« 今夜のOTTAVA Salone/1月1日(木) | トップページ | 今夜のOTTAVA Salone/1月8日(木) »

今夜のOTTAVA Salone/1月6日(火)

プレゼンター:本田聖嗣さん

本田師匠:本日の作品(登場順・解説略)

①「まさに本堂の中は戦争のような浅草寺でした」(0:20)
②「お坊さんが2人しかいなかったよ。これがホントの和尚がツー」(0:20)
③「いいスピーカーを入れたそうだ。これがホントのBOSE丸儲け」(0:20)
④「ドナウなっとんねん!」(1:02) ※このあと青きドナウを流す
⑤「恭賀新年・・ではなく今日が誕生日の3人、モンティ、ブルッフ、スクリャービンの
メドレーです」(1:48~ツイッターより)
⑥「(ジャネット)ジャクソン好きで、お正月だったらシャクソン(釈尊)ファイブとか
シャクソンズとかいろいろありますけど」(3:22)




“ビストロ・セイジ”ファンの皆さま、お待たせいたしました。3週間ぶり、今年初めてのビストロレシピは「スペインの宮廷風ココア」です。ニューイヤーといえばウィーン。ということで、マリア・テレジア時代の宮廷で大流行していた甘~いココア(ショコラ)をどうぞ。

【用意するもの】ココアパウダー、ビターチョコレート、バニラビーンズ、荒糖(中南米の精製していない荒い砂糖)、生クリーム、甘口ワイン、ミルク、シナモン、バラと
ジャスミンの花びら

 ・ココアパウダーの中にバラとジャスミンの花びらを入れて数日間冷蔵庫に入れ、
  ココアに花の香りをつける。
 ・ミルク(250ccぐらい)に荒糖を入れて温め、次にバニラビーンズ入れ、
  ミルクが沸騰する直前に火を弱めてシナモンを加える。
 ・バラとジャスミンの香り付けをしたココアパウダーとミルクを足して、
  泡だて器で静かにかき混ぜながら温める。
 ・生クリームと細かく砕いたビターチョコを加えさらに加熱。
 ・火を止めてからワインを足して(ワインを入れたら加熱は厳禁)
  1分間待ってからポットに移してテーブルへ。

非常に優雅で手のかかる王侯貴族にふさわしい飲み物です。シュトラウスⅡ世のワルツ「シトロンの花の咲くところ(Op.364)」をBGMにお楽しみください。(0:50~)

|

« 今夜のOTTAVA Salone/1月1日(木) | トップページ | 今夜のOTTAVA Salone/1月8日(木) »

OTTAVA Salone」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今夜のOTTAVA Salone/1月6日(火):

« 今夜のOTTAVA Salone/1月1日(木) | トップページ | 今夜のOTTAVA Salone/1月8日(木) »