« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

今夜のOTTAVA Salone/4月28日(火)

プレゼンター:本田聖嗣さん

本田師匠:本日の作品(登場順・解説も時々あり)

①「ロボコンじゃなくてドボコンでしたね」(1:20)
②「携帯電話会社と間違えて言っちゃう(中略)そう英雄(au)であります」(1:24)
③「詩曲といいます。ちょっと四国にひっかけてみました」(3:00)




初めてインターネットで本を買ったのは忘れもしない「マタイ受難曲」であります。バッハのオーソリティ、礒山雅さんによる500頁を超える大書で最寄りの本屋さんにはなく、取り寄せると2、3週間かかると言われてネット購入に踏み切りました。15年ぐらい前のことでまだアマゾンは日本に上陸していなかったと思います。

当時所属していた合唱団でついにマタイを取り上げることになり、10ヶ月かけての練習が始まろうとしていた頃でした。生半可な気持ちでは取り組めないと思い、合唱団仲間と生演奏を聞きに行ったり、礒山先生のカルチャー講座に出かけたり、後にも先にもあんなに熱心に下調べをして望んだ練習はありませんでした。

先週に続いて今週も本田さんが流してくださったアルトのアリア「憐れみたまえわが神よ」を手元の楽譜で開いてみると、礒山先生の「真の信仰に目覚めたペテロの姿を歌っている」という言葉がメモしてあって、この曲こそマタイの真髄であることがわかります。LFJでバッハ・コレギウム・ジャパンの演奏へ行かれる方は心から楽しんでくださいますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/4月23日(木)

プレゼンター:斎藤茂GM


音楽自慢西東(第8回)

【岐阜県】
●歩きメデスさん…①仙台フィル・村上達俊さん(第2ヴァイオリン・牛久市出身)、
木下資久さん(ホルン・高山市出身)②荘村清志さん(ギタリスト・岐阜市出身)
●四分音符さん…野外博物館リトルワールド(可児市)
●アラフィフママさん…①栃本浩規さん(トランペット・高山市出身)②飛騨芸術堂
●ひゅうがさん…①クララザール(岐阜市)②サラマンカホール(岐阜市)
●柴犬パピーさん…サラマンカホール
●竹鶴姐さん…ガレリア・デル・ヴィオリーノ(弦楽器工房・岐阜市)
●ハーモニクスさん…ヤイリギターほか楽器工房多し
●四十郎さん…上原彩子さん (ピアニスト・各務原市出身)
●お名前のない方…①上原彩子さん ②藤村実穂子さん(メゾソプラノ・可児市出身)
③リスト音楽院サマースクール(岐阜市)
●Hamadeus…①岐阜県交響楽団 ②長良川国際会議場「さらさ~ら」

【京都府】
●ひゅうがさん…京都市交響楽団「今日京響?」
●マチルダさん…①名曲喫茶「柳月堂」(京都市左京区)②クンパルシータ(タンゴ専門喫茶店【現在閉店】)
●おやかまっさん、サンサンスーさん…フランソア喫茶室(国の登録有形文化財
・河原町)
●りかさん…カフェ・モンタージュ(中京区)
●ミサオインザキッチンさん…京都コンサートホール(左京区)


本日のフレーバー・リクエスト  [ お誕生日]

●更紗眼鏡さん…夜想曲第1番 変ホ短調 Op.33-1/フォーレ
●soariさん…八重奏曲 変ホ長調 Op.20~第1楽章/メンデルスゾーン
●ラッパ吹きの娘(長女)さん…熟したさくらんぼ/ブリッジ
●千代田区のゆみみやさん…ヴァイオリンソナタ ト短調「悪魔のトリル」①第1楽章 ②第2楽章/タルティーニ
陽気な静電気女さん(8日)、みおの母さん(14日)…花の曲 変ニ長調 Op.19/シューマン
アダーさん(13日)…カンタータ第198番「侯妃よ、さらに一条の光を」BWV.198から「第5曲アリア」/J.S.バッハ(カルロス・メナ他 リチェルカーレ・コンソート)
ティラさんからメタさんへ、ジョーさん、(16日)、りんさん(16日・結婚記念日)…バレエ組曲「アパラチアの春」~シンプル・ギフト /コープランド


今夜のツボ(登場順)

①「おじいさんて言うな」(0:51)
 ※♪おし~えて~おじいさん♪という質問メールに
②「8がついてるだけなんですけど許してね」(0:54)
 ※八重桜に似合うフレーバーリクエストにこたえて
③「あのへんかな」(2:34)
 ※一番町の町内リスナーさんからのメールに
④「マルエツのコーヒーフィルターがいいんです」(2:49)
 ※一番町のファミマとマルエツプチがGM御用達
⑤「聞きたいなぁ!ねえ」(3:37)
 ※吹奏楽の伝説のエピソードは略というメールに
⑥「もうやめますね、読むのね」(3:51)
 ※奈良んちゃさんの駄洒落メールを一刀両断
【番外】(延長時間中に出ました)
⑧「残業だ(中略)キャラクターがガラッと変わる斎藤茂です」(4:00)
 ※しかし本日のモノマネはなし(笑)




すみません。音楽自慢は次回の熊本県、群馬県で第9回になると思うんですけど、私の数え方が間違ってるのでしょうか・・・

さて、今月いっぱいでスポンサーシップが終了するとのこと。斎藤さんはいろいろお話ししてくださいましたが、要するに「用途が決まっていないお金は集めない」ということなんだと私は理解しました。クラウドファンディングとか株式公開とか、目的のはっきりしたお金が必要になるまでしっかり貯めておくことにしましょう。

とりあえず助けになるのはニコニコ動画だとか。このところ続いているニコ動のみの延長放送は会員増強策なんですね、きっと。今夜の斎藤さんの延長放送(残業とも言う)では「来週から残業カフェ復活」の発表がありました。古くからのリスナーは小躍りしていることでしょう。来週23時はぜひともあの決めゼリフを聞かせていただきたいものです。「まだ帰れないの?」(2:23~スポンサーシップ終了のお知らせ)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/4月21日(火)

プレゼンター:本田聖嗣さん

本田師匠:本日の作品(登場順・解説も時々あり)

①「なんと!これは2013年のナントのLFJのライブ録音です」(2:24)
②「タコ酢とタコスなんですね」(3:02)
③「オレンジジュースを飲みながらお聞きください。みかんせい」(3:54)
【番外】延長戦も絶好調
④「モーツァルト アリアも曲も 長調(蝶々)だ」(4:06)
⑤「バッハ家は 愉快なファミリー ばっはっは」(4:21)
⑥「頭をマゼッパ」(4:20)
※マゼッパは難しすぎて頭を掻きむしっちゃうそうです




パッションジュースを初めて飲んだのは30年以上前に訪ねた八丈島でした。トケイソウを初めて見たのは20年前に住んでいたご近所の生垣でした。ジュースと花が結びついたのは、鹿児島の親戚が何の気なしにつぶやいた「トケイソウの実」という言葉です。

一度見たら忘れないあの印象的な花を思い出し「トケイソウに実がなるの?」と聞いたところ、「パッションフルーツ。美味しいよ。知らない?」と言われて、トケイソウの実がパッションフルーツであることを知ったのでした。

いろいろ調べて挿し木で増やせることがわかり、挑戦してみましたが失敗。それ以来、育ててみたいあこがれの植物のひとつです。5月からが開花期なので、まもなくフラワーショップの店先に並ぶのが楽しみです。(0:24~)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/4月16日(木)

プレゼンター:斎藤茂GM


音楽自慢西東(第7回)

【鹿児島県】
●にゃんごろー4911さん…下野竜也さん(鹿児島市出身)
●バルセロナのゆかさん…クラシックを聴かせた黒糖焼酎「れんと」
●ペナン島のマンギスさん…霧島国際音楽ホールみやまコンセール
●鹿児島(横浜)のビアさん…鹿児島弁の音楽的響き

【神奈川県】
●四分音符さん、Hamadeus…横須賀芸術劇場
●横浜のビアさん…県立音楽堂
●マレーシアのナシレマさん…吉祥院「檜ホール」(湯河原)
●しんじょうさん…丹生谷佳恵さん(ピアニスト)プロデュース・コンサートシリーズ(横浜市泉区)
●房総のマンダリンさん…鎌倉芸術館
●evergreenさん…①数々の名指揮者を輩出した県立高校 ②神奈川フィル
●まあちゃんさん…神奈川フィル
●夏みかんの父さん…仙台フィルには神奈川出身者が多い
●ぷかこさん…アルテリッカしんゆり・しんゆり芸術祭(新百合ヶ丘)
●眠りの森のしげるさん…フェスタサマーミューザ川崎(今年は7月25日から)
●やまねこさん…①沖縄伝統芸能(県指定無形民俗文化財) ②はいさいFESTA(川崎・ラ・チッタデッラ)

【香川県】(追加)
●Hamadeus…高橋薫子さん(小豆島出身)


本日のフレーバー・リクエスト

●えんどう豆さん…管弦楽のための協奏曲 Sz.116~対の遊び/バルトーク
●バイエル5年さんから息子さんへ…リダ・ヴェーダからの合唱賛歌-夜明けへの賛歌(J・ロイド・ウェバーによる4つのチェロとハープ編/ホルスト(ジュリアン・ロイド・ウェバー編)
●マチルダさん…The Draughtsman's Contract-An Eye For Optical Theory (Film Score 1982) /ナイマン( Spark編)
●ワニ子の父さんから花屋の奥さんへ…ピアノ協奏曲 ヘ調~第3楽章/ガーシュウィン
●「冷静と情熱の間には静穏がある」さん…3つの間奏曲 Op.117~第2番 変ロ短調/ブラームス


今夜のツボ(登場順)

①「斎藤さん!ニコ動のフェーダーが上がってません!」(0:01)
 ※ニコ動90秒無音。のっけからやっちまってます(笑)
②「僕に会うのは大体がファミリーマートじゃないでしょうかねぇ」(0:20)
 ※一番町のオシャレなレストランでGMにバッタリ…ということはなさそうです
③「ま、残業ですね」(0:22)
 ※23時以降もサービス放送があります!(ニコ動限定)
④「僕ぐらいイタ飯の似合う男いないと思ってんですけどね」(0:34)
 ※斎藤さんのイメージは和食というメールに
⑤「いいえ、別に」(1:29)
 ※髪の毛の話はNGでしたねというメールに
⑥「本末転倒って言いますよね。そういうのね」(3:01)
 ※放送そっちのけでニコ動のコメントに夢中というメールに
⑦「仕事なんてもう、どんどん取っちゃってください」(3:17)
 ※リスナー同士で仕事の受注が!というメールに
【番外】(延長時間中に出ました)
⑧「そのうち終電と勝負したいんですけど」(4:05)
 ※とりあえず今夜は15分
⑨「それでは皆さん、おやすみなさい。エドエド」(4:15)
 ※今のGMの押しは「お侍ちゃん」らしい




音楽自慢西東ですが、都道府県人口第2位の神奈川県は大量12人のエントリーで、私のメールもはしょられまくり。そんな中で、evergreenさんと夏みかんの父さんのメールは素通りするわけにはいかなかったのでちょっとまとめてみました。

まずevergreenさんの「名指揮者に県立高校出身者が多い」という情報から。上岡敏之さん(新日本フィル音楽監督就任予定/県立湘南高校)、大野和士さん(東京都交響楽団音楽監督/県立湘南高校)、山田和樹さん(仙台フィルミュージックパートナー/県立希望ヶ丘高校)、飯森範親さん(山形交響楽団音楽監督/県立追浜高校)という、お名前も出身校もそうそうたるもので、私なんぞは「県立希望ヶ丘」と聞いただけで腰が抜けそうになります。

そして夏みかんの父さんによる「仙台フィルには神奈川出身者が多い」というのも調べてみると、出るわ出るわ。神谷未穂さん(コンサートマスター/鎌倉市出身)、寺澤正晴さん(ヴィオラ/横浜市出身)、田澤緑さん(チェロ/藤沢市出身)、芦澤曉男さん(フルート/鎌倉市出身)、木立至さん(オーボエ/横須賀市出身)、矢崎雅巳さん(トロンボーン/横浜市出身)と、6人もいらっしゃいました。

次回は岐阜県と京都府です。こちらも千客万来でありますように。(3:19~)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/4月14日(火)

プレゼンター:本田聖嗣さん

本田師匠:本日の作品(登場順・解説も時々あり)

①「ワンマン運転に向いた運転席になってきた」(1:58)
②「ほーってダジャレじゃないですよ」(3:40)
 ※これ↑わかりません???…解説求む




LFJにOTTAVAのサテライトスタジオが出なかったのは、確か去年だけのはずなのに、どうして斎藤さんも本田さんも「3年前、3年前」っておっしゃるのでしょう。何はともあれ、今年はLFJにOTTAVAが帰って来ます。

生放送ではなく、翌日に放送する番組を前日に公開録音するという形になるそうです。「生放送にはお金がかかる」というのは本田さんの弁ですが、私はお金より人のような気がします。技術スタッフが圧倒的に足りないのではないでしょうか。

詳細は本日(15日)配布のメルマガにも載っていますが、とにかく早く知りたいという方は0:28頃からお聞きください。本田さん自ら「林田さんと私がおたくでコアな話をするのは1年に1回ここだけ」とおっしゃる有楽町だけの放送されないスペシャルも2年ぶりの登場ですね。(0:28~)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/4月9日(木)

プレゼンター:斎藤茂GM


音楽自慢西東(お休み)

本日のフレーバー・リクエスト  [ 記念日]

●加計呂麻島はいいところさん…ボッティチェッリの三連画~ヴィーナスの誕生/レスピーギ
●おこじょママさん、ローズマリア姫、肉食人種夫人…6つの小品 Op.118~間奏曲 イ長調/ブラームス
●ピッチーの母さん、花屋の奥さん(エトルさんリクエスト)…ボッテチェッリの三連画~春/レスピーギ
しりとり3兄弟の母さん(9日・結婚記念日)…ミュージカル「ウェスト・サイド物語」第1幕~アメリカ/バーンスタイン
●ますみさん…弦楽四重奏曲 第2番 ニ長調~夜想曲/ボロディン(プリムローズ編)


今夜のツボ(登場順)

①「どのへんで言おうかなあ・・・」(0:04)
 ※決まったばかりのビッグニュースは3:27から
②「早くも『鼻声鼻声ぎゃはははは』というメールが来ててホントごめんなさい」
(0:21)  ※風邪気味のGM。お大事に
③「いいところなんだそうです。すいません、それしかわからなくて。行った事ない
ので」(0:30)  ※RN:加計呂麻島はいいところさんがお住みなのは奄美大島です
④「読ませるなよ、こんなこと」(1:11)
 ※鼻声なので桃井かおりのものまね(必聴)が上手に出来ます
⑤「枕草子みたいなこといいますけど」(2:55)
 ※枕草子曰く「春はウキウキする」GMは「そうじゃない人もいる」
⑥「そして(パン!)パンだ!」(3:22)
 ※パン!と手を叩いてコンサートご招待の重大発表
⑦「鼻を広げちゃダメだよ」(3:30)
 ※今年こそは仙台へ!と鼻を広げていたのだが叶わなかったというメールに




先週土曜の本田さんコンサートの受付や、明日からのスタジオお引越しに加えてこの寒さでは、さすがのGMも風邪には勝てないといったところでしょうか。見事な鼻声による4時間の放送ご苦労さまでした。

今夜も内容は盛りだくさん。東フィルの定演ご招待(2:57~)、LFJに正式参加決定(3:27~)などの告知で今週も音楽自慢はお休みです。(神奈川県情報張り切って送ったのに…)

番組が終わってから、フェイスブックに東フィルの応募情報をアップしてくださったのはいいんですが、やはりお疲れなのでしょうか。締め切りを「4月13日(火)午後2時」と見事に間違えています。これは「4月13日(月)午後2時」ですね。斎藤さん、くれぐれもお大事に。

追記:アップする前に確認したら訂正してありました。シテキする方がいらしたんですね。よかったよかった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/4月7日(火)

プレゼンター:本田聖嗣さん

本田師匠:本日の作品(登場順・解説も時々あり)

①「桜餅も食べたくなります。桜餅のこしあん取って(コシ・ファン・トゥッテ)」(1:16)
②「これって布団が吹っ飛んだってヤツですよね」(1:34)
 ※館山在住のリスナーさんからのメール。この日は風が強かった
③「風のあるところ風邪をひきやすくなりますので…あっこれダジャレか」(3:57)




東横線はそれこそ数百回は乗っていますが、降りたことのない駅がいくつかありました。その中で、OTTAVAを聞くようになって初めて降り立ったのが、都立大学と代官山の2つです。

都立大学のほうは去年のガラ・コンサートで初めて訪れた駅。代官山は、数年前に噂のTSUTAYAに行ったのが最初で、今回のサロン・コンサートが2回目でした。渋谷からだと道玄坂の上りが大変という話を聞いたので、坂のないほうからゆっくり歩こうと楽しみにしていたのです。代官山はその期待を裏切らない実にオシャレな街でした。

途中の西郷山公園は最後のお花見を楽しもうと大勢の人であふれていました。7月は緑がまぶしいことでしょう。せめて梅雨の晴れ間になりますように。(1:52~)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/4月2日(木)

プレゼンター:斎藤茂GM


音楽自慢西東(第6回)

【沖縄県】
●竹鶴姐さん…①年末恒例「メサイア」 ②音楽喫茶「1812年」(国際通り)
●琉球鯨さん…①屋比久勲(「吹奏楽の神様」) ②聖クララ教会(与那原町) ③コンベンションセンター劇場棟(宜野湾市) ④シュガーホール(南城市) ⑤美ら音工房ヨーゼフ(南城市・オーボエ製作)
●ピアソラまんじゅうさん…①旧ダイ那覇(ダイエー那覇店)店内音楽「春の声」 ②渡久地圭(フルート奏者) ③西原高校マーチングバンド
●やまねこさん…音楽ユニット「琉球ヴィルトゥオーソ」
●しりとり三兄弟の母さん…島こども歌/林光

【香川県】
●奈良んちゃさん…「二十四の瞳」(木下恵介監督・昭和27年)


本日のフレーバー・リクエスト  [ お誕生日]

●ぴり悲しいさん…アヴェ・マリア イ長調/サン=サーンス(J. ロイド・ウェバーによる2つのチェロとピアノ編)
●ラッパ吹きの娘(長女)さん…①4つのドイツ舞曲 K.602~第3番 ハ長調「辻音楽師」/モーツァルト ②フルートソナタ「忠実な羊飼い」第5番 ハ長調 Op.13-5/ヴィヴァルディ
新宿副都心さん(3月26日)…ライジング・サン/ブルーベック
ホワイトラインダンゴさん(3月25日)…ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 Op.47~第3楽章/シベリウス
●グールドさん…ピアノ四重奏曲 変ホ長調 Op.47~第3楽章/シューマン


今夜のツボ(登場順)

①「ホントにうれしかったです」(0:03)
 ※花見の人出で歩きにくくてちょっとイラッとするGM
②「どうしてぼくだけびっくりがつくんだろうなぁ」(3:22)
 ※司会の斎藤さんが噛まなかったというメール多し




早いものでもう1週間。今これを書いているのは金曜日ですが、先週の金曜は仙台への旅支度で大わらわでした。戻ってきてから最初の斎藤さんの放送は、後半以降感動的な復興コンサートの報告が続いたせいかツボは少なめ。参加できなかった方に申し訳ないと思いつつ、有意義だった旅を楽しく振り返ることが出来ました。

「めざそう!OTTAVA nova」の管理人さんが様々なレポート、画像をシェアしてくださっています。プリンス万里生の後光が差すようなステージ姿をお見逃しなく(お顔の小ささがよくわかります)。そして仙台フィルへの応援メッセージの巻頭を飾る渾身のイラストの作者、ピアソラまんじゅうさんのツアーレポートも合わせてお楽しみください。

個人的にいちばんうれしかったのが、会場に着いた途端にまず目に入ってきた当日券窓口の行列です。そして入場のチケットもぎりのとき、私のすぐ前に並んでいた年配のご婦人のチケットに「ご招待」のハンコが押してあったこと。ああ、これが絆シートだ…!と本当に胸が熱くなりました。来年も良いコンサートになりますように!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/3月31日(火)

プレゼンター:本田聖嗣さん

本田師匠:本日の作品(登場順・解説略)

①「ビスビス言われてビスビスしちゃう」(1:41)
 ※ビスはフランス語でアンコールのこと
②「ラジオネーム、チャルムッシュさん…面白いですね。チャルダッシュさんの親戚ですね」(3:15)




最近どういうわけかチェリストとご縁のあることが多く、少人数の会場で生のチェロを聴く機会が増えてきました。

筆頭は、ご存知仙台フィルの山本純さん。そしてむう一族の練習に使わせていただいているスタジオ「バッハはうす」のオーナー馬場隆弘さん。地元横浜で、今をときめくイケメン・チェリスト宮田大さんの「夢のあとに」を至近距離で拝見(とあえて書く)させていただいたのも忘れられません。

このラインナップに今週末、唐津健さんが加わります。名器ガルネリの生の音はどんな色でしょう。やっぱり桜色かな…(0:40~)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »