OTTAVA Salone

今夜のOTTAVA Salone/5月22日(火)

music プレゼンター:斎藤茂GM


cherryblossom コンピレーションの森

【森に夢みる、森で夢みる】
●けたまさん…交響曲 第4番 ト長調~第1楽章/マーラー
●アルペンザルツさん…歌劇「真珠採り」(第1幕)~聖なる神殿の奥深く/ビゼー
●アンジーさん…交響曲 第1番 ト短調 Op.13「冬の日の幻想」~第1楽章/チャイコフスキー
●マコさん…ピアノのための18の小品Op.72~第13曲「田舎のエコー」/チャイコフスキー
●さんさんすーさん…歌劇「サムソンとデリラ」Op.47~バッカナール/サン=サーンス
●とむひでさん…鳥の歌/クレマン・ジャヌカン
●バケツプリンさん…牧神の午後への前奏曲/ドビュッシー
●かぎしっぽのきいさん…主イエス・キリストわれ汝を呼ぶ BWV639/J.S.バッハ


cute 本日のフレーバー・リクエスト

●かずとさん…夏の夜、水の上で歌える/ディーリアス
●平成の見返り美人さん…交響三章~①第2楽章 ②第3楽章/芥川也寸志


aquarius 今夜のツボ(登場順)

①「やっぱり高いものは今でも高いんだなぁと思いました」(0:55)
 ※あの「見返り美人切手」は今でも高額だそうです
②「確かにうれしそうだったかもしれません」(1:53)
 ※先週の土曜は3人の美女に囲まれての生放送でした
③「やる気のない牧神が出てくるわけですよ」(2:08)
 ※牧神の午後への前奏曲の解説(笑)
④「これ読めないよ、読めません(中略)きったない字だな」(2:16)
 ※お好みや~きくんこと広島のみまきくん(小学生)の手書きメールについて
⑤「飛んでも8分、歩いて10分でございました」(3:40)
 ※ただリクは曲の繋ぎが大変とグチりながら(笑)
⑥「とりあえずキュルキュル星人はキュル78星雲に帰ったということで」(4:13)
 ※新しいエンコーダーによる放送は取りあえず成功した模様です
⑦「断捨離ということができる方とできない私」(5:07)
 ※昔集めた切手を処分できないGM




切手のコレクションが爆発的なブームになったのは、私が小学生のころですから、昭和40年代でしょうか。クラスの男子が夢中になっているのを、私たち女子はちょっと上から目線で眺めていたように思います。

集め始めるととことん凝るというのは世の男性の常のようで、モーツァルトと切手を心から愛する知人の男性(故人)は、2つを一緒にした「切手で巡るモーツァルト」といったカタログ本を音楽之友社から出版してしまいました。彼から届く年賀状は、裏の文面より表に貼ってある切手を見るのが楽しみだった思い出があります。

コレクターの抑えられない情熱によるものか、ウィキペディアには(おそらく男性の手による)「切手収集」という項目までありました。冒頭の「この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です」という無情な警告がちょっと悲哀を感じさせます。行く春や郵趣は遠くなりにけり(丸パクリ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/5月15日(火)

music プレゼンター:斎藤茂GM


cherryblossom コンピレーションの森

【森に夢みる、森で夢みる】
●パン子さん…森のスケッチ Op.51~Ⅰ.野ばらに寄す/マクダウェル
●パッサカリアさん…森のスケッチ Op.51~Ⅲ.昔ひそかに会った場所で/マクダウェル
●森のこびとさん…ピアノソナタ 第2番 ヘ長調 K.280(189e)~第1楽章/モーツァルト
●ウマガスキーさん…交響曲 第4番 変ホ長調「ロマンティック」WAB.104(ハース版)~第1楽章/ブルックナー
●シフリンさん…夕暮れ(イングリッシュ・ホルンのための協奏曲)/フックス
●バードさん…歌劇「オルフェオとエウリディーチェ」第2幕 第2場から抜粋/グルック
●北陸のカニ男さん…4つの伝説曲~交響詩「トゥオネラの白鳥」Op.22‐2/シベリウス
●横浜のじゅんこさん…子供の領分~第1番 グラドゥス・アド・パルナッスム博士/ドビュッシー
●奈良んちゃさん…森の静けさ B.182(チェロと管弦楽編)/ドヴォルザーク


cute 本日のフレーバー・リクエスト

●プリスカさん…セレナード ニ短調 Op.44 B.77~①第2楽章 ②第4楽章/ドヴォルザーク
●ピンキーリングさん…ピアノ協奏曲 ヘ調~第2楽章/ガーシュウィン
●おやつがかりのむうさん、スーザンさん…ミサ「おお何と栄光に満ちている」~クレド/ビクトリア
●ママンさん…調理場のレヴュー H161~①ドラマの踊り ②タンゴ(愛のダンス)/マルティヌー


aquarius 今夜のツボ(登場順)

①「メントリ1、メントリ2って言わなきゃいけない」(1:08)
 ※2番の立場も尊重してあげたいそうです
②「半分ぐらい…半分ぐらい聴こうじゃありませんか」(1:33)
 ※いつも全曲流してもらえないブルックナー
③「今度ツアーやりましょうね」(1:57)
 ※サテスタの設備が整ったら見学ツアーを
④「ドを言わないのがコツだって…」(2:32)
 ※ドヴォルザークの英語読みはヴォジャックが通じやすいらしい




オンデマンドシステムのためのクラウド・ファンディングが始まっています。めでたく始動となった場合、ニコ動のほうはどうなるのか、何週か前の残業時間で様々なコメントが飛び交ったのですが、ちょっとびっくりしたことがひとつ。「ツイッターやってない」という方が少なからずいらしたことです。

ニコ動の最大の魅力がリアルタイムのコメント機能だということは言うまでもありません。でもニコ動導入前は同じ役割をツイッターが担っていたのです。またそのころに戻るだけなのに…と思うのは私だけなのかもしれません。

実は数日前に(正確には5月15日)モーリーの退院メッセージの動画がツイッターにアップされました。うれしいのはOTTAVAリスナーに負けず劣らずFM富士のリスナーが多いこと。こういう反応がわかるのもツイッターのいいところではないでしょうか。モーリーのビデオレターは定期的に配信されるとのこと。いいね♡の数がひとつでも多く増えますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/5月8日(火)

music プレゼンター:斎藤茂GM


cherryblossom コンピレーションの森

【森に夢みる、森で夢みる】
●ミセス・マープル…森の情景 Op.82~予言の鳥/シューマン
●えこたさん…フルートソナタ~第1楽章/プーランク
●ピンポンさん…アランフェス協奏曲~第2楽章/ロドリーゴ
●小麦さん…セレナード ホ長調 Op.22,B.52~第1楽章/ドヴォルザーク
●ちゅりっぴーのさん…無伴奏チェロ組曲 第6番 ニ長調 BWV.1012~第1曲 前奏曲/J.S.バッハ
●ブルーブルーブルー(中略)シャトーさん…弦楽のためのセレナーデ~第2楽章/エルガー
●山でコーヒーさん…フルート、ヴィオラ、ハープのためのソナタ~第1楽章/ドビュッシー:野勢善樹(フルート)、長谷川朋子(ハープ)、大野かおる(ヴィオラ)
●物書きレアーナさん…森の情景 Op.82~孤独な花/シューマン


cute 本日のフレーバー・リクエスト   birthday お誕生日

●わらさん…ピアノソナタ 第26番 変ホ長調「告別」Op.81a~第2、3楽章/ベートーヴェン(ピアノ:吉川隆弘)
birthday さんさんすーさんからつららさんへ(7日)…8つのピアノ小品 Op.76~第2番 奇想曲 ロ短調/ブラームス


aquarius 今夜のツボ(登場順)

①「なんか変な言い方だな」(0:02)
 ※「極めてオーソドックスなリクエストプログラム」が変な言い方?
②「結構傷つくよなぁ、ホント」(0:50)
 ※義理のお母様に「(母の日の)花はいらん!」と言われてしまったというメールに
③「スイマセン、シンリンヨクドコデスカ」(1:14)
 ※「シンリンヨク」は既に国際語だそうです
④「やったー!やりました」(2:36)
 ※下記参照
⑤「サイトーレンジャー参上!エコー付きだ」(3:04)
 ※子供の日は過ぎちゃったけどせっかく作ったので(笑)
⑥「ちょっと聞いてもらいたかったんで」(3:15)
 ※時間をかけて作ったんでしょう。久々のサイトーレッドでした
⑦「友達じゃないけど…TVで言ってました」(3:41)
 ※イチローいわく「年々ウォームアップに時間をかけている」そうです




斎藤さんがレギュラーを持っているというFM番組“Seasoning”は、関東で聴くことはできません(号泣)。番組のHPで斎藤さんが録音中のショットを拝見しました。これっておそらくFM東京(一番町から徒歩数分)で収録しているんですよね。

私は長らくAMを愛聴しているのでFMのことは全然わからないんですが、東京制作の番組を関東で聴けないということが理解できません(正確に言うとSeasoningを関東で聴けるのはFM栃木だけ)。番組を統括(?)しているらしいJFN PARKの仕組みもよくわかりません。

JFNがジャパン・エフエム・ネットワークの略で、各局を網羅しているぐらいのことはわかります。でも、例えばニッポン放送(関東のAMキー局)制作の番組をニッポン放送で聴けないということはないと思うのです。

モーリーが復帰したときのFM FUJI聴取に備えて、いよいよ全国のAMFM放送が(有料で)聴けるラジコ・プレミアムの導入を検討する時期に来たのでしょうか。(Seasoningが聴ける局は上の斎藤さんのショットへのリンクから確認できます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/5月1日(火)

music プレゼンター:斎藤茂GM


cherryblossom コンピレーションの森

【一年生に会ったら?】
●なにわるつさん…ショート・ライド・イン・ア・ファスト・マシン/アダムス
●けたまさん…シンフォニア・タプカーラ ~ヴィヴァーチェ/伊福部昭
●かぎしっぽのきいさん、さびしがりやのひまわりさん…月の光/ドビュッシー(編曲:冨田勲)
●ヨン=ヨーンスさん…「天国と地獄」序曲/オッフェンバック
●evergreenさん…交響曲 第2番 ニ長調 Op.73~第1楽章/ブラームス


cute 本日のフレーバー・リクエスト   birthday お誕生日

●魔女のサマンサさん…①3つの小品~アレグロ・マルカート ②管弦楽のための2つの詩~第2曲/ブリッジ
●彩の国のNOBさん…交響曲 第8番 ト長調 Op.88,B.163~第4楽章/ドヴォルザーク
birthday さなぼん先輩のお母さま(1日)…交響曲 第6番 ヘ長調 Op.68「田園」~第5楽章:牧人の歌、嵐の後の喜ばしい感謝に満ちた気持ち/ベートーヴェン


aquarius 今夜のツボ(登場順)

①「ダメですよ。よけいなこと書いちゃ」(1:33)
 ※緊急特集、ただリク募集
②「ぼくがOTTAVAじゃないので照れますね」(1:35)
 ※いろいろなクラシックが聴ける楽しい放送局と言われて
③「(小声で)オタッキーな雰囲気です」(1:51)
 ※小学生に一人5分でうんちくを述べるCD鑑賞会を提案
④「今日あまり出ない。すいません」(1:52)
 ※「口笛吹きと子犬」を実演
⑤「もう、ぼくいらないな、しゃべり」(3:32)
 ※次から次へとただリクをかけまくる
⑥「しゃべってるほうがラクだよ」(4:16)
 ※同上(笑)
⑦「いいですよね。このウルトラQのニセモノみたいなやつ」(4:42)
 ※オリジナルのコント用BGMが送られてきました
⑧「ジョン・健・ヌッツォ、どれが名前みたいな…そんなこと言っちゃいけない」(4:42)
 ※「ジョン・ケイゾー@どっちが苗字」というラジオネームのメールが来ました




毎月ニコ動にお金を払うようになって3年ほどでしょうか。先日、OTTAVAを聴く以外で初めて「入ってよかった!」と思えるイベントがありました。中村獅童丈と初音ミクが共演する超歌舞伎であります。こんなことがあるならニコ動を続けるのも悪くないと思っていた矢先に、全面オンデマンドのためのクラウドファンディングが発表になりました。

企画内容に関しての真面目なお話は真面目な方々にお任せして、久しぶりに妄想全開なのが、リベルタの名を冠するプレゼンターとの屋形船クルーズでございます。これってプレゼンターひとりを指名とかじゃないですよねぇ。例えば林田さんとしっぽり現代音楽のお話を…とか思っても、斎藤さんやゲレンさんが無事に送り出してくれるとは思えません。自分たちにも飲ませろって乗り込んでくるのが目に見えるようです(笑)。

どなたかは存じ上げない1名の方は、いろいろと日時調整などがおありでしょうが、都合がつくプレゼンターは全員参加で、ついでに自腹でリスナー若干名募集とか、そんなことには…ならないですね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/4月24日(火)

music プレゼンター:斎藤茂GM


cherryblossom コンピレーションの森

【一年生に会ったら?】
●ミモザさん…シンコペーテッド・クロック/ルロイ・アンダーソン
●パッサカリアさん…カンタータ「心と口と行いと命もて」より「主よ、人の望みの喜びよ」BWV.147/J.S.バッハ(ディヴァイン編)
●豆葉さん…ピアノソナタ 第7番 変ロ長調 Op.83「戦争ソナタ」~第3楽章/プロコフィエフ
●番頭さん…大阪俗謡による幻想曲(1970改訂版)/大栗裕
●リムリックさん…無言歌集~第32番 嬰ヘ短調 Op.67-2「失われた幻想」/メンデルスゾーン
●ろみさん…交響曲 第3番 ハ短調 Op.78「オルガン付き」~第4楽章/サン=サーンス
●しりとり3兄弟の母さん…交響曲 第1番 ニ長調「巨人」~第4楽章/マーラー
●ししまる電気さん…歌劇「カルメン」~前奏曲/ビゼー


cute 本日のフレーバー・リクエスト   birthday お誕生日

●パンプルムースさん…フルート、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、ハープのための五重奏曲~第2楽章/ヴィラ=ロボス
●くらにゃんこさん…無伴奏フルートのためのパルティータ イ短調 BWV.1013~第1楽章/J.S.バッハ
birthday 島根のいずもんさん(19日)…シリウス~TODAY for TOMORROW/柏木広樹(演奏:二人旅)


aquarius 今夜のツボ(登場順)

①「今週もよろしくね!」(0:36)
 ※土曜の天王洲です
②「あんなに堂々とお酒が飲めるところはなかった。今まで」(1:52)
 ※色々とサテスタで仕事をしましたが
③「まあオーケストラって楽しいな!みたいな感じになってしまいましたが」(2:38)
 ※1年生におすすめの曲が続々と
④「ガンつくんじゃねぇよ」(2:40)
 ※サン=サーンス「オルガン付き」略して「ガンつき」だそうです
⑤「有名になっちゃったなぁ、この『腰不安取って』」(3:43)
 ※腰痛に効く?「コシ・ファン・トゥッテ」
⑥「きれいですよ~。これいちばん最初に言っちゃいけない」(3:57)
 ※土曜日のゲスト鈴木舞さんのこと




遅れに遅れている更新の合間を縫って、天王洲に出かけてきました。品川から歩いて20分ほどという位置関係は、横浜から乗り換えなしで一本。自宅最寄駅から徒歩も含めて1時間で到着という素晴らしい地の利の良さです。

昔は海だった埋め立て地は、アップダウンがないので多少距離があっても楽に歩けます。渋谷と代官山の中間地点にある本田師匠の定季演奏会の会場には、代官山からぶらぶら歩いて通ったものですが、そのときのことを思い出しながら散策していたら、あっという間に着いてしまいました。

周辺はまだ工事中のところも多く、OTTAVAのOの字もない新しいスタジオも、これから看板や日よけなど、順々に出来上がっていくそうです。花壇の手入れも見事で、今はバラが真っ盛り。スタジオの隣りにはこの時期にしか見れないボトルブラシのピンクの花が満開になっていました(ゲレンさんのFB記事参照)。足元にはさりげないハーブの数々。花好きのリスナーにもたまらない新名所です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/4月17日(火)

music プレゼンター:斎藤茂GM


cherryblossom コンピレーションの森

【一年生に会ったら?】
●えこたさん…2つのオルガン小品~7拍子のトッカータ/ラター
●奈良んちゃさん…ダウランド組曲~第3番 メヌエット/アイアランド
●ゆりもぐさん…組曲「惑星」Op.32~火星‐戦争の神/ホルスト
●シャルウィダンスさん…ポロネーズ 第6番 変イ長調 Op.53「英雄」/ショパン
●横浜のコアラさん…マタイ受難曲 BWV.244 第2部~憐れみたまえ、我が神よ/J.S.バッハ
●ジャーニーさん…エレクトリック・カウンターポイント~Ⅲfast/ライヒ(演奏:加藤訓子)
●北陸のカニ男さん…交響曲 第3番 ヘ長調 Op.90~第3楽章/ブラームス
●東長崎さん…巡礼の年 第1年「スイス」S.160~望郷/リスト


cute 本日のフレーバー・リクエスト   birthday お誕生日

●ラジオネームは考え中さん…メランコリー/プーランク
●ピッカリングさん…クラリネット協奏曲/コープランド
●コニストンの娘3号さん…夾竹桃の下で(カタルーニャ海岸の謝肉祭の夕べ)/セヴラック
birthday 江の島灯台さんの三男きりんくん(18日)…ピアノ協奏曲 第5番 ニ長調 K.175~第1楽章/モーツァルト
●小夏さん…ピアノと弦楽のためのエクローグ Op.10/フィンジ


aquarius 今夜のツボ(登場順)

①「そんなの恥ずかしいよね」(0:30)
 ※サテスタの外にはマイクがあってリクエストを叫べば採用されるそうです(マジか!)
②「ひどい表現だな、これ」(1:29)
 ※「(米国の)今のトップが今にも始めちゃいそうなアブナイおっさん」というメールに
③「そっくり。そっくり、イントロは」(1:51)
 ※「すきま風(杉良太郎)」と「モルダウ」
④「今週も来てます」(2:56)
 ※にわかに盛り上がってます。ビバ!山口
⑤「いなくなったら次の県にしますから」(3:21)
 ※山口県からメールが来なくなったら次の県へ(笑)
⑥「初めてなんですよ、ボクが自分でやったの」(3:54)
 ※「月の沙漠」CDとコンサート、相次いでプロデュースです
⑦「聴いてみてもらってチュン」(4:43)
 ※RN「雀でチュン」さんのものまね(笑)




サテライト・スタジオ略してサテスタで、どうしてサイトーレッドが乗り込んでこないのか。ライブもできる広々としたスペースで、ぜひレッドに正義の鉄拳をふるってもらいたいものです(笑)。

放送中のオンエア表示は「OTTAVA Aria from TENNOZ TMMT Studio」なのですが、TMMTが天王洲マルシェマーケット東京ということですから、TENNOZ TMMTでは、天王洲がダブってしまうという、なかなかツッコミどころ満載の新スタジオ。一年でいちばんいい季節のこの時期に、よくぞオープンしてくれたと喝采を送りましょう。

私も微力ながら協力させていただいたお花を「まだまだきれいです」と先乗りしたむう一族のメンバーが送ってくれました。枯れないうちに早く見に行かなくては!

30550860

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/4月10日(火)

music プレゼンター:斎藤茂GM


cherryblossom コンピレーションの森

【一年生に会ったら?】
●竹鶴姉さん…「軽騎兵」序曲/スッペ
●ねりま姫…ピアノ協奏曲 第1番 変ロ短調 Op.23~第1楽章/チャイコフスキー
●パン子さん…リュートのための古い舞曲とアリア 第3組曲~「イタリアーナ」/レスピーギ
●ヴォルフィツキーさん…時間は静止して/ダウランド
●アンダンテみどりさん…創作主題による変奏曲「エニグマ」Op.36~第9変奏「ニムロッド」/エルガー
●Misao in the kitchenさん…リベルタンゴ/ピアソラ(三枝伸太郎 オルケスタ・デ・ラ・エスペランサ)
●まれはさん…マヤ族の夜~どんちゃん騒ぎの夜/レブエルタス(リマントール編)
●ダブルママさん…ワルツ 変ホ長調 Op.18「華麗なる大円舞曲」/ショパン
●ドレミファソラソラさん…ハープと弦楽のための舞曲集~世俗的舞曲/ドビュッシー


cute 本日のフレーバー・リクエスト   birthday お誕生日  wine 記念日

●ろみさん…①24の前奏曲 Op.28~第8番 嬰へ短調/ショパン ②3つの間奏曲 Op.117~第1番 変ホ長調/ブラームス
●ミケさん(かぎしっぽのきいさんリクエスト)…混声合唱のための「うた」~さくら/武満徹
wine KAOさん(4日・結婚記念日)…ピアノ協奏曲 第4番 ハ短調 Op.44~第4楽章/サン=サーンス
birthday 陽気な静電気女さん(8日)…①カヴァレリア・ルスティカーナ~村人たちの合唱「オレンジの花香り」マスカーニ ②歌劇「3つのオレンジの恋」Op.33~行進曲/プロコフィエフ


aquarius 今夜のツボ(登場順)

①「ほとんどプロデュースする気でいますね」(0:22)
 ※ピアノを続けているしりとり3兄弟さんをデビューさせたい!
②「そういう意味ではもう丸見えです。バッチリ見えます。どういう意味なんだ」(1:44)
 ※サテライト・スタジオはガラス張りです
③「丸見えでございます」(2:26)
 ※よほどうれしいらしい(笑)
④「すごい!日本語じゃないみたい」(2:54)
 ※山口県在住コニストンさんの緊急山口弁講座
⑤「何?そういう格好で来るってこと?」(4:07)
 ※ガラス張りのサテライトスタジオへプレゼンターが思わず吹き出しそうなコスプレで参上したら…


ski 今夜のエンディング「聞き納めです(ジャンプ効果音)飛んだ決まった!・・・また来週」(5:19)





平昌五輪のころから延々と続いていた一番町大運動会がついに大団円を迎えました。準決勝、決勝の結果は以下の通り。

 準決勝第1組(上位2組が勝ち抜け)
  第1位:外山雄三選手/管弦楽のためのラプソディ(44.7%)
  第2位:アマデウス選手/オーボエ協奏曲 K.314~第1楽章(39.5%)
  第3位:R・シュトラウス選手/ツァラトゥストラはかく語りき(10.5%)
  第4位:シベリウス選手/交響曲 第5番~第3楽章(5.3%)

 準決勝第2組
  第1位:山田耕筰選手/長唄交響曲「鶴亀」(32.7%)
  第2位:ショスタコ選手/交響曲 第5番~第4楽章(30.8%)
  第3位:メシアン選手/トゥーランガリラ交響曲~星たちの喜び(23.1%)
  第4位:ジュリエット選手(グノー)/歌劇「ロミオとジュリエット」第1幕~私は夢に生きたい(13.5%)

 決勝
  金メダル:アマデウス選手/オーボエ協奏曲 K.314~第1楽章(38.2%)
  銀メダル:ショスタコ選手/交響曲 第5番~第4楽章(32.7%)
  銅メダル:外山雄三選手/管弦楽のためのラプソディ(16.4%)
  第4位入賞:山田耕筰選手/長唄交響曲「鶴亀」(12.7%)


私はもちろん、一貫してアマデウスくんに投票していましたが、準決勝を2位で抜けたものですから、正直金メダルをいただけるとは思ってもいませんでした。自分のことのようにうれしいです。ありがとうございました。とても楽しい企画で、特に決勝の盛り上がりはここ最近なかったように思います。なんと今年はまもなくワールドカップが始まるんですよねぇ。ワールドカップ一番町大会、やりません?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/4月3日(火)

music プレゼンター:斎藤茂GM


cherryblossom コンピレーションの森

【一年生に会ったら?】
●はにわっ子さん…バレエ音楽「くるみ割り人形」Op.71~序曲/チャイコフスキー
●ピエナディグラーツィアさん…「フィガロの結婚」K.492~序曲/モーツァルト
●PAKUさん…ピアノソナタ 第8番 ハ短調 Op.13「悲愴」~第2楽章/ベートーヴェン
●お名前のない方…歌劇「トスカ」第2幕~歌に生き、愛に生き/プッチーニ
●ピンキーリングさん…シンフォニア・ブエノスアイレス Op.15~第3楽章/ピアソラ
●ミケさん…8つの演奏会用練習曲~第3番 トッカティーナ/カプースチン
●番頭さん…交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」Op.30~導入部/R.シュトラウス
●四十郎さん…ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調 Op.18~第3楽章 アレグロ・スケルツァンド/ラフマニノフ
●ちゅりっぴーのさん…ピアノ三重奏曲 イ短調~モデレ/ラヴェル
●雪ん子ポンチョさん…3つのロマンス Op.94~第2番/シューマン
●サーチャーさん…ラデツキー行進曲 Op.228/J.シュトラウスⅠ世
●三姉妹の母さん…祝典序曲「1812年」Op.49/チャイコフスキー


cute 本日のフレーバー・リクエスト   birthday お誕生日

●ミセス・マープル…「コシ・ファン・トゥッテ」~さわやかに風よ吹け(三重唱)/モーツァルト
●小骨@おでぶっ子クラブさん…フランスの山人の歌による交響曲 Op.25~第3楽章/ダンディ
birthday ホワイトラインタンゴさん(3月25日)…中国の不思議な役人~「娘と役人との駆け引きが始まる」「娘を追い回す役人」/バルトーク
birthday ミモザさんからお友達の水谷さんへ(5日)…ヒーローズ・シンフォニー~ヒーローズ/グラス
●うばざくらさん…ヒーローズ・シンフォニー~ヒーローズ/グラス


aquarius 今夜のツボ(登場順)

①「新年度になって最初の火曜ということで内容を一新して!…ウソ!」(0:05)
 ※これからも変わらぬごひいきを
②「我ながら安易な曲だと…今だから言えるんですけど」(0:17)
 ※11年前、OTTAVA開局第1曲はショスタコの祝典序曲でした
③「どうしてもメロディがつきますね ♪いっちねんせ~にあったーら」(1:08)
 ※一年生に聴かせたい曲募集中
④「山口に何が起こっているんだろう」(1:10)
 ※転勤で山口県に行かれるリスナーさん続出
⑤「『陽気な静電気女だけど肩痛い』って言ってくださいね」(2:55)
 ※五十肩の静電気女さんお大事に
⑥「おでこで玉子割ったら生卵だったということが一回だけありました」(3:26)
 ※何故そういうことに至ったかは不明(笑)
⑦「エコープリーズ…自分でやるんだけどね」(4:46)
 ※夜のワンオペご苦労様です


scorpius 今夜のエンディング「東京も名古屋も夏日だがね。えびふりゃー食べて寝よ。おやすみな~」(5:20)




アメリカ映画でよく見る「いい話と悪い話がある。どっちから聞きたい?」というシーンは、ネタに詰まった脚本家が使う常套句らしく、実に頻繁に目にします。いい話、悪い話のどちらが先にせよ、残ったほうでオチをつけるのが決まりで、そこが脚本家の腕の見せ所になっているようですね。

斎藤さんのフェイスブックの記事でこのセリフを見たとき、悪いほうは何となく想像がついて、実際当たっていました。4月になろうというのに、LFJについてのクラウドファンディングの告知がないので、今年はダメなのかなという予感がずっとしていたのです。ヘビーリスナーの方は、皆さん感じていらっしゃったのではないでしょうか。

その分、いい話のほうはまったく思ってもいなかったので、その喜びは倍増でした。3日間で終わってしまうLFJに比べて、サテライト・スタジオは(数年か数か月か期間限定であるにしても)いつでもそこにあるという安心感がハンパじゃありません。いまだ秘密の場所は、こちらも何となく想像がついています。横浜から割と近いのがありがたいのですが、違ってたらどうしよう(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/3月27日(火)

music プレゼンター:斎藤茂GM


cherryblossom コンピレーションの森

【ハルヘノマーチ(春へのマーチ)】
●雨水さん…バレエ「眠りの森の美女」Op.66 第3幕:結婚~ポロネーズ/チャイコフスキー
●ドラズキーさん…七重奏曲 変ホ長調 Op.20~第6楽章/ベートーヴェン
●シフリンさん…交響曲 第2番「不安の時代」~マスク/バーンスタイン
●横浜の黒桜さん…「カントリー・バンド」行進曲/アイヴズ
●武蔵新田さん…弦楽セレナード ハ長調 Op.48~第4楽章/チャイコフスキー

【卒業!旅立ちのクラシック】
●夏ミカンの父さん、evergreenさん…カプリッチョ「最愛の兄の旅立ちに寄せて」変ロ長調 BWV.992/J.S.バッハ
●横浜のじゅんこさん…アンダンテ・フェスティヴォ/シベリウス



cute 本日のフレーバー・リクエスト   birthday お誕生日

●ウォルティさん/3つの未刊のアリエッタ~銀色の淡い月よ/ベッリーニ
birthday パーンさんのご主人様(27日)…ハープシコード協奏曲~第3楽章/グラス
●ざくろ豚さん…抒情小品集 第7集 Op.62~感謝/グリーグ


aquarius 今夜のツボ(登場順)

①「こら!」(0:04)
 ※初っ端から暴走しがちのリスナーさんを叱る
②「上原は見たい!今シーズンは」(0:24)
 ※10年ぶりに大リーグから帰ってきた上原投手のこと
③「これで終わっちゃったりして、番組」(3:45)
 ※メールを探すのに時間がかかる
④「売り切れるまで毎週やるぞ…みたいな」(4:28)
 ※「月の沙漠コンサート」来てください
⑤「こうなりゃ、とことん行くぞ」(4:36)
 ※一番町大運動会まだ続いてます(笑)
⑥「おやすみなさい。終了します。お腹出して寝たらだめだよ、小室さん!」(5:03)
 ※残業中コメントで乱入してきた小室さんに注意して番組終了




平昌冬季オリンピックたけなわの時期に始まった一番町大運動会ジャンプの部は、回を重ねること8回。パラリンピックも無事終了し、およそ2ヶ月を経て、桜満開のこのころになっていよいよ準決勝を迎えました。

準決勝ともなると、エントリーの面々もさすがにハイグレード。予選ではそれぞれぶっちぎりの1位でしたが、準決勝は、誰にしようか迷いつつ1票を投じたリスナーさんが多いように見受けられました。かく言う私は、もちろん何の疑問もなくモーツァルトに投票。おかげで無事決勝進出となりました(それぞれ上位2組が勝ち抜け)。ありがとうございます。各選手の結果は以下の通り。

  第1位:外山雄三選手/管弦楽のためのラプソディ(44.7%)
  第2位:アマデウス選手/オーボエ協奏曲 K.314~第1楽章(39.5%)
  第3位:R・シュトラウス選手/ツァラトゥストラはかく語りき(10.5%)
  第4位:シベリウス選手/交響曲 第5番~第3楽章(5.3%)

来週の準決勝第2組もレベル高いですよ。皆さまの清き一票をぜひご投票ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜のOTTAVA Salone/3月20日(火)

music プレゼンター:斎藤茂GM


cherryblossom コンピレーションの森

【ハルヘノマーチ(春へのマーチ)】
●なにわるつさん…交響三章~第3楽章/芥川也寸志
●ラジオネームは考え中さん…スラヴ行進曲 Op.31/チャイコフスキー
●アズキ色さん…ワルツ 第6番 変ニ長調 Op.64‐1「子犬のワルツ」/ショパン(演奏会用編曲/ゴドフスキー編)
●そありさん…クラリネット協奏曲 変ホ長調 Op.36~第3楽章/クロンマー
●ドルチェで行きましょうさん、パン子さん…戴冠式行進曲「王冠」/ウォルトン

【卒業!旅立ちのクラシック】
●奈良んちゃさん…協奏曲集「四季」第1番 ホ長調「春」Op.8‐1~第3楽章/ヴィヴァルディ
●にゃんごろーさん…アメイジング・グレイス/作者不詳
●ヴォルフィツキーさん…創作主題による変奏曲「エニグマ」Op.36~ニムロッド/エルガー



cute 本日のフレーバー・リクエスト

●寝ぼけたカエルさん…優しき玩具~リムセ/吉松隆(崎元譲:ハーモニカ、小川和隆:十弦ギター)
●さんさんすーさん…Rain Song/小田朋美(ヴォーカル)、 三枝伸太郎(ピアノ)


aquarius 今夜のツボ(登場順)

①「栗のお茶、ほんっとに美味しいですよ」(0:01)
 ※noiの一押しのお茶のこと。オープニングテーマの前にボソッと呟く
②「やぼになりたくて、もうや~ぼやぼ」(2:14)
 ※「やぼなことは聞かないで」という奈良んちゃさんのメールに
③「豪華だね、そう言われてみれば」(2:54)
 ※今夜のコンピの森は豪華二本立てでございます
④「ぼくが作るもんじゃないのよ、ファンクラブっていうのは」(3:07)
 ※ファンクラブを作ってくださいというメールに




今年で6回になる仙台への復興コンサートツアーですが(最初の年は現地集合でした)、今年は参加者がちょっと少なめだったのは、実はパスカル・ヴェロさんのせいです(笑)。11日に被災地へ赴くか、数日後のヴェロさん最後の仙台での演奏会を選ぶか、迷いに迷ってヴェロさんを選ばれた方が、少なからずいらっしゃいました。

12年に渡る仙台での活躍をマスコミが見逃すはずはなく、NHK仙台放送局では10分以上の取材VTRが流れました。最後のリハーサルや終演後のロビーでの様子がご覧になれます。

そしてこれは、第1回のみんなで作る復興コンサートの指揮が川瀬賢太郎さんだったことに深く関係していると思うのですが、川瀬さんが神奈川フィルの常任指揮者になった途端に、ヴェロさんが横浜へ来てくださる回数が増えてきました。今年も11月と12月に神奈川フィルを振りに来てくださいます。関東で仙台フィルを振るヴェロさんはなかなか拝むことはできませんが、神奈フィルを指揮するヴェロさんも素晴らしいんです。ヴェロ・ロスの方は要チェックです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧