« 今夜のOTTAVA Salone/11月11日(水) | トップページ | 今夜のOTTAVA Salone/11月19日(木) »

今夜のOTTAVA Salone/11月17日(火)

music プレゼンター:本田聖嗣さん


art 本田師匠:本日の作品(登場順・解説も時々あり)

「壁に耳あり柱にシロアリ」(3:25)


aquarius 今夜のツボ

①「平和を願うというのは大変難しいことであると嘆息せざるを得ない」(0:51)
②「思わずカステラ食べたくなります。天国と地獄」(2:18)
③「ロンドっぽくて変わらぬ日常っぽいんだけれどでもそこに幸せがあふれているような曲」(2:43)
 ※カフェに座って読書しながら聞きたいシューベルトのピアノソナタ13番第3楽章
④「鞍馬天狗なら全部読んだというような人間なので」(3:27)
 ※新選組ツアーに興味津々の師匠




この週末、パリの惨劇のニュースを見ていて思ったのは「本田さんのお気持ちは如何ばかりか…」ということでした。それを思うとサローネの生放送はとても聴く気になれず、夜が明けて水曜日の午前中の光の中でニコ動を立ち上げました。案の定、冒頭からフォーレのレクイエムの全曲オンエアでどうなることかと思いましたが、そこはさすがの本田さん、長いオンエア中にニコ動では、

 本田「モーツァルトの場合はモツレクになるのに、
    フォーレの場合はフォレレクが言いにくいからか、略されませんね(謎)」
 リスナー「フォーレクでいかがでしょう」
 本田「モツにこみをフォークで食べられそうな愛称ですね」
 本田「飯庵(メシアン)に提案してみましょう」

といったやりとりがあり、それ以降は哀悼の意を表しつつ、今夜は出ないかなと思ったダジャレも飛び出して、穏やかな放送になりました。

最後に業務連絡です。奈良んちゃさん、新選組ツアーのくだりをコメント欄にペロッとコピペしていただけないでしょうか。10年ほど前に出かけたときには、八木邸前まで行って中には入れず(興奮して腰が抜けそうだった)、壬生寺、西本願寺、池田屋前などを巡っただけでした。光縁寺も金戒光明寺もいつかはお参りしなければならない場所なのです。帰りの電車から見える伏見奉行所のくだりなど垂涎ものでした。よろしくお願いします。

|

« 今夜のOTTAVA Salone/11月11日(水) | トップページ | 今夜のOTTAVA Salone/11月19日(木) »

OTTAVA Salone」カテゴリの記事

コメント

例によって長文ですが、業務命令とあれば・・・それに、長文なのは分かった上での
ご命令ですからね。
******************************************
以前お話していた京都・新撰組ツアーです。
花街・島原をスタートに壬生へとめぐる小ツアーです。
今では 島原大門、揚屋の角屋、置屋の輪違屋しか当時を偲ばせるものは
残っていませんが、視界いっぱい迄、ベンガラ格子に近づけば目の前に
拡がるのは幕末。
格子の向こうに桜木太夫の残り香なんてあるわけないですが、
妄想せずにはいられません。
壬生寺を参拝した後、八木家の屯所跡へ。
芹沢鴨暗殺にクローズアップした丁寧な説明を聞きながらも、個人的には近藤、
土方達が暮らした部屋は何処だろう?とか、鴨が斬られた夜、八木家の家族は
どのあたりでその物音を息を殺しながら聞いていたのだろう・・・とか
思いつつ、目はキョロキョロ。
(ちなみに、鴨が最初に斬られた部屋の床の間周りの柱・梁は彼の
おびただしい血を受け、その後シロアリにやられてしまったそうで、
そこだけ木の色が若いのが却って恐かった)
さて、その後、前川家屯所跡を伺いつつ、今回のハイライト!光縁寺へ。
ご住職と暫し談笑後、山南さんのお墓へ。
壬生寺や屯所跡はそれなりに観光客も多いのですが、光縁寺に行かれる方は
あまりいない模様。
多くは語りませんが、OTTAVAリスナーなら光縁寺は絶対外せない
場所だと思います。
ちなみに、光縁寺のご住職、本田さんと同じ人種かと思うほど楽しい方で、ずっと話していたいと思われる方でした。
そうそう、この寺の鬼瓦は必見です。
その後、阪急で河原町へ。
こうなると、流れで・・・龍馬・中岡慎太郎が斬られた近江屋跡から高瀬川
沿いに土佐藩邸跡、武市瑞山や桂小五郎縁の史跡、佐久間象山、
大村益次郎遭難の地など普段気にかけもしないあれやこれやを確認しながら
ランチへ・・・
9時半から12時まで。凡そ2時間半の小ツアーでしたが楽しかったです。
で、いつものビストロで前菜にエスカルゴとシメジのブルゴーニュ風カソレット、
メインに馬肉のタルタルを、
デセールはマロングラッセの欠片を散りばめた柿のソルベと、お腹まんぷくに。
元気でしたら、更に会津藩ゆかりの金戒光明寺にもと計画しておりましたが、
さすがにしんどくて、
ヨメサンの買い物に付き合いながら5時半過ぎの帰宅となりました。
ところで、本田さんも企てられているとか・・・
本田さんなら。京都駅スタートで油小路七条の辻に伊東甲子太郎や藤堂平助をしのびに行かれるかも。
という事で、
リクエスト曲は、以前のコンブリオでサムライものでは定番となった曲を。今もアーカイブに
あればお願いします。
トゥリーナ 交響詩「幻想舞曲集」Op.22~饗宴

※余談ですが、京都からは近鉄で帰るんですが、桃山御陵前駅を過ぎた
あたりから、東側に鳥羽・伏見の戦いの際に新政府軍が陣を置いた御香宮神社と
幕府軍・新撰組の駐屯地だった
伏見奉行所跡が望まれます。
百聞は一見にしかず。誰が見ても新政府軍が優位な立地だったことを感じる事が出来ます。

以上。

ちなみに、お気に入りのビストロは寺町二条の郵便局向かいにあります。では。

投稿: 「奈良んちゃ」 | 2015年11月19日 (木) 21時11分

すごい!ほんださんこれをスラスラ読んだんだ!
無理、よめないw

投稿: まんじゅう | 2015年11月20日 (金) 21時34分

奈良んちゃさん

おおおおお!ありがとうございます!ありがとうございます!
このあとのトゥーリナが沁みたことと言ったらありませんでした!

次回の京都ツアーにはこれを持ち歩いて、ビストロも含めて全制覇致す所存であります!
重ねて御礼申し上げます。

奈良んちゃさんばんざ~い\(^ ^)/


ぴあまんちゃん

食い付くのはそっちかい。はいはい、幕末には興味ないのね(笑)。

投稿: ハマデウス | 2015年11月22日 (日) 15時39分

そんなに喜んでいただけるとは。ハマデウスさんも好きなんですねぇ、やっぱり山南さんですか?
リスナーひろし云えど、こんな話で盛り上がってるのは、私達と本田さんの三人くらいかも。
で、付け足しで少々自慢すると、ロング・タイム・アゴウな話ですが、京都・哲学の道沿いの若王子と云う所で、俳優業のかたわら、その名も「若王子」という喫茶店をされていた、栗塚旭さんにお会いしたことがあります。もちろん、紅茶を入れていただき一言二言お話したような・・・。
当時、土方歳三と云えば栗塚さんでしたもんね。
えっ、そんなに古い世代じゃないって!
失礼しました。
でも、今なら、山本耕史にお茶をいれてもらうようなもんですから。まっ、出来れば新婚の奥さんの方が嬉しいですけど。では。

投稿: 「奈良んちゃ」 | 2015年11月23日 (月) 21時51分

こんにちは、りりぃです。
横から失礼します。

哲学の道の「若王子」!
わたしも昔、行きましたよー。
わたしの妹が栗塚旭さんのファンで、
当時住んでいた和歌山からわざわざ京都まで行ったんですー。
ひさしぶりに思い出しました。

洋館ぽいつくりなのに、
和洋問わずいろんな骨董品が置かれていた
なんだか不思議な雰囲気のお店だったように記憶しています。

栗塚さんとも少しお話できたんですが
話の内容はもうすっかり忘れてしまいました……。

ほんとうにひさしぶりに思い出しました。
大河じゃない時代劇もすっかり少なくなって
京都の似合う時代劇スターの方もあまりいらっしゃらなくなりました。
さびしい限りですね。

と、ひさしぶりに見つけた店名に興奮して書きこんだしまった私でした。
おじゃまいたしましたー。
(ちなみに歴史にはとんと疎い私です。すみませんー。)

投稿: りりぃ | 2015年11月24日 (火) 09時34分

奈良んちゃさん

何十年大河を見続けてもさっぱり理解できなかった怒涛の幕末事情が
2004年の「新選組!」で一挙に氷解。

翌年だったか、時代劇チャンネルで始まった「翔ぶが如く」の再放送は
まるで初めて見るが如くでした(もちろん放送当時にしっかり視聴済)。

栗塚さんは山本土方の兄役で新選組!にも出ています。
ステラかなんかのインタビューでしたか
「やっと(土方役の)バトンを渡せる」と山本くんを評していました。
朝ドラにも再登場で感涙でございます。

山南さんに関しては長くなるのでまたいつか。
来年の大河でまた語らしてもらいます。


りりぃさん

新選組!のときに話題になった記憶がないので「若王子」は初耳でした。
もうだいぶ前に閉店になっているんですね。

ブログにもたくさん紹介されてますが
今は猫好きの方々の注目スポットになっているそうな…
別の意味でOTTAVAリスナーが食いつきそうです(笑)。

投稿: ハマデウス | 2015年11月26日 (木) 00時20分

ハマデウスさま

お店はもう開いていないとは風の噂に聞いていたのですが、
こんなことになっていたとは。(検索してみました。)
ちょっとびっくりしました。

昨夜(11/26)のサローネ、
ハマデウスさんのリクエストかかっていましたね。
大阪からはきれいに見えていた月の姿といっしょに
しみじみと聴かせていただきました。

そして噂をすれば「柴犬パピー」さんのお名前が!
また犬派のみなさんのメールも
たくさん聞けるといいなと思いました♪

投稿: りりぃ | 2015年11月27日 (金) 10時11分

もっと早いうちにメールしようと思いつつこんなに遅くなってしまいました。
父や愛犬たちの何よりの供養になったと思います。

「柴犬パピーさん」満月の報告をしてくださいましたね。
久しぶりの方のお名前が聞けるのは本当に嬉しいですね。

投稿: ハマデウス | 2015年11月27日 (金) 15時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1337143/62572341

この記事へのトラックバック一覧です: 今夜のOTTAVA Salone/11月17日(火):

« 今夜のOTTAVA Salone/11月11日(水) | トップページ | 今夜のOTTAVA Salone/11月19日(木) »