« 今夜のOTTAVA Salone/10月29日(木) | トップページ | 今夜のOTTAVA Salone/11月5日(木) »

今夜のOTTAVA Salone/11月3日(火)

music プレゼンター:本田聖嗣さん


art 本田師匠:本日の作品(登場順・解説も時々あり)

①「イタリアにイタリアって感じなんですけど」(1:24)
 ※イタリア協奏曲を書いたバッハはイタリアに行ったことはありませんでした
②「いくら食べてもタランテラ」(4:28)


aquarius 今夜のツボ

①「だいたいパスタ茹で過ぎになっていて私はウドンゲッティと悪口言ってるんですけれども」(0:21 )
 ※イタリア以外の国のパスタはどこも茹で過ぎなんだそうです
②「セイジホンダ・ピアノ・オーケストラ・ウィズ・フレンズ、長いな」(0:59)
③「この人はパリでブイブイ言わせてたハンガリー人なわけなんですけれど」(1:10)
 ※フランツ・リストのこと
④「斎藤さんは口が悪いですから『ゲレンさんがいるとみんな飲まれちゃうからゲレンさんのいないとき にしよう』と」(1:49)
 ※試飲用のベートーヴェンのベスト・フレンドを開けるタイミング
⑤「いやぁ…いいレシピですなぁ」(1:53)
 ※リスナーさんのパスタ・レシピが続々と
⑥「セイジホンダ・ピアノ・オーケストラ・ウィズ・フレンズ…だったっけな」(2:24)
⑦「そのまま大きなしゃもじ持ってお邪魔したい感じですけれど」(2:39)
 ※リスナーさんのパスタ・レシピが続々と【その2】
⑧「京都や奈良だったら歴史的な旧跡ボコボコありますもんね」(3:33)




今夜は、ビストロ・セイジのマスターをして「大きなしゃもじを持ってお邪魔したい」と言わしめた、リスナーさんの様々なパスタのレシピに始まって、サツマという名前のみかんのお話や、奈良んちゃさんの新選組史跡めぐりなどなど、素通りできない話題満載だったのですが、むう一族のメンバーとしてはやはりこちらでしょう。セイジホンダのフランス語講座【その2】でございます。(むうさんがこちらをご覧になったのか、勝手に騙ってしまったコーナーがひとり歩きしてしまって恐縮至極)

今年になってからぼちぼち練習している「ラシーヌの雅歌」は、女声用にラターが編曲したもので、オリジナルのフランス語と共に、彼が同時に訳した英語の歌詞もついています。というわけで、最初は英語で練習し始めたのですが、多少仕上がってくると欲が出てきました。オリジナルで歌ってみたい!…でもむう一族にはフランス語がわかる人がいない…大いなるジレンマです。10月のバッハはうすの音楽祭のために、ネットを駆使して無理やり間に合わせたまさに「なんちゃってフランス語」だったのですが、一度フランス語が堪能な方に見ていただかなくては、と思っていました。

「ほぼカタカナ発音でOK」「頭にアクセントがついた é 以外の e はウと発音する。le →ル」「oi はオワ。自信を持ってオワと言う。voix(声)→ヴォワ」「日本人は英語教育を受けているので一瞬迷うがハッキリ言うこと」「フランス語はモゾモゾしている言語だがそれだからこそ母音と子音をハッキリ発音することが大事」などなど、およそ4分間に渡ってアドヴァイスいただきました。「自信を持って、ハッキリ」。肝に銘じます。ありがとうございました。

|

« 今夜のOTTAVA Salone/10月29日(木) | トップページ | 今夜のOTTAVA Salone/11月5日(木) »

OTTAVA Salone」カテゴリの記事

コメント

はい、お察しのとおりこちら(先週分の記事)を見て
まるっと使わせていただきました。
事後報告になってしまいごめんなさい。

きのうは朝から出勤し、おやつの時間には帰って来られるはずだったので
それからゆっくりとメールを書くつもりだったのですが
帰ってみたら放送開始1時間前。。。
まずいっ!と慌ててメールを書き、送ったのでした。

それなのに、送った15分後には録音まで聞いていただいて。
仕事が速くて驚くとともに、
こんなメールを取り上げていただいて本当にありがたや~でした。
一族の宝です。

投稿: むう | 2015年11月 4日 (水) 21時02分

おフランス語は あーべーせ-…で投げ出しっぱなしのヨハンです。が、習い始めた時に教授に言われたのが
「フランスは英語圏より南の暖かい地域だから、口が英語より大きく開いた発音になる。」
でした。

因みになぜか 「ジェ シス エネパ…ジェ、シス エネパ!(此処は地獄だ、私は地獄の最中にいるのだ!)」という台詞が
何故か最初に覚えたフランス語でした。
出展は『〆切前に使える仏語…』嘘です、映画『双頭の鷲』からです(苦笑)

投稿: ヨハン | 2015年11月 4日 (水) 23時57分

一族の歌うラシーヌの雅歌がOTTAVAから流れてくるのまってる。
(水曜のギターくらぶみたいにやってもいいのにね~!)

投稿: まんじゅう | 2015年11月 5日 (木) 17時51分

むうさん

いえいえ、ありがとうございます。
セイジホンダのフランス語講座コーナー、是非とも定着させたいですね。

水曜のギタークラブを聴いていると皆さん録音が素晴らしいじゃないですか。
歌がムムム…なもので、せめて録音だけでも
いい音で聴いていただきたいと切に願うものであります。

もうちょっと練習しろよ、自分!…はい、ごめんなさい。
 
 
 
ヨハンさん

わかります。某業界で言うところの「修羅場」ですね。
「ここは修羅場だ!私は修羅場の最中にいるのだ」リアルです~(笑)。
 
 
 
ぴあまんちゃん

もう少し練習しないと全世界に流してもらうのはちょっと…
ラターの「結婚の賛美歌」の伴奏がギターとフルートなので
いつかやってみたいのだけど女声版がありません。

ギタリストとフルーティストとアレンジャーを募集中です。

投稿: ハマデウス | 2015年11月 5日 (木) 20時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1337143/62364637

この記事へのトラックバック一覧です: 今夜のOTTAVA Salone/11月3日(火):

« 今夜のOTTAVA Salone/10月29日(木) | トップページ | 今夜のOTTAVA Salone/11月5日(木) »