« 今夜のOTTAVA Salone/3月31日(火) | トップページ | 今夜のOTTAVA Salone/4月7日(火) »

今夜のOTTAVA Salone/4月2日(木)

プレゼンター:斎藤茂GM


音楽自慢西東(第6回)

【沖縄県】
●竹鶴姐さん…①年末恒例「メサイア」 ②音楽喫茶「1812年」(国際通り)
●琉球鯨さん…①屋比久勲(「吹奏楽の神様」) ②聖クララ教会(与那原町) ③コンベンションセンター劇場棟(宜野湾市) ④シュガーホール(南城市) ⑤美ら音工房ヨーゼフ(南城市・オーボエ製作)
●ピアソラまんじゅうさん…①旧ダイ那覇(ダイエー那覇店)店内音楽「春の声」 ②渡久地圭(フルート奏者) ③西原高校マーチングバンド
●やまねこさん…音楽ユニット「琉球ヴィルトゥオーソ」
●しりとり三兄弟の母さん…島こども歌/林光

【香川県】
●奈良んちゃさん…「二十四の瞳」(木下恵介監督・昭和27年)


本日のフレーバー・リクエスト  [ お誕生日]

●ぴり悲しいさん…アヴェ・マリア イ長調/サン=サーンス(J. ロイド・ウェバーによる2つのチェロとピアノ編)
●ラッパ吹きの娘(長女)さん…①4つのドイツ舞曲 K.602~第3番 ハ長調「辻音楽師」/モーツァルト ②フルートソナタ「忠実な羊飼い」第5番 ハ長調 Op.13-5/ヴィヴァルディ
新宿副都心さん(3月26日)…ライジング・サン/ブルーベック
ホワイトラインダンゴさん(3月25日)…ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 Op.47~第3楽章/シベリウス
●グールドさん…ピアノ四重奏曲 変ホ長調 Op.47~第3楽章/シューマン


今夜のツボ(登場順)

①「ホントにうれしかったです」(0:03)
 ※花見の人出で歩きにくくてちょっとイラッとするGM
②「どうしてぼくだけびっくりがつくんだろうなぁ」(3:22)
 ※司会の斎藤さんが噛まなかったというメール多し




早いものでもう1週間。今これを書いているのは金曜日ですが、先週の金曜は仙台への旅支度で大わらわでした。戻ってきてから最初の斎藤さんの放送は、後半以降感動的な復興コンサートの報告が続いたせいかツボは少なめ。参加できなかった方に申し訳ないと思いつつ、有意義だった旅を楽しく振り返ることが出来ました。

「めざそう!OTTAVA nova」の管理人さんが様々なレポート、画像をシェアしてくださっています。プリンス万里生の後光が差すようなステージ姿をお見逃しなく(お顔の小ささがよくわかります)。そして仙台フィルへの応援メッセージの巻頭を飾る渾身のイラストの作者、ピアソラまんじゅうさんのツアーレポートも合わせてお楽しみください。

個人的にいちばんうれしかったのが、会場に着いた途端にまず目に入ってきた当日券窓口の行列です。そして入場のチケットもぎりのとき、私のすぐ前に並んでいた年配のご婦人のチケットに「ご招待」のハンコが押してあったこと。ああ、これが絆シートだ…!と本当に胸が熱くなりました。来年も良いコンサートになりますように!!!

|

« 今夜のOTTAVA Salone/3月31日(火) | トップページ | 今夜のOTTAVA Salone/4月7日(火) »

OTTAVA Salone」カテゴリの記事

コメント

「ぴりかなしいさん」は
「ぴりカナCさん」だったような。。。
(改名したときさいとうさんがひらがなとカタカナとアルファベットって、どういう意味?って言ってた)
「ぴり悲しいさん」は意外な変換!
こういうの
個々それぞれ違ってちょっとおもしろい現象。
たとえばほんださんは「横浜のビアさん」を
「のびあさん」て読むんだ。

投稿: まんじゅう | 2015年4月22日 (水) 18時11分

復興コンサートの応援メッセージは
それぞれのラジオネームが目で見えたのがとてもよかった。


ひらがなで「ぴりかなしいさん」って入れたら
「ぴり悲しいさん」って出たのです。

「ピリカナCさん」かなって思ったんだけど
そのままにしちゃいました。

「横浜のビアさん」はカタカナじゃないのね。
「横浜のびあさん」なのね。
だから本田さんは「のびあさん」だと思ってる。

ちょっと面白いw

投稿: ハマデウス | 2015年4月22日 (水) 23時26分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今夜のOTTAVA Salone/4月2日(木):

« 今夜のOTTAVA Salone/3月31日(火) | トップページ | 今夜のOTTAVA Salone/4月7日(火) »