« 今夜のOTTAVA Salone/1月15日(木) | トップページ | 今夜のOTTAVA Salone/1月22日(木) »

今夜のOTTAVA Salone/1月20日(火)

プレゼンター:本田聖嗣さん

本田師匠:本日の作品(登場順・解説略)

本田さんイチオシ、池辺晋一郎先生作「カリブ海ジョーク」(2:33)

 上司と部下の会話
 「君は今日からハイチ換えだ」
 「そ、そんなバハマ」
 「我慢してくれ。キューバしのぎだ」
 「ジャ、マイーカ」
 「苦労がプエルト、リコーになるよ」
 「ドミニカなるでしょうか」




横浜名物、崎陽軒のシウマイ(決してシューマイではないので念のため)を例に出すまでもなく、元祖として有名なものは、あまねくどこにでも手に入るものだと思い込んでいたことがそうではないと、今夜本田さんが教えてくださいました。そうです。今日のプレゼンターのおすすめであるモーツァルトクーゲルンです。

まだインターネットが普及していない遥かな昔、ザルツブルク詣でから帰国したモーツァルティアンがお土産に買ってくるのは、金色の包装紙に赤い服を着たモーツァルトが印刷されている、ミラベル社のチョコレートと決まっていました。

例外なく皆このチョコを買ってくるので、私も初めてザルツブルクへ行ったときのお土産はミラベルのモーツァルトクーゲルンでした。モーツァルトの生家近くにある銀と青の包み紙のチョコを置いているお店は、前を通ったはずですが覚えていません。そこが元祖でオリジナルといわれるフュルスト社だというのは今日始めて知りました。そう言えばザルツで修行をしていた合唱団の恩師が「オリジナルはゲトライデガッセにある青いヤツだよ」と言っていたのを、これを書いているうちに思い出しました。

モーツァルトに関してはもうウィキペディアを読むこともあるまいと思っていたのですが、なんとまあ結構な行数を割いて、しかもそれぞれのチョコレートの外観と断面図まで載せてあります。血糖値が高いので甘いものは控えなければいけないのですが、30年前にこれを見ていたら全部食べ比べたのにぃ!!!(1:04~)

|

« 今夜のOTTAVA Salone/1月15日(木) | トップページ | 今夜のOTTAVA Salone/1月22日(木) »

OTTAVA Salone」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今夜のOTTAVA Salone/1月20日(火):

« 今夜のOTTAVA Salone/1月15日(木) | トップページ | 今夜のOTTAVA Salone/1月22日(木) »