« 今夜のOTTAVA Salone/10月19日(水) | トップページ | 「クラシックでドボン」星取表(2016年3月~10月26日) »

今夜のOTTAVA Salone/10月26日(水)

music プレゼンター:斎藤茂GM


cherryblossom 帰って来たコンピレーションの森《HD》

【秋に寂しき者】
●りんごコロロさん…歌劇「死の都」Op.12 第1幕~私に残された幸せは(マリエッタの歌)/コルンゴルト
●小舟さん…オブリヴィオン/ピアソラ
●陽気な静電気女さん…無言歌 第6番 ト短調 Op.19b-6「ヴェネツィアの舟歌、第1」/メンデルスゾーン
●セブンセブンスさん…前奏曲、フーガと変奏曲 Op.18~アンダンティーノ(2)/フランク
●ちゅりっぴーのさん…歌劇「トスカ」第3幕~星は光リぬ/プッチーニ
●コントラプンクトさん…内なる印象(哀歌)~悲しき鳥/モンポウ


cute 本日のフレーバー・リクエスト   birthday お誕生日

●まいにちえがおさん…あなたが欲しいの/サティ
●さんさんスーさん…①交響曲 第1番~第1楽章/スクリャービン ②チェロ協奏曲 第2番 イ長調~第2楽章/C.シュターミッツ
●ローズマリア姫…リコーダーのためのコンチェルティーノOp.41a(F.レーン編) ~Ⅰ.カンティレーナ Ⅲ .ロンド/アーノルド(F.レーン編)
birthday こてつのママさん(27日)…かけら/いちむじん


thunder 「クラシックでドボン」開始時恒例『今夜の雄たけび』

セイフティバーは私が上げてドボ~~~~~~~ン!!!(3:37)


airplane 本日の「クラシックでドボン」

●カレリア組曲~行進曲風に/シベリウス
○アンネンポルカ/ヨハン ・シュトラウス2世
○華麗なる大円舞曲/ショパン
●双頭の鷲の旗のもとに/J.F.ワーグナー
○アンナ・マグダレーナのためのクラヴィア曲集~メヌエット/J.S.バッハ


aquarius 今夜のツボ(登場順)

①「何と言っても混浴…いや、そうじゃない」(0:35)
 ※GMあこがれの酸ヶ湯温泉だそうです
②「勿体ぶるわけですが」(0:56)
 ※復興コンサートのゲスト発表は1時間後ぐらいです
③「まったくわかんないのにマーラーのモノマネやらされたりね」(2:40)
 ※ハロウィン恒例の「あの方」もおいでになりました
④「森くんみたいな声があればいいんだけどな」(3:10)
 ※以前のハロウィン企画を思い出してあれこれと
⑤「♪チャイコさんチャイコさん提示部長いのねそうよコーダも長いのよ」(3:38)
 ※「ぞうさん」のメロディで。GM渾身の替え歌です
⑥「そのうち情熱大陸が取材に来るかもしれない」(3:54)
 ※ドボン合格に命をかける方が登場




NHKの地上波では、大河ドラマのほかにもう1本、時代劇のシリーズがあります。改編期に放送曜日が変わることがあるため「木曜時代劇」「金曜時代劇」と呼び名が変わり、現在は「土曜時代劇」として忠臣蔵の外伝が放送中ですが、私が初めて新妻聖子さんの名前を認識したのが、木曜時代劇の「陽炎の辻~居眠り磐音 江戸双紙~」でした。

佐伯泰英による原作本は文庫で50巻を超えるロングセラーで、TVのほうも第3シリーズに加えて、スペシャルも数本製作されるほどの人気作品だったのです。この長いシリーズのエンドロールにずっと使用されていたのが、新妻さんが歌うところの「愛をとめないで」で、第2シリーズ開始時のエンディングでこの曲が聴けたときには久々の再会を心ひそかに喜び、第3シリーズでは変わらぬ歌声に癒されたものでした。

「来年の復興コンサートのゲストは新妻聖子さん」とアナウンスされたとき、頭の中を駆けめぐったのがあのエンディングテーマ。民放のTVドラマはほとんど見ないのですが、タイアップ激しい昨今のドラマ事情では、シリーズごとにテーマ曲が変わるのが当然なのではと推測します。そんな中で、一貫して彼女の曲を主題歌にし続けたことに製作側の強い意図を感じるのは私だけでしょうか。錚々たる彼女のミュージカル・レパートリーを押しのけるのは至難の業ですが、出来ることなら聴いてみたい「愛をとめないで」なのです。

|

« 今夜のOTTAVA Salone/10月19日(水) | トップページ | 「クラシックでドボン」星取表(2016年3月~10月26日) »

OTTAVA Salone」カテゴリの記事

コメント

ハマデウスさん、こんにちは、お久しぶりです。新妻聖子さん、テレビの特集で見ました。タイ生活が長くて英語が堪能なので、口を大きく開くことができるから、発声も良いのではと自分でおっしゃってました。愛を止めないでってあのオフコースの歌ですか? 私も聞いてみたいです。

投稿: アルペンザルツ | 2016年11月 3日 (木) 06時06分

ごめんなさい~!
オフコースとは同名異曲の彼女のオリジナル曲なのです。
you tubeでアクセスの多い版をあげておきますね。

https://www.youtube.com/watch?v=5jfV3KvMXsI

ハマデウス的には「陽炎の辻」の主人公・磐音様(今や堀北真希の夫)の
麗しきお姿がフューチャーされたこちらの版がオススメでございます(笑)。

https://www.youtube.com/watch?v=DOf-OuBYqZM

昨夜の放送でこの曲のファンの方がいらっしゃいました!
本当に聞けたらいいのになぁって思います。

投稿: ハマデウス | 2016年11月 3日 (木) 23時37分

聞きました! ハマデウスさんオススメの「陽炎の辻」バージョン、私も好きです。とにかく発声が突き抜けているというか、スカッとしていて聞いていて気持ちが良いですね。

投稿: アルペンザルツ | 2016年11月 5日 (土) 07時29分

聞いてくださってありがとうございます。
本当にいいお声ですよね。生で聞けるのが楽しみです。

投稿: ハマデウス | 2016年11月 5日 (土) 17時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1337143/68151749

この記事へのトラックバック一覧です: 今夜のOTTAVA Salone/10月26日(水):

« 今夜のOTTAVA Salone/10月19日(水) | トップページ | 「クラシックでドボン」星取表(2016年3月~10月26日) »