« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

今夜のOTTAVA Salone/2月24日(水)

プレゼンター:斎藤茂GM


帰って来たコンピレーションの森《HD》

【確定申告にこの1曲!スイスイ仕事がはかどるクラシック】
●四分音符さん…イギリス組曲 第2番 イ短調 BWV.807~プレリュード/J.S.バッハ
●未練たらればさん…市民のためのファンファーレ/コープランド
●尻とり3兄弟の母さん…映像 第1集~運動/ドビュッシー
●セバちゃんさん…ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 Op.77~第3楽章/ブラームス
●さくらおばばさん…ピアノソナタ 第11番 イ長調 K.331「トルコ行進曲付き」~第3楽章/モーツァルト


本日のフレーバー・リクエスト

●ちゅりっぴーのさん…クラリネット協奏曲 イ長調 K.622~第1楽章/モーツァルト
●旅は靴づれさん…歌劇「タンホイザー」~序曲/ワーグナー
●踊る豚足さん…おやすみなさい/湯浅譲二(歌:平山美智子)


今夜のツボ(登場順)

①「モモクロの次に好きなクラシックなんて教えてもらえると結構興味深いなと」(0:50)
 ※ショスタコと一緒にモモクロのCDを買ったというメールに
②「ニコ動のみんな!元気?!残業タイムでまた遊ぼうね」(0:51)
 ※下記参照
③「あるある!そういうことありますよね」(0:57)
 ※蛍光灯を買いに行ってヘッドフォンを衝動買いというメールに
④「ありがとう!ありがとう!」(2:17)
 ※今回の風邪は大変でした。詳細は汚いのでやめておきますというメールに
【番外】(残業中に出ました)
⑤「面白いな、もう。本田師匠みたい」(3:11)
 ※バーバーのアヒージョをお願いしますというメールに




回を追うごとにエキサイティング度を増している残業タイムのリスナー参加ゲーム「クラシックでドボン!」。タイトルコールはGMのストレス解消の叫びと化しているようにも聞こえます(笑)。

採用されるのはかなり狭き門のようですが、今週は女子に甘く男子に厳しいGMの下心が見え隠れする場面があったように思います。

ほーぼーけんの大冒険さん出題の伊福部昭「ゴジラ」。これを冒頭から流すのは気の毒です。せめて有名なあのテーマから出してあげないと。それに対して陽気な静電気女さん出題の「天国と地獄」は、♪カステラ1番電話は2番♪のあのメロディが流れ、見事ニューヨーク行き(自腹)を勝ち取りました。これってひいきじゃないですか。ねぇ・・・

ああ、ひょっとしてこれは、20時前に読まれたほーぼーけんさんの「老眼フリーマン」に対するダメ出しだったりするのでしょうか。わたくし的にはざぶとんを差し上げたいくらいの上出来なダジャレだと思ったのですが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/2月17日(水)

プレゼンター:斎藤茂GM


帰って来たコンピレーションの森《HD》

【確定申告にこの1曲!スイスイ仕事がはかどるクラシック】
●必死な勤め人さん…6つのエチュード集 Op.56~第1番/シューマン(ドビュッシー編)
●うさぎのマーチさん…フルート四重奏曲 第3番 ハ長調 K.Anh.171(285b)~第1楽章/モーツァルト
●えこたさん…パッサメッツォ・モデルノ SwWV326/スウェーリンク
●ハーポさん…歌劇「ローエングリン」~第3幕への前奏曲/ワーグナー
●ぴえーるママさん…タイプライター/ルロイ・アンダーソンン
●ほーぼーけんの大冒険さん…交響曲 第101番 ニ長調「時計」~第2楽章/ハイドン


本日のフレーバー・リクエスト   お誕生日

●カエルのフェルマータさん…罪と罰(1935:サントラより抜粋)/オネゲル
武蔵野ブルーベリーさんからお母さまへ(17日)…御母は花咲き/ムリュ


今夜のツボ(登場順)

①「俺が夢を見させてやるぜ」(0:28)
 ※甘いも苦いも知り尽くした北陸のカニ男さんから大人のリクエスト
②「ぎょはははは!すごい!世の中にこんなにしっかりした人がいるんだ!」(1:25)
 ※1月4日に確定申告を済ませたというメールに
③「今、日本国内で36542人ぐらいの人がため息ついてると思いますね」(1:26)
 ※GM頭痛の種、確定申告ネタ・その2
④「来年は…せめて…2週前にしたいと思います」(1:26)
 ※GM頭痛の種、確定申告ネタ・その3
【番外】(残業中に出ました)
⑤「品のある放送局の品のあるゼネラルマネージャーとしてはこれ以上のことは言いませんけども」(3:21)
 ※バッハもヘンデルも断ったというブクステフーデの娘の結婚話について




ああ、ついにそのときがやって来ました。あこがれの東京オペラシティ・コンサートホール「タケミツメモリアル」に初めて足を踏み入れるのです。

はい、実はまだ一度も行った事がありません。お隣の新国立劇場には、どうしても見たいオペラがあって数回訪ねたことがありますが、アクセスの悪さに閉口したものです。しかも横浜から初台までの間には、みなとみらいホール、ミューザ川崎、オーチャードホール、サントリーホールなどなど、並み居る三の丸四の丸があり、オペラシティは、私にとってなかなかたどり着けない高い城壁の上にそびえ立つ天守閣のような存在でした。

オペラシティと聞いただけであきらめていた演奏会は正直かなりあったのですが、東京フィルでウエストサイド、パリのアメリカ人、そしてそして、スターウォーズが聴けるとなったら行かないわけにはまいりません。この6月、いよいよ本丸攻略です。次の天守閣は水戸か名古屋か金沢か!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/2月10日(水)

プレゼンター:斎藤茂GM


帰って来たコンピレーションの森《HD》

【スウィート&ビター・クラシック】
●アルペンザルツさん…:もしも私の歌に翼があったなら(J・ロイド・ウェバーによる2つのチェロとピアノ編)/レイナルド・アーン(ジュリアン・ロイド・ウェバー編)
●スィートホームアローンさん…ガイーヌ組曲 第2番~ガイーヌのアダージョ/ハチャトゥリアン
●うさぎのマーチさん…①あなたが欲しいの/サティ ②オブリヴィオン/ピアソラ
●アダーさん…夢の中の子供たち Op.43~アンダンティーノ/エルガー
●ゴーゴーOTTAVAさん…24の前奏曲 Op.28~第4番 ホ短調/ショパン
●踊る豚足さん、ぴっちいの母さん…交響曲 第2番 ホ短調 Op.27~第3楽章/ラフマニノフ
●ひららんさん…弦楽のためのアダージョ Op.11/バーバー
●ジェーンさん…もう一度帰っておいで/ダウランド
●うるうるさん…「無言歌集」弦楽四重奏のための18のディヴェルティメント~ストラヴィンスキーへのブルース/ウォロソフ
●奈良んちゃさん…クラリネットソナタ へ短調 Op.120-1~第1楽章/ブラームス
●ハーポさん…歌劇「つばめ」~何と美しい夢/プッチーニ
●しりとり3兄弟の父さん…交響曲 第5番 ニ短調 Op.47~第3楽章/ショスタコーヴィチ
●リナシメントさん…チェロソナタ ト短調 Op.19~第3楽章/ラフマニノフ


本日のフレーバー・リクエスト   ファンファーレ

●ゴーゴーさん…ピアノ協奏曲 第2番 Sz.95~第1楽章/バルトーク
夏みかんさん(イタノフさんリクエスト)…歌劇「エフゲニー・オネーギン」~ポロネーズ/チャイコフスキー
●ますみさん、ちゅりっぴーのさん、小骨@おでぶっ子クラブさん、こてつのママさんからレプラコーンさんへ、ヨハンさん…忘れないと誓ったぼくがいた/三枝伸太郎 Orquesta de la Esperanza


今夜のツボ(登場順)

①「ゆっくり弾くと演歌みたいなんだよね、この曲」(0:13)
 ※ショパンの幻想即興曲のこと(笑)
②「すいません、ホントに。牧師さん、申し訳ない」(2:29)
 ※例のホザンナを「♪お~さか~あぁ~~~なら~」とこぶしをつけて歌う
【番外】(残業中に出ました)
③「ピオラ…ピオラだって。ピオラなんて楽器ないよね」(3:15)
 ※ピュオーラという歯磨きチューブがありますね
④「枕草子じゃありませんが、死して灰になるまで…おなごの恋心は」(3:34)
 ※中高年にはスィートな出来事は縁遠いというメールに




バレンタイン・デー限定「スウィートなクラシック、ビターなクラシック」は、記録にある限りいちばん古いコンピレーションの森のテーマのひとつです。忘れもしない2010年2月には今に語り継がれる甘~い出来事がありました。ある男性リスナーから恋人の女性リスナーへのラブレターを斎藤さんが代読したのです。このことは斎藤さん自身もかなり印象に残っていたと見えて、その後も数年の間「覚えてますよ~。耳まで真っ赤になって読んだんですから」と自ら放送の中で話題にしていました。

このときの彼から彼女へのプレゼント曲がブラームスの「6つの小品」の中の「間奏曲(イ長調)」で、この選曲の妙に本命の彼女さんばかりではなく、そのときの女性リスナーのほとんどが胸キュン状態で再起不能に陥ったというディープ・インパクトなエピソードだったのです(すいません。ほんのちょっとだけ盛ってますw)。これを忘れる女性リスナーはいないはずですから(断言)、どなたかからブラームスのエントリーがあるだろうと手ぐすね引いて待ち構えていたのに、残念・・・。バレンタインじゃなくてもいいから2月中に何とか聴きたい間奏曲なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/2月3日(水)

プレゼンター:斎藤茂GM


帰って来たコンピレーションの森《HD》

【合格を呼ぶ必勝応援クラシック】
●えこたさん…オーヴェルニュの歌 第1集~バイレロ-高地オーヴェルニュの羊飼の歌/カントルーブ
●みれんよこじまさん…「カルメン」第1組曲~アラゴネーズ/ビゼー
●オーボーイさん…市民のためのファンファーレ/コープランド
●そありさん…無伴奏フルートソナタ イ短調 Wq.132/H.562~第3楽章/ウカール・フィリップ・エマヌエル・バッハ(演奏:ウカール=ハインツ・シュッツ)
●ずんだ好きだおばさん…弦楽のためのソナタ 第4番 変ロ長調~第3楽章/ロッシーニ
●ダカーコさん…ピアノ協奏曲第21番 ハ長調 K.467~第2楽章/モーツァルト
●はなねこさん…幻想小曲集 Op.12~飛翔/シューマン
●せり姫さん、肉食人種夫人、まあちゃんさん他多数…交響曲 第4番 イ長調「イタリア」Op.90~第1楽章/メンデルスゾーン


今夜のツボ(登場順)

①「なにぃ?3割引だとぉ?」(0:28)
 ※バーゲンで30%オフの文字を見ると興奮するというメールに
②「ちょっと…ムキになっちゃいけないね。こういうところでね」(1:18)
 ※理不尽な上司を思い出して思わず愚痴るGM
③「今頃ウィーンでシュッツもくしゃみしていると思いますが…ウカ~ル?」(1:46)
 ※受験期限定、あのスナック「カール」が「ウカール」に!
④「交響曲の第1楽章をソングとか言っちゃいけないね」(2:00)
 ※い~んです!合格するなら何とでもと草葉の陰でかのメンデルスゾーンも喜んでいるでしょう
【番外】(残業中に出ました)
⑤「自分でお豆をカミカミできないと食べちゃいけないでおじゃるよ」(2:31)
 ※乳幼児に福豆は危険だそうです
⑥「へっへっへ、こうやってどんどん相棒の視聴者をこっちへ引きずり込んでいくのさ」(3:45)
 ※相棒は録画してニコ動でのゲーム参加者が増殖中




災害時にどれくらいの水が必要かというと、「ひとり1日3リットル」と言われています。最低でも3日分ならひとり9リットル、4人家族なら36リットルで、ペットボトルどころか、灯油を入れるあの大きなサイズのタンクが2個必要ということになりますが、ちょっと大げさでしょうか。

私は毎年節分の時期に、2リットルのペットボトルを5本入れ替えています。幸い今まで使う必要に迫られたことはなく、今年も感謝しつつ湯船につかりました。何かのときにはあれがあるというお守りになっている「寒の水」です。いちばん寒い今の時期の水を、ペットボトルの口ギリギリになるべく空気を入れないように詰めて、冷暗所に保管してください。おすすめします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »