« 今夜のOTTAVA Salone/5月15日(火) | トップページ | 今夜のOTTAVA Salone/5月29日(火) »

今夜のOTTAVA Salone/5月22日(火)

music プレゼンター:斎藤茂GM


cherryblossom コンピレーションの森

【森に夢みる、森で夢みる】
●けたまさん…交響曲 第4番 ト長調~第1楽章/マーラー
●アルペンザルツさん…歌劇「真珠採り」(第1幕)~聖なる神殿の奥深く/ビゼー
●アンジーさん…交響曲 第1番 ト短調 Op.13「冬の日の幻想」~第1楽章/チャイコフスキー
●マコさん…ピアノのための18の小品Op.72~第13曲「田舎のエコー」/チャイコフスキー
●さんさんすーさん…歌劇「サムソンとデリラ」Op.47~バッカナール/サン=サーンス
●とむひでさん…鳥の歌/クレマン・ジャヌカン
●バケツプリンさん…牧神の午後への前奏曲/ドビュッシー
●かぎしっぽのきいさん…主イエス・キリストわれ汝を呼ぶ BWV639/J.S.バッハ


cute 本日のフレーバー・リクエスト

●かずとさん…夏の夜、水の上で歌える/ディーリアス
●平成の見返り美人さん…交響三章~①第2楽章 ②第3楽章/芥川也寸志


aquarius 今夜のツボ(登場順)

①「やっぱり高いものは今でも高いんだなぁと思いました」(0:55)
 ※あの「見返り美人切手」は今でも高額だそうです
②「確かにうれしそうだったかもしれません」(1:53)
 ※先週の土曜は3人の美女に囲まれての生放送でした
③「やる気のない牧神が出てくるわけですよ」(2:08)
 ※牧神の午後への前奏曲の解説(笑)
④「これ読めないよ、読めません(中略)きったない字だな」(2:16)
 ※お好みや~きくんこと広島のみまきくん(小学生)の手書きメールについて
⑤「飛んでも8分、歩いて10分でございました」(3:40)
 ※ただリクは曲の繋ぎが大変とグチりながら(笑)
⑥「とりあえずキュルキュル星人はキュル78星雲に帰ったということで」(4:13)
 ※新しいエンコーダーによる放送は取りあえず成功した模様です
⑦「断捨離ということができる方とできない私」(5:07)
 ※昔集めた切手を処分できないGM




切手のコレクションが爆発的なブームになったのは、私が小学生のころですから、昭和40年代でしょうか。クラスの男子が夢中になっているのを、私たち女子はちょっと上から目線で眺めていたように思います。

集め始めるととことん凝るというのは世の男性の常のようで、モーツァルトと切手を心から愛する知人の男性(故人)は、2つを一緒にした「切手で巡るモーツァルト」といったカタログ本を音楽之友社から出版してしまいました。彼から届く年賀状は、裏の文面より表に貼ってある切手を見るのが楽しみだった思い出があります。

コレクターの抑えられない情熱によるものか、ウィキペディアには(おそらく男性の手による)「切手収集」という項目までありました。冒頭の「この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です」という無情な警告がちょっと悲哀を感じさせます。行く春や郵趣は遠くなりにけり(丸パクリ)。

|

« 今夜のOTTAVA Salone/5月15日(火) | トップページ | 今夜のOTTAVA Salone/5月29日(火) »

OTTAVA Salone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1337143/73550870

この記事へのトラックバック一覧です: 今夜のOTTAVA Salone/5月22日(火):

« 今夜のOTTAVA Salone/5月15日(火) | トップページ | 今夜のOTTAVA Salone/5月29日(火) »