« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

今夜のOTTAVA Salone/11月21日(火)

music プレゼンター:斎藤茂GM


cherryblossom コンピレーションの森

【メランコリーを止めないで】
●しりとり三兄弟の母さん…ワルツ 第3番 イ短調 Op.34-2「華麗なる円舞曲」/ショパン
●かぎしっぽのきいさん…3つの映画音楽~ワルツ‐『他人の顔』より‐/武満徹
●そありさん…オルガン協奏曲 第6番 変ロ長調 Op.4-6,HWV.294 ①第2楽章 ②第3楽章/ヘンデル
●横浜のコアラさん…エレクトリック・カウンターポイント~Ⅲ/ライヒ:加藤訓子(マリンバ他)
●リナシメントさん…9つの前奏曲 Op.1~第7番/シマノフスキ
●アルペンザルツさん、Hamadeus…インスブルックよ、さようなら/イザーク
●草月さん…マズルカ 第13番 イ短調 Op.17-4/ショパン


cute 本日のフレーバー・リクエスト  birthday お誕生日

●しょう&ごうくんの母さん…バレエ音楽「くるみ割り人形」 Op.71 第2幕~ディヴェルテスマン(B)・ (C)・(D)・(E)/チャイコフスキー
birthday ゆるりさんのおふたりのお嬢さん(22日)…歌劇「ラクメ」~花の二重唱/ドリーブ


aquarius 今夜のツボ(登場順)

①「結局最初の2つだけかい、食べ物は」(0:57)
 ※おなかが空いているお子ちゃまに食べ物がいっぱい出てくる組曲を
②「アンパンマンみたいになっちゃいますのでそれじゃいけませんよ」(1:14)
 ※年末に向けてあと少し、というところで力がなくならないように
③「舞台裏が全部バレちゃう(中略)どこがメランコリーやねん」(1:18)
 ※全然違う曲を流しそうになりその場で慌てて入力し直す
④「巻き戻しましょうね、1週間…キュルキュルキュルキュル」(4:09)
 ※先週のシステム不具合を謝りつつ先週を振り返る
⑤「はとバスはない。イタリアに」(4:21)
 ※吉川隆弘さんと行く超豪華イタリアツアー。凄い金額らしい




例えばカラオケなどで、その人の持ち歌といった得意分野のことを、昔は専売特許などと申しました。今はさっぱり聞かれなくなり、代わって出てきたのがデフォルトという言葉です。私のデフォルトを問われれば、まごうことなくモーツァルトと答えるわけですが、11月だけはそうじゃなかったと、アルペンザルツさんが気づかせてくださいました。

震災のあった2011年は誰しも忘れられない年ですが、私はその秋に幾つかの別れが重なり、より忘れがたい年になりました。今のところ、私のただひとつのフレーバー・リクエストで、斎藤さんに選んでいただいたのが「インスブルックよ、さようなら」で、今年で7年目になりました。私だけではなく、ほかのリスナーさんにも印象深いということは、とりもなおさず選曲がいいわけで、7年前の当欄や個人的なメールでも、「いい曲を選んでもらったね」とうれしいコメントも頂戴しています。アルペンザルツさん、ありがとうございました。また来年もご一緒にセンチメンタルいたしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/11月14日(火)

music プレゼンター:斎藤茂GM


cherryblossom コンピレーションの森

【メランコリーを止めないで】
●あかねさん…3つの夜想曲 Op.16~第2番 ト短調/メトネル
●シフリンさん…組曲「キージェ中尉」Op.60~ロマンス/プロコフィエフ
●OTTAVAに出会えて幸せさん、ピッカリングさん…ワルツ 第9番 変イ長調 Op.69-1「告別」/ショパン
●水戸伊那郎さん…ウィーン奇想曲 Op.2/クライスラー
●奈良んちゃさん…ハイドンの主題による変奏曲 Op.56a/ブラームス
●めらんこちゃん…ピアノ協奏曲 ト長調 ~第2楽章/ラヴェル
●塙美里さん(サロンコンサート出演)…24の前奏曲 Op.11~第11番/スクリャービン
●雪ん子ポンチョさん…楽劇「トリスタンとイゾルデ」第3幕~愛の死:優しくかすかな彼のほほえみ/ワーグナー


cute 本日のフレーバー・リクエスト   birthday お誕生日

●とむひでさん…①アッシジの聖フランチェスコの4つの小さな祈り FP 142~第1曲、第2曲  ②グローリア~天のいと高きところには神に栄光/プーランク
●じんじんさん…歌劇「ドンナ・ディアナ」序曲 /レズニチェック
●つばみさん…チェロ・ソナタ ト短調 Op.19~第2楽章/ラフマニノフ:伊藤悠貴(チェロ)ソフィア・グルャク(ピアノ)
birthday 江ノ島灯台さんのご次男・たかちゃんさん(12日)…平均律クラヴィーア曲集 第1巻(24の前奏曲とフーガ)第6番 ニ短調 BWV.851/J.S.バッハ
birthday 雨水さん(13日)…アクセント・オン 長調と短調から第1曲~第6曲/ギロック:ウララ・ササキ(ピアノ)
birthday nahemaさん(14日・オリビアさんリクエスト)…夜想曲~雲/ドビュッシー


karaoke 本日の昭和歌謡(歌唱:斎藤茂)

「男と女のお話」(昭和45年/作詞:久仁京介/作曲:水島正和/歌:日吉ミミ)


aquarius 今夜のツボ(登場順)

①「♪さざんかさざんかさいたみち、ハッ!」(0:04)
 ※(このあとかかった)ロドリーゴの曲と似ています
②「それ、馬から落ちて落馬してと一緒だ」(0:24)
 ※来年3月「仙台の旅行の旅」があります
③「あの葉っぱはな、おっちゃんが描いたんよ」(1:51)
 ※O・ヘンリー“最後の一葉”関西語訳(奈良んちゃ版)
④「毎回ぼくをおもちゃにするのに無常の喜びを感じている奈良んちゃさん」(2:04)
 ※同感です
⑤「『OTTAVAに替えて』ぜひお願いします」(3:10)
 ※話題のスマートスピーカーから他局が流れていたらこう言ってください(笑)
⑥「じゃ聞こえるかどうか、歌歌おうか」(4:13)
 ※残業時間になって機器トラブルが続きます
⑦「だらり庵終わったらそのまま呑み行けますよね」(4:22)
 ※ゲストの吉川隆弘さんと「23時まで残ったら…」という話で盛り上がる




年の瀬を感じることのひとつは今年亡くなった方々を偲ぶことです。斎藤さんの口からジャンヌ・モローの名前を聞いて、あの個性的な表情が即座に思い浮かびました。

私はフランスの俳優さんというとアラン・ドロンとカトリーヌ・ドヌーヴが真っ先に出てくる世代ですので、ジャンヌ・モローを映画館で見た記憶はありません。ジェラール・フィリップ目当ての「危険な関係」やトリュフォーが監督ということで見た「黒衣の花嫁」、そしてマイルス・ディヴィスが音楽担当という「死刑台のエレベーター」などに出ていた、悪い言葉で言えばオマケでした。今でも忘れられないのは、「死刑台のエレベーター」放映時(テレビ朝日の「日曜洋画劇場」)、淀川長治さんが音楽そっちのけで彼女を褒めちぎる解説です。

決して美人ではないが一度見たら忘れられない、圧倒的な存在感が印象に残る、日本でいうと杉村春子のような女優さんではなかったでしょうか。マイルスでも聴いて彼女を偲びたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/11月7日(火)

music プレゼンター:斎藤茂GM


cherryblossom コンピレーションの森

【メランコリーを止めないで】
●パンプルムースさん…慰め~われら悩みの極みにありて BWV.641/J.S.バッハ
●クローデルさん…夜想曲 第20番 嬰ハ短調(遺作)/ショパン
●ミケさん…5つの前奏曲~第5番 自分の中の(ホ短調の)カンドンベ/プーホール
●nahemaさん…歌劇「オルフェオとエウリディーチェ」より 精霊の踊り/グルック(ヴィルヘルム・ケンプ編)
●evergreenさん…歌劇「愛の妙薬」第2幕~人知れぬ涙が/ドニゼッティ
●だらりんさん…クープランの墓~第5楽章 メヌエット/ラヴェル
●おもちゃのマーさん…交響曲 第3番 ヘ長調 Op.90~第3楽章/ブラームス


cute 本日のフレーバー・リクエスト

●コニストンさん…①ハンガリーの神(左手のためのピアノ版)S.543b ②ハンガリー狂詩曲 第13番 イ短調/リスト
●さんさんすーさん、歩きメデスさん…ピアノ協奏曲 第21番 ハ長調 K.467~第2楽章/モーツァルト


aquarius 今夜のツボ(登場順)

①「いいのか、そんなにあっさり変わっちゃって」(1:37)
 ※ストーリー展開の早い「愛の妙薬」
②「もしよろしければお顔なども見ながら」(1:57)
 ※楽想ごとに表情が変わるオケの方々を見るのも演奏会の楽しみ方でございます
③「クリスマスだ~師走だ~締めだ~セールだ~プレゼントだ~大掃除だ~ホントに大変」(1:58)
 ※もうすぐ12月(笑)
④「びっくりするぐらい多い人と少ない人の差があるんですけれど」(3:52)
 ※紀尾井町木曜コンサートはチケット代が決まっていません
⑤「有料ですからね。エコーはね」(4:06)
 ※噂ではエコースイッチをありかを知っているのはGMだけらしい
⑥「昔はみんなヅラだったんですよ!(中略)特に僕が言うべき議題ではないよね」(4:43)
 ※「バッハ、ハイドンなどのヅラ系」というメールにハゲしく反応




コンブリオが終了してもう何年になるでしょうか。ブリメンという言葉が定着していたころを忘れたくなくて、このブログの「ブリメンのブリメンによるブリメンのための」というタイトルもそのままにしていますが、新しいリスナーさんが増えてきている今、そろそろ通じなくなっているかもしれません。

そういう意味では「世界の国からコンブリハ」と言われて、はて?と思う人も多いはず。もともとはリスナーのどなたかが、こんにちはのかわりにコンブリハとメールの冒頭にしたためたのが最初だったと記憶しています。放送でいちばん最初に「皆さん、コンブリハ」と言ったのがモーリーで、そのときは「今コンブリハって言った?」とツイッターが騒然となったのを今でも覚えています。

「世界の国からコンブリハ」はコンブリハという言葉が定着してきたころに始まったコンピの森のテーマで、世界中の海外リスナーからのリクエストを優先して取り上げる名企画。本当に世界中からリクエストが届き、それが最高潮に達したのが南極からのメールでした。リスナーよりも斎藤さんのほうが興奮していたのではないでしょうか。

長期出張でハンガリーへ行かれていたコニストンさんのように、リスナー歴が長く休暇やお仕事で海外へ出られる方は、今でも忘れず送ってくださる「世界の国からコンブリハ」。クリスマスも近くなってきました。海外在住の方からのアドヴェントのお便りが待ち遠しい今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/10月31日(火)

music プレゼンター:斎藤茂GM


cherryblossom コンピレーションの森

【虫の音協奏曲】
●デカい小ヤギさん…楽園への小道(歌劇「村のロメオとジュリエット」より間奏曲)/ディーリアス
●ミッチさん…レクイエム Op.48~ピエ・イェズ(慈悲深きイエス)/フォーレ
●8歳ちゃんの母さん…弦楽四重奏曲 第19番 ハ長調 K.465「不協和音」~第4楽章/モーツァルト
●evergreenさん…ヴァイオリン・ソナタ 第10番 ト長調 Op.96~第2楽章/ベートーヴェン
●匿名希望さん…クラリネット・ソナタ~第2楽章/プーランク
●かぎしっぽのきいさん…鏡の中の鏡/ペルト


cute 本日のフレーバー・リクエスト    birthday お誕生日

●おやかまっさん…ペトルーシュカ 第3部~踊り子とムーア人のワルツ/ストラヴィンスキー
●あずささん…アルペンホルン協奏曲~第1楽章/デトワイラー
birthday しりとり三兄弟の母さんの三男さん(31日)…「カルメン」第1組曲~闘牛士/ビゼー


aquarius 今夜のツボ(登場順)

①「びっくりしました。おどろきました」(0:29)
 ※昨日のモーリーは仮装して登場
②「かもしれない、かもしれない」(0:35)
 ※残業タイムにサイトーレッドが来る?
③「リアルだったな」(3:23)
 ※渋谷で頭にナイフが刺さった仮装に遭遇したGM
④「さあ元気に~!しょうもないメールをどんどん読んでくぞ」(4:10)
 ※ハロウィン・ナイトの始まりです(笑)




誰も知らない秘密を知っているというのはどんな気持ちでしょう。この数週間、マリアセレンの合唱を勤める匿名希望さんにずいぶん楽しませていただきました。

今夜その正体が明らかになった匿名希望さんこと豆葉さんとは、同じむう一族のメンバーで、まだ練習が始まる前から「合唱に申し込んじゃった~!」と大いに盛り上がっていたのでした。ニコ動に「マリアセレン合唱って誰?」「誰?」とコメントが上がってくるたびに、「知ってる~!」と書き込みたくなるのを必死で抑えていたのです。

マリアセレンの公演は昨日で終わりましたが、豆葉さんは、数ヶ月の間2つの合唱団を掛け持ちしていたことになり、プロの指導による短期集中の練習の効果は、素人の私が聴いてもはっきりとわかるものでした。ひとりで歌っているのに複数いるように聴こえるのです。

彼女の晴れ姿を私は拝見できなかったのですが、むう一族から数名が応援に駆けつけて、感想や写真をたくさん送ってくれました。豆葉さん、凄くいい経験になったでしょう。来年は第九をいかがですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »