« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

今夜のOTTAVA Salone/5月22日(火)

プレゼンター:斎藤茂GM


コンピレーションの森

【森に夢みる、森で夢みる】
●けたまさん…交響曲 第4番 ト長調~第1楽章/マーラー
●アルペンザルツさん…歌劇「真珠採り」(第1幕)~聖なる神殿の奥深く/ビゼー
●アンジーさん…交響曲 第1番 ト短調 Op.13「冬の日の幻想」~第1楽章/チャイコフスキー
●マコさん…ピアノのための18の小品Op.72~第13曲「田舎のエコー」/チャイコフスキー
●さんさんすーさん…歌劇「サムソンとデリラ」Op.47~バッカナール/サン=サーンス
●とむひでさん…鳥の歌/クレマン・ジャヌカン
●バケツプリンさん…牧神の午後への前奏曲/ドビュッシー
●かぎしっぽのきいさん…主イエス・キリストわれ汝を呼ぶ BWV639/J.S.バッハ


本日のフレーバー・リクエスト

●かずとさん…夏の夜、水の上で歌える/ディーリアス
●平成の見返り美人さん…交響三章~①第2楽章 ②第3楽章/芥川也寸志


今夜のツボ(登場順)

①「やっぱり高いものは今でも高いんだなぁと思いました」(0:55)
 ※あの「見返り美人切手」は今でも高額だそうです
②「確かにうれしそうだったかもしれません」(1:53)
 ※先週の土曜は3人の美女に囲まれての生放送でした
③「やる気のない牧神が出てくるわけですよ」(2:08)
 ※牧神の午後への前奏曲の解説(笑)
④「これ読めないよ、読めません(中略)きったない字だな」(2:16)
 ※お好みや~きくんこと広島のみまきくん(小学生)の手書きメールについて
⑤「飛んでも8分、歩いて10分でございました」(3:40)
 ※ただリクは曲の繋ぎが大変とグチりながら(笑)
⑥「とりあえずキュルキュル星人はキュル78星雲に帰ったということで」(4:13)
 ※新しいエンコーダーによる放送は取りあえず成功した模様です
⑦「断捨離ということができる方とできない私」(5:07)
 ※昔集めた切手を処分できないGM




切手のコレクションが爆発的なブームになったのは、私が小学生のころですから、昭和40年代でしょうか。クラスの男子が夢中になっているのを、私たち女子はちょっと上から目線で眺めていたように思います。

集め始めるととことん凝るというのは世の男性の常のようで、モーツァルトと切手を心から愛する知人の男性(故人)は、2つを一緒にした「切手で巡るモーツァルト」といったカタログ本を音楽之友社から出版してしまいました。彼から届く年賀状は、裏の文面より表に貼ってある切手を見るのが楽しみだった思い出があります。

コレクターの抑えられない情熱によるものか、ウィキペディアには(おそらく男性の手による)「切手収集」という項目までありました。冒頭の「この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です」という無情な警告がちょっと悲哀を感じさせます。行く春や郵趣は遠くなりにけり(丸パクリ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/5月15日(火)

プレゼンター:斎藤茂GM


コンピレーションの森

【森に夢みる、森で夢みる】
●パン子さん…森のスケッチ Op.51~Ⅰ.野ばらに寄す/マクダウェル
●パッサカリアさん…森のスケッチ Op.51~Ⅲ.昔ひそかに会った場所で/マクダウェル
●森のこびとさん…ピアノソナタ 第2番 ヘ長調 K.280(189e)~第1楽章/モーツァルト
●ウマガスキーさん…交響曲 第4番 変ホ長調「ロマンティック」WAB.104(ハース版)~第1楽章/ブルックナー
●シフリンさん…夕暮れ(イングリッシュ・ホルンのための協奏曲)/フックス
●バードさん…歌劇「オルフェオとエウリディーチェ」第2幕 第2場から抜粋/グルック
●北陸のカニ男さん…4つの伝説曲~交響詩「トゥオネラの白鳥」Op.22‐2/シベリウス
●横浜のじゅんこさん…子供の領分~第1番 グラドゥス・アド・パルナッスム博士/ドビュッシー
●奈良んちゃさん…森の静けさ B.182(チェロと管弦楽編)/ドヴォルザーク


本日のフレーバー・リクエスト

●プリスカさん…セレナード ニ短調 Op.44 B.77~①第2楽章 ②第4楽章/ドヴォルザーク
●ピンキーリングさん…ピアノ協奏曲 ヘ調~第2楽章/ガーシュウィン
●おやつがかりのむうさん、スーザンさん…ミサ「おお何と栄光に満ちている」~クレド/ビクトリア
●ママンさん…調理場のレヴュー H161~①ドラマの踊り ②タンゴ(愛のダンス)/マルティヌー


今夜のツボ(登場順)

①「メントリ1、メントリ2って言わなきゃいけない」(1:08)
 ※2番の立場も尊重してあげたいそうです
②「半分ぐらい…半分ぐらい聴こうじゃありませんか」(1:33)
 ※いつも全曲流してもらえないブルックナー
③「今度ツアーやりましょうね」(1:57)
 ※サテスタの設備が整ったら見学ツアーを
④「ドを言わないのがコツだって…」(2:32)
 ※ドヴォルザークの英語読みはヴォジャックが通じやすいらしい




オンデマンドシステムのためのクラウド・ファンディングが始まっています。めでたく始動となった場合、ニコ動のほうはどうなるのか、何週か前の残業時間で様々なコメントが飛び交ったのですが、ちょっとびっくりしたことがひとつ。「ツイッターやってない」という方が少なからずいらしたことです。

ニコ動の最大の魅力がリアルタイムのコメント機能だということは言うまでもありません。でもニコ動導入前は同じ役割をツイッターが担っていたのです。またそのころに戻るだけなのに…と思うのは私だけなのかもしれません。

実は数日前に(正確には5月15日)モーリーの退院メッセージの動画がツイッターにアップされました。うれしいのはOTTAVAリスナーに負けず劣らずFM富士のリスナーが多いこと。こういう反応がわかるのもツイッターのいいところではないでしょうか。モーリーのビデオレターは定期的に配信されるとのこと。いいね♡の数がひとつでも多く増えますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/5月8日(火)

プレゼンター:斎藤茂GM


コンピレーションの森

【森に夢みる、森で夢みる】
●ミセス・マープル…森の情景 Op.82~予言の鳥/シューマン
●えこたさん…フルートソナタ~第1楽章/プーランク
●ピンポンさん…アランフェス協奏曲~第2楽章/ロドリーゴ
●小麦さん…セレナード ホ長調 Op.22,B.52~第1楽章/ドヴォルザーク
●ちゅりっぴーのさん…無伴奏チェロ組曲 第6番 ニ長調 BWV.1012~第1曲 前奏曲/J.S.バッハ
●ブルーブルーブルー(中略)シャトーさん…弦楽のためのセレナーデ~第2楽章/エルガー
●山でコーヒーさん…フルート、ヴィオラ、ハープのためのソナタ~第1楽章/ドビュッシー:野勢善樹(フルート)、長谷川朋子(ハープ)、大野かおる(ヴィオラ)
●物書きレアーナさん…森の情景 Op.82~孤独な花/シューマン


本日のフレーバー・リクエスト    お誕生日

●わらさん…ピアノソナタ 第26番 変ホ長調「告別」Op.81a~第2、3楽章/ベートーヴェン(ピアノ:吉川隆弘)
さんさんすーさんからつららさんへ(7日)…8つのピアノ小品 Op.76~第2番 奇想曲 ロ短調/ブラームス


今夜のツボ(登場順)

①「なんか変な言い方だな」(0:02)
 ※「極めてオーソドックスなリクエストプログラム」が変な言い方?
②「結構傷つくよなぁ、ホント」(0:50)
 ※義理のお母様に「(母の日の)花はいらん!」と言われてしまったというメールに
③「スイマセン、シンリンヨクドコデスカ」(1:14)
 ※「シンリンヨク」は既に国際語だそうです
④「やったー!やりました」(2:36)
 ※下記参照
⑤「サイトーレンジャー参上!エコー付きだ」(3:04)
 ※子供の日は過ぎちゃったけどせっかく作ったので(笑)
⑥「ちょっと聞いてもらいたかったんで」(3:15)
 ※時間をかけて作ったんでしょう。久々のサイトーレッドでした
⑦「友達じゃないけど…TVで言ってました」(3:41)
 ※イチローいわく「年々ウォームアップに時間をかけている」そうです




斎藤さんがレギュラーを持っているというFM番組“Seasoning”は、関東で聴くことはできません(号泣)。番組のHPで斎藤さんが録音中のショットを拝見しました。これっておそらくFM東京(一番町から徒歩数分)で収録しているんですよね。

私は長らくAMを愛聴しているのでFMのことは全然わからないんですが、東京制作の番組を関東で聴けないということが理解できません(正確に言うとSeasoningを関東で聴けるのはFM栃木だけ)。番組を統括(?)しているらしいJFN PARKの仕組みもよくわかりません。

JFNがジャパン・エフエム・ネットワークの略で、各局を網羅しているぐらいのことはわかります。でも、例えばニッポン放送(関東のAMキー局)制作の番組をニッポン放送で聴けないということはないと思うのです。

モーリーが復帰したときのFM FUJI聴取に備えて、いよいよ全国のAMFM放送が(有料で)聴けるラジコ・プレミアムの導入を検討する時期に来たのでしょうか。(Seasoningが聴ける局は上の斎藤さんのショットへのリンクから確認できます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/5月1日(火)

プレゼンター:斎藤茂GM


コンピレーションの森

【一年生に会ったら?】
●なにわるつさん…ショート・ライド・イン・ア・ファスト・マシン/アダムス
●けたまさん…シンフォニア・タプカーラ ~ヴィヴァーチェ/伊福部昭
●かぎしっぽのきいさん、さびしがりやのひまわりさん…月の光/ドビュッシー(編曲:冨田勲)
●ヨン=ヨーンスさん…「天国と地獄」序曲/オッフェンバック
●evergreenさん…交響曲 第2番 ニ長調 Op.73~第1楽章/ブラームス


本日のフレーバー・リクエスト    お誕生日

●魔女のサマンサさん…①3つの小品~アレグロ・マルカート ②管弦楽のための2つの詩~第2曲/ブリッジ
●彩の国のNOBさん…交響曲 第8番 ト長調 Op.88,B.163~第4楽章/ドヴォルザーク
さなぼん先輩のお母さま(1日)…交響曲 第6番 ヘ長調 Op.68「田園」~第5楽章:牧人の歌、嵐の後の喜ばしい感謝に満ちた気持ち/ベートーヴェン


今夜のツボ(登場順)

①「ダメですよ。よけいなこと書いちゃ」(1:33)
 ※緊急特集、ただリク募集
②「ぼくがOTTAVAじゃないので照れますね」(1:35)
 ※いろいろなクラシックが聴ける楽しい放送局と言われて
③「(小声で)オタッキーな雰囲気です」(1:51)
 ※小学生に一人5分でうんちくを述べるCD鑑賞会を提案
④「今日あまり出ない。すいません」(1:52)
 ※「口笛吹きと子犬」を実演
⑤「もう、ぼくいらないな、しゃべり」(3:32)
 ※次から次へとただリクをかけまくる
⑥「しゃべってるほうがラクだよ」(4:16)
 ※同上(笑)
⑦「いいですよね。このウルトラQのニセモノみたいなやつ」(4:42)
 ※オリジナルのコント用BGMが送られてきました
⑧「ジョン・健・ヌッツォ、どれが名前みたいな…そんなこと言っちゃいけない」(4:42)
 ※「ジョン・ケイゾー@どっちが苗字」というラジオネームのメールが来ました




毎月ニコ動にお金を払うようになって3年ほどでしょうか。先日、OTTAVAを聴く以外で初めて「入ってよかった!」と思えるイベントがありました。中村獅童丈と初音ミクが共演する超歌舞伎であります。こんなことがあるならニコ動を続けるのも悪くないと思っていた矢先に、全面オンデマンドのためのクラウドファンディングが発表になりました。

企画内容に関しての真面目なお話は真面目な方々にお任せして、久しぶりに妄想全開なのが、リベルタの名を冠するプレゼンターとの屋形船クルーズでございます。これってプレゼンターひとりを指名とかじゃないですよねぇ。例えば林田さんとしっぽり現代音楽のお話を…とか思っても、斎藤さんやゲレンさんが無事に送り出してくれるとは思えません。自分たちにも飲ませろって乗り込んでくるのが目に見えるようです(笑)。

どなたかは存じ上げない1名の方は、いろいろと日時調整などがおありでしょうが、都合がつくプレゼンターは全員参加で、ついでに自腹でリスナー若干名募集とか、そんなことには…ならないですね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »