« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

今夜のOTTAVA Salone/1月27日(火)

プレゼンター:本田聖嗣さん

本田師匠:本日の作品(登場順・解説略)

①「アイネ・暗くないね・ナハトムジーク」(1:42)
②「『大将、このマグロは養殖かい?』『寿司は和食でしょう』サンドイッチマンのネタです」(2:51)




1月27日は我が最愛のモーツァルトの誕生日。今夜のビストロ・セイジは、あろうことかオープニングからエンディングまでモーツァルトの(しかも超名曲の)オンパレードでありました(感涙)。

映画「アマデウス」のストーリーにはフィクションが多分に含まれていますが、彼の性格描写はかなり忠実だと言われていて、あの映画のモーツァルトをけしからんと非難する人は私の周りにはひとりもいません。

それを思うと、モーツァルトの誕生日なんですからもっとはっちゃけてくださってもよかったのに、今日はちょっとダジャレが少なかったのが残念といえば残念。ともあれ、今夜の放送は永久保存版であります。往年のフレスコを彷彿とさせる語りも必聴です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/1月22日(木)

プレゼンター:斎藤茂GM


本日のフレーバー・リクエスト [ 記念日]

●月の輪ちゃん…①リラの花 ②10の前奏曲~ト短調 Op.23-5/ラフマニノフ
まゆぽんのダンナさん(11日・結婚記念日)…弦楽五重奏曲 第2番 ト長調
Op.111~第4楽章/ブラームス
  チェチーリア!さん(14日・銀婚式)…銀の月(J・ロイド・ウェバーによる2つのチェロとピアノ編)/ウィリアム・ロイド・ウェバー(ジュリアン・ロイド・ウェバー編)
●メンディさん、ねりま姫……創作主題による変奏曲「エニグマ」Op.36~ニムロッド/エルガー
●めぐみんさん、XJR1300さん…アマゾンの森~愛の歌/ヴィラ=ロボス

今夜のツボ(登場順)

①「寂しそう?だったら盛り上げてください」(0:18)
 ※今夜はワンマン放送のGM。ひとりで歌います「♪あったかいんだからぁ」
②「普通のOTTAVAよりは…お行儀が悪いと言うとナンですが」(1:06)
 ※本田さんとゲレンさんで有料放送限定番組を制作中
③「どうして~いいじゃないですか」(1:16)
 ※グールドみたいにはなりたくないというメールに
④「人気絶頂!…うまく言えないな。人気MAX!」(2:47)
 ※田代万里生さん人気でひとりでも多く動員したい
⑤「この出だし思い出しました」(3:47)
 ※久々の「たかが深呼吸と侮るなかれ」




番組終了10分前、久しぶりに深呼吸のコーナーが帰ってきました。インフルエンザの猛威のせいでしょうか。からだの調子の良くない人が多いらしく、リクエストが増えているそうです。

気分が落ち着く、脂肪燃焼、冷え性解消、ストレス解消・・・深呼吸の効能はいろいろ言われていますが、血圧は確実に下がります。これは毎日実践している私が保証いたします。コンブリオのブログに斎藤さんが初めてやり方をアップしてくださったのは2011年4月4日のこと。当初は地震酔いの緩和が目的でした。以下にそのまま貼り付けます。

 今週も「地震酔い」を緩和するために1時間に1度ご一緒に、「深呼吸」を
 しましょう。

   目を閉じて
   2~3秒で鼻から息を吸い
   2~3秒、息を止めて
   10~15秒かけて、ゆっくり口から
   息をはく
   これを5回~10回続ける
   終わった後には
   必ず、コップ一杯の水を飲む

 これが深呼吸の基本的な要領です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/1月20日(火)

プレゼンター:本田聖嗣さん

本田師匠:本日の作品(登場順・解説略)

本田さんイチオシ、池辺晋一郎先生作「カリブ海ジョーク」(2:33)

 上司と部下の会話
 「君は今日からハイチ換えだ」
 「そ、そんなバハマ」
 「我慢してくれ。キューバしのぎだ」
 「ジャ、マイーカ」
 「苦労がプエルト、リコーになるよ」
 「ドミニカなるでしょうか」




横浜名物、崎陽軒のシウマイ(決してシューマイではないので念のため)を例に出すまでもなく、元祖として有名なものは、あまねくどこにでも手に入るものだと思い込んでいたことがそうではないと、今夜本田さんが教えてくださいました。そうです。今日のプレゼンターのおすすめであるモーツァルトクーゲルンです。

まだインターネットが普及していない遥かな昔、ザルツブルク詣でから帰国したモーツァルティアンがお土産に買ってくるのは、金色の包装紙に赤い服を着たモーツァルトが印刷されている、ミラベル社のチョコレートと決まっていました。

例外なく皆このチョコを買ってくるので、私も初めてザルツブルクへ行ったときのお土産はミラベルのモーツァルトクーゲルンでした。モーツァルトの生家近くにある銀と青の包み紙のチョコを置いているお店は、前を通ったはずですが覚えていません。そこが元祖でオリジナルといわれるフュルスト社だというのは今日始めて知りました。そう言えばザルツで修行をしていた合唱団の恩師が「オリジナルはゲトライデガッセにある青いヤツだよ」と言っていたのを、これを書いているうちに思い出しました。

モーツァルトに関してはもうウィキペディアを読むこともあるまいと思っていたのですが、なんとまあ結構な行数を割いて、しかもそれぞれのチョコレートの外観と断面図まで載せてあります。血糖値が高いので甘いものは控えなければいけないのですが、30年前にこれを見ていたら全部食べ比べたのにぃ!!!(1:04~)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/1月15日(木)

プレゼンター:斎藤茂GM


本日のフレーバー・リクエスト [  お誕生日]

●ドンキさん…序奏とアレグロ/ラヴェル
●大阪のみかんさん、銀の糸さん…①あわて床屋/山田耕筰 ②この道/山田
耕筰
ゆきさん(10日)、ゆきさんのお母さま(1日)、ゆきさんのお兄様(4日)…
ディクシット・ドミヌスとマニフィカト K.193~マニフィカト/モーツァルト
豆葉さん、うーにゃさん(10日)…ブランデンブルク協奏曲 第5番 ニ長調
BWV.1050 ~第3楽章/J.S.バッハ
●たていしさん…アテネの廃墟のモティーフによるトルコ風カプリッチョ S388・R125/リスト

今夜のツボ(登場順)

①「あるんだよなぁ、たまに。こういうの」(0:30)
 ※ポッキーの箱を空けたらほとんど折れていて凹んだというメールに
②「いいトシしたおじさんが不思議だなと思うんだけど、トイレで手洗うときハッピー
 バースデイ2回歌うようにしてるんですよね」(1:33)
 ※インフル予防には手洗い。本田さんいわく「ハッピーバースデイはワンコーラス
 20秒」
③「あきらめてますからね。忘れ物をする人間だっていう風に」(1:40)
 ※忘れてもいいようにPASMOを常に2枚持っているGM
④「♪チョッキンチョッキンチョッ…キンナ~。最後ちょっとタメるのがコツですね」
 (1:54)
 ※時間がなくてバタバタしているときにGMの頭の中で流れるのが「あわて床屋」
⑤「普通こんな時期にCDなんてリリースしないんですよね」(3:17)
 ※12月28日発売「ロックになったクラシック」。まもなく完売です
⑥「一瞬でもビリーを疑った自分を恥じた経験があります」(3:20)
 ※“This Night”はパクリではありません(笑)
⑦「ホントにやってくれるの?」(3:45)
 ※OTTAVA社長就任のオファーが来ない!というメールに




阪神淡路大震災から20年。時の速さに驚かされます。最近また目にするようになった、飴のように曲がった高速や、宙吊りのバスの画像を見るたびに、西宮で被災した知人を思い出します。

奥様とお子さんを実家に避難させたあと、ひとりきりの家の中で、さて何から手をつけようと自室へ行くと、ラックから放り出されて山になったCDのいちばん上にあったのが、尾崎喜八の自作の朗読CDだったというのです。

クラシック好きだった尾崎はモーツァルトをテーマにした詩も多く、1992年に生誕
100年記念として発売されたCDがモーツァルティアンの中で話題になっていました。幸い停電も解消され、まずオーディオを鳴るようにすることから始めたそうです。

「人の声にあんなに癒されたことはない。一区切りつくまでずっとそのCDを聞いていた」という友人の言葉が忘れられません。モーツァルトを聞ける心境になったのは数ヶ月後だったということです。(3:04~)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/1月13日(火)

プレゼンター:本田聖嗣さん

本田師匠:本日の作品(登場順・解説略)

「動物のしゃらくせぇ」(3:16)




今夜はパリでの悲劇を悼む4時間でした。番組を通して、追悼や自由、そしてフランスを象徴する曲が流れました。かの国が第2の祖国といっても過言ではない本田さんですから、もっともっとおっしゃりたいことがあったと思うのですが、いつもと変わらぬ落ち着いた口調で、言葉を選んでお話しされる様子に、かえって深い悲しみを感じました。

そんな4時間の中でいちばん印象に残ったのが、ブラジルのかゆみこさんからのメールにあった「愛は憎しみより強し(L'AMOUR PLUS FORT QUE LA HAINE)」という言葉です。

数百万ともいわれるデモのスローガンのようになっている「私はチャーリー(JE SUIS CHARLIE)」ですが、私のような極東の人間には、解説がないとわかりにくい言葉よりも、「愛は憎しみより強し」のほうがすんなりと心の中に入ってくるような気がしています。(1:00~)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/1月8日(木)

プレゼンター:斎藤茂GM


本日のフレーバー・リクエスト

●なにわるつさん…5つの管楽器のための小室内音楽 Op.24-2~第4楽章/
ヒンデミット
●威風ゴーゴーさん…①チューニング・アップ/ヴァレーズ ②交響曲第4番 Op.
29「不滅」~第4楽章/ニールセン
●京都の三毛猫さん…アルトのための2つの歌 Op.91~第2番 聖なる子守歌/
ブラームス(K.ベルケシュ編)

今夜のツボ(登場順)

①「そんなカッコイイもんじゃなかったけど」(0:26)
 ※先週初登場サイトーブラックへの感想メールに
②「まだ7時台ですけどね。いいのかな」(0:59)
 ※パーカッションの激しい曲をというフレーバー・リクエストに
③「でかい声で叫びますよ…マイクあるか」(3:47)
 ※復興コンサート、エレクトロンホールのA席は舞台が遠いというメールに
④「感想と言えば空気乾燥してますのでくれぐれも注意してください」(3:59)
 ※エンディングにオヤジギャグでそのまま逃げる(笑)




今夜はゲストをお迎えしたためツボがちょっと少なめでした。ゲストとのやり取りの中で出てくるツボもたくさんあるのですが、今日の放送はトークよりもレクチャーと言ったほうがいいかもしれません。

メシアンと聞いて現代音楽!?と尻込みしている方は、オンエアを聞いて見方が変わることでしょう。少なくともOTTAVAではヘビロテの部類に入る「星たちの喜び」(トゥーランガリラ交響曲)がお好きな方は必聴です。

もう1曲、ジョン・ケージというと必ず話題に出てくるプリペアードピアノが存分に聞けます。不協和音と恐るるなかれ。まるで民族音楽のようでとても心地よい響きがします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/1月6日(火)

プレゼンター:本田聖嗣さん

本田師匠:本日の作品(登場順・解説略)

①「まさに本堂の中は戦争のような浅草寺でした」(0:20)
②「お坊さんが2人しかいなかったよ。これがホントの和尚がツー」(0:20)
③「いいスピーカーを入れたそうだ。これがホントのBOSE丸儲け」(0:20)
④「ドナウなっとんねん!」(1:02) ※このあと青きドナウを流す
⑤「恭賀新年・・ではなく今日が誕生日の3人、モンティ、ブルッフ、スクリャービンの
メドレーです」(1:48~ツイッターより)
⑥「(ジャネット)ジャクソン好きで、お正月だったらシャクソン(釈尊)ファイブとか
シャクソンズとかいろいろありますけど」(3:22)




“ビストロ・セイジ”ファンの皆さま、お待たせいたしました。3週間ぶり、今年初めてのビストロレシピは「スペインの宮廷風ココア」です。ニューイヤーといえばウィーン。ということで、マリア・テレジア時代の宮廷で大流行していた甘~いココア(ショコラ)をどうぞ。

【用意するもの】ココアパウダー、ビターチョコレート、バニラビーンズ、荒糖(中南米の精製していない荒い砂糖)、生クリーム、甘口ワイン、ミルク、シナモン、バラと
ジャスミンの花びら

 ・ココアパウダーの中にバラとジャスミンの花びらを入れて数日間冷蔵庫に入れ、
  ココアに花の香りをつける。
 ・ミルク(250ccぐらい)に荒糖を入れて温め、次にバニラビーンズ入れ、
  ミルクが沸騰する直前に火を弱めてシナモンを加える。
 ・バラとジャスミンの香り付けをしたココアパウダーとミルクを足して、
  泡だて器で静かにかき混ぜながら温める。
 ・生クリームと細かく砕いたビターチョコを加えさらに加熱。
 ・火を止めてからワインを足して(ワインを入れたら加熱は厳禁)
  1分間待ってからポットに移してテーブルへ。

非常に優雅で手のかかる王侯貴族にふさわしい飲み物です。シュトラウスⅡ世のワルツ「シトロンの花の咲くところ(Op.364)」をBGMにお楽しみください。(0:50~)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/1月1日(木)

プレゼンター:斎藤茂GM


本日のフレーバー・リクエスト [  お誕生日]

●あひるみかんさん…司祭ザドク HWV.258/ヘンデル
●まゆぽんのだんなさん、ダフィさん、エルサさん…4つの即興曲 D.935,Op.142~第3番 変ロ長調/シューベルト
バルセロナのゆかさんからお嬢さんのクロエさんへ(12月?日)…弦楽四重奏曲 第4番~第4楽章/バルトーク
●ねここさん…静かな潟(スリーピー・ラグーン)/コーツ
●ローズマリア姫…白鳥の歌 D.957~愛の便り /シューベルト


今夜のツボ(登場順)

①「悲しき農夫…だいぶ違いますね」(0:43)
 ※楽しき農夫を噛む
②「サイトーレッドねぇ…あんまり遅く来られてもつまんないもんねぇ…」(1:04)
 ※1時間経過も登場なし。この30分後に登場
③「ぼくも録画してきたよ、ちゃんと。一緒に見ようよ、夜中に」(1:09)
 ※裏番組のニューイヤーコンサートのこと
④「なんかありそうな話で怖いですね」(1:28)
 ※ステージから落下してサイトーイエローが負傷?
⑤「御殿場のショッピングモールにいるのだ。3回まわしだ」(1:28)
 ※負傷のイエローに代わり営業中のサイトーレッド
⑥「その上に座っちゃったり蹴っ飛ばしちゃったりするのかな」(2:51)
 ※いたいけな新小学1年生にランドセルの話をふる大人気ないGM
⑦「負けませんよ、ウィーン・フィルに」(3:45)
 ※と言いながら裏番組とほぼ同時刻に仙台フィルの青きドナウを流す
⑧「来たな、やっぱり」(3:40)
 ※「おメェ~でとうございます」というメールに
⑨「自分で言うか!小娘って」(3:41)
 ※小学校4年の小娘ですというインチキッズに騙される




週に一度の放送のせいか、異例の事前告知までして呼びかけた「カモン・キッズ・スペシャル」は、大成功だったのではないでしょうか。キッズにせがまれて歌もたくさん出ました。

しかし、つんさんのイラストがアップされたおかげで、多大なる期待を抱かせたサイトーレッドには足をすくわれました。まさか新キャラを用意しているとは…! しかもしっかりテーマソング付き(グノーの操り人形の葬送行進曲)というところに、GMの思い入れの強さを感じます。

新キャラ、サイトーブラックの評判は上々のようで、大ウケした(?)モーリーからのメールも紹介されました。5月5日の再登場もあるのでしょうか。期待はふくらみます。(2:28~)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »