て白ワイン(水でもいい)と塩コショウ、みじん切りのパセリで整え、
  少々煮込んで出来上がり。

食べ方は、空いている貝で片方の貝をほじって食べると書いてある本がありますが、フォークでぎしぎし、おはしでごしごしやって全然構いません。

付け合せのフライドポテトは、手作りに越したことはないですが冷凍でも充分です。白ワインでも、ベルギー料理なのでベルギーの白ビールもおすすめです。ムール貝は個数にこだわらず、お好きな数だけどうぞ。あったまります。(1:20~)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/12月4日(木)

プレゼンター:斎藤茂GM  【YouTube】(公開次第リンクします)

オンエア・リスト 【OTTAVA】  


本日のフレーバー・リクエスト   [  お誕生日]  [ ファンファーレ ]

●大阪のあおいさん…カプリッチョ「最愛の兄の旅立ちに寄せて」変ロ長調 BWV.992/J.S.バッハ
●かっぱさん…開かれた空/シネシ
肉食人種夫人(11月25日)…ソナタ イ長調 K.208/D.スカルラッティ(L.ブローウェル編)
はにわっこさん…歌劇「コアンガ」~ラ・カリンダ/ディーリアス(矢島さんリクエスト)


本日のオープニング小芝居担当…はがにゃんさん


今夜のツボ(登場順)

①「クリスマス…生放送。元日…生放送。イエーイ!」(1:30)
 ※年末年始もお仕事のGMです
②「やめよう。これ以上数字刻んでいくのは」(1:07)
 ※ニコ動有料会員が100人で…。1000人だと…
③「最初から助けてあげたのは誰だと思う?」(2:00)
 ※いよいよ大物になってしまったトーン君に上から目線(笑)
④「大分通って来た。働いてみるもんですね」(3:13)
 ※詰まっていた鼻が喋ったおかげで…
⑤「おっと、それ以上近づいちゃいけねぇぜ。風邪移るよ」(3:25)
 ※お誕生日に言っていただきました。うれしいです(涙)




サプライズ・プレゼントというのはなんてうれしいのでしょう。

今夜の放送は明日から始まる有料配信の話題がたびたび出て、斎藤さんが「12月5日からですよ。明日ですよ」と連呼するごとに「その明日が誕生日なのだ…」とひとりごちでおりました。5年間お祝いしていただきましたが、今年は斎藤さんの担当ではないので、第2の開局が始まったときからリクエストはすまいとあきらめていたのです。それが…それが…(落涙)

フラーノさん、たていしさん、ありがとうございます。プレゼント曲も、モーツァルティアンが泣いて喜ぶ有名曲をいただきました。短調の交響曲の中で唯一長調の楽章で、大好きな2楽章のうちのひとつです。

はまるんと呼んでもらうというのは、前の月がお誕生日のnahemaさんが、いつも呼び捨てにしてもらうのがうらやましくて、「それじゃあ私ははまるんで」とメールしたのが3年前ぐらいだったと思います。そんなことまで覚えていてくださって感激です。

気を良くして来年のカレンダーをめくってみましたら、なんと土曜日です。現状では生放送のない日ですが、資金繰りが好調で斎藤さんの新しい番組が始まっているかもしれない…などと、妄想がふくらむうれしいバースデイ・イブでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/12月2日(火)

プレゼンター:本田聖嗣さん  【YouTube音源】(公開次第リンクします)

オンエア・リスト 【OTTAVA】  


本田師匠:本日の作品(登場順・解説略)

①「羊たちも受難ですから(中略)祈る季節でもあるからでしょうか。その心は…
おお神(狼)」(1:00)
②「明けたらお正月。神社仏閣へ行って…そう、合掌付き(合唱)」(1:18)




今夜のビストロ・セイジは3:15から。メニューはと申しますと、かのトゥール・ダルジャンの名物料理「鴨のオレンジソース」でございます。「ビストロ・セイジの簡単男の料理」というだけあって、分量の説明は一切なし(笑)。

砂糖を鍋で焦がさないように注意しながらカラメル・ソースを作ります。これにボルドーあたりのフルボディの赤ワインとオレンジの絞り汁を加えます。オレンジが手に入りにくいようならみかんでも構いませんが、ちょっと甘くなります。

これでオレンジソースの出来上がりです。100%だからいいだろうとオレンジジュースで手抜きをすると失敗します。カラメルが焦げやすいのでワインと絞り汁はあらかじめ用意しておくこと。

鴨は日本でも合鴨が入手しやすくなりました。むね肉のかたまりの脂身のほうに包丁ですじを入れて、塩コショウしてから、フライパンで脂身のほうから両面を焼いていきます。たくさん出た油を少しカラメルソースとあえます。薄切りにしてソースをかけて出来上がり。付け合せはじゃがいもやにんじんをグラッセしてどうぞ。野菜は電子レンジで蒸してもOKです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »