« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

今夜のOTTAVA Salone/7月20日(水)

プレゼンター:斎藤茂GM


帰って来たコンピレーションの森《HD》

【海で1曲、山で1曲】
●働く夏の水曜日さん…フランスの歌~心地良い山頂/カントルーブ(山)、6つのコンソレーションS172/R12~第2番 ホ長調/リスト(海)
●パン子さん…ソナティナ~第1楽章/ラヴェル(海)、ハンガリーの風景 Sz97~村の夕べ/バルトーク(山)
●えこたさん…交響組曲「シェエラザード」Op.35 ~海とシンドバットの船/リムスキー=コルサコフ(海)、「ペール・ギュント」第1組曲Op.46 ~山の魔王の宮殿にて/グリーグ(山)


本日のフレーバー・リクエスト

●ウナ・セラ・ディ東京さん…前奏曲集~夢の中のかすかな音/メシアン


本日の「クラシックでドボン」
  (お月見のため中止)

今夜のツボ(登場順)

①「コロロのおじさんだよ。おいしいね」(0:53)
 ※斎藤さん声は食事に魔法をかける気がするというリクエストに応えて
②「ぼくのためにあるような標語だね」(2:22)
 ※石油化学業界では「当たり前のことをぼんやりせずちゃんとやる」ことを「ABC」と言うそうです
③「♪さあみんなで踊るっぺ」(3:19)
 ※カルミナブラーナの円舞曲がGMにはこう聞こえるそうです




先週の仙台フィルのドキュメンタリー「音楽になにができますか ~仙台フィル・復興コンサートの記録~」は、さすがNHKの面目躍如。心に留めておきたい印象的な言葉がたくさんあったのですが、ほとんど斎藤さんへの感想メールで読まれてしまいました。曰く、コンマス神谷未穂さんの「避難所へ演奏しに行ったら物を投げられるんじゃないかと思った」、オーボエの西沢さんの「震災の前と後では同じCDが全然違って聴こえた」などなど。

震災から5年以上を経た今でも、折に触れて放送されている被災者を取材した丁寧な番組作りはここでも発揮されていて、避難所で初めて復興コンサートを聴いた女性が「私も歌いたい!」と、今はコーラスのサークルで仙台フィルと一緒に歌っているというのです。映像には山本純さんほか何人かのメンバーと共に歌う彼女の姿がしっかりととらえられていました。「音楽は人を変えられる」という彼女自身の言葉よりも説得力のあるものがほかにあるでしょうか。

そして、斎藤さんから来年3月の「みんなでつくる復興コンサート」が決定したといううれしい発表もありました。仙台市長さんの名言「5年続いたら奇跡」をとうとう越してしまったのです。ゲストは? メインの曲は? およそ7ヶ月にわたる楽しい企画会議がまた始まります。(1:40~)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/7月13日(水)

プレゼンター:斎藤茂GM


帰って来たコンピレーションの森《HD》

【この曲でリセット!(何を?)】
●うさぎのマーチさん(体調不良を)…弦楽四重奏曲 第12番 ヘ長調 Op.96「アメリカ」~第3楽章/ドヴォルザーク
●にゃんもにゃいとさん(体調不良を)…交響管弦楽のための音楽~アレグロ/芥川 也寸志
●マヌーメイヤンさん(ストレッチのBGMに)…歌劇「魔笛」第1幕~何と美しい絵姿/モーツァルト
●リナシメントさん(人間関係のストレスを)…フランス組曲 第5番 ト長調 BWV.816~ジーグ/J.S.バッハ
●ちゅりっぴーにさん(阪神の不調に沈みがちな気持ちを)…「ワルキューレ」~ワルキューレの騎行/ワーグナー


本日のフレーバー・リクエスト    お誕生日

●ケチャツプさん…ピアノ・ソナタ 第1番 ハ長調 Op.1~①第2楽章 ②第3楽章/ブラームス
●にゃんごろーさん、うまうまさん…ブラジル風バッハ 第9番~前奏曲/ヴィラ=ロボス
●豆葉さん(上落合ボーイさんリクエスト)…わが夢の都ウィーン/ジーツィンスキー
ねりま姫(16日)…ギター協奏曲 第1番 ニ長調 Op.99~第2楽章/カステルヌオー ヴォ=テデスコ


本日の「クラシックでドボン」

●メイプルリーフ・ラグ/スコット・ジョプリン
○「ローエングリン」~結婚行進曲/ワーグナー
○禁じられた遊び/スペイン民謡
○ヴァイオリン協奏曲~第1楽章/メンデルスゾーン
●ピカデリー/サティ


今夜のツボ(登場順)

①「そんなことわかっても困るんだけど」(0:26)
 ※ハイレゾで聴くとGMの「噛みどころ」がよくわかるそうです
②「あたしゃこれでフーガでござんす」(1:35)
 ※フーガ=遁走。飲み会で中座するときに流行らせたいと言うGM
③「いいでしょう…大好きなんだ、ホントに」(2:04)
 ※いちむじんを聴き終わってひとこと
④「うちの田舎の言葉で言うと“わやくちゃ”になってた」(2:42)
 ※混乱してました
⑤「♪どぼ~んと出た花火はきれいじゃない」(3:43)
 ※もはやシリーズと化したドボン開始の雄叫び。別枠にしようかしらん(笑)
⑥(林田さんのモノマネで)「うっ、これがドボンですか…」(3:44)
 ※もしも林田さんがドボンコーナーをやったら




もう少し早く更新したかったのにギリギリになってしまいました。今回は連絡事項をいくつか。

待ちに待った仙台フィルの東京公演のTV放送が来週に決まりましたが、その前にドキュメント番組の放送があります。「音楽に なにができますか ~仙台フィル・復興コンサートの記録~」NHK・Eテレ、今夜22時14分から(前半はN響定期公演)。インスペクターの我妻さん大活躍という噂です。

コンピの森「この曲でリセット!」は先週で終了。新しいテーマは「海で1曲、山で1曲」になりました。今週からこのテーマでエントリー募集だそうですが、実はこの20日がなんと満月であります。晴れれば全てのコーナーはお休みになり、リクエストは月見一色というのが恒例ですね。

気象庁のサイトによれば、今年の梅雨明け予想は21日ごろだそうです。この“ごろ”がくせもの。水曜が満月になるのは今年はもう12月しかありません。何とか晴れますように!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/7月6日(水)

プレゼンター:斎藤茂GM


帰って来たコンピレーションの森《HD》

【この曲でリセット!(何を?)】
●ミケさん(塩たれ気味の気分を)…小組曲~バレエ(管弦楽版)/ドビュッシー(H.ビュッセル編)
●草食系狼さん(事あるごとにこの曲で)…組曲「ホルベアの時代より」Op.40~前奏曲/グリーグ
●ほーぼーけんの大冒険さん(焦がしてしまった餃子を)…ヴァイオリン・ソナタ ト長調~第2楽章:ブルース/ラヴェル
●歩きメデスさん(飲み過ぎを)…歌劇「サムソンとデリラ」Op.47~バッカナール/サン=サーンス
●我慢しない水曜日さん(調子が悪かった今年前半を)…8つの夜想曲 第1番 ハ長調/プーランク


本日のフレーバー・リクエスト

●小雨さん…ピアノ五重奏曲 ロ短調 Op.51 第2楽章~レント/フローラン・シュミット
●カールくん、魔女のサマンサさん…ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 Op.35~第2楽章/コルンゴルト


本日の「クラシックでドボン」

●チェンバロ協奏曲 BWV.1056~アリオーソ/J. S.バッハ
●水の戯れ/ラヴェル
●交響曲 第7番/ベートーヴェン
○「アルルの女」第2組曲~メヌエット/ビゼー
●「魔笛」第2幕~夜の女王のアリア/モーツァルト
○「春」/ヴィヴァルティ
●ハープシコード組曲 第2番 HWV437~サラバンド/ヘンデル


今夜のツボ(登場順)

①「ヘッドフォン探してください。電気屋さん駆け込んでる人が3人ぐらいいるよね」(1:04)
 ※OTTAVAレコーズの新譜「死と乙女」のボーナストラックはぜひヘッドフォンで
②「生ビール美味しいけどねぇ。ちゃんと毎週レポートするように」(1:56)
 ※今年いっぱい禁酒します!というメールに
③「『リクエスト曲じゃないから今のうちにトイレ行っちゃお』でももちろん結構です」(2:01)
 ※この夏を通してフォーレの舟歌を全曲聴きましょう
④「味覚糖さ~ん。ありますよぉ、番組いっぱい」(2:26)
 ※早く気が付いてスポンサーになってください(笑)
⑤(スカボローフェア熱唱に続いて)「きょうとどぼんとちょうでのみたいな~!!!」(3:38)
 ※ドボンコーナー開始恒例の雄たけび。訳は「京都先斗町で飲みたいな」




今日最初のほうに出てきた聞き慣れない「クオドリベット」をググってみると、ほとんどがゴルトベルク変奏曲に言及している記事だったりします。その中で異彩を放っているのが「坂本冬美の歌う大阪で生まれた女」

クオドリベットとは違う曲を同時に(不自然じゃなく)演奏することで、驚いたことに、坂本冬美は大阪で生まれた女をパッヘルベルのカノンをバックに歌っているのです。これはすごい(というより編曲家のお手柄)。

こういうことをモーツァルトが素通りするはずがありません。ドン・ジョヴァンニの中の舞踏会の場面では、小さなオケを3つ舞台の上に乗せてそれぞれ違う曲を弾かせるということをやっています。この自己顕示欲の強さが彼の真骨頂。スカラ座の正統派の演出でご覧ください。8分以上あるので3:00ぐらいからどうぞ。(0:43~ゴルトベルク変奏曲)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「クラシックでドボン」星取表(2016年3月~6月)

斎藤さんがリンクしてくださったので、訪問してくださる方が増えております。ありがとうございます。ちょっとリニューアルしてみましたが見やすくなったでしょうか。次回更新は来月の予定です。



シャルパンティエ(1643)
 ●テ・デウム

パッヘルベル(1653)
 ○カノン

J・S・バッハ(1685)
 ○トッカータとフーガ ト短調
 ○無伴奏チェロ組曲 第1番~前奏曲
 ○主よ人の望みの喜びよ
 ●G線上のアリア
 ●目覚めよと呼ぶ声あり
 ●ブランデンブルク協奏曲 第5番~第1楽章
 ●小フーガ ト短調

ヘンデル(1685)
 ○見よ勇者は帰りぬ
 ○ハレルヤコーラス

ハイドン(1732)
 ●弦楽四重奏曲「皇帝」~第2楽章

ゴセック(1734)
 ○ガボット

アンゲラー(1740)
 ○おもちゃの交響曲

ボッケリーニ(1743)
 ○メヌエット

モーツァルト(1756)
 ○きらきら星変奏曲
 ○トルコ行進曲
 ○交響曲 第40番 ト短調
 ●春ヘの憧れ
 ●アヴェ・ヴェルム・コルプス

ベートーヴェン(1770)
 ●交響曲 第3番「英雄」
 ○交響曲 第5番「運命」
 ○交響曲 第9番「合唱」~第4楽章
 ○エリーゼのために
 ●メヌエット ト長調
 ●ヴァイオリン・ソナタ「春」
 ○ピアノ・ソナタ「悲愴」~第2楽章

ウェーバー(1786)
 ●「魔弾の射手」序曲

ロッシーニ(1792)
 ○「ウィリアム・テル」序曲~スイス軍の行進

シューベルト(1797)
 ○ピアノ五重奏曲「ます」~第4楽章
 ●歌曲集「白鳥の歌」~セレナーデ
 ●楽興の時
 ○軍隊行進曲

ヨハン・シュトラウス1世(1804)
 ○ラデツキー行進曲

グリンカ(1804)
 ●「ルスランとリュドミラ」序曲

メンデルスゾーン(1809)
 ○結婚行進曲
 ○無言歌集から「春の歌」

ショパン(1810)
 ○24の前奏曲 第7番 イ長調
 ●葬送行進曲
 ●革命のエチュード
 ○別れの曲
 ○小犬のワルツ

シューマン(1810)
 ○トロイメライ
 ●交響曲「ライン」~第1楽章
 ●流浪の民

リスト(1811)
 ○愛の夢 第3番

ヴェルディ(1813)
 ○歌劇「椿姫」~乾杯の歌
 ○「レクイエム」~怒りの日

ワーグナー(1813)
 ○ワルキューレの騎行

グノー(1818)
 ○アヴェ・マリア
 ●マリオネットの葬送行進曲

オッフェンバック(1819)
 ○「天国と地獄」序曲

フランク(1822)
 ●天使の糧

ヨハン ・シュトラウス2世(1825)
 ○「こうもり」序曲
 ○美しく青きドナウ

ブラームス(1833)
 ●ハンガリー舞曲 第1番
 ○ハンガリー舞曲 第5番
 ●ワルツ Op.39-15
 ●交響曲 第3番~第3楽章

サン=サーンス(1834)
 ●序奏とロンド・カプリチオーソ
 ○動物の謝肉祭~白鳥

バダジェフスカ(1834)
 ○乙女の祈り

ポンキエルリ(1834)
 ●時の踊り

ドリーブ(1836)
 ●バレエ「コッペリア」~マズルカ

ビゼー(1838)
 ○歌劇「カルメン」~前奏曲

ムソルグスキー(1839)
 ○はげ山の一夜
 ○「展覧会の絵」~プロムナード

チャイコフスキー(1840)
 ○ピアノ協奏曲 第1番~第1楽章
 ○「白鳥の湖」~情景
 ○「白鳥の湖」~4羽の白鳥の踊り
 ○「くるみ割り人形」~花のワルツ
 ○「くるみ割り人形」~あし笛の踊り
 ○「くるみ割り人形」~行進曲
 ●弦楽セレナード~第1楽章

ドヴォルザーク(1841)
 ○交響曲 第9番「新世界より」~ 第2楽章(家路)
 ●スラブ舞曲 Op72-2
 ○ユーモレスク

マスネ(1842)
 ○タイスの瞑想曲

グリーグ(1843)
 ○ピアノ協奏曲 イ短調~第1楽章

サラサーテ(1844)
 ●ツィゴイネルワイゼン

イヴァノビッチ(1845)
 ●ドナウ川のさざなみ

ネッケ(1850)
 ●クシコスポスト

タレガ(1852)
 ●アルハンブラ宮殿の思い出

スーザ(1854)
 ●行進曲「美中の美」

ヤナーチェク(1854)
 ●シンフォニエッタ

エルガー(1857)
 ○愛の挨拶

プッチーニ(1858)
 ○歌劇「蝶々夫人」~ある晴れた日に
 ○歌劇「トゥーランドット」~誰も寝てはならぬ

マーラー(1860)
 ●交響曲 第5番~第4楽章「アダージェット」

アルベニス(1860)
 ●伝説(アストゥリアス)

ドビュッシー(1862)
 ○亜麻色の髪の乙女
 ○2つのアラベスク~第1番

R・シュトラウス(1864)
 ○ツァラトゥストラはかく語りき

シベリウス(1865)
 ●フィンランディア

サティ(1866)
 ○ジムノペディ 第1番

デュカス(1865)
 ●魔法使いの弟子

グラナドス(1867)
 ●アンダルーサ

スコット・ジョプリン(1868)
 ○エンターテイナー

プライヤー(1870)
 ○口笛吹きと小犬

イエッセル(1871)
 ○おもちゃの兵隊の行進曲

アルヴェーン(1872)
 ●スウェーデン狂詩曲 第1番~夏至の徹夜祭

フチーク(1872)
 ○剣士の入場

ラフマニノフ(1873)
 ●ピアノ協奏曲 第2番
 ●ヴォカリーズ

ホルスト(1874)
 ○「惑星」~木星
 ○「惑星」~火星

ラヴェル(1875)
 ○ボレロ
 ○亡き王女のためのパヴァーヌ

ケテルビー(1875)
 ○ペルシャの市場にて

ストラヴィンスキー(1882)
 ●春の祭典

ポンセ(1882)
 ●エストレリータ(小さな星)

コダーイ(1882)
 ●歌劇「ハーリヤノーシュ」~ウィーンの音楽時計

ヴィラ=ロボス(1887)
 ●カイピラの小さな汽車

プロコフィエフ(1891)
 ○「ロメオとジュリエット」~騎士たちの踊り
 ●ピーターと狼

モンポウ(1893)
 ●プラネタリウム

オルフ(1895)
 ○「カルミナ・ブラーナ」~おお運命の女神よ

ガーシュウィン(1898)
 ○ラプソディ・イン・ブルー

プーランク(1899)
 ●愛の小道

フィンジ(1901)
 ●エクローグ

ロドリーゴ(1901)
 ○アランフェス協奏曲~第2楽章

ハチャトゥリアン(1903)
 ●仮面舞踏会

カバレフスキー(1904)
 ○道化師のギャロップ

ルロイ・アンダーソン(1908)
 ○ワルツを踊る猫
 ○そりすべり
 ○シンコペーテッド・クロック
 ○タイプライター
 ●プリンク・プランク・プルンク

バーバー(1910)
 ●弦楽のためのアダージョ

伊福部昭(1914)
 ●SF交響ファンタジー(ゴジラ)

ヒナステラ(1916)
 ●バレエ組曲「エスタンシア」~マランボ(終幕の踊り)

ピアソラ(1921)
 ○リベルタンゴ

リード(1921)
 ●アルメニアンダンス

ジョン・ウィリアムズ(1932)
 ●スーパーマンのテーマ

○スコットランド民謡/蛍の光
○イングランド民謡&ヴォーン=ウィリアムス/グリーンスリーブスによる変奏曲
●アイルランド民謡/ロンドンデリーの歌
●ビートルズ(ブレイナー編曲)/イエローサブマリン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/6月29日(水)

プレゼンター:斎藤茂GM


帰って来たコンピレーションの森《HD》

【ハミング&鼻歌クラシック】
●アンダンテみどりさん…喜歌劇「こうもり」第2幕~侯爵様、あなたのようなお方は/J.シュトラウスⅡ世
●どんぐりさん…バレエ音楽「三角帽子」第2幕~終幕の踊り(ホタ)/ファリャ
●コントラプンクトさん…組曲「惑星」Op.32~天王星―魔術の神/ホルスト
●上落合ボーイさん…ミュージカル「学生王子」~セレナード/ロンバーグ
●レイラニさん…大地の美のために/ラター


本日のフレーバー・リクエスト   お誕生日

●えっぽこさん(なにわるつさんリクエスト)…交響曲 第3番「田園交響曲」~第4楽章/ヴォーン=ウイリアムズ
●みーのんさん…ニュー・ワールド・ア・カミン/デューク・エリントン(ピアノと管弦楽編曲版)
ゆっぴさん(21日)…ニュー・ワールド・ア・カミン/デューク・エリントン(ピアノと管弦楽編曲版)


本日の「クラシックでドボン」

○小犬のワルツ/ショパン
●プリンク・プランク・プルンク/ルロイ・アンダーソン
○歌劇「トゥーランドット」~誰も寝てはならぬ/プッチーニ
●小フーガ ト短調/J. S.バッハ
○タイスの瞑想曲/マスネ


今夜のツボ(登場順)

①「骨がくっつく作曲家といえば何といっても皆さん、ボーン=ウイリアムズです」(0:27)
 ※Vなのでホントはヴォーンです(笑)
②「真央ちゃんがリーチュアルダンスって言うとなかなかオシャレに聞こえるから不思議なもんで」(1:27)
 ※浅田真央選手の今シーズン使用曲はファリャの火祭りの踊り
③「鼻歌で盛り上がって道を間違えちゃうというのは僕も経験があります」(1:52)
 ※曲がるところを歌いながらまっすぐ行ってしまうらしい
④「ぼくも大変興味があります」(2:52)
 ※37歳、美人すぎるローマ市長さんだそうです
⑤「ランチョンマットおみやげに持って来てもらいたい…せこ~(←せこい)」(3:45)
 ※NY行きはぜひビジネスクラスで




知りたいことは検索で即座に解決出来てしまう昨今ですが、いつか調べようと思っていて忘れてしまうことがままあります。今夜の陽気な静電気女さんのメールがまさにそれで、思わず「おぉ!」と膝を叩いてしまいました。

そうです。あやめと花しょうぶとかきつばたは、一見しただけではまずわかりません。水辺とそうでないところに咲くものの違いぐらいは知っていたつもりでしたが、それ以上のことを確かめないまま、今年もそれらの花の盛りが過ぎようとしています。

耳から聞くのとは違って、ブログの良いところは一目でわかること。静電気女さんの説明をフォローするつもりで画像を探してみました。もう一件、斎藤さんが大変興味があるという「美人すぎるローマ市長」は、あやめほど苦労しなくても、一発でものすごい数がヒットします。舛添さんが留任していたら、いの一番で会いに行くであろうことは間違いありません。(2:21~)

Fukiagepark
Hanashobu花しょうぶ(花菖蒲)

Ayameあやめ(菖蒲)

Kakitsubataかきつばた(杜若)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »