« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

今夜のOTTAVA Salone/2月22日(水)

music プレゼンター:斎藤茂GM


cherryblossom コンピレーションの森《HD》

【ゆっくりしてげ!一番町温泉】
●ピッカリングさん…ピアノ協奏曲 第1番 変ロ短調 Op.23~第2楽章/チャイコフスキー
●えこたさん…弦楽四重奏曲 ヘ長調~第2楽章/ラヴェル
●奈良んちゃさん…交響曲 第4番 ト長調~第2楽章/マーラー
●にわか笛吹きランナーさん…グノシエンヌ 1番/サティ(演奏:Ky(キィ))
●Hamadeus…アンナ・マクダレーナ・バッハの音楽帳 第2巻~汝わがそばにあらば、喜びもてわれは行く BWV.508/J.S.バッハ


cute 本日のフレーバー・リクエスト   birthday お誕生日

●チュリッピーノさん…呑気なワルツ/サン=サーンス
●ケチャツプさん…甘いマテ茶/ナタリ
●こぐまやさん…ドゥムカとフリアント Op.12 B.136・137~フリアント ト短調/ドヴォルザーク
birthday 上落合ボーイさん(27日)…歌劇「連隊の娘」第1幕~第1幕のフィナーレ「ああ友よ、今日は楽しい日」/ドニゼッティ


thunder 「クラシックでドボン」開始時恒例『今夜の雄たけび』

さあ、張り切って行くよ…ゴホンゲホッゲホッゴホッゴホン!!!ってウソさ。クラシックでドボ~ン(3:37)


airplane 本日の「クラシックでドボン」

●「ペール・ギュント」第1組曲~山の魔王の宮殿にて/グリーグ
●「白鳥の湖」~スペインの踊り/チャイコフスキー
●ハンガリー狂詩曲 第2番/リスト
○ラ・カンパネラ/パガニーニ(リスト編曲版)


aquarius 今夜のツボ(登場順)

①「トローチ舐め男で今日は行きたいと思います」(0:01)
 ※今夜は喉が少々不調のGM
②「そんなのあるかい!」(0:56)
 ※「チャビィ(chubby)に関係ある曲ありますか」というリクエストに
③「かーんぽ…かーんぽ」(1:17)
 ※チャイコの冒頭がお風呂の効果音とあいまってこう聞こえます
④「ラジオの何がいいって、僕が今何をしていても見えないじゃないですか」(2:36)
 ※実は仕事中の姿を見られるのが嫌いなGM
⑤「開ける、しまう、捨てる、か・た・づ・け・る」(2:38)
 ※イチニ、イチニ、イチニ、イチニサン、イチニサン、フリアントでどうぞ
⑥「ミャンデルスゾーンとかどうかな」(3:09)
 ※今日はネコの日です
⑦「おっさんたちがさ、『こんばんにゃ~』ってメール送るってどうなのよ」(3:38)
 ※アリーさんは可愛いがおっさんのは許せないGM
⑧「『知りまにゃん』でもいいですよ!今日は」(3:40)
 ※ニコ動コメントのにゃんにゃん弾幕に若干キレ気味のGM




本日2月22日は猫の日。今日のOTTAVAsongsは壮観です(笑)。ゲレンさんが猫に関する曲をかけまくり、本田さんのリベルタでは、これでもかとばかりに「2」がらみの曲が並んでいます。

斎藤さんは「ぼくに猫のネタを出してもしょうがないとみんな思ってるらしく、ほとんど(メールが)来てません」と言いつつ、圧倒的に多い猫派リスナーの勢いに負けて、残業時間はほとんど猫ネタ。サン=サーンスのピアノ協奏曲第2番、作品22の第2楽章を、22時22分22秒に流すというリクエストにも、果敢に挑戦していました。

実はサン=サーンスの同じ曲を本田さんも流しているのですが、「本田さんの(放送)時間には22時ってないもんね」と非常にうれしそう。長すぎてツボに入れられなかったお言葉を最後にあげておきましょう。

 サン=サーンスのことをニン=ニーンスとか言ってたんでしょ、あの人。
 ホントにしょうがないなぁ、もう。コンセルヴァトワールまで出ていながら、
 何がニン=ニーンスだっての。笑っちゃうなぁ、ホントに。フォーレのこと
 ニーレ(←実はいちばん言いたかったのはこれだと予想)って言ってなかった?
 大丈夫だった?(3:15)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スパム防止認証のお願い

申し訳ありません。スパム・コメントが増えてきたので画像認証を導入させていただきます。コメント送信時に「以下の文字を入力してください」の画面が出ます。お手数をおかけいたしますが、ご協力よろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/2月15日(水)

music プレゼンター:斎藤茂GM


cherryblossom コンピレーションの森《HD》

【ゆっくりしてげ!一番町温泉】
●なにわるつさん、雨水さん…交響曲 第1番 ト短調~第2楽章/カリンニコフ
●ミサオ・イン・ザ・キッチンさん…歌劇「ワリー」~さようなら、ふるさとの家よ/カタラーニ
●ナターシャ・マイクロトマトさん…アレルヤ唱~汝の聖なる寺院で/グレゴリオ聖歌
●横浜のコアラさん…「動物の謝肉祭」~白鳥/サン=サーンス
●evergreenさん…ピアノ協奏曲 ト長調~第2楽章/ラヴェル


cute 本日のフレーバー・リクエスト  birthday お誕生日

●威風ゴーゴーさん…パッサカリア/ヘンデル(ハルヴォルセン編)
birthday きのこママさんからお嬢さんへ(15日)…「美女と野獣」~主題/オーリック
birthday 人間科学部さん(5日)…マドリガーレ集 第3巻~おお春よ/モンテヴェルディ


thunder 「クラシックでドボン」開始時恒例『今夜の雄たけび』

まだやるか~まだやろうね! いっぱい来てるし・・・クラシックでドボン!(3:36)


airplane 本日の「クラシックでドボン」

○チャールダーシュ/モンティ
○「ペール・ギュント」第1組曲~朝/グリーグ
●5つの小品(樹木の組曲)~もみの木/シベリウス
●ロマンス「揚げひばり」/ヴォーン=ウィリアムズ


aquarius 今夜のツボ(登場順)

①「上品で格調高いゲームで盛り上がっています」(0:24)
 ※言わずと知れた「クラシックでドボン」のこと(笑)
②「出だしからこれか」(0:28)
 ※冒頭「すっごいブルーです」というメールに
③「すぐ思いつきましたね、これはね」(0:51)
 ※「ふすまをピンとハルヴォルセン」だそうです・・・
④「ランキングですよ、ランキング。編集してません」(3:21)
 ※「(マイ・ベスト・アリア)どなたの編集ですか」というメールに
⑤「そんなのあるの!」(3:31)
 ※ラジオネーム「飲みすぎ謙信」さんの健康診断報告メールに
⑥「ヘタそう・・・ミスタッチ多そう」(3:48)
 ※ラジオネーム「ウラジミール・ドボビッツ」さんに
⑦「遊びだよ遊び!っていうとまたサンプリングされちゃうからな」(3:51)
 ※下記参照




斎藤さん担当のもうひとつの番組、OTTAVA Naviについてお話ししなくてはと思いつつ、5ヶ月も経ってしまいました。

そもそも、番組開始の第1回、第2回が別の用事で聞けず、タイムシフトがないため記録も取れません。naviっ子ブラザース(長井進之介さん&小室敬幸さん)という新しいキャラクター(でいいのか?)も登場し、「これはツボにしたいぞ!」というユニークな発言もたくさん出ているのに残念至極。と言いつつ、さかのぼって聴くことが出来ないのを承知で書かせていただきましょう。先週のnaviでのことであります。

先週担当の「こむたん」こと小室敬幸さんによるミニマルミュージックのミニ特集がありました。そこでこむたんが実験とか遊びとかおっしゃりながら取り出したのが、斎藤さんの声によるサンプリングなのです。サンプルとして取り上げられたのは、「遊びなんだよ、遊びよ」という先週のこの欄でいちばん最後に挙げたツボでございました。ミニマル・ミュージックの雄、スティーヴ・ライヒのピアノ・フェイズに対してその名も「しげるんフェイズ」と呼ぶそうです。

サンプリングによって未来永劫続くかと思われた「遊びなんだよ、遊びよ」のフレーズを、当のご本人がどうお聴きになっていたのかは定かではありませんが、「またサンプリングされちゃう」というのはもしかしたら本音だったかもしれません。いつになく静かに始まったドボンのオープニングは「クラシックでドボ~ン!!!なんてのが繰り返し流れたらたまんないよ」みたいなことを想像させるのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/2月8日(水)

music プレゼンター:斎藤茂GM


cherryblossom コンピレーションの森《HD》

【ゆっくりしてげ!一番町温泉】
●かぎしっぽのきいさん…夢/ドビュッシー(エレン・セイェルステット・べトカー編)
●ヴォルフィツキーさん、ミケさん…カヴァティーナ/マイヤーズ


cute 本日のフレーバー・リクエスト

●小骨@おでぶっ子クラブさん…イタリア協奏曲 ヘ長調 BWV.971~第3楽章/J.S.バッハ(夏みかんの父さんリクエスト)


thunder 「クラシックでドボン」開始時恒例『今夜の雄たけび』

きたきたきたきたきた・・・♪ゆ~きがふるドボン~んっふっふっふ…クラシックでドボン!(3:36)


airplane 本日の「クラシックでドボン」

○幻想即興曲/ショパン
●懐かしい土地の思い出~メロディ/チャイコフスキー
●ハイドンの主題による変奏曲/ブラームス
●展覧会の絵~キエフの大門/ムソルグスキー


aquarius 今夜のツボ(登場順)

①「ぼくの噛みとか…髪の毛じゃないよ」(0:21)
 ※たまには髪のウワサもしている(笑)ニコ動です
②「あま~~いことにはとんと縁のない・・・最近のぼくなので」(0:25)
 ※来週のヴァレンタインデーを忘れていたGM
③「この曲の出だしが…ヒヤッホゥ!って聴こえるわけで」(0:57)
 ※イタリア協奏曲(第3楽章)のこと。確かに聴こえます(笑)
④「なんだ、もう出ちゃうのぉ?」(2:53)
 ※今夜のお風呂でコンピの森は2曲でした
⑤「ぼくは保護者みたいな感じですけどね、後ろで」(3:06)
 ※FBにアップされた新妻さんとのツーショットの感想
⑥「遊びなんだよ、遊びよ」(3:49)
 ※あまりにも真面目にドボンに取り組むメールを読みながら




徳川の15代に及ぶ将軍の中で、正室から生まれたのはひとりしかいません。名君の誉れ高い3代家光であります。父は2代将軍秀忠、母は、豊臣秀吉の側室、淀の方の妹であり、織田信長の姪でもあるお江の方という、まごうことなき生まれながらの将軍様でありました。秀忠は、生涯この7歳年上の正室に頭が上がらず「恐妻家」の代名詞として、ウィキペディアでも項目が割かれているほどです。

昨年の大河ドラマ「真田丸」で、このお江を新妻聖子さんが演じたのはどういう縁からなのだろうと、質問メールを送ろうと思っていたのに失念してしまいました。ところが、インタビューを聞いているうちに、出さなくてよかったと思えてきたのです。真田丸に出演されたのは、三谷幸喜さん作の「国民の映画」という舞台に出ていた縁と聞いてピンときてしまいました。

三谷さんは当て書きで知られる作家さんです。演じる役者さんのイメージに合わせて台本を書くというのです。今夜のインタビューで、年下の夫が恐れおののくお江に彼女をキャスティングした三谷さんの手腕に喝采してしまいました。歌わないお芝居にはなかなか出演されないようですが、大河おたくとしては、無理を承知でお江主演のスピンオフを熱望するものであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/2月1日(水)

music プレゼンター:斎藤茂GM


cherryblossom コンピレーションの森《HD》

【ゆっくりしてげ!一番町温泉】
●ドミートリー・ウマガスキーさん…無伴奏チェロ組曲 第3番 ハ長調 BWV.1009~第4曲 サラバンド/J・S・バッハ
●国境の南さん…夜想曲 第7番 嬰ハ短調 Op.27-1/ショパン
●シロムさん…妖精の踊り Op.25/バッツィーニ
●ちゅりっぴーのさん…オー・ソレ・ミオ/ディ・カプア
●バケツプリンさん…カロ・ミオ・ベン(愛しい私の恋人)/ジョルダーニ
●ドルチェで行きましょうさん…ピアノ四重奏曲 第3番 ハ短調 Op.60~第3楽章/ブラームス


cute 本日のフレーバー・リクエスト

●よしまささん…ヴァイオリン協奏曲集「四季」~第4番 ヘ短調 RV297「冬」/ヴィヴァルディ(演奏:イ・ソリスティ・ディ・ペルージャ)
●ゆるりさん…アランフェス協奏曲~第1楽章/ロドリーゴ(横浜のビアさんリクエスト)
●ほーぼーけんの大冒険さん…楽興の時 D.780,Op.94 ①第2番 ③第3番/シューベルト
●サブリナロビンさん…この祈り~The Prayer/新妻聖子
●伊達巻あられさん…睡蓮/ジャー・パンファン(二胡:ジャー・パンファン)


airplane 本日の「クラシックでドボン」

○歌劇「リゴレット」~女心の歌/ヴェルディ
●パイナップル・ラグ/ジョプリン
●交響曲 第7番「未完成」~第1楽章/シューベルト
●夢/ドビュッシー
●交響曲 第5番~第4楽章/ショスタコーヴィチ


aquarius 今夜のツボ(登場順)

①「ちゃんとかけないと縁起が悪いですから」(0:05)
 ※「開運!全員リクエスト」最後のお2人が無事終了しました
②「マーラーの3番だろ、ブルックナーの8番だろ」(0:57)
 ※3通しかメールが来なかったGMの初めての番組。長い曲でごまかす?
③「『あ』の上に点々つけるんですよね」(1:42)
 ※お風呂に入ったら思わず出てしまう「あ”~」です
④「ホントにもう、底なしだね。仙台のグルメ情報は」(2:37)
 ※美味しいメールが続々と
⑤「転んでもただでは起きないのがね。斎藤なんですね」(3:38)
 ※ドボンにクレームがつき新方式に
⑥「それでみんな漢字で蜜柑ていっぱい書いてたのね」(3:49)
 ※「未完成」と書いてはいけないので…
⑦「そこで代案がすぐ出ちゃうところが私ダイアン・キートンなんですね」(3:57)
 ※ダイアン・キートン=1978年アカデミー主演女優賞受賞女優




1986年から30年にわたって君臨したTBSラジオの朝ワイド「大沢悠里のゆうゆうワイド」が終了して、「伊集院光とらじおと」にバトンタッチした初日のこと(昨年4月)。極度に緊張してスタジオ入りしたアシスタントの女性が、羽織ってきたコートを脱ぐと、その下は何とパジャマだったそうです(実話)。

フランス、ナントへ出張中の飯田さんのピンチヒッターとして初打席に立つ菅谷詩織さんのことを、斎藤さんが盛んに話題にするのを聞きながら、上記のエピソードを思い出しました。イレギュラーではありますが、今日は、この菅谷さんデビューの話題を避けては通れないと思うのです(偉そう)。

さすがにパジャマを期待していたわけではありませんが、結論から言えば、特にこれといったトラブルもなく見事な放送だったと思います。ゆっくりとした話し方で噛みもなく、早く次回が聞きたいなと思わせる番組作りでした。3時間をひとりで回してさすがに緊張が解けたのでしょう。続く残業時間は、金曜担当の小室敬幸さんが乱入して、“ホッとした感”満載の1時間を、こちらもホッとしながら聞きました。

小室さんも「よろしくよろしく」を連発していらっしゃいましたが、何のことはない、もう堂々の安定感で、聞いているほうは一抹の不安もございません。大船に乗った気持ちで聞かせていただきましょう。頑張れ!こむたん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »