« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

今夜のOTTAVA Salone/5月25日(水)

プレゼンター:斎藤茂GM


帰って来たコンピレーションの森《HD》

(企画会議のためお休み)


本日のフレーバー・リクエスト

●ケチャツプさん…交響詩「海」~波の戯れ/ドビュッシー
●横浜のポポさん(豆葉さんリクエスト)…ブラジル風バッハ 第4番 ①コラール(奥地の歌)②アリア(カンティガ)/ヴィラ=ロボス


本日の「クラシックでドボン」

○展覧会の絵~プロムナード/ムソルグスキー
○道化師のギャロップ/カバレフスキー
○おもちゃの交響曲/アンゲラー
●ブランデンブルク協奏曲 第5番~第1楽章/J・S・バッハ
○美しく青きドナウ/シュトラウス2世
○ある晴れた日に/プッチーニ


今夜のツボ(登場順)

①「ケッ!・・・みたいなところもちょっとあって」(0:53)
 ※下記参照
②「足が8本もあるとエコノミーじゃ入らないと思いますので」(3:40)
 ※ラジオネーム「たこさん」がNY行きをゲットしました
③「ラジオネーム、シ…あああ、これ読めないわ」(3:44)
 ※ラジオネーム「シランデンブルー」でブランデンブルクのエントリーが(笑)
④「自腹だから何でもやってください」(3:52)
 ※同じ曲のエントリーで合格した方々でツアーをどうぞ




この前はいつだったか思い出せないくらい久しぶりの企画会議。実はアリーさんのほうでも盛り上がっているらしく、FBの「この楽器ならこの曲」というテーマを見て即参戦してしまいました。はい、もうまんまとワナにはまっております(笑)。

水曜ではご無沙汰になってしまったラジオネームが次々とコールされ(特に男性の)、その方々からの推奨もあったのでしょうか、フレーバーリクエストも受け付けていただけるようですね。こちらも好評と見えて、お株を奪われたと言っては言い過ぎかもしれませんが、「ケッ!」と言いたくなるお気持ちもお察しいたします。

そうは言っても、正真正銘「元祖」を誇るコンピレーションの森であり、拙いこのブログの存在意義の象徴でございます。企画会議も毎月とは申しませんが、末永く続けていってくださいますように。

最後に、ボツ続きでなかなかメールが採用されないとおっしゃる方へこっそり。企画会議案はボツになりません。出したものはすべて読んでくださいます。これが「本編より企画会議のほうが面白い」と言われる所以です。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

「クラシックでドボン」星取表(2016年3月~5月18日)

祝!100曲突破!というわけで、作曲家別(生年順)に分けてみました。すると・・・あれも出てない!これも出てない!いろいろありますね。まだニューヨーク行きが決まっていない方、奮ってご参加くださいませ。次回まとめは150曲突破記念の予定です。


○バッハ(1685)/トッカータとフーガ ト短調
○バッハ/無伴奏チェロ組曲 第1番「前奏曲」
○バッハ/主よ人の望みの喜びよ
●バッハ/G線上のアリア
●バッハ/目覚めよと呼ぶ声あり
○ヘンデル(1685)/見よ勇者は帰りぬ
○ヘンデル/ハレルヤコーラス

●ハイドン(1732)/弦楽四重奏曲「皇帝」
○ゴセック(1734)/ガボット
○ボッケリーニ(1743)/メヌエット
○モーツァルト(1756)/きらきら星変奏曲
○モーツァルト/トルコ行進曲
○モーツァルト/交響曲 第40番 ト短調
●モーツァルト/春ヘの憧れ
●モーツァルト/アヴェ・ヴェルム・コルプス
○ベートーヴェン(1770)/交響曲 第5番「運命」
○ベートーヴェン/エリーゼのために
○ベートーヴェン/交響曲 第9番~第4楽章
●ベートーヴェン/メヌエット ト長調
●ウェーバー(1786)/「魔弾の射手」序曲
○ロッシーニ(1792)/ウィリアム・テル序曲~スイス軍の行進
○シューベルト(1797)/ピアノ五重奏曲「ます」
●シューベルト/セレナーデ
●シューベルト/楽興の時

○ヨハン・シュトラウス1世(1804)/ラデツキー行進曲
○メンデルスゾーン(1809)/結婚行進曲
○メンデルスゾーン/無言歌集から「春の歌」
○ショパン(1810)/24の前奏曲 第7番 イ長調
●ショパン/葬送行進曲
●ショパン/革命のエチュード
○シューマン(1810)/トロイメライ
●シューマン/交響曲「ライン」
●シューマン/流浪の民
○リスト(1811)/愛の夢 第3番
○ヴェルディ(1813)/乾杯の歌
○ヴェルディ/「レクイエム」~怒りの日
○ワーグナー(1813)/ワルキューレの騎行
○グノー(1818)/アヴェ・マリア
●グノー/マリオネットの葬送行進曲
○オッフェンバック(1819)/序曲「天国と地獄」
●フランク(1822)/天使の糧
○ヨハン ・シュトラウス2世(1825)/「こうもり」序曲
●ブラームス(1833)/ハンガリー舞曲 第1番
●ブラームス/ワルツ Op.39-15
●ブラームス/交響曲 第3番~第3楽章
●サン=サーンス(1834)/序奏とロンド・カプリチオーソ
○バダジェフスカ(1834)/乙女の祈り
●ポンキエルリ(1834)/時の踊り
●ドリーブ(1836)/マズルカ(バレエ「コッペリア」)
○ムソルグスキー(1839)/はげ山の一夜
○チャイコフスキー(1840)/ピアノ協奏曲 第1番
○チャイコフスキー/白鳥の湖「情景」
○チャイコフスキー/くるみ割り人形「花のワルツ」
○チャイコフスキー/くるみ割り人形「あし笛の踊り」
○チャイコフスキー/くるみ割り人形「行進曲」
○ドヴォルザーク(1841)/新世界 第2楽章(家路)
●ドヴォルザーク/スラブ舞曲 Op72-2
○グリーグ(1843)/ピアノ協奏曲 イ短調
●サラサーテ(1844)/ツィゴイネルワイゼン
●イヴァノビッチ(1845)/ドナウ川のさざなみ
●ネッケ(1850)/クシコスポスト

●タレガ(1852)/アルハンブラ宮殿の思い出
●スーザ(1854)/美中の美
●ヤナーチェク(1854)/シンフォニエッタ
●マーラー(1860)/交響曲 第5番 第4楽章「アダージェット」
●アルベニス(1860)/伝説(アストゥリアス)
○ドビュッシー(1862)/亜麻色の髪の乙女
○ドビュッシー/2つのアラベスク 第1番
○R・シュトラウス(1864)/ツァラトゥストラはかく語りき
●シベリウス(1865)/フィンランディア
●グラナドス(1867)/アンダルーサ
○プライヤー(1870)/口笛吹きと子犬
○イエッセル(1871)/おもちゃの兵隊の行進曲
●ラフマニノフ(1873)/ピアノ協奏曲 第2番
●ラフマニノフ/ヴォカリーズ
○ホルスト(1874)/「惑星」~木星
○ホルスト/「惑星」~火星
○ラヴェル(1875)/ボレロ
○ラヴェル/亡き王女のためのパヴァーヌ
○ケテルビー(1875)/ペルシャの市場にて
●ストラヴィンスキー(1882)/春の祭典
●ヴィラ=ロボス(1887)/カイピラの小さな汽車
○プロコフィエフ(1891)/ロメオとジュリエット「騎士たちの踊り」
●プロコフィエフ/ピーターと狼
●モンポウ(1893)/プラネタリウム
○オルフ(1895)/カルミナ・ブラーナ「おお運命の女神よ」
○ガーシュウィン(1898)/ラプソディ・イン・ブルー
●プーランク(1899)/愛の小道

●フィンジ(1901)/エクローグ
○ロドリーゴ(1901)/アランフェス協奏曲~第2楽章
●ハチャトゥリアン(1903)/仮面舞踏会
○ルロイ・アンダーソン(1908)/ワルツを踊る猫
○ルロイ・アンダーソン/そりすべり
○ルロイ・アンダーソン/シンコペーテッド・クロック
○ルロイ・アンダーソン/タイプライター
●バーバー(1910)/弦楽のためのアダージョ
●伊福部昭(1914)/SF交響ファンタジー(ゴジラ)
●ヒナステラ(1916)/マランボ
○ピアソラ(1921)/リベルタンゴ
●リード(1921)/アルメニアンダンス
●ジョン・ウィリアムズ(1932)/スーパーマンのテーマ

○スコットランド民謡/蛍の光
○イングランド民謡&ヴォーン=ウィリアムス/グリーンスリーブスによる変奏曲
●アイルランド民謡/ロンドンデリーの歌
●ビートルズ(ブレイナー編曲)/イエローサブマリン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/5月18日(水)

プレゼンター:斎藤茂GM


帰って来たコンピレーションの森《HD》

【がんばれ九州「がまだしなっせクラシック」】
●レプラコーンさん…冬の旅 D.911(Op.89)~菩提樹 /シューベルト
●お前クマモン俺コナモンさん…ヴァイオリンソナタ 第2番 ニ短調 Op.121~第3楽章/シューマン
●ぺけぺけさん…「ペール・ギュント」第2組曲Op.55~アラビアの踊り/グリーグ
●バイエル5年さん…アメージング・グレイス(クラリネット:藤井一男、ピアノ:藤井裕子)~アルバム「祈りの時」より
●考える水曜日さん…A Song For Japan/スティーヴン・フェルヘルスト


本日のフレーバー・リクエスト   お誕生日

●ほーぼーけんの大冒険さん…ピアノ三重奏曲 第25番 ト長調「ジプシー・ロンド」Hob.XV:25~第3楽章/ハイドン
チェロののんちゃんさん(18日)…ゴィエスカス~間奏曲(G・カサドによるピアノ三重奏編)/グラナドス
●124799さん…エリーゼのために/227アレンジ版


本日の「クラシックでドボン」

○ツァラトゥストラはかく語りき/R・シュトラウス
○ワルキューレの騎行/ワーグナー
●交響曲 第3番~第3楽章/ブラームス
○アランフェス協奏曲~第2楽章/ロドリーゴ
○タイプライター/ルロイ・アンダーソン
●クシコスポスト/ネッケ(斎藤茂ヴォーカルヴァージョン)※必聴
●シンフォニエッタ/ヤナーチェク


今夜のツボ(登場順)

①「真田丸は録画してね」(0:27)
 ※LFJライブの再放送が今度の日曜にあります
②「お聞きになってますか~!味覚糖のみなさ~ん!いかがですか~!」(2:13)
 ※相変わらず大人気のグミ「コロロ」
③「1年前から同じような失礼なことしてますよね」(2:44)
 ※ラジオネームだけ読んでメールは後回しにされること(笑)
④「恋がしたくなるでしょ?・・・な~にを言ってるんだか」(3:18)
 ※ルロイ・アンダーソンにはほかにもいい曲がありますと言いながら
⑤「『知りません』が運命の分かれ道・・・そんなコピーないよ」(3:31)
 ※うれしそうに自分でノリツッコミ
⑥「この人の名前も好きだなぁ、ぼく」(3:48)
 ※RN「モヘンジョダロ美」さんに
⑦「マーラーです…もしかしたらダメかも・・・」(3:56)
 ※ドボンのなりきりエントリー募集中




LFJの期間限定開店「バーぴえ~る」は新規リスナー開拓にも一役買っています。今夜の18時台に初めてメールが読まれたアンジさんはピアノ練習中の小学生で、LFJ最終日に盛り上がっているリスナーたちに恐る恐る「どういう集まりなんですか?」と声をかけて来てくれました。たまたまお答えしたのが私だったんですが、少々アルコール度の高い正体不明の集団に入ってくるのは、かなり勇気のいったことでしょう。

私が大声で「だれか~!OTTAVAのフライヤーちょうだ~い!早く~!」と催促すると、あっという間にフライヤーが出現し、タイミングよくその場にいらした斎藤さんと本田さんを指差しながら、「あれが水曜の夜にお話ししている人、あちらが昼間にお話ししているピアニストの方ね」と説明を始めた途端「ピアニスト」にすばやく反応したアンジさん、「ピアニストの方なんですか!アドバイスしてもらっていいですか!」と実に積極的。もうすぐ発表会でベートーヴェンのソナタを弾くとかで、例のごとく本田さんが丁寧に解説していらっしゃいました。

その様子を少し後方でうれしそうに眺めていらしたのがアンジさんのおばあちゃま。「こちらには孫と一緒に毎年伺っているんですが、いつもものすごく楽しそうで、どういう方たちなのかしらとうらやましく思っていたんです。どうぞお仲間に加えてくださいね」と、感激のお言葉を頂戴しました。別れ際の「OTTAVA聴いてね!メールしてね!」という約束もちゃんと果たしてくださいました。今年のLFJでいちばんうれしい出来事だったかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/5月11日(水)

プレゼンター:斎藤茂GM


帰って来たコンピレーションの森《HD》

【がんばれ九州「がまだせクラシック」】
●6歳ちゃんの母さん…ピアノソナタ 第12番 へ長調 K.332~第1楽章/モーツァルト
●そありさん…:歌劇「フィガロの結婚」第3幕 第10場~第20曲 小二重唱:やわらかな夕べの風が/モーツァルト
●なにわるつさん…組曲「グランド・キャニオン」(大峡谷)~Ⅰ.日の出/グローフェ
●みなみさん…レクイエム Op.48~ピエ・イェズ(慈悲深きイエス)/フォーレ
●プルメリアさん…彼方の光(クラリネット:藤井一男、ピアノ:藤井裕子)/村松崇継


本日のフレーバー・リクエスト   記念日

●さつきちゃんさん…ピアノ三重奏曲 第25番 ト長調「ジプシー・ロンド」Hob.XV:25~第1楽章/ハイドン
●(被災地から)りんごあめさん…夜想曲 第9番 ロ長調 Op.32-1/ショパン
●カジヤンさん、ちょこりんごさん…宮廷バレエ「セルセ」①序曲 ②バスク人のブーレ ③バッカスのためのジーグ/リュリ
はーぽさん(結婚記念日・19回目)…弦楽四重奏曲 第19番 ハ長調 K.465「不協和音」~第1楽章/モーツァルト


本日の「クラシックでドボン」

○亡き王女のためのパヴァーヌ/ラヴェル
●伝説(アストゥリアス)/アルベニス
○「惑星」~火星/ホルスト
○「こうもり」序曲/ヨハン ・シュトラウス2世
○「レクイエム」~怒りの日/ヴェルディ


今夜のツボ(登場順)

①「スーパーカミオカンデでもいいでしょう」(0:30)
 ※新人さん、ラジオネームで悩まないでください
②「何が面白かったのか…顔?放っといてくれ」(2:06)
 ※LFJで斎藤さんを見て面白かったという小学5年生に
③「いいべ?…急に北海道にならなくていいか」(3:18)
 ※「227」のオンエア後に
④「王様のパジャマ、ぼくが着ようかな」(3:25)
 ※20日のコンサートが満員になったら着てくれるそうです
⑤「やめられまへんな、ホントに」(3:55)
 ※ドボンの合格曲がまだまだあります




ぴえ~るママのお店「バーぴえ~る」が開くのは1年のうちわずか3日。そう、LFJの3日間です。開店から5、6年になるでしょうか。数年前には某公共放送の生放送で取材もされました。口コミで年ごとに常連さんが増え、その噂はプレゼンターさんの耳にも入ったようで、LFJの広い会場を行き来する合間にお顔を見せてくださることもしばしばです。

最終日には、今年の閉店と来年の開店を願ってシャンパンで乾杯します。このシャンパンを目当てに(?)訪れる常連さんも多く、乾杯時の人数は20人を超え、何事かと仰天した周りの一般の方から「何の集まりですか?」と尋ねられたこともありました。屋外でライブも行われる場所ですから、少々の盛り上がりならあまり迷惑がかからないのも安心です。

多忙なママが席を外したいときは常連さんがお店番をしてくれるので、ママは安心してOTTAVAのブースの見学へ行けます。テーブルには出席簿が用意されていて、すれ違いで会えなかった常連さんの名前を見つけるのも楽しみのひとつ。今年は名前の後ろに「エア出席」というカッコ書きが加えられ、出席者は増加の一途をたどっています。来年はこのブログでエア出席の希望を受け付けるのもいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/5月4日(水)

プレゼンター:斎藤茂GM


帰って来たコンピレーションの森《HD》

【がんばれ九州「がまだせクラシック」】
●ミケさん…あの頃の音/シネシ
●歩き出す水曜日さん…歌劇「コアンガ」~ラ・カリンダ/ディーリアス
●草食系狼さん…創作主題による変奏曲「エニグマ」Op.36~第9変奏「ニムロッド」/エルガー
●コニストンさん…ピアノ協奏曲 第5番 変ホ長調 Op.73「皇帝」~第2楽章/ベートーヴェン
●アダーさん…ミサ曲 ロ短調 BWV.232~第4部 アニュス・ディ‐われらに平安を与えたまえ/J. S.バッハ


本日のフレーバー・リクエスト   お誕生日

●ケチャツプさん…①レオカディア(ジャン・アヌイの劇への付随音楽)~第3幕‐愛の小径/プーランク ②スラヴ舞曲第2集 Op.72,B.147~第2番 ホ短調/ドヴォルザーク
留守番娘はもちさん(4日)…弦楽四重奏曲 第14番 ト長調 K.387~第1楽章/モー ツァルト


本日の「クラシックでドボン」

●メヌエット ト長調/ベートーヴェン
○はげ山の一夜/ムソルグスキー
●楽興の時/シューベルト
○ワルツを踊る猫/ルロイ・アンダーソン
●ピーターと狼/プロコフィエフ


今夜のツボ(登場順)

①「えへへ~・・・ウソウソウソ(中略)決まってません」(0:54)
 ※早くスマホでハイレゾが聞けるようにしてくださいというメールに
②「男の人に言われてちょっとドキドキしたことがあります」(0:57)
 ※ハイレゾで聞くと目の前に斎藤さんがいるみたいなんだそうです
③「皇帝を聞きながら慌ててトナー交換して左手真っ黒になっちゃって」(1:43)
 ※下記参照
④「これだ!(中略)これしかない!」(2:54)
 ※LFJで小さいお子さんOKのコンサートありませんかのメールに
⑤「やってみたいことがアンデス山脈」(3:14)
 ※来年のLFJのテーマ当てですがあえなくドボンとなりました




生放送というのはどうしてあんなにテンションが上がるのでしょうか。LFJの3日間でいちばん興奮していたのは、他ならぬ本田さんだと私は確信しているのですが、彼は前日のリベルタから凄かった(笑)。本田さんが八面六臂で活躍しているので俺たちが引き締めなければ!というわけではないでしょうが、斎藤さんと林田さんが妙に落ち着いていたという印象を受けました。

それでも盛り上がる有楽町を後にして、サローネ放送のために一番町へ向かう斎藤さんのお気持ちは如何ばかりか…。いえいえ、この5月でプレゼンター歴9年目を迎えるGMでございます。有楽町に負けじと番組を(色々な意味で)盛り上げてくださいましたね。

未読のメールは山積み、急遽プリンターのトナー交換で手は真っ黒、おまけに、残業時間で来年のLFJのテーマをみんなで当てようという素晴らしい企画を思いついたのに、数時間前NHK-FMに出演したマルタンさんが口を滑らせてしまい全世界に広まってしまったあとでガッカリ…というオチまでつきました。

LFJ来年のテーマは「ダンス」。モーツァルトには晩年に書いたおびただしい数のドイツ舞曲があります。マルタンさんはプログラムに組んでくださるでしょうか。先ほどカレンダーも確認しました。早くも来年に思いを馳せている私でございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/4月27日(水)

プレゼンター:ゲレン大嶋さん


今夜のツボ(登場順)

①「夜のちゃぽちゃぽ、このあとお送りいたします」(0:56)
 ※朝の名物ちゃぽちゃぽこと「ネイチャーサウンドミックス」が夜にも登場
②「気持ちよく寝ていただけるならそれでも良しとしようかな」(1:32)
 ※ちゃぽちゃぽが眠りを誘います
③「泊まりたいですよね。全然考えてませんでしたけど」(2:11)
 ※今夜は(一番町に)お泊りですか?のメールに
④「怖くて再放送も聞けませんでした」(2:13)
 ※新年の酔っ払い突入放送に関しての弁明(笑)




この日は斎藤さんが公開番組収録のため、ゲレンさんがピンチヒッターに立ってくださいました。斎藤さんの担当ではないから端折るというのはゲレンさんに失礼ですし、何より、昨今記憶力が著しく低下した我が身のためにも記録を残しておかないと、後々「どうして1週抜けているんだろう」ということになりかねません。

代打といっても気負うことなく、ゲレンさんはいつものペースで、言わば「OTTAVA Aria 夜版」を無事勤め上げてくださいました。1日に朝と夜の2本の番組、さらに次の朝ももちろん放送しなければなりません。番組にはハードスケジュールを心配するメールがたくさん届いて、それに丁寧に応えるゲレンさんからクスッとするツボもいくつか出ております。やっぱり夜のゲレンさんもなかなかいいものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »