« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

今夜のOTTAVA Salone/12月29日(火)

プレゼンター:本田聖嗣さん


本田師匠:本日の作品(登場順・解説も時々あり)

①「チャイコフスキー、ダイスキーって感じですけれど」(2:23)
②「風邪の時期は手洗い励行しないとこうなっちゃいます・・・ハクチョンの湖」(2:28)


今夜のツボ

①「星々の戦争?なんじゃそれって感じなんですけれど」(1:34)
 ※初期のスターウォーズはフランス語でこう表記されていたそうです
②「いつも2楽章はうんざりするぐらい大変なんですが」(1:48)
 ※フランクのヴァイオリン・ソナタのこと。そんなご苦労が…(涙)
③「誕生日が12月後半被害者の会」(3:36)
 ※30日がお誕生日の本田さん。クリスマスと一緒にされてプレゼントがひとつになります




盆暮れやGWなどのいわゆる連休中にメールの数が少なくなるというのは、ラジオ界の常識らしいんですが、サローネは様子が違うようです。久しぶりに番組冒頭から聞いていますという常連さんもおいでになりますが、驚いたのは初めての方が少なからずいらっしゃることです。

「今年の最後の放送なので思い切ってメールします」という方の気持ちを押したのが「あなたの好きなエンディング」という抜群のリクエストテーマだったのではないでしょうか。チャイ5に始まり、トゥーランガリラ、火の鳥、カルミナブラーナ(もちろんモーツァルトも!)、そして第九のフィナーレでぴったり放送終了。お見事でした。行く年の花火大会を耳で聴いているようでした。期せずして、本田さんのお誕生日の前祝いにもなったような気がします。来年はもっともっと盛大にお祝いできますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/12月24日(木)

プレゼンター:斎藤茂GM


本日のフレーバー・リクエスト

●みんみおさん…クリスマス・オラトリオ BWV.248 第2部~第19曲 「ねむれ、いとし子よ」 /J.S.バッハ
●うめきちさん、まきこさん…オー・ホーリー・ナイト/アダン(J.E.ウェスト編)



今夜のツボ(登場順)

①「博多で640人梅田で230人♪こ~こ~ろっぽんぎで~1003人」(0:02)
 ※久々のオープニング小芝居でレポレロ登場
②「あと1時間15分しかないから…あ、ちがう、もうちょっとある」(1:45)
 ※1時間読み間違える
③「ビールが美味しいでしょう。それしか言うことがないのかい!」(2:07)
 ※沖縄は記録的な暑さだそうです
④「痛い!…痛い!…うん、結構気持ちいい」(3:03)
 ※スレイベルを持ち出して「そりすべり」で大騒ぎ
⑤「日付またぐぞ、来週は…ってことで」(3:59)
 ※リスナーの皆さんとともに新年を迎えましょう




18日の夜のこと。翌日のクリスマス・コンサートの準備をしながら流していたラジオが、気になることを話し出しました。公共の電波で全国的に流れてしまったんですから、隠すこともないと思うので書いてしまいます。そのラジオ番組にゲストで来ることになっていたお笑いコンビのひとりが来れないというのです。

「実は今夜、例のコウノドリの打上げがあって、そっちに行かなきゃならなくて…」ラジオの声が急に耳に入らなくなりました。コウノドリの打上げ?清塚さんも当然出席してるわよねぇ。明日はアプリコの本番なのに大丈夫なのかしら。

清塚さんがいつまで打上げに参加していたのかは定かではありませんが、演奏にはまったく影響なし。NAOTOさんとの掛け合いにちょっとキレがなかったくらいでしょうか。プロというのは大したものだといたく感心していたら、ミンファプランさんのフェイスブックに証拠写真(笑)が出ました。NAOTOさんと斎藤サンタとのスリーショットです。無事に演奏が終わってほっとしたのか油断したみたいですね。イケメン俳優ピアニストの意外な一面を見ました。かわいいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/12月22日(火)

プレゼンター:本田聖嗣さん


本田師匠:本日の作品(登場順・解説も時々あり)

①「ドドドドド・・・どうなっちゃったんだろう」(2:10)
 ※ドが延々と続く「運命」のエンディング
②「(運命の)練習中にランチボックスを開けながら『うんめぇ』と言ったのかもしれません。なぜランチボックスかって?それはベントーベンだから」(2:14)
③「この代紋が目に入らぬか!違いました。キエフの大門違いですけれど」(2:43)


今夜のツボ

①「安心してください。はいてますよ、いやいや、入ってますよ」(0:42)
 ※OTTAVAに(音源が)入ってますかというメールに
②「はい。あれちょっとウケ狙ってました」(1:03)
 ※クリスマスコンサートにて、弾き終わって袖にハケてすぐ戻ってくるというあれのこと




あっという間にソールドアウトになってしまった本田さんの夏の定季演奏会。大評判だった2台8手をやっと聴くことができました。期待を裏切らぬものすごい演奏で、これを定員70人のサロンで聴いたらどうなるんだろうと、その迫力に圧倒されてしまいました。

本田さんに負けるものかと精一杯声を張り上げた「威風堂々」でしたけれど、前日のミカラ・ペトリさんの公開録音でお疲れだったんでしょう、斎藤さんのリードが不足気味で、客席の歌声が8手のピアノに負けてしまったのがちょっと残念でした。

おかげさまで石けんも完売となりました。出品者ということで販売のお手伝いもさせていただいたんですが、「これを買いに来ました」とおっしゃる方が何人もいらして涙が出ました。ありがとうございます。「もったいなくて(恐れ多くて?)使えないわ~」と言ってくださるんですが、完全無添加なので時間が経つと劣化するんです。特に夏はヤバイんです。暑くなる前に使ってくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/12月17日(木)

プレゼンター:斎藤茂GM


本日のフレーバー・リクエスト  [ お誕生日]

●ドミートリー・ウマガスキーさん…アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ Op.22~ポロネーズ/ショパン
●歩きメデスさん…10のやさしいピアノ小品 Sz.39~第5曲 トランシルヴァニアの夕べ /バルトーク
りりぃさん(19日)…小さな空/武満徹(演奏:ショーロクラブ)



今夜のツボ(登場順)

①「私の歴史的な噛みをですね、スーパーカミオカンデと言った人がいますが」
(0:27)  ※某師匠でしょうか(ウソです)
②「もう慣れっこですよ。みんな堂々と書いてくるもん」(1:24)
 ※おなかの空いてるGMに夕食の話が…
③「仮装しますよ。たぶん」(1:39)
 ※雪だるまになるらしい
④「楽聖祭。あんまりいいネーミングじゃなかったと言いつつ結構気に入っているんですけど」(2:01)  ※今日はベートーヴェンの誕生日です
⑤「と、取り返しつく?申し訳ないけどうれしいです」(2:53)
 ※研修をサボってコンサートへ行きますというメールに
⑥「せっかくブラックスーツ、クリーニングに出したのにぜんぜん用なしかい!」
(3:12)  ※雪だるまになるのなら…
⑦「本田聖嗣さんに会いに来てください。雪だるまにもね」(3:54)
 ※やはりなるようです(笑)
【番外】(残業中に出ました)
⑧「だらりあんってお店経営したいなぁ」(4:25)
 ※平仮名のほうがよりだらり感が出る気がしますね




手作り石けんを始めたのは使用済みの油の処理がきっかけでした。そのまま捨ててしまうしか方法がないのかと心苦しく思っていたときに、石けんにしてリサイクル出来ることを知りました。今から13年前のことです。

料理が得意ではない私が、OTTAVAで知り合ったお友達にケーキやクッキーをおすそ分けするつもりで、手作りの石けんを細々とお渡ししていたのがこんなことになってしまいました。これも元はといえば、ピアソラまんじゅうさんデザインの「しげるんボット」のアイコンがあまりにかわいいので、何とか石けんにしたいということから始まったのです。

大量生産は出来ず1回に15個が限度です。今回は時間もなく10個しか出せませんでした。また機会があれば、早めに作り置きして準備したいと思います。あるのか…?

S006

| | コメント (3) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/12月15日(火)

プレゼンター:本田聖嗣さん


本田師匠:本日の作品(登場順・解説も時々あり)

①「サンタフェの少女達をお届けしました。サンタつながりということで」(0:18)
②「♪さんたがったどっこさ」(2:24)
 ※九州にサンタがいたっていいじゃないか
③「G線上のありゃ!とか言ってるんですが」(4:23)
 ※鬼才ブレイナー編曲「ホワイト・クリスマス」を評して


今夜のツボ

①「ほっほっほっほっほっほっほっほっ」(1:32:17)
 ※サンタクロース語で朗読中
②「ほっほっほっほっほっほっほっほっ」(1:32:59)
 ※カナダのサンタさんの住所の郵便番号
③「ほっほっほっほっほっほっほっほっ」(1:33:17)
 ※古文書を読み上げ中
④「ボク、ミッキーだよ」(4:10)
 ※珍しい師匠のミッキー!




さすがは世界の一大イベントであるクリスマスです。サンタクロースについてあちこちリンク先をたどっているうちにあっという間に時間が経ってしまい、気がつくと日付けが変わっていました。その中でも特にユニークなのがパラダイス山元さん。

グーグルで「パラダイス山元」と入れると予測変換で、餃子、サンタ、飛行機などが現れ、そのどれもがオーソリティだというのです。OTTAVAを聴いているうちに「乗り鉄」という言葉を覚えましたが、「乗り飛行機」とでも言うべき人々がいることを初めて知りました。ひたすら飛行機に乗ってマイルを貯めるというのです。

山元さんはなんと1日に11回も飛行機乗ったことがあるそうで、これが人呼んで「マイル修行」。この程度のことに耐えられなくては、公認サンタクロースにはなれないということなのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/12月10日(木)

プレゼンター:斎藤茂GM


本日のフレーバー・リクエスト  [ 記念日]]

●パン子さん…組曲 Op.34~祭り/トゥルニエ
伊豆のさまよえる紅ひじきさん(9日銀婚式)…交響曲第17番 ト長調 K.129~第1楽章/モーツァルト
●ジリーさん、武蔵野ブルーベリーさん…演奏会用ワルツ 第1番 ニ長調 Op.47/グラズノフ



残業カフェ限定「今夜の昭和歌謡」 歌:斎藤茂

「星影のワルツ」作詞:白鳥園枝/作曲:遠藤実/オリジナル歌唱:千昌夫(昭和41年)



今夜のツボ(登場順)

①「忙中閑あり。悪い虫じゃないですよ」(0:41)
 ※悪い虫を防ぎましょう。すなわち防虫
②「おぁ~い!流星だ!流星!」(1:08)
 ※観測中 ↑ のように騒いではいけません。ふたご座流星群14日夜極大
③「フル装備で化粧って言うの?すごいな」(1:22)
 ※言うんです!私は無防備、軽装備、フル装備の3段階ぐらいです
④「挑戦するほどのことでもないんですが」(2:19)
 ※「ふつおた」に挑戦というメールに
⑤「わ・り・と…久しぶりに噛んじゃった」(2:49)
 ※ワルトトイフェルを噛む
⑥「ぼくが抽選するならもちろんあなたを入れますが」(3:44)
 ※ミカラ・ペトリさん公開録音応募者大多数




ラジオ番組で常用される言葉(特にラジオネームが顕著)を書くときはどのように表記したらいいのか、日夜迷っているブログ主でございます。

普通のお便り、略して「ふつおた」。とりあえずひらがなで検索してみると、なんとウィキペディアに項目がありました。先日に続いてまたまたぴっくりぽんや! と言っても、定義は数行なのでそのままコピペしてしまいましょう。


  聴取者(リスナー)からのお便りを募集するラジオ番組において、
  特に設けた企画(コーナー)宛てではないお便りのことを指す。
  番組によっては「ふつおた」自体をコーナーとしているものもある。

  上記理由により、特に決まった内容はないが、多くのラジオ番組で
  『ふつおた』として扱われる内容には以下のようなものがある。

  ●番組またはパーソナリティに対する応援
  ●パーソナリティへの質問
  ●パーソナリティへの相談
  ●日常生活の中で遭遇した事件・笑い話


今日はこれでは終わりません。少し前に某局で耳にしてから忘れられない爆笑のふつおた。ある新婚の若奥様からのメールでございます。

新居に越して、家財道具など気に入ったものをいろいろ揃えていこうと思っていたところに母からの電話。「旅行先でじゅうたんが安かったから送ったわ」じゅうたん?確かにいいものがあったら買わなきゃと思っていたけれど、いきなり送ってこられても…

「じゅうたんて柄はどんな感じ?いくらしたの?」
「柄?柄なんてないわよ。1枚千円で安かったらまとめ買いしちゃった」
「1枚千円のじゅうたん?お母さんどこ行ったの?」
「どこって、仙台だけど…」
「仙台?仙台ってじゅうたんが名産だったっけ?」

いろいろ尋ねた挙句「じゅうたん」ではなく「牛タン」であることが判明しました。おあとがよろしいようで。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/12月8日(火)

プレゼンター:本田聖嗣さん


本田師匠:本日の作品(登場順・解説も時々あり)

「ハイドンというのはハイドンドンと言ってたくらいで…」(1:35)
 ※ハイハイ!ドンドン行きましょう!という快活さが魅力だそうです


今夜のツボ

①「OTTAVAプレストなんていう番組があったらどうなるんでしょうね」(2:34)
 ※早口な師匠の独壇場です
②「額に汗しながら「あー!しまった!そこハズした!」と思いながら弾いてるんですけれども」(4:15)
 ※プロコフィエフの悪魔的なピアノ曲のこと
③「ピアニストが暗譜を間違うとすーっとループしてしまうという危険な曲でもあります」(4:16)
 ※変拍子が続くプロコの戦争ソナタのこと




たとえば2台4手と指定がある曲を弾く場合、現在のグランドピアノの形状からすれば、単純に向かい合わせにすればいいのでは…と考えるのは素人なのでしょうか。

頭に必ず「ショパンが愛用した」と定冠詞が付くあのプレイエルが、なんだってこんなピアノを製作したのでしょう。「プレイエルのダブルコンサートピアノ」という、またもや初耳の言葉を聞いてお得意の画像検索でさらにびっくりぽん!

Pleyelpiano_2

おなじみのナクソス・ミュージック・ライブラリーで発見してしまいました。邦題は「プレイエル製ダブル・グランドピアノによるサン=サーンス作品集」でございます。左下に「プレイエル・ダブル・グランド・シリーズ」とあるので、シリーズ化で他にも録音があるものと思われます(未確認)。モーツァルトのK.448があったら聴いてみたい!(3:48~)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/12月3日(木)

プレゼンター:斎藤茂GM


本日のフレーバー・リクエスト  [ お誕生日]

●ゴーゴーOTTAVAさん…交響曲 第6番 ニ短調 Op.104~第1楽章/シベリウス
●ピアンティナさん…3つのジムノペディ~ジムノペディ 第1番/サティ
柴犬パピーさんのお父様(3日)…皇帝円舞曲 Op.437/J.シュトラウスⅡ世
●おやかまっさん…弦楽四重奏曲 第2番 ニ長調~第1楽章/ボロディン
雨水さん(11月13日)…6つの即興曲 Op.5~第6番 ホ長調/シベリウス
あかねさん、ぬぶ~さん、Hamadeus(5日)…弦楽五重奏曲第3番 ハ長調
K.515~第3楽章 メヌエット/モーツァルト




今夜のツボ(登場順)

①「クリスマスイッチON!…パイルダーON!…ていうのをすることになっていて」
(0:32)  ※パイルダーオンは古すぎます…
②「ゴーゴー…ナイアガラって言いそうになっちゃった」(0:57)
 ※亡き大滝詠一さんの名番組のタイトル。これも古い
③「お知らせに続いては…風呂コフィエフ…だって。どうしようもないんだけど」
(1:03)  ※バスルームディーヴァへのリクエストにツッコミ
④「♪ん~んんん~ん~ん~ん~ゴシゴシゴシ(←身体を洗う音)」(1:34)
 ※展覧会の絵のビドロをうなる
⑤「クリスマスイッチON!…パイルダーON!」(2:55)
 ※反応が薄いせいか繰り返す。古すぎますよねぇ(笑)
⑥「熱いほてったからだで真冬に冷た~い生ビールを飲むのがまた美味しいんですねぇ」(2:04)  ※北海道の冬は実は…暑い
⑦「ほんっとにうれしいっすよ!はっはっはっはっはっ!」(3:56)
 ※イブも大みそかもGMの担当です
【番外】(残業中に出ました)
⑧「♪あなた、変わりはないですか~」(4:09)
 ※「津軽海峡冬景色」といいながら「北の宿から」を朗々と(笑)




ドイツではウィークデイで誕生日を当日に祝えない場合、その週末にパーティーをするんだそうです。しかも誰かにお祝いしてもらうのではなく、「1年無事に過ごせました」という意味で、誕生日を迎える本人がケーキを焼いてお客様を招くというのです。

この話を聞いたのは10年ぐらい前のことですが、思い出したのは斎藤さんの放送が週に一度になってからでした。昨年も、そして今年も「過ぎてからメールしよう」と思っていたのに、番組も終盤になって「5日がお誕生日の方です」という斎藤さんの声が…。

「12月5日はブリメン特異日」と最初に唱えたのはチェチーリア!さんで、それから5年以上、特異日特異日と騒いでこの日が命日であるモーツァルトの曲をお願いしてきました。私とあかねさんと、そしてメールを送ってくださった本人のぬぶ~さんと、3人揃ってモーツァルトの命日に生まれているのです。

これは「来週にしよう」なんて安易に考えていた私がバカでした。来年は早めに送ります。きっちり3人でお祝いしましょう。どうもありがとうございました。今年も「はまるん」と言っていただけて幸せでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/12月1日(火)

プレゼンター:本田聖嗣さん


本田師匠:本日の作品(登場順・解説も時々あり)

①「ダジャレ言う人じゃありませんよ。あれはデーブ・スペクター」(0:20)
 ※007はスペル違いのスペクター
②「天気予報史上最大のミステリー『アメダス』、それの京都編で『アメドスエ』というのを作ってたんですが」(1:31)
 ※元の話題はアマデウスです
③「(耳鼻咽喉科へ)そろそろいんこうか」(2:25)


今夜のツボ

①「♪ま~るいみどりの・・・やまのてせん」(1:18)
 ※珍しい師匠のお歌です
②「モーツァルトの音楽だけが使われてますのでこれに勝る映画音楽はないと言ったらないわけですが」(1:31)
 ※映画「アマデウス」にこれ以上ないくらいのお褒めのお言葉(感涙)




今夜は、おしゃべりが大好きな本田さんには残酷なくらいのハスキーボイスで、「お話が少ないかも」とおっしゃっていたにもかかわらず、あまりいつもと変わらない放送だったのではないでしょうか。大好きな映画と鉄がテーマでは無理からぬこと。お話が興に乗ってくるのに反比例するように声がかすれてきて、「早く曲へ行って!」と何度やきもきしたことか。

以前、同じような症状を訴えていた斎藤さんにメールして感謝された、喉にいい情報をお知らせしましょう。お休みの際に、布のマスクを湿らせたものをつけて寝てください。スッキリします。

と思ったら、ニッチ戦略を自ら名乗る小林製薬から「のどぬ~るぬれマスク 就寝用」というのがちゃ~んと発売されておりました。「寝ている間にのどをうるおす」とうたっています。くれぐれもお大事に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »