« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

「クラシックでドボン」星取表(2016年3月~10月26日)

遅くなりました。10月までのまとめです。とうとう200曲を超えました。10月に入って黒星が先行しているようですが、合計211曲のうちNY行き獲得107曲(50.7%)、ドボンが104曲(49.2%)と、なんとか合格組が頑張っています。なお、特に表記がない場合のエントリーは第1楽章です。



シャルパンティエ(1643)
 ●テ・デウム

パッヘルベル(1653)
 ○カノン

ヴィヴァルディ(1678)
 ○四季~春
 ○四季~冬 第2楽章
 ○マンドリン協奏曲 ハ長調

J・S・バッハ(1685)
 ○トッカータとフーガ ト短調
 ○無伴奏チェロ組曲 第1番~前奏曲
 ○主よ人の望みの喜びよ
 ●G線上のアリア
 ●目覚めよと呼ぶ声あり
 ●ブランデンブルク協奏曲 第5番
 ●小フーガ ト短調
 ●チェンバロ協奏曲 BWV.1056~アリオーソ
 ●無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ~シャコンヌ
 ●羊は安らかに草を食み BWV.208
 ○無伴奏パルティータ 第3番~ガヴォット
 ●平均律クラヴィーア曲集 第1巻(24の前奏曲とフーガ)~第1番 BWV.846
 ●ゴルトベルク変奏曲 BWV.988~アリア
 ○アンナ・マグダレーナのためのクラヴィア曲集~メヌエット

ヘンデル(1685)
 ○見よ勇者は帰りぬ
 ○ハレルヤコーラス
 ●ハープシコード組曲 第2番 HWV437~サラバンド
 ●オラトリオ「ソロモン」~シバの女王の入城
 ●調子の良い鍛冶屋
 ●「水上の音楽」~アラ・ホーンパイプ

ハイドン(1732)
 ●弦楽四重奏曲「皇帝」~第2楽章

ゴセック(1734)
 ○ガボット

アンゲラー(1740)
 ○おもちゃの交響曲

ボッケリーニ(1743)
 ○メヌエット

モーツァルト(1756)
 ○きらきら星変奏曲
 ○トルコ行進曲
 ○交響曲 第40番 ト短調
 ●春ヘの憧れ
 ●アヴェ・ヴェルム・コルプス
 ●歌劇「魔笛」第2幕~夜の女王のアリア
 ○ディヴェルティメント K136
 ●2台のピアノのためのソナタ K448
 ○歌劇「魔笛」第2幕~パパパの二重唱
 ○アイネ・クライネ・ナハトムジーク

ベートーヴェン(1770)
 ●交響曲 第3番「英雄」
 ○交響曲 第5番「運命」
 ○交響曲 第6番「田園」
 ●交響曲 第7番
 ○交響曲 第9番「合唱」~第4楽章
 ○エリーゼのために
 ●メヌエット ト長調
 ●ヴァイオリン・ソナタ「春」
 ○ピアノ・ソナタ「悲愴」~第2楽章
 ○ピアノ協奏曲 第5番「皇帝」

ウェーバー(1786)
 ●「魔弾の射手」序曲

ロッシーニ(1792)
 ○「ウィリアム・テル」序曲~スイス軍の行進

シューベルト(1797)
 ○ピアノ五重奏曲「ます」~第4楽章
 ●歌曲集「白鳥の歌」~セレナーデ
 ●楽興の時
 ○軍隊行進曲
 ●魔王
 ○子守歌

ベルリオーズ(1803)
 ●幻想交響曲~第4楽章

ヨハン・シュトラウス1世(1804)
 ○ラデツキー行進曲

グリンカ(1804)
 ●「ルスランとリュドミラ」序曲

ブルクミュラー(1806)
 ●25の練習曲~アラベスク

メンデルスゾーン(1809)
 ○結婚行進曲
 ○無言歌集から「春の歌」
 ○ヴァイオリン協奏曲
 ●歌の翼に

ショパン(1810)
 ○24の前奏曲 第7番 イ長調
 ●葬送行進曲
 ●革命のエチュード
 ○別れの曲
 ○小犬のワルツ
 ○夜想曲 Op.9-2
 ○英雄ポロネーズ
 ○華麗なる大円舞曲

シューマン(1810)
 ○トロイメライ
 ●交響曲「ライン」
 ●流浪の民

リスト(1811)
 ○愛の夢 第3番

ヴェルディ(1813)
 ○歌劇「椿姫」~乾杯の歌
 ○「レクイエム」~怒りの日

ワーグナー(1813)
 ○ワルキューレの騎行
 ○歌劇「ローエングリン」~結婚行進曲
 ○楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」~第1幕への前奏曲
 ●歌劇「タンホイザー」序曲

グノー(1818)
 ○アヴェ・マリア
 ●マリオネットの葬送行進曲

オッフェンバック(1819)
 ○「天国と地獄」序曲

スッペ(1819)
 ○「軽騎兵」序曲

フランク(1822)
 ●天使の糧

スメタナ(1824)
 ○わが祖国~モルダウ

ブルックナー(1824)
 ●交響曲第8番~第4楽章

ヨハン ・シュトラウス2世(1825)
 ○「こうもり」序曲
 ○美しく青きドナウ
 ○アンネンポルカ


ブラームス(1833)
 ●ハンガリー舞曲 第1番
 ○ハンガリー舞曲 第5番
 ●ワルツ Op.39-15
 ●交響曲 第3番~第3楽章
 ●交響曲 第1番~第4楽章

サン=サーンス(1834)
 ●序奏とロンド・カプリチオーソ
 ○動物の謝肉祭~白鳥

バダジェフスカ(1834)
 ○乙女の祈り

ポンキエルリ(1834)
 ●時の踊り

ドリーブ(1836)
 ●バレエ「コッペリア」~マズルカ

ワルトトイフェル(1837)
 ○スケーターズ・ワルツ

ビゼー(1838)
 ○歌劇「カルメン」~前奏曲
 ○「アルルの女」第2組曲~メヌエット
 ○「アルルの女」第2組曲~ファランドール

ムソルグスキー(1839)
 ○はげ山の一夜
 ○「展覧会の絵」~プロムナード

チャイコフスキー(1840)
 ○ピアノ協奏曲 第1番
 ○「白鳥の湖」~情景
 ○「白鳥の湖」~4羽の白鳥の踊り
 ○「くるみ割り人形」~花のワルツ
 ○「くるみ割り人形」~あし笛の踊り
 ○「くるみ割り人形」~行進曲
 ○「くるみ割り人形」~トレパック(ロシアの踊り)
 ●弦楽セレナード

ドヴォルザーク(1841)
 ●交響曲 第8番~第3楽章
 ○交響曲 第9番「新世界より」~ 第2楽章(家路)
 ●スラブ舞曲 Op72-2
 ○ユーモレスク
 ●歌劇「ルサルカ」~月に寄せる歌
 ●チェロ協奏曲 ロ短調

マスネ(1842)
 ○タイスの瞑想曲

グリーグ(1843)
 ○ピアノ協奏曲 イ短調

サラサーテ(1844)
 ●ツィゴイネルワイゼン

リムスキー=コルサコフ(1844)
 ●シェヘラザード~海とシンドバッドの船

イヴァノビッチ(1845)
 ●ドナウ川のさざなみ

フォーレ(1845)
 ○劇付随音楽「ペレアスとメリザンド」~シシリエンヌ

デンツァ(1846)
 ○フニクリ・フニクラ

ネッケ(1850)
 ●クシコスポスト

ヨハン・シュランメル(1850)
 ●ウィーンはいつもウィーン

タレガ(1852)
 ●アルハンブラ宮殿の思い出

スーザ(1854)
 ●行進曲「美中の美」

ヤナーチェク(1854)
 ●シンフォニエッタ

J.F.ワーグナー(1856)
 ●双頭の鷲の旗のもとに

エルガー(1857)
 ○愛の挨拶

プッチーニ(1858)
 ○歌劇「蝶々夫人」~ある晴れた日に
 ○歌劇「トゥーランドット」~誰も寝てはならぬ
 ●歌劇「トスカ」~星は光りぬ

マーラー(1860)
 ●交響曲 第5番~第4楽章「アダージェット」

アルベニス(1860)
 ●伝説(アストゥリアス)

ドビュッシー(1862)
 ○亜麻色の髪の乙女
 ○2つのアラベスク~第1番
 ○月の光

R・シュトラウス(1864)
 ○ツァラトゥストラはかく語りき

タイケ(1864)
 ○行進曲「旧友」

シベリウス(1865)
 ●フィンランディア
 ●アンダンテ・フェスティヴォ
 ●カレリア組曲~行進曲風に

サティ(1866)
 ○ジムノペディ 第1番
 ●ピカデリー
 ○ジュ・トゥ・ヴー

デュカス(1865)
 ●魔法使いの弟子

グラナドス(1867)
 ●アンダルーサ

スコット・ジョプリン(1868)
 ○エンターテイナー
 ●メイプルリーフ・ラグ

プライヤー(1870)
 ○口笛吹きと小犬

イエッセル(1871)
 ○おもちゃの兵隊の行進曲

アルヴェーン(1872)
 ●スウェーデン狂詩曲 第1番~夏至の徹夜祭

フチーク(1872)
 ○剣士の入場

ラフマニノフ(1873)
 ●ピアノ協奏曲 第2番
 ●ヴォカリーズ

ホルスト(1874)
 ○「惑星」~木星
 ○「惑星」~火星

ラヴェル(1875)
 ○ボレロ
 ○亡き王女のためのパヴァーヌ
 ●水の戯れ

ケテルビー(1875)
 ○ペルシャの市場にて

クライスラー(1875)
 ○愛の喜び

ファリャ(1876)
 ●クラヴサン協奏曲~第3楽章
 ○バレエ音楽「恋は魔術師」~火祭りの踊り

カントルーブ(1879)
 ● 「オーヴェルニュの歌」~バイレロ

レスピーギ(1879)
 ●「リュートのための古風な舞曲とアリア」第3組曲~イタリアーナ

アルフォード(1881)
 ○ボギー大佐(クワイ河マーチ)

ストラヴィンスキー(1882)
 ●春の祭典

ポンセ(1882)
 ●エストレリータ(小さな星)

コダーイ(1882)
 ●歌劇「ハーリヤノーシュ」~ウィーンの音楽時計

ヴィラ=ロボス(1887)
 ●カイピラの小さな汽車

プロコフィエフ(1891)
 ○「ロメオとジュリエット」~騎士たちの踊り
 ●ピーターと狼

ミヨー(1892)
 ●スカラムーシュ~ブラジレイラ

モンポウ(1893)
 ●プラネタリウム

オルフ(1895)
 ○「カルミナ・ブラーナ」~おお運命の女神よ

ガーシュウィン(1898)
 ○ラプソディ・イン・ブルー

プーランク(1899)
 ●愛の小道

フィンジ(1901)
 ●エクローグ

ロドリーゴ(1901)
 ○アランフェス協奏曲~第2楽章

ハチャトゥリアン(1903)
 ●仮面舞踏会
 ○バレエ音楽「ガイーヌ」~剣の舞

カバレフスキー(1904)
 ○道化師のギャロップ

ショスタコーヴィチ(1906)
 ●ジャズ組曲~ワルツ

ルロイ・アンダーソン(1908)
 ○ワルツを踊る猫
 ○そりすべり
 ○シンコペーテッド・クロック
 ○タイプライター
 ●プリンク・プランク・プルンク

バーバー(1910)
 ●弦楽のためのアダージョ

伊福部昭(1914)
 ●SF交響ファンタジー(ゴジラ)

ヒナステラ(1916)
 ●バレエ組曲「エスタンシア」~マランボ(終幕の踊り)

バーンスタイン(1918)
 ●ウエストサイド物語~トゥナイト

ピアソラ(1921)
 ○リベルタンゴ

リード(1921)
 ●アルメニアンダンス

ルイス・ボンファ(1922)
 ●謝肉祭の朝(黒いオルフェ)

ジョン・ウィリアムズ(1932)
 ●スーパーマンのテーマ

○スコットランド民謡/蛍の光
○イングランド民謡&ヴォーン=ウィリアムス/グリーンスリーブスによる変奏曲
●アイルランド民謡/ロンドンデリーの歌
●ビートルズ(ブレイナー編曲)/イエローサブマリン
○スペイン民謡/禁じられた遊び

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/10月26日(水)

music プレゼンター:斎藤茂GM


cherryblossom 帰って来たコンピレーションの森《HD》

【秋に寂しき者】
●りんごコロロさん…歌劇「死の都」Op.12 第1幕~私に残された幸せは(マリエッタの歌)/コルンゴルト
●小舟さん…オブリヴィオン/ピアソラ
●陽気な静電気女さん…無言歌 第6番 ト短調 Op.19b-6「ヴェネツィアの舟歌、第1」/メンデルスゾーン
●セブンセブンスさん…前奏曲、フーガと変奏曲 Op.18~アンダンティーノ(2)/フランク
●ちゅりっぴーのさん…歌劇「トスカ」第3幕~星は光リぬ/プッチーニ
●コントラプンクトさん…内なる印象(哀歌)~悲しき鳥/モンポウ


cute 本日のフレーバー・リクエスト   birthday お誕生日

●まいにちえがおさん…あなたが欲しいの/サティ
●さんさんスーさん…①交響曲 第1番~第1楽章/スクリャービン ②チェロ協奏曲 第2番 イ長調~第2楽章/C.シュターミッツ
●ローズマリア姫…リコーダーのためのコンチェルティーノOp.41a(F.レーン編) ~Ⅰ.カンティレーナ Ⅲ .ロンド/アーノルド(F.レーン編)
birthday こてつのママさん(27日)…かけら/いちむじん


thunder 「クラシックでドボン」開始時恒例『今夜の雄たけび』

セイフティバーは私が上げてドボ~~~~~~~ン!!!(3:37)


airplane 本日の「クラシックでドボン」

●カレリア組曲~行進曲風に/シベリウス
○アンネンポルカ/ヨハン ・シュトラウス2世
○華麗なる大円舞曲/ショパン
●双頭の鷲の旗のもとに/J.F.ワーグナー
○アンナ・マグダレーナのためのクラヴィア曲集~メヌエット/J.S.バッハ


aquarius 今夜のツボ(登場順)

①「何と言っても混浴…いや、そうじゃない」(0:35)
 ※GMあこがれの酸ヶ湯温泉だそうです
②「勿体ぶるわけですが」(0:56)
 ※復興コンサートのゲスト発表は1時間後ぐらいです
③「まったくわかんないのにマーラーのモノマネやらされたりね」(2:40)
 ※ハロウィン恒例の「あの方」もおいでになりました
④「森くんみたいな声があればいいんだけどな」(3:10)
 ※以前のハロウィン企画を思い出してあれこれと
⑤「♪チャイコさんチャイコさん提示部長いのねそうよコーダも長いのよ」(3:38)
 ※「ぞうさん」のメロディで。GM渾身の替え歌です
⑥「そのうち情熱大陸が取材に来るかもしれない」(3:54)
 ※ドボン合格に命をかける方が登場




NHKの地上波では、大河ドラマのほかにもう1本、時代劇のシリーズがあります。改編期に放送曜日が変わることがあるため「木曜時代劇」「金曜時代劇」と呼び名が変わり、現在は「土曜時代劇」として忠臣蔵の外伝が放送中ですが、私が初めて新妻聖子さんの名前を認識したのが、木曜時代劇の「陽炎の辻~居眠り磐音 江戸双紙~」でした。

佐伯泰英による原作本は文庫で50巻を超えるロングセラーで、TVのほうも第3シリーズに加えて、スペシャルも数本製作されるほどの人気作品だったのです。この長いシリーズのエンドロールにずっと使用されていたのが、新妻さんが歌うところの「愛をとめないで」で、第2シリーズ開始時のエンディングでこの曲が聴けたときには久々の再会を心ひそかに喜び、第3シリーズでは変わらぬ歌声に癒されたものでした。

「来年の復興コンサートのゲストは新妻聖子さん」とアナウンスされたとき、頭の中を駆けめぐったのがあのエンディングテーマ。民放のTVドラマはほとんど見ないのですが、タイアップ激しい昨今のドラマ事情では、シリーズごとにテーマ曲が変わるのが当然なのではと推測します。そんな中で、一貫して彼女の曲を主題歌にし続けたことに製作側の強い意図を感じるのは私だけでしょうか。錚々たる彼女のミュージカル・レパートリーを押しのけるのは至難の業ですが、出来ることなら聴いてみたい「愛をとめないで」なのです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/10月19日(水)

music プレゼンター:斎藤茂GM


cherryblossom 帰って来たコンピレーションの森《HD》

【秋に寂しき者】
●パン子さん、ピアンティナさん…夜の海辺にて Op.34 No.1/カスキ
●大江のちさっちゃん…ブラジル風バッハ 第6番~アリア(ショーロ)/ヴィラ=ロボス
●ゆるりさん…ヴォカリーズ Op.34-14/ラフマニノフ
●ミケさん…11月のある日/ブローウェル
●北陸のカニ男さん…夜想曲 第19番 ホ短調 Op.72-1(遺作)/ショパン
●えこたさん…忘れられし夢/ルロイ・アンダーソン


cute 本日のフレーバー・リクエスト

●秋田オリオンさん…ワルツ 変イ長調 遺作「別れのワルツ」/ショパン(ピアノ:宮谷理香)
●ピュアさん…弦楽のための交響曲 第8番 ニ長調 ①第3楽章 ②第4楽章/メンデルスゾーン


thunder 「クラシックでドボン」開始時恒例『今夜の雄たけび』

さぁみなさん!2741コメント!みんなで騒いで3000コメ突破行きましょう!Yeeeaaahhh!!クラシックでドボ~~~~ン!!!(3:32)


airplane 本日の「クラシックでドボン」

●平均律クラヴィーア曲集 第1巻(24の前奏曲とフーガ)~第1番 BWV.846/J・S・バッハ
●ゴルトベルク変奏曲 BWV.988~アリア/J・S・バッハ
●歌劇「トスカ」~星は光ぬ/プッチーニ
○四季~冬 第2楽章/ヴィヴァルディ
○英雄ポロネーズ/ショパン
○「軽騎兵」序曲/スッペ


aquarius 今夜のツボ(登場順)

①「すいません。癒すことしかできないけれど」(0:57)
 ※不安なときに癒されましたというメールに
②「ホントにみんなさびしんぼ!」(1:05)
 ※コンピの森「寂寥感」にものすごい数のメール
③「誰だかわかってるよっ!」(2:05)
 ※ラジオネーム「ほぼディラン」さんに
④「サービスいっぱいしちゃおかな。どうしようかな、脱ぐ?」(3:17)
 ※ニコ動の不具合を詫びる
⑤「違う番組みたいですね。伊集院さんの番組みたいになっちゃった」(3:21)
 ※大人の時間でお願いしますというメールを読んで




先週12日の当欄のコメントで、眠りの森のしげるさんが「すでに出ていたのにドボンのオープニングにトワ・エ・モアを出してしまいました」ということを言ってらして、ほんのちょっとだけ「?」だったのですが、今夜のドボンタイムで氷解いたしました。

まあ、出すも出したり、いったい何曲あったでしょうか。冒頭の「誰もいない海」(トワ・エ・モア)に続いて「冬が来る前に」「LOVE LOVE LOVE」「寒い夜だから」「秋桜」と、よく考えました。これだけでNY行きを差し上げたいくらいです。

惜しむらくは斎藤さんの練習不足ですね。私たちの年代では忘れるはずのない昭和歌謡の名曲「秋桜」のメロディが飛んでしまうとは、ネタが面白すぎました。「練習しておく」とハッキリおっしゃっていましたから大いに期待いたしましょう。私は合格率をアップさせるためのエントリーに精を出すことにします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/10月12日(水)

music プレゼンター:斎藤茂GM


cherryblossom 帰って来たコンピレーションの森《HD》

【虫の音協奏曲】
●かぎしっぽのきいさん…荒城の月/滝廉太郎
●歩きメデスさん…無伴奏フルートソナタ イ短調(Wq.132/H.562)~第1楽章/C.P.E.バッハ
●そありさん…糸杉 B.152~私はいとしいおまえの手紙に見入って/ドヴォルザーク
●ピッカリングさん…ピアノ五重奏曲 ト短調 Op.57~第4楽章/ショスタコーヴィチ
●わらさん…交響曲 第5番 ニ短調 Op.57~第3楽章/ショスタコーヴィチ
●横浜のコアラさん…鏡の中の鏡/ペルト(演奏:加藤訓子)


cute 本日のフレーバー・リクエスト  birthday お誕生日

●evergreenさん…われらのクリスマス~羊飼いたち/ラミレス
birthday いろはさん(12日)…ギター五重奏曲 第4番 ニ長調 G.448「ファンダンゴ」~第3楽章/ボッケリーニ


thunder 「クラシックでドボン」開始時恒例『今夜の雄たけび』

♪ここっろから好きだよドボン、やめられない~いつまで続くんだ…クラシックでドボン!(3:43)


airplane 本日の「クラシックでドボン」

● 「オーヴェルニュの歌」~バイレロ/カントルーブ
●幻想交響曲~第4楽章/ベルリオーズ
●「リュートのための古風な舞曲とアリア」第3組曲~イタリアーナ/レスピーギ
●「水上の音楽」~アラ・ホーンパイプ/ヘンデル


aquarius 今夜のツボ(登場順)

①「そう言われてもなぁ…」(0:50)
 ※いつまでが秋ですか?のメールに
②「ボクいつかポストの底に張り付いていたことがありました。(コンサートの)当選ハガキが」(2:00)
 ※開催日は当然過ぎていました
③「借りてきた斎藤みたいな感じで」(2:06)
 ※土曜日はまだ調子が出ません




ここ数日でめっきり涼しくなりました。何かにつけて寒暖計で状況判断するしかない人間にくらべて、厳しい自然を生き抜く動植物の感覚には、毎年のことながら感心することしきり。

夏のゲリラ豪雨がおさまると、それまで小休止していたセミが一斉に鳴き出すので、雨が上がったことがわかります。キンモクセイが香り始めると、カレンダーが10月に変わります。そして、これはおそらく最低気温に反応するのだと思いますが、今週に入ると同時に秋の虫たちの音色がぱったりと止んでしまいました。

斎藤さんが帰宅途中に「虫の音も聞こえなくなったなぁ」と感じたのかどうかはわかりませんが、コンピの森の「虫の音協奏曲」も今週で終わり、次週のテーマはGMみずから「ちょっとハードルが高いかも」とおっしゃる『寂寥感』だそうです。私たちの耳を楽しませてくれた虫さんがいなくなって感じる寂寥感といったところでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/10月5日(水)

music プレゼンター:斎藤茂GM


cherryblossom 帰って来たコンピレーションの森《HD》

【虫の音協奏曲】
●ウマガスキーさん…夜想曲 Op.19 No.4/チャイコフスキー(※先週はGMが間違えました)
●パン子さん…リュートのための古い舞曲とアリア 第2組曲~「優雅なラウラ」/レスピーギ
●ラジオネームはご勘弁さん…蚤の歌/ムソルグスキー
●シロムさん…交響曲 第8番 ハ短調 WAB.108(ノヴァーク版)~第4楽章/ブルックナー
●眠りの森のしげるさん…交響曲 第4番 変ホ長調「ロマンティック」WAB.104(ハース版)~第1楽章/ブルックナー
●どんぐりさん…蛙のガイヤルド P.23/ダウランド
●竹鶴姐さん…チェロソナタ ト短調 Op.65~第3楽章/ショパン


cute 本日のフレーバー・リクエスト  birthday お誕生日

●Sallyさん…アイルランド交響曲~アントリムの丘陵にて/ハーティ
●メトちゃんからお祖母さまへ、機織りをするひつじさん、かざぐるまのやっちゃんさん、武蔵野ブルーベリーさん…ヴァイオリン協奏曲 第3番 ト長調 K.216~第2楽章/モーツァルト
birthday 夏みかんの母さん(5日)…交響曲 第101番「時計」~第2楽章/ハイドン
birthday ドルチェで行きましょうさん(5日)…戴冠式行進曲「王の宝玉と杖」/ウォルトン


thunder 「クラシックでドボン」開始時恒例『今夜の雄たけび』

♪海岸で若いふたりがドボンするものがたり~クラシックでドボンでございま~す!(3:40)※注:チャコの海岸物語 by サザンオールスターズ


airplane 本日の「クラシックでドボン」

○劇付随音楽「ペレアスとメリザンド」~シシリエンヌ/フォーレ
○交響曲 第25番 ト短調/モーツァルト
●歌の翼に/メンデルスゾーン
○子守歌/シューベルト
○交響曲 第6番「田園」/ベートーヴェン


aquarius 今夜のツボ(登場順)

①「バブ…バブパイプだって」(0:57)
 ※バグパイプを噛む
②「ナッハッハ!あ~よく呑んだ~…みたいな感じで」(1:27)
 ※蚤の歌が終わってひとこと
③「これは強敵だ」(2:45)
 ※放送時間が変わって裏が火野正平の番組に!
④「そうぉ…ちょっとおネエ入ってるぅ?みたいな」(2:55)
 ※鼻声の斎藤さんにも癒されますのメールに
⑤「今どのへんですか、ひどいのは」(3:11)
 ※台風の進行状況をリスナーに聞く
⑥「そう、あなた田舎だからね。出身ね」(3:47)
 ※ラジオネーム「ジョン・ドボンジョヴィ」さんに(注:ロックスターのジョン・ボン・ジョヴィはニュージャージー州出身)




とあるブログによると、悪妻と言えば西洋ではモーツァルトの妻、東洋では夏目漱石の妻と相場が決まっているそうです。ふたりとも夫を若くして亡くし、その後、自身が長生きしたためそのように言われるのかも知れません。(モーツァルトは35歳、妻のコンスタンツェは80歳、漱石は49歳、妻の鏡子は85歳で死去)

NHKの新ドラマ「夏目漱石の妻」を録画してみようと思い立ったのは、いわゆる「悪妻」と呼ばれているその所以をひっくり返してくれるのではないかと思ったからです。実はそう思って録画したものの、連続ドラマはある程度本数が溜まってから見る癖がついているのでまだ見ていません。これは大河ドラマが45分と物足りなくて常に何本かまとめて見ているせいでしょう。

音楽担当が清水靖晃で田部京子のピアノも聴けるとは、何とまあオマケのいっぱい詰まった福袋のようなドラマではあります。見るのはまだ先になりそうですが(笑)。(0:20~)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/9月28日(水)

music プレゼンター:斎藤茂GM


cherryblossom 帰って来たコンピレーションの森《HD》

【虫の音協奏曲】
●なつきさん…ピアノ協奏曲 第5番 ヘ短調 BWV.1056~第2楽章:ラルゴ/J.S.バッハ
●ウマガスキーさん…6つの小品 Op.51~第6番 感傷的なワルツ/チャイコフスキー
●ろくまるさん…カッサシオン 第1番 ト長調 K.63~第5楽章/モーツァルト
●オペラ座のマリリンさん…「千人の交響曲」第2部 ゲーテの「ファウスト」~光明の神なる母:来たれ、更に高く天に昇りゆけ/マーラー
●あかねさん…カヴァティーナ/マイヤーズ


cute 本日のフレーバー・リクエスト  birthday お誕生日

birthday うさぎのマーチさんのお父様(19日)…「富める人とラザロ」の5つの異版/ヴォーン=ウィリアムズ(わらさんリクエスト)


thunder 「クラシックでドボン」開始時恒例『今夜の雄たけび』

♪だ~れかさんがだ~れかさんがだ~れかさんが見~つけた小さいドボン大きいドボンとんでもドボン見~つけた!クラシックでドボン!(3:39)


airplane 本日の「クラシックでドボン」

●魔王/シューベルト
●25の練習曲~アラベスク/ブルクミュラー
○アイネ・クライネ・ナハトムジーク/モーツァルト
●謝肉祭の朝(黒いオルフェ)/ルイス・ボンファ
●交響曲 第1番~第4楽章/ブラームス


aquarius 今夜のツボ(登場順)

①「皆さまからのメールがガソリンというのはちょっとあまりにも古い?水素ガス?」(0:02)
 ※水素ガスは新しすぎる気もします
②「うん、いいんじゃない。よく声出てるよ」(1:08)
 ※(録音の)虫さんたちを褒める
③「なんだこりゃ~!みたいなのもたまには貰いたいな」(1:43)
 ※虫の音協奏曲のチャレンジングなエントリーをお待ちしております
④「どんだけ買ってるんだ」(2:12)
 ※アフィリエイトの増加を期待してくださいというメールに




今週も更新が遅れてしまって、しかも全てのリスナーさんが聞けるとは限らない残業タイムの話題で恐縮なんですが、ちょっと面白すぎます。7さいちゃんの母さんによる「斎藤さんあるある」が最高でした。(カッコ内は7さいちゃんの母さんのコメント)

 ①「これホントなの?」(リスナーを信用した上でネタに噛みつくとき)
 ②「ま、いっか」(リスナーのメールを読んで感想を話したあとで)
 ③「あっ、これ読んだ」(ときどきつぶやく)
 ④「ま、それだけですけどね」(落としどころが見つからない)
 ⑤「ホントにもう!」(ドボンのときのツッコミ)
 ⑥「ぜんぜん似てねぇよ」(とツッコミながらもリスナーの無理難題のモノマネに応える)
 ⑦リクエストが忘れた頃に採用される(あるある×3)
 ⑧「グミの常識をくつがえす」(コロロおじさんの名言)

斎藤さんいわく「いつかこういうのが来ると思って恐れていた」そうですが、「わりと平凡でしょ」などと言いつつ非常に嬉しそう。コメント欄は大ウケで「コーナー化してほしい」などの発言もありました。いつか来ると思っていたとおっしゃるからには覚悟はできているのでしょう。最後にははっきりと「応募してください」と言っていましたね。来週が楽しみです(笑)。(3:12~)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »