« 今夜のOTTAVA Salone/12月29日(火) | トップページ | 今夜のOTTAVA Salone/1月5日(火) »

今夜のOTTAVA Salone/12月31日(木)

music プレゼンター:斎藤茂GM


cute 本日のフレーバー・リクエスト

●あひるみかんさん…カンタータ「星の王」/ストラヴィンスキー
birthday ゆるりさん(20日)…ギター協奏曲 第1番 ニ長調 Op.99 ~第2楽章/カステルヌオーヴォ=テデスコ
●あったかそうださん(ザボンさんリクエスト)…ラシーヌの雅歌 Op.11/フォーレ



secret 大晦日限定「今夜の童謡」 歌:斎藤茂

「アイアイ」作詞:相田裕美/作曲:宇野誠一郎/歌唱:坂田おさむ他多数(昭和37年)



aquarius 今夜のツボ(登場順)

①「12月にじゅう・・・いきなり間違ってる」(0:01)
 ※冒頭でいきなり日付けを噛む
②「長さだけはどこの特番にも負けないです」(0:16)
 ※堂々6時間。頑張りました!
③「あんまり噛みつかないでね」(0:37)
 ※小さな奇跡って奇跡は大きいもんだろうというクレームはなしで(笑)
④「そのまま入っちゃってくれるとさらにうれしいですね」(0:41)
 ※ニコニコ動画、最初の1時間はどなたでも聞けます
⑤「日曜の夜にはいろいろ誘惑があると思います。サザエさん以外にも」(1:57)
 ※半年間日曜夜に第九の合唱練習に通いましたというメールに
⑥「潮騒のメモリーズ2016…ちょっと考えたいと思います」(2:08)
 ※来年のツアーは三陸鉄道乗車プランがあります
⑦「まだ20代前半の斎藤少年は感動しましてですね」(3:15)
 ※大晦日の特番に初めて参加した若き斎藤さんの思い出話
⑧「すぐ行って1万円と替えてきなさい!」(3:28)
 ※年の瀬に1万円当たったというメールに
⑨「いいねぇその提案…ちょっといっちゃおうかなぁ」(5:28)
 ※4時間過ぎたら呑んでよし!というメールに
⑩「ぼくザ・テレビジョンでマル付けしてたのに(中略)赤が勝ったのか!」(5:50)
 ※昔はテレビ雑誌に紅白の採点表があったそうです
⑪「ツイッターは情報拡散にとても大事なものであるということを…最近知りました」(5:51)
 ※ツイッターを誤解していたものと見えます(笑)
⑫「みんな!さえずれよ!」(5:53)
 ※GMもさえずってください
⑬「私事ですが1時39分の地下鉄に乗りたいと思います」(6:16)
 ※あと23分!果たして間に合ったのか?!




あけましておめでとうございます。斎藤さんと共に迎えたゆく年くる年はいかがでしたでしょうか。1時39分の地下鉄に乗りたいと言いながら、18分までお猿さんの歌を歌ってくださるプレゼンター魂に敬服いたしました。

6時間というのはTBSでの放送が終了するときに一度あったわけですが、その際は途中1時間、本田さんがピンチヒッターに入ってくださいました。6時間ぶっ通しというGM初体験放送は(ニコ動のコメントによれば)RAIZINで乗り越えたようです(笑)。

長時間放送でツボもあちこちで散見されましたが、驚いたのはコミケ・デビューの発言です(0:33~)。もちろん会場をのぞきに行っただけということですが、コミケといえば年に2回、盆暮れに催されるまさにビッグイベント。私も一度は経験してみたいと思いつつ果たせていません。いわく「若くないとキツい」「体力がないとダメ」「トイレの混雑がハンパない」などなど、数十万人といわれる参加者のもたらす都市伝説のようなものを耳にして怖気づいております。

斎藤さんはあの真夏の炎天下に並んで入場されたのでしょうか。コミケぐらいクリアできなければ、大晦日の6時間以上の生放送はこなせないということなのかもしれません。本当にお疲れさまでした。今年もいい放送をお届けくださいますようよろしくお願いいたします。

|

« 今夜のOTTAVA Salone/12月29日(火) | トップページ | 今夜のOTTAVA Salone/1月5日(火) »

OTTAVA Salone」カテゴリの記事

コメント

はまるんあけおめ!
確かに早朝は並ぶしゆりかもめぱんっぱんになるけど
目的物を買ったらさっさと帰る人も多いので(三日間あるからみんな体力温存の対策で)
ゆっくり出かければ、楽しいコミケを味わえると思うのよ。
ジャンルによるけど、だいぶおだやかな場所もあるのよ~
(メディアでは混み具合だけが流れるよね・・・)
OTTAVA本の場合、ジャンルは芸能なのかなあ。
まあナマモノは慎重に(やりませんけど!)

投稿: まんじゅう(紅白) | 2016年1月 4日 (月) 18時17分

あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします。
今年はバスの中で年越しでしたのですが、乗車の際 ごった返す細い通路で、まさしくコミケ帰りらしい紙袋を抱えた少年達の「おおい、道を開けろー」という掛け声で さあっと花道が出来、混雑もなんのそので、無事に乗車出来ました。

斎藤さんがさっき仰っていらしたのが これか! と、タイムリーな話題に感動してました。

コミケ…昔 友人のお手伝いに行ったきり 行っていませんなあ。何か目的がないと 楽しめないかと思われます。

投稿: ヨハン | 2016年1月 5日 (火) 14時25分

おー!あこがれのコミケ体験者がおふたりも!


ぴあまんちゃん

あけおめことよろ!
ただ単にコミケに行ってみたいという好奇心だけじゃなくて、
その通り目的物があったんですよね。
結果的には通販で入手できたので(↓の洋楽雑誌とはまた別物)
今現在は縁遠くなってしまった場所なのでした。


ヨハンさん

物見遊山で行くところではないのは理解しております。
その昔、お気に入りミュージシャンの独占インタビューが載った
洋楽雑誌(もちろん全部英語)を英訳した
(同人誌というのも恐れ多い)小冊子なんかが売られてまして、
そのころ行っときゃよかったと今頃悔やんでもねぇ(笑)。
大人買いという言葉がなかったはるか昔のことでした。
お金も欲しいけど体力がもっと欲しい…

投稿: ハマデウス | 2016年1月 6日 (水) 11時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1337143/63304345

この記事へのトラックバック一覧です: 今夜のOTTAVA Salone/12月31日(木):

« 今夜のOTTAVA Salone/12月29日(火) | トップページ | 今夜のOTTAVA Salone/1月5日(火) »