« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

今夜のOTTAVA Salone/1月15日(火)

プレゼンター:林田直樹さん



今夜のツボ(登場順)

①「なんでもいいのでメールください」(0:06)
 ※午後2時に急遽代打決定
②「ほかの曜日風にやってみますか」(0:18)
 ※BGMを流す
③「またじゃあ、ほかの曜日っぽくやってみるか」(0:26)
 ※同上
④「恐るべし火曜日という感じがしますけれども」(0:55)
 ※物凄い数のメールが
⑤「わたくしのメールボックスはさびしいのなんの」(0:59)
 ※メールを読まない金曜日
⑥「わたくし応えるのも楽しいです」(1:36)
 ※フレーバーリクエストが気に入った模様
⑦「普段の金曜日のペースをかなぐり捨てて(中略)何であろうが受け付けると」(1:47)
 ※気合いが入ってまいりました
⑧「秩父だけが取り柄の埼玉」(2:13)
 ※県民として埼玉を語る(ライオンズとレッズもよろしく)
⑨「無茶ぶりなメールがいっぱい来てるので(中略)とてもいい発明だと思います」(2:16)
 ※番組開始2時間でフレーバー絶賛
⑩「20時40分過ぎからパターッとリクエストが来なくなってなんて皆さんOTTAVAの状況がよくわかってらっしゃる」(2:48)
 ※「もうメールボックスが大変なことに!」と言ったとたんに





【パート2】私は金曜日は聴けないことの方が多いので知らなかったのですが、林田さんの通常放送はメールもリクエストもほとんど採用なしと言うではありませんか。これはリスナーは狂喜乱舞です。実際、斎藤さんの番組では耳にしたことのないラジオネームの方も多く、皆さん大喜びだったのではないでしょうか。

番組開始5分でフレーバーリクエストにも言及。前の週に斎藤さんがおっしゃっていた通り、林田さんはまるでそれが初耳のごとく「どういうものだかまったくわからない」と言いつつ、90分後には「選んでいて楽しい」というお言葉が出るなど、手ごたえ十分。

というより、小室さんからツイッターで「斎藤さん以外の番組でもフレーバーリクエストはあります」といったツッコミもあり、知らなかったのは林田さんだけなのではないか、という疑問も浮上しました(笑)。

放送開始4時間前にいきなり決まったという今夜の代打放送。めったにない林田さんのリクエスト番組ということで、大歓迎のリスナーによるツイッターもいつになく賑わっていました。林田さん選曲のフレーバーリクエストは、何と曲ツイに林田さんご自身からのコメント付きというゴージャスさで、スクリーンショットで保存するというリスナーさんもいらっしゃいました。恐るべし!フレーバーリクエスト!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/1月8日(火)

プレゼンター:斎藤茂GM


コンピレーションの森
(「開運!全員採用クラシック」につきお休み)


本日のフレーバー・リクエスト      お誕生日

●匿名希望さん…ワルツ「天体の音楽」Op.235/ヨーゼフ・シュトラウス(ウィーン・リング・アンサンブル)
●三姉妹の母さん…交響曲 第7番 ニ短調 op.70,B.141~第4楽章/ドヴォルザーク
柴犬パピーさん(10日)…ピアノソナタ 第21番 ハ長調「ワルトシュタイン」Op.53~第1楽章/ベートーヴェン
名古屋のどんちゃんの奥さま(8日)…平均律クラヴィーア曲集 第2巻(24の前奏曲とフーガ)~第12番 ヘ短調 BWV.881/J.S.バッハ
うーにゃちゃん(10日)…歌と踊り 第9番/モンポウ
豆葉さん(10日)…弦楽四重奏曲 第5番 ~第1楽章/ヴィラ=ロボス



今夜のツボ(登場順)

①「『オッホッホッホ』みたいな感じなんですか。そんな笑い方はしないよね、最近の奥様方は」(0:05)
 ※自分でやって自分でツッコむ
②「ぼくは何も変わらない年明けでしたけどね」(0:22)
 ※大みそかでも大掃除をちゃんとするだけ偉いと言いながら
③「どうして皆さん365日目に…」(0:48)
 ※ドビュッシー人気投票。最終日の駆け込みがすごいことに
④「何だかんだ言いながらぼくは聴きたい曲をフレーバーリクエストで選ぶ傾向が多いんですが」(1:45)
 ※そう思ってました(笑)
⑤「カニサレスかけちゃうぞ」(3:06)
 ※「蟹をお題に」というお誕生日リクエストが来ました
⑥「ウィキペディア読んでるだけなんでごめんなさい」(3:09)
 ※逸話の多いハンス・フォン・ビューローを語る





【パート1】この日の番組開始50分過ぎに、フレーバーリクエストについての発言が出ました。「最近ほかのプレゼンターの方もやってらっしゃるみたいだけれど、意味わかってるのかな、解説しなきゃいけないかな」といった内容でしたが、案の定、このあと解説など一切なく、番組終了となりました。

それではその解説をおまかせいただきましょうと、この欄のテーマは決まった!とばかりにそのまま放置すること1週間、次の火曜日が来てしまいました(反省中)。それが何と!斎藤さんはインフルエンザでお休み。代打に立ってくださったのが林田さんでございました。

1月15日のフェイスブックの告知には「何の準備もないのでリクエストを受け付けます」とあります。「メール待ってます。質問にも答えます。滅多にない機会です」とたたみかける内容で、これは大変なことになると直感しました。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/1月1日(火)

プレゼンター:斎藤茂GM


コンピレーションの森
(「開運!全員採用クラシック」につきお休み)


本日のフレーバー・リクエスト      ファンファーレ   お誕生日

●ドンキさん…チェロとオーケストラのための「奇跡のヴェール」~セクション1/タヴナー
●シートベルト小川さん、おやかまっさん…交響曲 第3番 ニ短調 Op.27「ひろがり」~第2楽章/ニールセン
PAKUさん…ミシシッピ組曲(音の旅)~Ⅱ.ハックルベリー・フィン/グローフェ
ママさんブラスで勉強中さん(1日)…2つのオーボエと2つのクラリネットのための協奏曲 ハ長調 RV560~第1楽章/ヴィヴァルディ
●サンペレさん…リベルタンゴ/ピアソラ



今夜のツボ(登場順)

①「します!あぁ、します、しますとも!」(0:04)
 ※本日全員のリクエストにお応え「します!」
②「元日にピッタリでしょ(中略)初日の出!っていう感じでいいじゃないですか」(0:06)
 ※FBのツーショット。自分のことを差し置いて山本純さんを評す
③「赤い閃光が東京都内を目指して自転車ぐらいのテンポでゆっくり移動中とか」(0:06)
 ※下記参照
④「サイトーレンジャーとショッピングモールに休みはない」(1:25)
 ※ノーコメント
⑤「ぼくが噛み噛みだったりすると『斎藤何かあったな』と思ってくれて間違いない」(2:12)
 ※今日は調子がいいそうです
⑥「聴けば聴く程歌ってみたい曲ですね」(2:50)
 ※ドニゼッティの「人知れぬ涙」
⑦「みんなホントにもう、ふだん隠れてるのね」(3:06)
 ※全員採用と聞いてものすごい数のメールが
⑧「おニャン子クラブみたいでいいな」(3:29)
 ※「プレミオ会員番号1234番」みたいに書いてほしいそうです





明けましておめでとうございます。今年もこの拙いブログをどうぞよろしくお願いいたします。

さて、クリスマスのソンタクロースに続いて、新年早々あの方が登場しました。御殿場のモールから自転車ぐらいのスピードでやってきた赤い閃光です。今週のフェイスブックの中で、斎藤さんは何の疑問もなく「あの音楽戦隊」と書いていてちょっとびっくりしてしまいました。歴代の戦隊シリーズにはちゃんと〇〇戦隊と枕詞があるんですね。

知っているのが当然のリスナーの方が多いのでしょうが、初代ゴレンジャーが登場したとき、私は肩で風切るティーンエイジャーで今話題のクイーンの追っかけをやっており、戦隊には何の知識もなく、今回ものすごい長さのウィキペディアを目にして腰が抜けそうになっています。

曰く「救急戦隊」「烈車戦隊」「海賊戦隊」などなど。ほかにも魔法、動物、警察・・・キリがないのですが、なんと!未だに「音楽戦隊」は存在せず、これは本家に登場も時間の問題と思われます。今のうちに権利申請しておいたほうがいいのでは・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »